09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

スタジオで撮った写真があがった!

2014.11.29 17:18|2歳〜2歳半
この記事はブロとものみ閲覧できます
web拍手 by FC2

アナ雪ブームについて。

2014.11.27 02:52|2歳〜2歳半
世間ではまだまだアツイのか、それとも下火なのか、
それについてはよくわからんし語るつもりはないけれど、
松たか子vsMay.Jの世間での争いには、私はいや、Demi Lovatoだろ、と言っておきたい。
英語版エンディングを歌ったDemi Lovato。
松たか子vsMay.Jの争いなんて問題にならない。
レリゴーゥ♪
タナバッキャスレムナドーーォ♪のとこの語尾の伸びがすごい。
王道に歌うまいって感じがするわ。

そして、我が家ではまだまだアナ雪がアツイ・・・
暑苦しい・・・

娘の中のアナ雪ブームが落ち着く気配を見せるどころか、
日に日に加速していく。
私らもそういう娘に結局甘く、娘の好きな物、興味のある物については自分らも
(今までバカにしていたとしても)すぐに好きになるという傾向もあり、
そしてそれを力強く後押ししてやりたいという思いもあり、
ついに、ついに、アナ雪のブルーレイを買ってしまった・・・
いやあまじで・・・
やってしまったよ奥さん。

購入以来娘は、毎日必ず一回はアナ雪を通しで視聴し、
まあ最後の方はいつも見てんのか見てないのかって感じになるんだけど、
そのブルーレイについていたコードで、
ネットからスマホとタブレットにアナ雪本編フルダウンロードも可能で、もちろん無料で、
ってことで私のiPhoneと家のiPadにアナ雪全編が収録された。
そのおかげでいつでもどこでもアナ雪視聴可能になった。
もちろん、サントラもとうの昔にレンタル済。
車のハードディスクにも録音済みで、娘はもうアナ雪漬けの毎日って感じだ。
アナ雪ばかりになりすぎたため、これまでお気に入りだった
「いないいないばぁっ!」「おかあさんといっしょ」などのEテレ幼児向け番組は、
ほとんど観なくなってしまった。

そうこうしている内に、娘がレリゴーの歌をただ歌うだけでなく、
エルサのアクション完コピを成し遂げた。
歌に合わせ娘はエルサになりきり、お気に入りのバスタオルをローブのように羽織り、
ゆっくり歩きながら登場する。
手袋を投げ捨てるマネも忘れない。
両手を左右にくるくるしながら、オラフを作る。
そのタイミングで、私はオラフのぬいぐるみを傍らにさっとセットさせられる。
マントみたいなローブみたいなやつを外すところで、娘は華麗にバスタオルを脱ぎ捨てる。
雪原に向かって走り出し、階段を踏みしめるところはソファを踏みしめる。
天に向かってこれでもかというほど力強く腕を突き上げ、氷の城を建設することも忘れない。
髪をほどいたり、王冠みたいなのを投げ捨てるところもやってる。
完璧だ。
完コピすぎて、私は腹を抱えて笑うことを禁じ得ない。
もうこの、娘のこれを見ているときだけは、嫌なこともしんどいことも全部忘れられる。

英語バージョンのレリゴーもなんとなく歌えてきてる。
しかも発音めっちゃええねんで。
だってこの子ら、音に対する先入観がないもんな。
こう歌わないとあかん、じゃなくて、聞こえたままに歌ってる。
レリゴーじゃなくて、もう、レッウィガァーゥ♪って歌ってる。
ほんままた、これで腹が捩れるほど笑える。

今日、またH&Mに行ってきた。
そこで娘はアナ雪長袖Tシャツをどうしても買うと言って譲らず、
私はシンプルなニットワンピやセーターみたいなのを買おうとしていたのに、
娘がそれはいらない、これ着たい!と叫びまくるので、
折れて、買ってしまった・・・
しかも二枚セットで1500円よ・・・
結構なお値段よ・・・
ディズニーのライセンス料が入ってるわ・・・
だけどさすがに、いくらアナ雪好きだからって、そのTシャツはもうね、ぜんぜん頂けないわけよ。
一枚はエルサとアナとオラフのイラスト付き、
もう一枚なんてエルサのドアッププラス、でかでかと「E L S A」って書いてあるTシャツよ・・・
ダサいことこの上ないのよ。
まじか、正気かよ・・・と思ったのよ、内心・・・
買ったけどね・・・
パジャマ決定や、あんたこれ。
絶対、外では着せへんで。意地でも着せたらへん。

その後はこれまた、べびざらすでアナ雪のトレーニング箸も買って、帰ってきたんだった。
トレ箸一本しか持っていなくて、洗い替え用に買い足したいと前々から思っていたんだけど、
アナ雪のやつがあるとは思わんかったわ。
娘大喜びやったわ。
どんだけアナ雪好きやねんな。

ちなみに私はオラフが一番好き。
あの、おバカっぽいのにわかってやってんのか、わかってないのか、微妙にやり手なとこが好き。
にんじん使ってピッキングするとこは笑うたわ。
憎めないわ〜
web拍手 by FC2

娘と絵

2014.11.05 15:28|2歳〜2歳半
最近、娘の絵がちょっと進化しているように思う。
初めて彼女が描いた意味のある絵は、「虹」だった。
公園の地面に石でしゃっしゃっしゃと適当に弧を描き、
「ママみて〜!にじ!」と言った時には度肝抜かれた。


最近は動物、特に猫の絵を描く。
と言っても全部自分で描くのは無理だから、輪郭を描いてやると、
そこに目と鼻と口とひげを付け足すことができるように、なってた・・・
これにもまた、結構驚いた。

こんな風に。
IMG_0641.jpg

これ、輪郭は私が描いたんだけど。
すると娘は「みーたんもかくう!」と言って、しゃしゃっと私の絵に何やら書き足し始めた。
「めめ〜」「おはな〜」「おくち〜」とか言うから、ええ、まさかと思ったけど、
一応、ちゃんと描けてた・・・




最近は、更に進化したように思う。
IMG_0643.jpg

よりリアルに、目鼻口ひげが再現されているような・・・
本人曰く、耳も描いたらしい。
それにしても髭もじゃだね、やたらと。



IMG_0642.jpg

これは、娘が描いたドラえもんである。
下のは私が描いたドラえもん。
それを見て、「みーたんも!」と言って描き始め、結果生まれたのがこれだ。
まあまあ・・・やりたいことは伝わってくるよ。
娘はドラえもんが好きだ。
幼児が皆通る筈のアンパンマンには少ししか興味を示さず、
彼女はドラえもんだった。
てかドラえもんも、そんな観たことないのに・・・

毎晩ドラえもんと一緒に寝てます。
web拍手 by FC2

七五三

2014.10.26 03:13|2歳〜2歳半
先日、娘の三歳七五三、無事滞りなく済ますことができました。
お天気にも恵まれ、良いお祝いの日になりました。

娘さん、私がはりきって、はりきりすぎて、去年から用意していた着物を着て、
髪の毛もちゃんと美容室で結ってもらい、「普段とは違うカワイイ私スイッチ☆」がオンになり、
写真撮影も宮参りも同日っつう、二歳児には少々ハードと思われるスケジュールも難なくこなしてくれた。
春日大社で外国人観光客の団体にありえないほど囲まれ、
どこの囲み取材だよ!って感じに囲まれ、
各国語の賞賛のシャワーを浴び、更にいい気になり、
帰宅しても着物を脱いでくれない、着替えさせようとすると家中すばしっこく逃げ回る、
というオチ付きでなんとか無事に終わりました。
よかったね。

では、写真を。

IMG_0503.jpg
娘さんこんな感じ。

DSC00525.jpg
私も着物。母に借りました。

IMG_0430.jpg
娘さん、髪を伸ばしていたので、なんとか日本髪もどきを結えました。

髪飾りはまた、これ、私こだわってん。
まあ、きいておくれよ、暇な人は。

DSC09900.jpg

DSC09902.jpg

京都のおはりばこってところで買ったつまみかんざしよ。
つまみ細工、あれほど可愛いものはこの世にないと思うわ・・・
しかもこのおはりばこさんのつまみは秀逸よ。
色使いも質感もこれ、ほんま、上品やねん・・・
値段は、結構高いなあと思ったけれど、
どうしてもこれを、と思って去年から小銭貯めてましたんや、奥さん・・・
これをつけた娘がまた、格別でしたんや・・・

途中、鹿に千歳飴を取られそうになるハプニングもあった。
さすが春日大社。
web拍手 by FC2

娘に幸あれ。

2014.10.14 17:39|2歳〜2歳半
最近、ひっさしぶりに朝ドラにハマってまして。
朝ドラにハマるとかいつ以来かわからん。
マッサン、観てます?
とは言っても、いつも毎日同じ時間にテレビの前に座るってことはなかなか難しいので、
マッサン録画してます。毎週録画ならぬ、毎日録画。
こうやって熱心に私が観ているものだから、なぜかもれなく娘もハマっていて、
それで毎日、娘と一緒にマッサンを観ている。
娘はエリーさん役の女優が出てくると「ああっ!エリー!エリーだよ!」と言って、
いちいち私に教えてくれる。
う、うん・・・知ってる・・・観てるからね、あたしも。
娘はエリーさんを甚く気に入っている。
エリーさんが出てくると「エリーかわいいね♡」って言ってる。
やっぱ、こんな幼子にとっても、
向かう所敵なしの白人的容貌ってのは
やっぱり向かう所敵なしなんだなあと妙に感心したりもする。

あと、少し前に娘用のエプロンを100均で買ったならば、
それが娘の中の何かに火をつけたらしく、娘には家事スイッチが入ってしまった。
それまでもそういう傾向は確かに感じ取れてはいたんだけれど、
それがエプロンを買い与えるという私の行為により完全に後押しされた形となり、
娘は堂々と、私に成り代わるほどの勢い(本人比)をもって立ち振る舞いだした。

夕食を作っていればエプロンの装着を私に強要。
洗面所から娘用のステップを華麗に取って戻り、私の横に居並ぶ。
そして手伝っているような手伝っていないような微妙な振る舞いとともに、
鮮やかにつまみ食い、もとい試食を繰り返す。
時には卵を溶いたり、粉を振るったり・・・
それらしいこともしたりする。

片付け時には「みーたんもあらう!」と言って
シンクの中からギリギリ手に届く何かを掴み出す。
まだすすぐくらいのことしかできないけれど、
たまに洗剤の泡を手で食器に撫で付けたりしている。

洗濯物を畳んでいれば、「みーたんもたたむ!」。
タオルを渡すと、数分後には当初の目的を完全に忘れ、
丸めたタオルをかざして「みて!ボール!ボール!」とか言ってる。
「ボール!ボール!あ!ちがっ・・・」と自分の過ち、というか偉大な脱線に気がつく。
そして「しかく!しかく!」と言いながら、
私のするように畳もうとするがうまくいかない。
そして仕舞いには苛立ってタオルを床に投げつける。

アイロン掛け時には、むやみやたらに接近すると私に注意を受けるため、
アイロンカバーの蓋だけを素早く奪い去り、なんだか遠巻きにこっちを見ながら、
せっせとラグにアイロン(蓋)掛けをしている。

掃除もせっせとやってる。
これまた100均で買った小さいほうきとちりとりのセットがすごく活用されている。
これを彼女は「おそーじせっと」と呼んでいるが、微妙にアクセントの位置がおかしい。
こうやって、いろいろな場所の掃除に、彼女もまた自信満々で参戦してくる。
正直、私一人でやったほうが速いので、
あまりにも時間的な余裕がない時にはそういう娘に参ってしまうこともある。
けれど、無下にこういう芽を摘んでしまうのはいかがなものか、とも思う。
これを上手に生かして伸ばしてあげれば、ゆくゆく楽になるのは私・・・
なんていう打算的な考えも浮かび、娘には基本、自由にさせている。

いつの間にか、トレーニング箸じゃない普通の箸で、
物を掴んで口に入れるくらいのことができるようになっている。
できないとまた、猛烈にイライラして箸を食卓に投げつけているが、それもまたご愛嬌。

電話もとにかく好きだ。
電話が鳴ったら、私が気がつかなくても「でんわだよ!」って教えてくれる。
これは大変便利。
でも、相手が誰であろうと替わりたがる。替わらないと不機嫌になったりするので厄介だ。
私の母が相手だと、ほぼ100%替わってもらえるのでご機嫌。
しかし電話口で、私が今何をしているとか、パパは休みだとか、
いろいろと微に入り細に入り伝えようとするので、
それはそれでうちの事情が筒抜けになってしまい、相手によっては厄介だ。

新しく身につけられるものを買うと、それを身につけて、
「じゃーん!」と言って私らの前に現れる。
その「じゃーん!」っていう若干時代錯誤感の否めない効果音は、
一体どこで誰から吸収したのか・・・謎ではある。
でもオモロイ。無性にかわいい。「じゃーん!」バンザイ。
「みてみて!かわいいでしょー」とも言ってくる。笑える。
可愛い以外の感想は許さないくらいの押しつけっぷり。
今だけ許される無邪気さ、素直さ、強引さ、そして自分大好きさよ。

こういう娘との日々は騒々しく忙しく、でもやっぱり面白かったりする。
彼女はいろいろと、それが自分に出来るか出来ないかは別として、
とにかく、臆せずトライしてみる。
それはまだ挫折という挫折を知らない幼児性万能感の賜物なのかもしれないけれど、
その結果私に褒められ喜び、時には叱られヘコみ、
また次もその次もトライすることをやめない姿勢には胸を打たれるものがある。
それこそが、彼女の長所だ。
このまま、恐れを知らぬままとはさすがに言わないけれど、
臆病にだけはなってほしくないと思う。
臆病者が無駄にするのは人生なのだから。娘に幸あれ。
web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。