07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

正しさは正しさのためにあるんじゃない

2016.02.05 22:58|母と私。
自分が一番正しいと思っている人ほど厄介な存在はない。
たぶん本人は、どこまで自覚があるのかないのか知らないけれど、生きづらいはずだ。
見ていてしんどいもの。
本人も、しんどい生き方だろうなって思う。
だって自分が一番正しいと思っている人の威圧は周りを取り巻く人間の心の自由を奪う。
その一番の被害者は一番近くにいる家族。
私の場合、まあそれって母のことなんだけど、母といて、娘の私がしんどいんだから、
きっと母と関わるいろんな人が同じようにしんどかっただろうと思う。
自分は自分を、正しいものと決めることでそれ以上種明かしをされないように、固く固く蓋をして、
こじ開けようとしようもんなら、こっちが疲れるからもうそれ以上触れさせずに済ませられる。
そして自分も、「私は正しい!」で終わらせているから、わざわざ固く閉じた蓋をこじ開けて、
今更中身を見てやれあれが足りないこれが腐ってる、なんて確認しなくていいから楽。
そうして自分を守っているんだなと思う。
痛々しく感じることすらある。
旦那の周りにもそういう人はいて、
まさに今の上司がそんな人で、だけど周りもお察しで、
その人だけにメールを回さず会議に呼ばなかったりされてるらしい…
こわっ…
でも、苦しんでるのは家族だけじゃないんだなあって改めて思った。
そうやって、お察しされて生暖かく、ぬるーく見守られちゃったり、してるんだろーなって。
その人がいる社会の中では。
本人もそれに気がつくと苦しくて悲しすぎるから、たぶん、自分は正しい!で無理矢理終わらせてるだけ。
それ以上深く考察なんてしない。
自分の見方、感じ方がすべて。
それがたぶん、その人達が健全に生きる唯一の術なのかもしれない。
自分を否定し出せばキリはないし、
どこまででも追い込んでしまうほうが危険なのだし。
母もたぶんそうだ。
たぶん母の持つ自己イメージと世間の母に対するイメージとはかけ離れている。
私は結局、娘だし、育ててもらったし、だから可哀想で見捨てられない。
そうやって、結局、母の仕掛けた呪縛の糸からは抜け出せないのだろう。
それもまた、運命なのかなあ…
母は、幼き頃の自分自身を、私の娘に投影していて、
それは時々度が過ぎていると思う。
私が産んだふたりめの子は男の子で、母にも弟がいて、
自分は弟よりも可愛がられなかったから、娘の赤ちゃん返りとか、弟への嫉妬心をすごい心配してる。
息子は今のところ穏やかな性格だし、いつもニコニコしてて娘とは正反対だから、
旦那の実家の方でも、男の子ってこともあるから優遇される、とか勝手に予想してる。
いつの時代?どんな妄想?
「差別されて育った悔しさは誰よりもよく知っている」とか言ってて、怖い。
その発言をしたときの母から、強烈な依存心を感じた…!
だーかーら!
そんなこと言われても、もうその気持ちは誰も引き受けられないんだよ!
あなたの依存心は、あなたの得られなかったと感じているものは、もう誰も、どうにもできない…
母の弟は待望の跡取り息子でいろいろと優遇されて…
母の姉は若くして亡くなったけど容姿が良かったために周りからチヤホヤされて、
自分だけ…
ってずっと思ってる。
ずーっと、ずーっと、今も思ってる。
くだらない、ばかばかしい、だいたい何年前の話?
そう思うのは残酷なのかな…
でも一番残酷なのは、そんな自分の娘である私のことも、母は娘を差別する親であると思っていること。
思っているというか、そうならないように監視しなきゃいけないと、思ってる感じ。
つまり、私は、母の得られなかったと思っているものを与えられなかった、〈母の母〉と同じ。
母の満たされなかった思いを満たすために、〈母の母〉のやり直しをさせられている。
母の中の、幼い母が、私に間違わせまいと必死になっている。
私に、正しい母でいろ、娘を傷つける母であってはならないと、プレッシャーをかけてくる。
まじ、こわい…
まあ、反抗しますけどね。
だけど、母は自分が一番正しいんだから、反抗されたところで堪えない。
やり過ごすしかない。
正しい母親ってなに。
そんなやつどこにいるの。
自分の築き上げた正しさのために、周りが正しくある必要性なんてどこにあんのよ。
ばっかみたい。
正しさなんてクソくらえ!
正しいなんてまやかしだ!
誰のための正しさ?なんのための正しさ?
正しいことにどんな意味があんの?
ねえねえねえねえ…
ってイライラしながら、母を見てる。
もっと楽に生きなよ。
見えるものが変わるよ。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

男児信仰の母、女児信仰の私。

2015.03.10 04:22|母と私。
(長文です)

妊娠6ヶ月に入ったよ。イエー。
絶賛後期つわり中だよ。てへ。
もうなんていうか、二回目だけども、
産むまで延々気持ち悪い日々が続行する、これはもう体質なのよ。そうなんだ。
「体がやっと妊娠を受け入れた」?
とんでもない。えらく楽観的だなあの頃の私。
受け入れられるわけねえんだよ。
母体だってな、テンパってんだ、いっぱいいっぱいなんだよ。
自分の生命も最低限維持しつつ、更にもうひとり別の人間を作り出してんだから、
そりゃ体の不調、不快感、きれいさっぱりなかったことになんかできねえよな。
できねえっての、ざっけんなよ!
ファ○ク!妊娠!
二度としねえ妊娠!

・・・ってな感じで、相変わらず心乱れっぱなしの日々です。
腹の中の子が男児だっつうことは、受け入れようとしている。
がんばってる。
ふとしたときに、「女の子がよかったな」とか思ってしまう自分もいますが、
いや、私が男児を産むことには何か意味があるはず、と自分に言い聞かせております。
こうすれば、ね、なんか救われるような気がしない?
意味なんてほとんどないことに、無理矢理意味を求めたりこじつけたりすると、
ほら、なんか本当に、自分がやろうとしていることってすげえとか思えない?
意味があるんだから、頑張ろう。ってな具合にね。


毒親話、続きます。

続きを読む >>

web拍手 by FC2

乗っ取られそう。

2015.03.02 17:49|母と私。
昨日、一ヶ月ぶりの健診で、性別が判明した。










第二子、、、













、だった・・・・










ぶっちゃけさ、ショックだったよ・・・
ぶっちゃけ結構自分でもショックなくらいショックだった・・・
娘に妹が出来たらいいなと思っていたけど・・・
男だった・・・
ついてた、ついてたよ・・・思いっきり例のブツが!
息子かよ!
私に男児なんか育てられるのか・・・
男児ってどんなんなんだ・・・
どうすればいいんだ・・・

ってことで、昨日は健診から帰って一日撃沈気味だった。
どうしても納得いかないっていうか、なんていうか・・・
いや、わかってんだけど・・・
そうよ、皆さんの言いたい事なんて一から十までわかってるよ!
わかってるから言わないで!
受け入れるのにまたもや時間が必要なんだな、って感じだ。
撃沈気味なのに、その後実家で娘の雛祭りをして、更に疲れた。


ここからは我が麗しの毒母についての内容になりますので、読みたい人だけどうぞ。

続きを読む >>

web拍手 by FC2

支配したい

2014.11.06 01:40|母と私。
ただの愚痴です。

先日、夕方突然母がぽろっと訪ねてきた。
今日は来る予定なかったはずなのに・・・と思ったら、
うちの近所の美容院に行ってきた帰りだったそう。
娘は生憎寝ていた。

母はうちのマンションのエントランスで、うちの部屋番号を呼び出したら、
そそくさとエントランスが開くのを待つためドアの前に移動する。
そのため、いつもエントランスのカメラにその姿が映らない。映ってもすごい、頭の先っぽの方だけ。
もちろんモニター越しに「来たよ」「はいよ」ってな会話もない。
この来訪スタイル、ものすごい、母らしいなと思う。
母の価値観、行動パターン、それを如実に表している。
しかし、こちらにしてみればモニターで顔が確認できないので、
この日のように来ると思っていなかったときの来訪には、ちょっと戸惑う。
え・・・誰?って感じ。
なのでせめてカメラに顔を映してからこっちに来て欲しい。
誰か分からない人のために鍵を開けるのは怖い。

突然やってきたと思ったら、年賀状を作成中だった私にさっそく干渉し始めた。
もう、いつものこと。
娘の七五三が終わったので、今年はその写真を使って年賀状を作るつもりだが、
まだスタジオから写真のデータが届かない。
そのため、自分たちで撮ったスナップ写真を使ってレイアウトだけ先に作って、
後から写真だけさくっと入れ替えようと思って作っていたら、さっそくダメ出しの嵐だった。
家族三人で写っている写真には、「それ娘ちゃんが悪いわ〜。娘ちゃんがメインなのに」
娘が千歳飴を食べている写真には、「えーそれはちょっと・・・(苦笑)」
私が写真をレイアウトし終えて、「よし!これでいいわ」と独り言を言えば、
横から「うん!いいんじゃない?」って・・・

もうな、いちいちうるさいわ。めんどくさいわ、おかん。
娘メインとかな、そんなん、受け取る人にとっちゃあ誰メインとか、どうでもええねん。
こういうのはな、みんなそんな真剣には見てへんねん。ふーんって程度に既読スルーされんねん。
だから娘の写りが悪いとか、娘が飴食べてるのは微妙とか、そんなん、誰もそこまで見てないねん。
最後の「いいんじゃない?」ってのもな・・・
なんやそれ。
おかんの意見は聞いてないっつの。相談もしてないでしょ。
だって、これはうちの家族の年賀状だから。
母の干渉は年賀状のレイアウトにまで及ぶのだ・・・
正直、うんざり。

居間で娘が寝ていると、「あんたこれ、娘ちゃん寒いわよ」ってまたダメ出し。
娘は暑がりで、あまり上に掛けすぎると真冬でもものすごい汗をかき、
そしてそれが不快なので熟睡できず怒って起きる・・・っての、何回説明しても聞き入れてもらえない。
完全に馬耳東風。
自分の娘の言うこと、というか、孫の母親である私の言うことをなぜそこまで信じられないのか。
なので母は娘をまた毛布でくるむ。
娘、ものの数分でそれを蹴り飛ばす・・・
だよね・・・

母の、寒さに対する意識はかなり過剰だ。
産後、実家で過ごさせてもらったときも、
真夏だったのにあの暑い木造の家で、ろくにエアコンも使わせてもらえなかった。
昔ながらの感性だから、エアコン恐怖症みたいなところがある。
娘と一緒にエアコンのついた部屋に入室することは禁止、みたいな感じだった。
寝室も、扇風機つけていても絶対寝ている途中で消されていたし、
窓を開けていれば夜風が悪いと言って、ものの1〜2cmだけ隙間を開けることしか許されなかった。
免許の更新で私が一日家を開けたら、真夏なのに一日エアコンをつけていなかった。娘は汗だくだった。
今思えば、異常過ぎて怖い。
そして何が怖いって、それに「いやいやおかしいでしょ」つって逆らえていない自分。
よくあの暑い中で、新生児と籠ってたよ・・・そりゃ精神もおかしくなるよ・・・やばいよ・・・
娘は大丈夫だって言っても、母は今でもまったく信じていない。
とにかく、娘がタオルケット一枚とか、薄い肌掛けで寝てたりするのは許せないらしい。

こんな母だから、私が運転する車に乗った時も、私以上に周囲の状況に気を配るのに必死だ。
まだ発進しようともしていないのに、「ほらあんた来たよ!」って他の車の通過を知らせてくる。
とてもしんどい。
いや、私の視界にも入ってたよ、その車・・・
どうしてそれが視認できてないと思うんだろう・・・
てか、まだ私は1ミリも動こうとしてないよ。
自分の危険予測もろくに出来ていないのに、なぜそんなに私が信用できないんだろうか・・・
本当に不思議だ。

今日もまたいつものごとく、気に入らない何かについて愚痴って帰って行った。
母は口を開けばいつも、誰かや何かに対する不満ばかり。
楽しい話なんて、聞かされたことがない。
「私に逆らうと許さない」みたいなことを言っていた。
これも、いろんな出来事や人に対してしょっちゅう言っていること。
どこまで本気かわからない。
だから私も「いやいやいや、そういうことじゃないでしょ」って苦笑する。
そうすると母もちょっと、自分の滑稽さに気づいて笑うんだけど、半分以上本気なんだから侮れない。
でも、母はずっと、死ぬまでこのままなんだなと思う。
母は周囲すべてを支配しないと気が済まない人だ。
そのコントロール欲求がどこから来てるのか、私にははっきりと分かる。
今も尚、娘である私と、孫である私の娘をコントロールしないと落ち着いていられないのだ。

最終的には「娘ちゃん寝ててつまんないから帰るわ」と言って帰った。
地味に、傷つくわそれ・・・。他意はないと受け取っておくけど。
滞在時間10分ほど。
でもそれで母がしたのは、ダメ出しと一方的な愚痴の吐露、それだけだった。

こんな母と離れて暮らすようになって、代わりに旦那が私を支えるようになって、
私は本当に、変わったと思う。
世界を疑わなくなった。
というか、片っ端から疑わないといられないほどには、世界に依存しなくなった。
私は、なんだかんだ言っても、迷って悩んで吐き気がするほど追いつめられても、
最後の最後には、やっぱり自分を信じたいと思っている。
それができるかどうかは別として。でもそれが自分の生き方だと思う。
旦那もそれを支持してくれる。確認したわけじゃないけど確信できる。
私は母に干渉されることで、今まで母にいろんなものを奪われて来たと思う。
でも今は、誰に何を奪われることもないのだ。

母が尋ねてきて、母の顔を見るのは嬉しい、
けれど反面、母の姿のない日常は、私にとってはとても気が楽だったりする。
なんかな、でもな、むなしいねんやっぱ。
そして母、離れて暮らし出してから干渉がより激化したように思う。
さみしんかな、やっぱ・・・
web拍手 by FC2

私は私なの!

2014.09.25 23:53|母と私。
最近、私の母について綴ることも増えてきたので、新しく「母と私。」カテを作りました。
毒親である母と、母に対する私の今の思いなどを誰にともなく綴ります。
ここに入る記事はもれなくかなり長文(それだけ私の思いが深い)となりますので、
しかも読んでいても結構どよーんとした内容で不快になられる方も、
(このカテに限ったことではありませんが)いらっしゃるかもしれませんので、
一応ご留意願います。言われなくても嫌なら読みませんよね、失礼しました。



今日は娘と母と一緒に出かけてきた。
最近、母にあまり優しくできない。
どちらかというと、少しそっけない態度を取ってしまっている。
やっぱり、母とのことが、少し重荷になってしまっているんだろう、私。

母のコントロール下から、私は少しずつ抜け出そうとしてる。
今更、今になって、やっと。
母は私を支配したいんだ、縛りたいんだ、
そう気がついたのは恥ずかしいことだけれど、ほんとここ数年での話。
最近、ひとりで風呂に入っているときや、夜、床に就いたときなどには、母のことを考えてしまう。
母と今まで過ごしてきた長い歳月の中で、私が母に言われたこと、されたこと、
そのことを今更ながらに思い出して、疑って、そして憎んだり、腹が立ったり、悲しんだりしている。

母は、私を母自身とは違うひとりの人間として認めている、なんて口では言いながら、
私のあれこれを自分の思う通りになるよう操ってきたと思う。
今ならおかしいと気がつけることも、その当時は私、まったく疑ってもいなかった。
母の見方が自分の見方、みたいなもんだった。
そのせいで、壊れた友人関係もあった。
今になっては恐ろしく、取り返しのつかない過ちだったと思う。
でも、一度壊れた物は後からどれほど取り繕ってみても、うまくいかない。ことに人間関係においては。
母は私の友人関係でさえもコントロールしようとしてきた。
たぶん本人は無意識だ。
無意識だけれど、その時その時で、
私が最も仲良くしている友人については必ずネガティブなことを言っていた。
小中学校の時の親友は、その子本人のことはお気に召していたようだけれど、
その子の母親のことを悪く言っていた。
でもそれは母のたぶん、思い込み。今ではそう思う。
で、今では親友本人のことも、たまに悪く言っている。でもそれもまったくの思い込みだと思う。
高校の時の親友も、やはりもれなく悪く言われていた。
さすがに大学ともなると、直接私が付き合っている人に会うこともなくなるので、
そういうことはなかったけれど。
ここまで重なると、無意識ながら確信的と思ったりもする。
そんなね、あなたのお眼鏡に叶う完璧な人間なんて、どこにもいないってのに。

旦那も、母が会った時にたまたま旦那のトーンがいつもより少しでも低いと、
機嫌を損ねている、自分をうっとうしいと思っていると勘違いして、
大変な鎧を着込む。そして攻撃的になる。
「なんなのあの態度!気分悪いわ!」とかって、私に言ってくる。
本当に、疲れる、ていうか、がっかりする。
私の旦那だよ。悪く言わないで。って思う。てか、それあんたの思い込みだし。
母は今思えば、昔から寸分も違わずこういう思考回路を持った人で、
そして私に必要以上の影響力をもたらそうとする人だった。


さて今日は、母が箪笥の肥としている着物を仕立て直して私に譲りたいというので、
一緒に呉服屋へ出かけた。

「自分は一度くらいしか袖を通さなかったけれど、
 もう柄も自分には合わないし、これからはあんたが着ればいいわ。
 色も染め直してあんたの好きなのにすればいいし」

・・・なんて言われて、おおっと母にしては珍しいなんて思ったけれど、別に珍しくなんてなかった。
母ってば、最初は私の意見を尊重する的なことを言っておいて、
いざの段になれば、必ず自分の意見をぶっこんでそれをぐいぐい押し通そうとする人だった・・・
私、そのこと一瞬忘れてた。けれどもやっぱりそうだった。思い出した。

店で、私が選んだ色の布地を私の肩にかけ、雰囲気を見ている時のこと。
母が別の色を指差し、「私はこっちのほうが好きだけど」と言い出した。
・・・来た、来た、来た。
なんというか、お決まりのパターンだ。
だけれども、その色はあまりにも地味というか渋過ぎて、
なんというかおばあちゃんぽい色で、私は嫌だった。
店員さんもその色を一応合わせてくれたけれど、
「やっぱりこっち(私の選んだ方)のほうがいいですね」と言ってくれた。
すると母、その言葉が自分の意見に賛同した言葉だと都合良く受け取り、
「ね!ね!やっぱりそうでしょう!そっちのほうがいいわよね!」とグイグイくる・・・
店員さん、「え、え・・・」と困惑。

これまでの私だったらどうだっただろう。
思い返してみた。
昔は母とよく服を買いに行った。
母と意見が分かれることはよくあった。
こっちがいいって!と母に推され、結局私はいつも母の言う通りにしてきたし、
そうすることに何の疑いも抱いていなかった気がする。
たった一度だけ・・・一度だけ自分の意見を押し通して、母の嫌がる服を選んだことがあった。
けれど、その場で母の機嫌は急降下し、今まで楽しく会話してた店員さんにもそっぽを向いて、
勝手にすればって感じでどこかに座りに行ったことがあった。
その時は、私が店員さんに母の非礼を詫びた。
後味の悪いような、恥ずかしいような・・・なんとも言えない苦い思い出だ。

今日も母が自分の意見を押し付けてくる展開になるのは予想済だった。
なぜならつい先日も、美容院で同じようなことがあったからだ。
娘の七五三のときに私も着物を着ることになっており、
そのための着付けや髪のセット、娘の髪結いをする美容院は、
いつの間にか母が通う美容院に決まっていた。
場所は私の自宅から近いし、料金にも納得できたのでそれはそれで良いのだけれど、
先日母に連れられ打ち合わせに行くとやはり、私の髪型について、私の意見と母の意見が割れた。
そこは、母が常連客である美容院側。
母の肩を持つに決まっている。
で、私はなんだか押し切られてしまった。
(でも当日、やっぱこっちで!と抵抗しようと画策中)
だからもし、今日も同じようなことになったら絶対に自分の気持ちを貫き通そうと思っていた!

そして今日のその場面。
いやいや、店員さんは私の意見に賛同してくれたのよ、と主張した。
すると店員さんも「こっちの色はまだ30代の娘さんには、可哀想です・・・」と言ってくれた。
可哀想って!
それ!超強烈なパンチだ!グッジョブ店員さん!
すると母は引きつった笑顔で、「そ、そう・・・じゃああんたの好きな色にすれば?」と言った。
若干たぶん、ムッとはしてる。
ざまあみろだ。
私はこっちのほうがいいんだよ!いえい!(どんなテンション?)

まあそういうわけで、今日はちょっと母に勝った気分だ。
そうそう、最近こんな風に、ちょいちょいとやんわり反抗している。
思春期の時に惨敗した反抗期のリベンジみたいなもんだ。
母の言ったことに、「それはどうなの?」とか
「ちょっと違うんじゃない?」みたいなことを言ったりする。
母にしてみたらストレスが溜まるだろう。
今までほぼ100%、自分に賛同してくれた娘が、なんだか最近ちょくちょく歯向かってくるんだから。
だけれど、私だってもういい大人だ。
思春期のあの頃とは違う。
あくまでも、母を積極的に傷つけようとはしない。そういうやり方はとらない。
若さも勢いもないし、無謀でもないからそんなに真っ正面からガチーン!とは行かない。
そんな、魂を削るように母に歯向かったりはしない。
あくまでやんわり。さりげなく。でも確実に。

今更、母の性格とか考え方が変わるだなんて思ってない。
でもそれならそれで、私は私なのよ。せめてそれを受け入れて欲しい。
こうして私は、少しずつ、本当の意味で母から自立していくのかもしれない。
母の呪縛から少しずつしかし確実にすり抜ける。
私は私の思うように生きていい、思う通りに選んでいいんだ。いいんだよ。

こういう風に書くと、私の母、ものすごい性格の悪い、
どうしようもない極悪非道人みたいに思う人もいるかもしれないけれど、そればっかりではないんです。
こういう風に、母についてひどいことを書いた後にはやっぱり、フォローもせざるを得ない。
もしかしたらこれこそが呪縛なのかもしれないけれど、
でも娘にしてはやっぱり憎みきれない、捨てきれないんです。
だからこそ、私は本当の意味で自立して、母とは違う人間として、母の前に立たなければならない。
お互いの間にある鏡を壊さなければならない。
それは私と娘との間にあることにも影響するし、娘も巻き込んでの大変な作業になるかもしれないけれど。
でも悪いようにはきっと、作用しないと思うんだわ。
少なくとも、私の娘にとっては。

私は私!このスタンスで行く、私。
そのことを改めて決意した一日だった。
web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。