09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

娘のことを書かないと!

2013.12.14 10:37|1歳半まで
なんだか育児ブログじゃなくなってきたっぽいので…
取り繕うように娘のことを書いてみる。

娘、もうすぐ1歳6ヶ月。あと1週間くらい。
はやいなー。はやい。
最近は、彼女、「おちた」と言うことにやったらハマっておられる。
物が落ちたら「おちた」。
食べてた物をこぼしても「おちた」。
ついでに自分が倒れたときも「おちた」。
…いや、そこは「こけた」だろ。
とにかく何でも「落ちた」「落ちた」。
物体が倒れたり零れたり落下したりすると、
いちいちすっ飛んで来て、「おーちーたー!!」
…季節的に、ご近所に受験生が住んでいないことを切に願う。

その「おちた」のアクセントが「ち」に置かれていて、可愛いねん。
個人的な嗜好っていうか、ただの親ばかですけど、可愛いねん。
最初は、「おちた」と言えずに「ちた」と言っていた。
それはそれで可愛らしかったけれど、
いつの間にか「おちた」と言えるようになっていて、
それもまた、喜ばしいことだと思った。
あと、「ばいばい」を「ばいびー」と言う。
「ばいびー」って、ちょっと古ない?って思うけど、
しかも誰も教えたわけじゃないねんけど、
10回に6回くらいは「ばいびー」と言ってる。
うん、まあええわ。あんたやったら「ばいびー」でも許される!
私やったらもう許されへんけど!
30でばいびーはイタイけど!!

そうだ。この前夜中に、面白いことがあった。
かなり暑がりな娘、夜眠るときに布団をかけていると、
頭から何から、汗でびっしょりになっていることがある。
汗かき過ぎて、髪ぐしゃ、ところどころぺたーんなって、
ちょっと娘の頭、温水洋一的な残念感が漂っている…
うちの子、髪の毛少なめやねん…

この前はちょっとそれがだいぶと過剰で、
ええ、あんたそないに暑かったんかいな、と思って布団をうっすら剥いでみると、
お尻のあたりもびっしょびしょ。
うわなにこれ、おもらし系?
え、なんで、おむつはどないなっとんねん!仕事してんのかいな!と思いながら、
私は何度もその部分を触ったり、匂ってみたり、濡れている原因を確認。
…臭いからして、どうやらおもらしではないよう。
ということは汗か…
何にせよ、このままの状態で寝かせるわけにはいかない。
本人も気持ちが悪いのか、何度もぐずぐず言って起きかけている。
私は娘を着替えさせることにして、起こす。
案の定、眠りたい娘の逆鱗に触れる。ぎゃーんと泣き出す娘。
いやいや、ちょっ…待てよ!!
なんもしねーよ!
着替えさせるだけだって!!
別に、んな、おめえの体になんて興味ねえよ!!
とかなんとか夜中にふざけた独り言を言いながら、
私は無理矢理娘の着ているものを剥いでいく。
その間も娘、大泣き…
だんだん脳みそが冷えてくる私。
うるさいよあんた、時間考えなってば…
おとうさん起きちゃうよ。
もしご近所が聞いてたら、迷惑だよ。
てか、泣き過ぎ。いちいち泣き過ぎよ。
娘の大泣きに心折れそうになりながら、着替え完了。

娘、着替えが終わってもまだ超絶ご機嫌斜め状態。
私と向かい合う形であぐらをかき、ひっくひっくとしゃくりあげながら、
涙を顔中に貼り付かせながら、
「○×□△※◎☆〜!!」と、
私に向かっておそらくあらん限りの暴言的なものを吐いている。
おうおう、何を言ってんのかわかんねえよ、わかんないけども、
とにかく何かしら不平不満をぶちまけられてるのはわかるよ。で?

「×◇▼○※☆ねんね◎□☆♪△※〜!!!!ヒックヒック…!」

おうおう、今のは何となく伝わった。
ねんねのみ聞き取れた。
つまりはおまいさん、こういうことが言いたいわけやな?

「てめっなに勝手に着替えとか意味分からんことしだしとんねん!!
 あたしゃ眠いんじゃ寝たいんじゃ!んなときにてめえがいきなり
 あたしの着てるもの剥いでいくから寝られへんのじゃボケが!!
 何意味分からんことしとんねん!しかも寒いんじゃ!あほか!
 ○ねや!!フ○ック!!ピーー(その他放送禁止用語)」

ま、こんなとこだろ?ん?

その後、なぜ私がパジャマを着替えさせたのかということを始め、
着替え終えた今では気持ちが悪いところはなくなったはずだ、
これで君も安心して朝までぐっすり眠れる、的なことを懇切丁寧に、
泣きじゃくってしゃくりあげる娘に言い聞かせる。
すると娘も理解したのか、泣くのをやめ、
でも相変わらずひっくひっくとやりながら、私に凭れ掛かって来た。
そしてそのままゆっくりと布団に倒れていき、
しばらくトントン、としていると、娘はまた眠りについたのだった。
…なんとまあ、手のかかるお嬢さんだこと。

けれど、娘は己の言うことのできる言葉も織り交ぜながら、
出来る限りの力を使って、今の自分の精一杯の語彙力で、
私に不平不満、自分の感情を訴えて来た。
こういうことは、今まであまりないことだった。
今までは結構、「ちゃっちゃ」とか「まんま」とか、
一言で全部が済んでいたから。
今回のこれは十分、「しゃべり」になっていた。
なんだか私は娘にキレられたということよりも、そのことのほうに圧倒された。
…すごいな、娘。進歩してるよ、君なりに。

翌朝起きると、娘はけろっとしていた。
このけろっがまた、いいんだよなー。
大人みたいにいろいろ引きずらないし、
翌日にまで持ち越さないところがいいんだわ。
これからうじうじ引きずるようにもなっていくのかしら…。

とまあ、こんな感じの1歳5ヶ月後半の日々。
そう、ここは、育児ブログです!!
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。