07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

立て続けに愚痴。

2015.02.21 10:51|後ろ向き妊娠日記
この記事はブロとものみ閲覧できます
web拍手 by FC2

戌の日だった。

2015.02.16 03:28|後ろ向き妊娠日記
2月15日は戌の日、つうことで、春日大社に安産祈願に行って来た。
祈祷所の前に厄年看板(今年の前厄、本厄、後厄に当たっている人の生まれ年が書かれてる)があって、
そういや私、本厄だったなと思ったけど、
出産が厄を流してくれるっつう説を信じて厄払いしない。

娘の時はわざわざ、霊験あらたか、あの皇室も御用達の帯解寺まで安産祈願に行ったのだけれど、
車で行くには道幅狭いし、失礼だけど若干辺鄙やし、
祈祷代は高いし、なんかもう春日大社でええや、と思った。
なので今回は春日大社。
祈祷は5000円からしてくれた。安かった。安くはないけどまあ、安かった。
何はともあれ春日大社よ、奥さん。七五三も宮参りも、うちは春日さんですわ。
娘も七五三以来のご祈祷で、あのときはまだポカーンとしてるだけだったけど、
今回は「頭をお下げください」と言われたときには一緒に頭を下げてて、
ホント可愛かった。思わず肩震わせて笑ってしまった。

家族三人だけで行ったから楽しかった。
鹿にも追い回されて、楽しく戯れて、
お気に入りカフェで美味しいワッフルとコーヒー休憩して、
てくてく歩いて、楽しく過ごせた一日だった。
前の時は、孝行息子の旦那が両家に声をかけてしまって、
私マジで嫌だったけど、うちの親と旦那の親、一緒に安産祈願に行ったんだった。
えらい大層な大名行列になって、マジでなんなの…って思った。
私は帯解寺の祈祷代の高さと腹帯の高さに面食らい、
腹帯なんて今時しねえだろ、いらね、買わね。と判断し買わなかったんだけど、
義母に「買わなかったの!?そのために来たのに…」と言われマジでうざかった。
祈祷代はうちの親が出してくれて、本当に申し訳ない気持ちになった。
なので今回、家族だけで行けて本当に気が楽だったのだ…

春日大社ではお札とお守りの入った袋を貰った。


5ヶ月に入った。
安定期と言われる時期になったのだが、つわりはやはり治まらない。
私はもう、なんていうかこういう体質なのだ、胸中はもはや諦めモード…

で、まだ5ヶ月なのに、腹がやたら出ている。
座ったらもうつっかえてさ、苦しいんだわ。
おかしい。
前の時は5ヶ月なんて、まだぜんぜん、ぺたんこだったわよ。たぶん。
調べると、経産婦は出っ張るのも早いんだと。
一回皮が伸びてるから…ってやかましわ!

もうふつうのパジャマがキツくてしゃーないので、
マタニティのを用意せんとあかんのかって感じや。
けど、前の時は同じ頃確か冬場で、
まだ腹も出てなかったので冬用マタニティ、私持ってないのだ。
夏用しかない。
買うのがなんかもう、気が引ける。勿体無い。

便秘もやたら頑固よ。
何気にこれ、つわりと同じくらいキツイ。

私の体は妊娠してからというもの、
私が私の生活を維持するためではなく、
ただひたすら、子供を産み育てるためだけの仕様へと、全力で変化している。
そしてそれは、私の日常とはまったく相容れない仕様なのだ。
しんどいで。

娘は元気やで。
トイレも頑張ってる。
腹の中の子も元気みたいや、毎日ポコポコしとる。
web拍手 by FC2

覚悟めいたもの

2015.02.03 17:30|後ろ向き妊娠日記
日曜日、健診に行ってきた。
一ヶ月ぶりの健診。
すっげー待たされた。
私の行ってる産科、すっげえボロいのに年々人気が出て来てしまって、いっつも混んでる。
娘の時も大概だったのに、今はその時より更に混んでる。

混んでるのに、一貫して予約制じゃない。
そしてひとりの妊婦に15分〜20分くらいかけるから、超待つ。
先生ひとりだ。
どうやって回してんの?いつ食べてんの?いつ寝てんの?って感じ。
まじ、謎の生体の先生。しかもおじいちゃんだし。
だから私、あの先生は実はひとりじゃないんだ、
おんなじ姿形声をした人が何人かいるんだ、と解釈している。
その人たちが交代でやってるんだ、それしか考えられない。そう思ってる。

ボロいのに、なんでこんなに人気なのかって思うけど、
頭でっかちじゃない感がいいんだな、たぶん。
なんつうか、等身大。等身大って言葉嫌いだけど、等身大の産科よ。
変に門構えばっか立派で、入院費もべらぼうに高く、
中の作りもどんだけ産婦から金巻き上げてん…って言うような豪奢な感じで、
そのくせ医者は超無愛想、威圧感満載、みたいなのに心折れる妊婦が集まるんだと思う。
私みたいな…
私、娘の時最初かかってた産科がそうだった…
心折れまくって逃げたんだ、今の産科に…

まあ、今の産科も、先生特別愛想いいってわけじゃない。
フレンドリーに会話できるわけでもなく、聞かれたことには必要最低限答えるみたいな感じ。
でも、同じ愛想良くなくても、見下されてる感じとか威圧感とか、そういうのない。
どっちかというと、「自分、不器用ですから」って感じ。
そっちの方が私、安心なのよ…

一ヶ月ぶりのエコーで、赤子がかなり成長していてビビった。
ちゃんと人の形になってた。
手も足も、人間のそれになっていた。
頭の中では脳が右脳と左脳に分かれてた。
いつも寝てばかりと思っていた赤子が、なんか、座ってるように見えた。
膝を折って座って、左手で耳の後ろを掻いていた。
ポリポリ…っつう感じだった。
その人間くさい姿に思わず笑った。

笑って、あ、自分はこの存在をちゃんと受け入れられてるんだ、と思った。
ちょっと安心した。
怖いとか不安とかいう常にあるその感情とは、また別次元の感情だなと思った。
性別はまだわかんなかった。
…娘がいいなあ。
次にはわかりそうだ。
web拍手 by FC2

やけに塩辛い味噌汁

2015.01.27 21:47|後ろ向き妊娠日記
今日は娘、朝起きて30分くらい経ってから、
「おしっこでる」と言って自らトイレに赴き、排尿した。
昨日の夜、寝る前にもトイレで排尿できた。
昼間は、トイレでおしっこすると言ってトイレに行ったはいいけれど、
私がズボンを脱がした瞬間、小便小僧のように排尿した。
床は水浸し…でもそれもまたご愛嬌。
なかなか、成果が現れてきている。
生まれてこのかた二年半、ずっとおむつに排尿することを常としてきた娘。
その習慣を打ち破り、新たな段階へステップアップを遂げようとしている…
布パンツ恐るべし。

さて。
ちょっと私のことを書こうかと思う。
つわりが終わった。
完全に終わったと思う。
ここまではっきりと、つわりの終わりを意識したのは初めてだ。
前の妊娠の時は、5ヶ月半ばでなんとなく終わったかもなあ…と思っていたら、
その後も日によってはしつこいつわりの影を感じたり、
6ヶ月入ってしばらくすると、また違った感じの不快感・・・後期つわりが始まった。
今回は、本格的に気持ち悪くなり始めるのも少し遅めで、
12週過ぎた頃から圧倒的に楽になった。
よって、今では度を過ぎた空腹感から来る悪心に悩むことはなくなった。
なんというか、二回目の妊娠でやっと、体が妊娠を受け入れたのだという気がする。
つわりの原因は未だ解明されていないと言うが、
私はつわりを経験して思う。
妊娠は女には当然のように備わっているシステムにように見えるが、
女だからと言って、妊娠したら体も心も何もかもが、
それを何事もなかったかのように受け入れられるのかと言えば、決してそうではないのだ。
女だからってなあ、しんどいもんはしんどいし、痛いもんは痛いんだよ!
って、世の中に叫びたい…

しかしまあ、困ったことに、ここ数日やたらとメシがマズイのだ。
まずくて仕方がない。
別に食べなくていいのに、無理矢理食べているという感じ。
朝は到底食べる気になれず、茶を一杯飲んで済ます。
けれど、それだったら敢えて口にすることもなかろうと思って、
ここ数日は何も口にしなくなった。
昼と夜は、無理矢理食べる。
美味しくないなあと思いながら食べる。

今夜も夕食は苦痛だった。
何を食べても美味しくなかった。
味噌汁なんて、味見したのにやたらと塩辛いものが出来た。
塩辛いのが、なんか今すごいしんどい。

それで思い至った。
ああ、私は風邪を引きかけているんだと。
体調が悪くなると、メシがまずくて、まずい物しか出来ない。

妊娠してからすでに2kg増えてげんなりしていた体重も、
ここのところの不調で結局1kg落ち、+1kgで落ち着いている。
このまま中期に入りたい。
前のことがあるから増やしたくない、出来るだけ。
でもしんどいのは嫌だなあ。
美味しいものを美味しいと思いながら食べたい。

旦那は明後日帰ってくる。
日本は寒く感じることだろう。
早く春になって欲しい。
web拍手 by FC2

娘がいるから

2015.01.22 17:32|後ろ向き妊娠日記
旦那が昨日から中国へ出張に行った。
もはや恒例となったこの出張。
行く前には、私はいつも不安にかられる。
家の中にいるべき人間が数日家を空けるってのは、なんか言いようもなく、不安だ。
旦那が私の想像もつかぬところで大変な思いをするのが不安だ。
不安で不安で落ち着かない。
こういうところ、私は母の性質を受け継いでいるんだなと、実感する。
でも、行ったら行ったでなんとなくほっともしている。
旦那の世話を焼かなくていい、ということと、
今は旦那を頼れないから自分でやるしかない、という割り切りが、
私の気持ちをすっきりともさせている。

前に出張したときには娘がまだ0歳代から1歳代の赤子で、
そんな娘とふたりきり、家に取り残される不安もあったけど、
今は娘も2歳だ。
あ、今日で2歳7ヶ月になった。
瑞分、扱いやすくなったと思う。
娘とふたりなんて、どうせいつものことだ、とか思える。
今回は一週間後の帰国予定。
帰国の日には娘連れて関空に遊びに行く。娘と飛行機見て、ごはん食べる。

つわりが随分楽になってきた。
朝起き抜けと、夜眠りにつく前以外の時間はほとんど気持ち悪さを感じなくなった。
なんなら今日なんて、朝も気分良かった。
ゆっくり眠ったからかもしれない。
娘の妊娠時と随分違う。
当時の日記を読み返すと、16週過ぎても私はまだ苦しんでおり、それを見てぞっとした。
終わりのないつわりは、夢の中で道に迷うみたいなもんだ。
どんなにもがいてもあがいてもなぜか抜け出せず、
延々と行ったり来たりを繰り返す自分に苛立つ。みたいな感じ。

今は13週の後半に入っており、
この進み具合の速さには自分でも驚いている。
あっという間に一週間が過ぎ、知らぬ間に子は育つ。
胎動的なものも感じ始めている。
経産婦は早くから気がつくのだそう。

私はふだん、赤子の存在を意識することはなく日常を過ごしている。
だけど健診の予定だとか、頑固すぎる便秘だとか、
毎朝ビクつきながら乗る体重計とかの存在が、否が応でも妊娠の事実を思い起こさせる。
しかし、前のように絶望しなくなった。
いやどうだろう、今でも半分は絶望しているのかもしれない。

なんというか、これから書くことはいろいろと誤解を招くような、
軽い暴言的なことになるかもしれないので、
これはあくまでも私自身の個人的主観、として受け流していただきたいのだけれど、

…私は、なんというか、妊婦の姿は、やはり美しくないと思うのだ。

一般的にはさ、胸はまあそこそこあって、ウエストは高い位置できゅっと括れていて、
尻はぎゅっと締まって、スラッと長い細い足、っつうのがキレイとされるし、
私はそういう女性を見ると単純に憧れる。
妊婦はその逆を堂々と進む。しかも抗えない。
人によってはその姿も神秘的というか、
なんかそういう神々しさすら感じる人もいるかもしれない。
女性が新たな生命をその身に宿し、人生で最も充実していて幸せな時で、
その女の身にしか起こり得ない生命循環のプロセス、ミラクル、小宇宙的なことを
現在進行形で体現している姿が美しい、みたいに感じる人もいるかもしれない。
旦那なんか、そのクチだ。
大きなお腹を抱えて胎動で腹を歪ませて、階段をフーフー言いながら登る姿が美しいのだと。
ケッ、だ。
最初その感覚を聞いたときは目眩がした。
つくづく甘い男だと思った。
ていうか、それは何も変わらなくてもいい立場の都合の良い戯言だと思う。
その隣で私はどこまでデカくなるのかわからん腹に戦々恐々とし、
どれだけ気をつけていても毎日人生最高記録を更新していく体重に絶望し、
腹はミミズ腫れのように幾筋も裂け、
そんな風に変わっていく自分の姿に終わりを感じていた。

とにかく、怖かった。

子を産み落としてからも、個人差はあろうとも、
多少なりとも体型も変わり、乳も垂れ、
腹のミミズ腫れは薄くはなっても生涯に渡って消えることはない。
自分が思う美しい女の姿とはかけ離れた姿で、残りの人生を終わった女として生きる。
いろいろと覚悟がいる。

かく言う私も、もともと美人じゃないしスタイルが特別いいってわけじゃない。
けど、自分の叶えられるギリギリ許せるラインを生きていたのに、
それすら放棄しなくちゃならなくなる虚しさ、よ…。
いやええねん。
もともと旦那にしか相手にされん私よ、誰に向けての努力か意地かもわからんやん。
すでに年齢的にも子持ちの時点でも終わってるやん。
経産婦やで、なんつったって私。
くだらん。
子持ちとして子持ちの幸せを生きたらええやん。
けどそうなるとアイデンティティがな。
子供がおらんと成り立たんアイデンティティみたいでな。

ま、いろいろ言ったけど、前は向いてる、これでも。
変わっていく自分を、相も変わらず許せない。
どうやったら抗えるか、抗えもしないくせに考えている。
出産は怖い、陣痛も怖すぎる。
しかも今回は子連れ出産。
私は何よりも痛い陣痛と戦いつつ、娘を守れるギリギリの冷静さを保たにゃならん。
無理、そんなん無理やで…
新生児育児も嫌すぎる…
また世間から切り離された雁字搦めの孤独、
終わりの見えないトンネルの中で、赤子の泣き声に神経を尖らせる日々や…
擦り減るなんてもんじゃないで。

だけど、娘と赤子の絡みは楽しみだ。
それだけしか、私が前を向ける要素はない。
娘の存在が私に出産と育児の恐怖や辛さを教え、
一方で娘の存在が、再び身籠った私を唯一前向かせる。
この矛盾よ。
娘がいてくれて心強い。
娘はまだ私の腹の中に何かいるのを知らない。
無理にお姉ちゃんにならずともよい。
お姉ちゃんやから、なんて言うつもりもさらさらない。
娘が「もうおねえちゃんなんてやめたいわ!」と思うなら何度でもそれを許す。
私だって母親辞めたくなんねんから、娘だってお姉ちゃん辞めたくなるわ。
ただ、娘がいてくれるだけで、私は頑張ろうと思えるねん。
すごいで、娘。
web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。