07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

キュートル

2015.12.08 14:50|食、健康関連の話
久しぶりにニキビができて、アレと思っていると、
口の中にどでかい口内炎ができ、
市販の薬でなんとか治したら、今度は親知らずが腫れ出した。
確か数ヶ月前も腫れたなぁと思っていたら、喉が、イガイガ。
あ、これやばい。
やばいなあと思ったら次の日にはもう声が枯れ始め、
この土日は声が思うように出せず、まるで天龍源一郎のようになっていた。
天龍ボイスなのに、娘は容赦なく寝る前の絵本をせがむし、
最低3冊は読まないと気が済まないらしいので、
私は咳き込みながら天龍ボイスでこんぶのぶーさんやら、いちにちおもちゃ、
ノンタンシリーズなどを読まされている。
こんぶのぶーさんに出てくる、メザシの声が今だけリアル。

昔から私、喉が弱く、風邪はいつも喉の不調からだ。
こんなときはのどぬーるぬれマスクが欠かせない。
ぬれマスクつけて就寝。

おまけに、生理が再開した。
第二子出産後初。約1年ぶり。
くそメンドクセー。
なんかもうこの、生理の出血やら、それを処理する一連のプロセスが、
女って根っからめんどくさい生き物だよね、ってことを知らしめてくるようで腹が立つ。
女だったことを思い出させてくれるなよ。

まあそんなこんなで、我が家で一番無防備な生き物である息子に、私の風邪が継承された。
一子相伝よとばかりに娘はピンピンしている。
娘、強い。
女だからか、それとも伊達に3年長く生きてねえよ!って感じで免疫力がっつりつけているからか。
元気が何より。

とか思っていると、息子の風邪は、なんとなんとRSだった。
いや、ちょ、まじかよ!!
息子まだ4か月なんだけど…やばくないか?
なんだか、咳き込みが激しくて見ているこっちが辛くなる。
だけど熱はない。
しかも本人至って元気。
こういう時までニヤニヤしている。…大丈夫なのか。
ミルクの飲みも決して悪くはない。
対症療法しかないので、昨日もらった薬を飲ませつつ、家ではひたすら鼻水吸引。
鼻水吸われるのはとても不快らしく全力で抵抗してくるけど、
鼻吸い後はかなり楽そうに見えるので、こっちも負けられない。

鼻水吸引には、娘の時に買った「ママ鼻水トッテ」があったんだけど、
これ、日頃から使いにくいなと思っていた。のだった。
私の使い方がマズイのか、ママ鼻水トッテでは思うように吸えず、
てかこれ、なんぼ我が子の鼻水とはいえ、
チューブを介して子供の風邪菌を吸い込むのでは、と抵抗もあった。
そして、その逆もありそうでまた不安だった。
ので、今回新しくチュチュベビーの鼻吸い器、その名も「鼻水キュートル」を買った。
近くの西松屋で698円だった。

これが!
超良かった!
スポイトタイプで吸いやすく、ノズルも長いので鼻の中までがっつり吸える。
逆流防止機能で、鼻に入れたままポンプ連続押しできる。
おまけに分解洗浄が楽で簡単、レンジ消毒OK。
これよりいい鼻水吸引器、他にあるの?とか思ってしまった。
あまりに吸いやすいので、暇さえあれば鼻水吸い取ってる。
吸いすぎは良くなさそうだけど、息子が少しでもズルズルし出すと、
息子の必死の抵抗も押さえ込んで、がっつり吸いにいく!
ロクキュッパーでマジ吸引!チェッチェケチェケチェケ…

さて、かかりつけの小児科医は相変わらず淡々としていたが、
息子の鼻水と咳の症状を見ただけで、RSの検査してくれたのは、まじ、頼りになるなあと思った。
これでRSを見逃していたら怖かったなと思う。
今日も調子が悪そうなら連れて来いと言われているが、息子の様子はそこまで悪くないし、
どうしようか、迷っている。

しかし、感染源はどこなんだ。
私か、私なのか。
私のこの風邪が、RSだったのか?
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コンプリートしたっぽい。

2015.01.30 16:56|2歳半〜3歳
水曜日、初めて娘が一日中パンツに漏らすことなく、
すべての排尿をトイレで済ませた。
回数にして6回。
全部だよ全部!
これは事件だいや祭りだ!
布パンツを意地になって履かせ始めてから、だいたい二週間半での展開だった。

問題は次の日だった。
朝から外出することになっていた。
さすがに、家でうまくいったからって、外ではまだ無理だろう…
そう思っておむつを履かせて出かけた。
でも、娘、外出先でもちゃんとトイレを言えた。
「おしっこしたくなっちゃった!」とか言って。
一緒にトイレまで走った。
ていうか、私の方がだいぶ戸惑った。
外出先でトイレをさせるってのが初めてで、だいぶ手間取ってしまった。
タイツ履かせていたし…
家のように、全部脱がせるわけにもいかないしなあ。
でも娘はトイレに座るまで我慢してくれていた。
なんかもっとこう、スムーズにいかないかなあ…
皆さん、外出先でのトイレってどうしてますか、やっぱあの、和式ですか?
私が和式に抵抗感があるので、どうも…なんだけど、そんなこと言ってられないですか。
新たな悩みって感じ。

帰宅後も何度もトイレを教えてくれて、結局、昨日も一度も失敗はなかった。
娘はすごい自信満々でトイレする。
まるで今までだって当然トイレで用を足してたで、くらいの涼しい顔です。
なんか、トイトレ、完了したって言うのかな。
大丈夫かな。
旦那が昨日帰ってきて、
パパが帰るまでに出来たらいいね(さすがにそれは無理か)とか言ってたけど、
ほんとに出来た。
なんかひと山超えた気分や。
母親として一枚壁を壊した気分やで。

正直まだ、外では出来なくていいか、と思ってたけど、
娘は外でもする気満々みたいなので、
ちょっと外でのトイレについて真剣に考えようと思う。
就寝時はまだおむつだ。
就寝時のおむつはまだ外れなくていい…
さすがにそこまで一気に事が進むと、私の方がいろいろ追いつかない。


私、またつわりぶり返してます。
ここ数週間大丈夫やったのにな。
やはり、私のつわりには、終わりはないのかもしれない。
web拍手 by FC2

トイトレ戦記

2015.01.26 17:13|2歳半〜3歳
引き続きトイトレの記録。

前の日記の最後に、寝る前についに娘がトイレで排尿したと書いた。
翌日からはもっとスムーズに出来るようになるかと期待していたが、
一晩寝た娘はあっさりとトイレで排尿の達成感を忘れ、
またも布パンにダダ漏れ状態に逆戻りしたのだった…

しかし、一応漏らす前に「おしっこでそう」とは言ってくれるようになった。
5回漏らしたとしたら3回は言ってくれるようになった。
で、トイレに連れて行ってズボンを脱がすタイミングで、
「あ、いまでた」と言われる、みたいな感じ。

昨日は母が遊びに来て、娘は母と遊ぶことに夢中になってしまうのか、
まったくトイレに行ってくれなかった。
それどころかパンツに漏らしていることすら教えてくれない、
挙句、いつも出来ているうんちですら、パンツに漏らされた。
おいおいおいおい!
どこまで一気に退行する気じゃワレ!
ここでまた母に余計なことを言われた。
だいぶカチンときたわ。
娘がうんちまで漏らすから、「あれ…うんちはずっと出来てたのにねえ」と娘に言うと、
「あんたが神経質にあんまりトイレトイレ言い過ぎるからちゃう?」って、ね…
もうね…
はあ?ってなったわ。
私は、どちらかっつうと、母の来訪っつう非日常的なもんが、
娘からトイレを遠ざけてるって認識だったんだけど、ね。
現に母が帰って、お風呂に入っている時には再びおしっこを教えてくれて、トイレでできたんすわ。
何、私のせいみたいなこと言ってくれっちゃってんの?ですわ。
てか、私そんなにトイレトイレ言ってないよ。
娘がパンツに漏らしたことすら教えてくれなかったから、
それは困るからちゃんと教えてね、とは言ったけど。
あとは、3時間置きくらいに、「おしっこどう?」って声かけるくらい。
やりすぎですか?
言い過ぎですか?
神経質ですか?
はいはい、私が悪うございましたすみませんね!
じゃあまったく娘にはトイレのこと言わなくていいわけね。
パンツ濡れてても無言で粛々と替えればいいわけね。
はいはいわかりましたよそうしましょう。

ってことで、これからは母が来た日はトイトレしないことに決めた。
おむつ履かせておくことにする。
どうせ無理だし。
娘もおばあちゃんがいる日はおばあちゃんとの遊びに集中したいだろう。
私も母に余計なこと言われてザワザワしたくない。

まあでも、母が昨日、娘をトイレに座らせて、かなり長い間粘ってた。
自分が座らせて、声掛けして、それで娘がおしっこできたらドヤァ!ってしたかったんだろうと思う。
それだけ私は不器用に苦戦していて、そのくせ何の成果も得られてない、くらいに思ってるんだろう。
母にしてみれば、「私はこうして娘のトイトレ成功しました」っつう経験値( )があるわけだから、
私にも、育児の先輩( )として、トイトレっつうのはこういうもんよと言いたいのだろうけど、
そう事が簡単に運べば世のお母様方は皆、苦労してないんでね、っつうね…
娘もそう簡単に、相手が変わったからって素直に出しませんわ。
結局出なくて、私も出るわけねえよ、って思ってたんだけどね、
母はドヤァ!出来ませんでしたとさ。

母は私の方が娘のことを分かってたり、娘の扱いに器用だったりすると、なんかいつも面白くなさそう。
自分がやってうまくいかなかったことを、私がやってうまくいったりなんかしたら、
「あほらし…」って言って小馬鹿にした感じになる。
娘が母を拒否し、「ママがいい」とか言ったら、割と本気で拗ねる。
「あそ!じゃあもうおばあちゃん帰るね!」とか言って、二歳児相手に半分本気で怒ってる。
「娘ちゃんはこうしたいのよ」「こう思ってるのよ」とか言って、娘の気持ちを代弁したがる。
私の方が分かってると言いたげだけど、そういうのも全部やめて欲しい。

おおっと、だいぶ脱線したな。母の愚痴は尽きませんわ。

今日は、午前中はずっとオムツだった。
午後から「うんちしたい」と言ってトイレに行った時に、まず壮大におしっこをしてくれた。
それからはまだトイレに行ってないので、奇跡的に今日はパンツをまだ濡らしていない。
このまま今日、濡らさず終わってくれたらいいねんけど…
結構、毎日濡れたパンツを洗濯して乾かす作業は大変だ、いや、それほどでもないけど。
少しずつ、娘のトイトレは進んでいると思う。
私は私と娘のペースを守ってやっていこうと思ってる。


旦那は出張先でも何やら忙しそうだ。
娘は、物心ついて初めての旦那の出張で、かなり淋しがっている。
どのくらい寂しがるかというと、毎晩メソメソぐずぐず泣くってな有り様。
「パパにおいてかれる」とか「さみしい」とか「しんぱい」とか言って泣いて、
あんたそんなにパパのことが好きだったのね、知らんかったわ、って感じ。
初めて娘にとって旦那がこんなにも大きな存在だったのかと気がついた。

でも毎晩泣かれるこっちの身にもなってくれよ。
寝かしつけるのに相当な時間がかかる。
毎日同じことを言い聞かせて、コツコツコツコツ…
でも次の日も同じことで泣かれたら、だんだん、私も飽きてくるわっつの。
しかし、旦那が夜電話をくれて、娘が旦那と話せた日には、誰よりも率先して寝た。
「ママ、もう寝よっ」つってさっさと布団に入って、私より先にぐーぐー寝た…
旦那よ…出来れば毎晩電話してやってくれ…

今日は朝もパパがいないっつってグズグズよ…
そりゃトイトレどころじゃないわ…
じゃあこれでも…って旦那の写メを見せても、「こんなんいらん!」って突き返された…
写真じゃなくて、実物じゃないと納得出来ないらしいです…ややこしいです…

まあ、こんな生活もあと数日よ。
頑張ろうじゃないか娘よ。
出来たらパパが帰ってくるまでにトイトレ完了しようぜ!
パパ喜ぶぜ!
そう言っても娘は、「むーりー」と言ってドヤ顔でむりかべのモノマネをするのだった…
はあ…
まあええわ。焦らんといこう。
web拍手 by FC2

トイトレ奮闘しとんねん。

2015.01.23 00:28|2歳半〜3歳
また記事投稿しちゃう。

トイレトレーニングを本格的に始めてそろそろ二週間。
本格的に始めたとは、布のトレパンを履かせて、
意識的にトイレに連れて行く、ということを始めてからってこと。
その間中、娘は一貫してパンツに漏らし続けている。
一日何度も、意地でも漏らす。
私はそれでも、延々とパンツを履かせる。
何度漏らしても、ほら、まだ替えはあんのよ、とパンツを履かせる。
夜、娘を風呂に入れた後、娘が濡らした何枚ものパンツを一気に洗濯する。
最初は小細工なしでパンツのみでズボンを履かせていたので、
娘が漏らすと当然ながらズボンまで浸水、時には靴下も被害にあっていた。
漏らした場所によってはカーペットやソファも濡らされていた。
その後処理の大変さに、私の心は折れかけたけれど、
今はちょっと小細工して、布パンの上からオムツを履かせている。
この方法で、ズボンや靴下や家まで被害にあうことはなくなった。
そして娘には漏らした感覚が伝わるので、娘はあわわ…となる。
よしよし。

そうは言っても彼女のうんち排泄場所はトイレ固定になった。
これは彼女が、なんだかうんちしようとやましい顔になっているタイミングで、
ささっとトイレに連行して座らせ、一緒に気張る、を繰り返すうちにすんなり覚えた。
途中、トイレでするのが嫌だったのか隠れてうんちをおむつにしたり、
便秘になったり、間に合わなくて娘が挫折感から泣いてキレる…とか、紆余曲折あったけど、
それでも出来るようになった。

残る問題は、おしっこだ。

当初娘は、おしっこを漏らしてから、私に「トイレでしないとあかんの?」と尋ねてきていた。
その言葉が娘から出た時は、すでに漏らし済の合図だった。
今は、おそらく娘が尿意を感じた時に「トイレでしないとあかんの?」と聞いてくる。
そうやで、トイレ行きたいの?行こう!と誘って連れて行こうとしても、
出ないよ!と拒否される。
無理矢理連れて行こうものなら必ず抵抗される。
抵抗にあって座らせられないときも、なんとか座ることまではしてくれたときも、
トイレではなく、しばらくしてからパンツに漏らす。
あらら…

でもめげずにパンツを履かせる。しつこく、粘り強く。
もうアンタ、今更後戻りはできないのよ。
私が諦めてオムツを履かせるとでも思ってんの?甘いよ。
どんなに漏らそうが、濡らされようが、私はアンタに布パンツを与える!
これは意地と意地のぶつかり合い、聖戦、ジハードよ。
私はもう覚悟を決めてんだから、
アンタも抵抗したければ私の覚悟を上回るだけの覚悟を持って挑んで来なさい!
…くらいの決意のしようです、はい。

娘はトイレのことをかなり気にするようにはなっている。
朝起きて、布パンを履かせると、「パンツぬらさないようにするね」と一応決意を述べている。
ま、漏らすんだけどね。

この前、ちょろっと漏らしてから「いかん!」と思ったみたいで、
ちょい漏れで止めていた時があった。
漏れて止めて、「トイレでしないとあかんの?」と私に確認し、
トイレに行ったこともあった。出なかったけど。後でパンツに出したけど…
珍しく「トイレいくわ!」と自分から言った日もあった。
私が意気揚々とトイレに連れて行った時にはもう漏れていたけど…
漏らす前に必ず「トイレでしないとあかん?」と聞いてくるようになった。
そこから行くことを激しく抵抗したり、座ってもぜんぜん出そうとしなかったり、で、
結局トイレで排尿は成功しないけれど、彼女なりにトイレを意識はしているようだ。

パンツに漏らした後、
「トイレに行きたくなったらどうするんやった?」と尋ねると、
「おしえます!」と返ってくる。
「教えて?そんで?おしっこはどこですんの?」
「おといれ」
…わかってんじゃん。このやりとりを毎回繰り返す。
この前なんて、自信満々で「おしっこでたらおしえるねー!」なんて言われた。
おーいちょっと待て!出る前に言うんやで?わかってる?
出てから言うても遅いんやで!したくなったら教えるんやで!わかった?
…修正しといた。

いや、どうやらこの辺りの理解かなと思う。

トイレに座らせているときに、「おしっこでない」と言うので、
「なんででない?」と聞くと、「だってできないもん…」と言って拗ねていたこともあった。
うんちはちゃんと教えてくれて、トイレに行って出来るってことを考えても、
おしっこの方は、成功体験がないからなんだろうな、と思う。
おしっこのためだけにトイレに行って、排尿出来たことがないから自信がないんだと思う。
なんというか、報酬がないから、心が折れているっぽい。
娘がまだ1歳代の時にトイトレして、成功したことがないから心折れて、
トイトレやらなくなった私のように。

まあ、なんだろう…
今はこれで十分だと思う。
彼女が彼女なりにトイレを意識できているってだけで、十分。
いや、十分すぎるよ、だってうんちは出来るようになったんやで。
これだけで、私は随分楽になった。
うんちべったりオムツを処理せんでいいってだけで、ものすご自由やで。
それを今、覚えてしてくれている娘は、偉いと思う。

なので、まあ焦るつもりはない。
焦らないが、布パンツもやめない。
今日も懲りずに布パンツ履かせている。
これを繰り返すうちに、根負けするのは娘の方と、私は踏んでいる。

母にはいろいろ言われる。
何回もパンツ濡らしている娘を見て、
「あんたはこうやって覚えた」「こうしたらできんのよ」「おばあちゃんがやってあげようか?」とか、
いろいろ言ってくる。
うんざりする。
私と娘の性格がかなり違うってことはすっ飛んでる。
トイレに座ることすら抵抗する娘なのに、そう簡単に事が進んだら私もここまで奮闘してないっつの。
なんでも素直に母の言うことに従っていた私とは違うんだからさ…
でもそれが娘なんだから、それでいい。
間違ってるとかじゃない。近道もない。
私は私のやり方を信じるし、娘のことを信じる。

…って、ここまでが今日の夕方書いてた内容。
娘を寝かせる前に、私がトイレに行ったタイミングで、あんたもする?って聞いたら、
いつもはしないって言われるのに、やけに素直にすると言ってズボンを脱ぐから、座らせてみた。
出ないかなあと思ったけど、本人は出るよと言うからしばらく待ったら、出た…
出しよった、トイレで…
やった…
やったよ…!
娘も非常に喜んだ。
「はじめてできたあ♡」と言って、顔をくしゃくしゃにして笑ってた。
おしっこ単体で出来たのはこれが初めてだ。
自信になってくれただろうか。
私も嬉しい。
明日からも、がんばろう。
web拍手 by FC2

スタジオで撮った写真があがった!

2014.11.29 17:18|2歳〜2歳半
この記事はブロとものみ閲覧できます
web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。