09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

if もしも

2014.01.16 22:15|旦那のこと
娘のやつ、ついにやりよったで。
禁断の、、、
クレヨン、、、


そ、ソファに・・・。



あれほど、あんた、紙以外には描きなや、って言い聞かせてきたのによ。
思いっきりド派手にやらかしてくれたわ。
しかもカバー二つ分に渡って。
豪快。
あんた豪快よ。
しかも茶色のクレヨンって・・・
色のチョイスは地味ね。

私は泣く泣くカバーを外してごしごし手洗い。
まあいいわ、綺麗に落ちたから、いいとするわ。
クレヨン、本人はすごい好きなのよ。
私も嬉しそうに画用紙にぐりぐりしまくる娘、見ていて楽しいのよ。
でも、こういうことは、そりゃあるわよね。
壁とか床に描かれたら、もう、アイタタタタ・・・よね。





ところで!
旦那の転活についに、結論が。

ああ。
今年は結局、結論出ずよ。
決めきれなかったわ、最後まで。
転職するのなら、今日がターニングポイントだったわ。
転職するのなら、今日の健康診断に行く事が前提だったわ。

旦那・・・




行かなかったわ・・・・





昨日、夜中3時まで話し合ったのに。
どういう結論に至っても、私あんたについていくで。
私とあんたは運命共同体、一蓮托生や。
どないなっても、路頭に迷うことになったとしても、
私、あんたから離れへんで。
そのくらいの覚悟で、だって、結婚したんやもの・・・
と、まるで宮川花子師匠的心境で語ったで、私。

でも、旦那はやはり今の会社に残ること(少なくとも来年度は)を決めた。
朝、出勤する瞬間まで迷っていたけど、やはりいつものように、出勤していった。
そして午前中に、先方に断りの電話を入れたようだ。

結局、金よ。あんた。
やっぱり金の前に、夢は破れるのよ。

いや、そういう話でもないな。
確実性、将来性、みたいなものを、
結局のところ、転職先には最後まで見い出だせなかった。
年収は200万ほどダウン。その状況で数年。
けれど契約自体は一年ごと。
その間、雇い止めにあっとしても文句は言えない。
専任に昇格すれば給与は上がるし、もちろん終身雇用だ。
けれど、忙しさのレベルで言うと、ほとんど変わらんみたい。
むしろ、一応今は土日は基本的に休みってだけ、マシかも・・・みたいな状況ですわ。
それでもそれは旦那にとっては、長年温め続けてきた夢だ。
やりがいという意味では、今よりずっとあるのかもしれない。
けれど、夢は日常に化けた途端、色褪せるものなのでは・・・

あなただったら、転職する?
メリットを感じますか、この転職に。
しかもあなたには扶養すべき、妻と子供がいる。

あーあ。
いや、私も働かないかんですわ。
今回は本当に、それを真剣に何度も思ったわ。
私も働いて、雀の涙ほどの賃金でも、もらえていて、
少しでも家計の支えになっていたのであれば、
また結論は違ったものになっていたかもしれませんわ。

夢を追う以上は、ある程度の痛手も負うものですわ。
失う物も、そりゃありますわ。
それを失う事ができず、旦那は転職しませんでした、とさ。
「じゅいえとじゅあんがいなくて、ひとりやったら、確実に挑戦してるやろう」
とも言われましたわ。
けれど、それは仮定の話であって、私と娘がすでにいる旦那は、
自分最優先で動く事はもう、できないのであった・・・

ああなんだか、わたしってば。
自分だけがいつも自分を後回しにしているように、思っていたわ。
恥ずかしい。
旦那もそれは、まったくおんなじなのよね。
私たちもう、自由気侭な独り身とは違うんだもの。
お互いにお互いの存在を背負い合っているんだもん、ね・・・。
大人になるって、つらいですわね・・・奥さん・・・

ま、そうは言っても。
来年度、再度、チャレンジしないというわけではない。
もしかしたらまた、違うところ狙っていくかも。
そしてまた、同じ結論に至るのかもしれないけれど・・・。
今回、お話を頂いたところはとりあえず、なしにしようってことです、ハイ。

昔、タモリが出てた「世にも奇妙な物語」チックな番組で、
「if もしも」ってのがあったなあ。
あれ、結構子供ながらに楽しんで観てたなあ。
人生には、もしも、ってやつはないのよね。
でも、もしその「もしも」が許されて、旦那がふたりいて、
それぞれが違う選択肢を選んで歩いて行っていたら、
その先どんな未来が待ち受けているのでしょうね。
そういうシミュレートだけでも、できたらなあ・・・

と、全然現実的でないことも、想像したりするのでした。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

じゅいえさんちチャンス、もといピンチ。

2013.12.22 15:18|旦那のこと
前のブログからちらっと書いてきました、
旦那の転活。

え、まだやってんの。転活。
そうなのよ奥さん。
うちの旦那ったらね。
まだやってんのよ。

けれど、今年はこれで終わるだろう。

9月頃から始まった、旦那の転活。
ええっと、実はですね、彼は教員になるのが昔からの夢でして。
高校の理科の教員免許を持っているので、
高校の教師を目指して、転活してました。
何校か、今年受けてみた採用試験。
実にいろいろな段階で落とされました。
筆記であったり、面接であったり、もう書類の段階で弾かれたところもあり。

ですが、先日、一校、採用の連絡があった。
たった一校だけ!
これはもう選んだり悩んだり吟味したりとか、そういう余地なし!
けれど、まあね。
実際ものすごく悩んでいます。夫婦ふたりして。
手放しで喜べない状況。
なにせ、採用形態は常勤の講師。
立場も給与も保証された専任の教諭とは違う。

いきなり、専任教諭として採用することは、
ほとんどの学校で無理だということだった。
それで弾かれた部分も結構あったと思う。
給与も下がる。
しかも講師である間はボーナスもない。
契約は一年ごと・・・。

実際の内部の事情はよく知らないけれど、
これ、飛び込んでいいの?
・・・なんだか、使い捨てにされそうな気がしてならない。
しかし断れば、二度とこことは縁は結べないだろう。

ってことで、二の足踏みまくってます。私ら。

実際、今のところ、わざわざ転職する理由が見あたらくなっている。
ひとつ、担当したプロジェクトが終わり、
しかも組織再編もあり、
彼の勤務環境は少し、ほんの少しだけれど、改善されたように思う。
水曜日はあまり残業せず帰ってくるようになった。
他の日も、以前ほど遅くはならないし、休日出勤は一度もない。
もちろん、この状態は永遠ではない。
また量産体制に入れば、前のような状態に一気に陥るだろう。
だから、この今の楽な状態も、一時的でしかない。
でも・・・逆に言うと、大変な状態も一時的なのだ。
冬のボーナスの査定も良かった。
量産したってことが評価されたのだろうと言っていたけれど、
同期の中でも一番くらい、もらっていた。
しかも今月は、グループ全体の業績が良かったため、
給料プラス金一封が出るらしい。
このご時世に。

社畜であることにはなんら変わりはないけれど、
果たしてそれだけと言えるのだろうか。
彼は、会社組織という絶対的な檻の中にいても、
それなりに評価されているのでは。
もちろん、それ意外の苦労だってある。
その只中にいる間は目も当てられないくらいのズタボロぶりだ。
私だって、見ているだけでも辛すぎる。
しかも、今の会社だって永遠にあるのかと言うと、それは誰にも分からない。
社会情勢の変化で、いくらだって大きな流れの中に呑まれ、呑み込まれ、
その犠牲になることだってあるかもしれない。
海外への出張だって、嫁としては不安がある。

でも、それらすべてをかなぐり捨てて、新しい、不安定な場所へ、
身を投じることができるのか・・・。 
やりたかったことには違いない。
夢だったこと。
激務だろうと、今よりは生き生きと働けるのかもしれない。
でも夢は夢で終わるのが現実なのでは。
何より、今の会社の中でも、彼なりにやっていく術を見つけつつあるのに・・・。
そして家計!
家計よ奥さん!
ここは重要よ!!
何より重要よ!!
夢や理想だけで飯は食えないのですわよ!

ひとつ採用の連絡をもらってしまったがために、
私ら、うんうん悩まなければいけなくなった。
旦那が今、夏から秋にかけてのあの状態だったら、
一も二もなく飛び込んでいたかもしれない。
だから、この冷静な状態で採用の連絡が来たことはむしろ良かったのかも。
彼の夢は叶うチャンスだけれど、
家のことを考えるとこれはピンチだわ、きっと。
これからの我が家の命運はかかりまくっているし、
舵取り、どうしていくのか結構これ、重い問題だ。
私、情報収集は結構得意なほうだけれど、先を見通す力はない。たぶん。
旦那はどうかしら。
あいつは情報収集は苦手だ、けれど、
少なくとも私よりは先を見ることができているはず。
私らふたりが悩んで出した結論で、我が家は娘は、守れるのか!
守らなければならない!

結論は今週半ばまでには出さなければならない・・・。
ああ、頭禿げるな、たぶんこれ。
web拍手 by FC2

腹が立つけれど…

2013.12.10 19:56|旦那のこと
年賀状作りに躍起になる。
合間にブログを読んだり、書いたりする。
すると必然的に、PCに向かう時間が長くなる。
娘、そんな私に不満爆発。
もう、すごい泣いたり駄々捏ねたり、唇むすっと膨らませて抗議する…
いや、わかるんだけどね、
これね、やんないとね。
娘は娘で必死で、とにかく膝の上に乗せないと落ち着いて作業させてもらえない。
はあ…

土曜、日曜は旦那もいるし、ゆっくり作れるかなあとか思ってたけど、
旦那、夕食後ずっと居間でテレビ観ながらいつの間にか寝る、ってのを繰り返してる。
ちょっと、娘の相手を頼むよ、とか、寝るんやったら先にお風呂入ったら?とか、
私、結構何回も言ってたのに、どれも結局しないまま寝る。
あのさ、観もしないテレビつけっ放すのやめようよ、って話したよね。
なのにさ…。
寝るのね、あんた、そこで。
腹立つわ。
私もだんだん腹立ってきたわ。

こんなに私ばっか、娘の相手もしながらさ、
こいつできるだけ泣かさないようにってさ、
必死になってんのにさッッッッ!!
だいたいおめえ、年賀状はよぉ、私だけが出すもんじゃねえだろがよ!
私とあんたと、二人で出すもんだろ!!
なのに、私ばっか、娘を構う一方でPCいじって、
ああでもないこうでもないってやってんのにさッッッ!!
ムッキーーーーーーーーーーーィ!!!!!

腹が立つから、てっめえ!!どうにかしやがれ!!
寝るなら風呂に入ってさっさと布団で寝やがれ!!
てかまず、テレビ消せよ!!!
…ってな感じでリモコン投げてやった。

なのに、あいつってばさ、なんなんもう。
「なに癇癪起こしてんの」だってさ。
超、冷静。
あんた何かい、氷水かなんかで一回しめてんの?ってくらい。
あ、そりゃ冷製か。
ばか!またおもんないこと言ってるよアンタ!!

・・・とにかく!!!

その旦那の気にもとめない風の態度がもう、
めちゃめちゃ腹立つわけですよ、こっちも。
「癇癪」って。
なに、癇癪って。
子供扱いかYo!!!

私が言ってんのはさ、ただそこで寝てるだけなら、
娘の相手をするか、自分のことをする(風呂に入る)か、
年賀状を作るか、とにかく何かしろって言ってんだよ!

むかつくから、もうそのまま娘と風呂に入って、
あいつのことは放っておいてやりましたよ。
でもね、娘ってばね、健気でね・・・。
旦那のことを風呂から呼ぶわけですよ。
おかん、えらい頭にきとるみたいやけど、
気にせずあんたも入ったらどうや、ってな具合に。
でもそんなね、1歳そこそこで大人の振る舞いを身につけている娘に対し、
私はもうね、「ええねん呼ばんで。ほっといたらええねん」なんですよ。
どっちが大人かわかりません。
てかむしろ、私も何をそこまで怒っているのかわかりません。
でもね私も意地なわけですよ。
いつまでも仏の顔で、「いつも家族のために働いてくれてるから」とか、
「疲れてるの、わかってるから」とか、
「そうだよね、土日もそりゃね、時間があったら寝てたいよね」とか、
そんな甘っちょろいことばっかり言うとれんのですよ。
それを言うならね!私もなんですよ!!
私だって、いつも家族のために働いてんだよ!(家で!)
疲れてるんだよ!(私だって!)
土日も時間がありゃ寝たいんだよ!(てか私に土日なんてないんだよ!!)

仏の顔も三度までなんですよ。
こちとら、三度はとうに越えてるわけですよ。
こういうことを繰り返して、その度に私も反省して、
それでも旦那の根本は何も変わらずに、これまで来てるわけですよ。
むかつきません?
むかつきますわ。

だからもう、私も、外で働いて来てる旦那に対して下手に出るのはやめてやる。
うん、いつ下手に出たことがあっただろうか、私。
まあいい。
それはいい。
とりあえずは横にでも置いとけ。
外で働いてるってるのが何様なんだよ!
こっちは中で働いてんだよ!!
たまにブログ読んでるけど!
自分でも書いてるけど!!
だから、何!?
So What!?
ファック!!

…ってのが、日曜の晩。

なんていうか、私はここ最近、旦那に対していろいろと不満だ。
けれどさ、それを言ったりすることはやっぱり憚られると思ってたのだわ。
だって、なんてったって、あいつが働かなきゃ私らは食べてけない。
しかも外で働くってことはそれなりの地獄だ。
それは知ってるし、だから家でくらい、のんびり落ち着きたいって気持ちも分かる。
そうだよ、その通りだよお気楽主婦が。思い知ったか。




…だあれがお気楽主婦やねん。


主婦舐めんなあ!!
ファーック!!!






…はぁはぁ。
けどさ。
じゃあさ。
私は一体どうなるわけよ。
毎日外で働いて、尚かつ家でも働けって言うのは無理があるのはわかってるけど。
私、子供産んでこの方、ゆっくりのんびりなんてしてないよ!
いやまじで。
これまじな話ですよ世間の皆さん。
子供ひとりいるだけでね、世界は変わりすぎるほど変わるんです。
え、これ何、外で働いてたときのほうが断然楽じゃん、って思うんですわよ。
だからって別に、旦那の方が楽してるとは微塵も思っちゃいませんよ。
あくまでも自分基準の話ですからね。
私は旦那の方が苦労していると認めます。
だから家事と育児の全般を、日常的に私が担ってるんですよ。
しかしそのこぼれたヤツを、ちょっと拾ってくれって言うことすら、
私のワガママですか?
そうですか?

なんていうか、旦那はいろいろと変わらないスタンスすぎる。
私はそれが不満なんだと思う。
子供が出来ても、ヤツの世界は変わっちゃいない。
働きに行って、帰ってくる。たまに娘をくすぐったりして遊ぶ。
それだけ。
風呂に入れろと言われたら入れる。
歯を磨いてやれと言われたら磨く。
それで十分?いいえ。
全部言われて初めてやるわけですよ。
それにもこっちは、いちいちイライラしてるんですよ、言いませんけど。

で、飲みに誘われたらほいほいついていくし、
もう夕食作ってんのに、「今日飲み会になった」とか連絡くるし。
てめ、おっせえよ。
と、こっちはお玉ブルブルさせちゃうわけですよ。

ふーん、飲み会。
結構だねえ、わたしゃ久しくそんなの行ってねえよ。って感じ。
それ言えば、「え?行ってきたらいいじゃん」的なね。
はん。
そういう問題なのかよ。
そりゃあね、娘に対する責任感というか、やっぱ違いますわな。
「今日飲み会なの〜♪だから行ってくるね♪」って、
キャピって出かけられるような立場ではもう私、ないの!!!

そうよ。
あんたは子供が出来たって、自分の好きなときに寝る、
好きなときに行きたいところへ行く、飲みにだって行く、
そしていつも結局、娘が私でしか納得しないということを盾に、
どこに行ったって結局私が子守りをする、その間に自分好きなことする、
おまえがいないと納得しないからっつって結局風呂の担当も私、
え、なにどゆことこれ。
何も変わってないよねあんた。子供がいる世界といない世界とで。
私は変わらざるを得なかった。
そしていろいろ失った。
でも子供のためと思えば納得できる。手放せる。
あんたは何一つ手放そうとしないじゃないか。
自分の時間も価値観も、変わらず自分のものじゃないか。
なんで女ばっかりこうでなきゃいけないのさ。

はあああ
むっかつくんだよ!!


…はい。
お気づきかと思いますが、今日の私、大変荒れております…。
ここまで流れのまま付き合わされてしまった方、すみません。
不快な思いをされてしまった方、すみません。

とにかくね、私はこのようなことで腹立たしい思いをしておりまして、
まあね、たぶんね、いろいろと複合的な理由もあるんでしょうけどね。
たとえばなかなか生理が来ないとかね。
あれ、なんだろうね。
最近やったら遅れるんだわ。
遅れるようなこと、何もしてないのに。
そうそう♪レスだよっ♪
爽やかに言ってみたけれど、これもまたね、いろいろと根深い問題。
けれど旦那はね、なんてったって冷製パスタだからね。
私が思うほど、深刻なこととはまったく捉えてないからね。
こっちは結構悩んでるよね。日々。
で、もう通り越したよね。
わたしまでなんだか、気分が乗らないというか、
もう、そういう行為全般に、めんどくささを感じるよね。
むしろなけりゃないで、さっぱりしたもんだよ。
もう自分を可愛くみせなきゃいけないとか、そういうところにも悩まなくていいし。
女としてどういう反応をしないといけないとか、女性らしさとか、
そういうことも考えなくていいし。反応って!生々しいわ!
そして、ふたりめどうしよう、とかそういうことももれなく関係なくなるわけでしょ。
だってないんだもん、どうもこうも。
ふたりめどうだい?
どうもこうもこのザマよ。(某CM風)

たぶんこれね、もう永遠のテーマみたいなところある。
たとえば家事育児の話しかり、夜の営みしかり。
みんな悩んでるよ。同じポインツで。
なんだろうね、日本の文化的なものがそうさせるのかな。
何が背景なのかはわからないけれど。
とにかく、日本人はたぶん働きすぎなんだよ。
それは言える、確かに。

そういう文化的なことが背景なら、ちっぽけな私が今更どう足掻こうと、
どうにもならない。

だからもういいや♪
考えるのはやーめよっ♪

ってな日常です。はい。
旦那に対してはいろいろと腹が立つけれど、
それでも感謝はしている。
この寒空の下、彼には選ぶ権利などない。
ただ奴隷のように働き続けるだけ。
今日も明日も変わりなく。
その忍耐がいじらしい…。

だから私もやっぱり仏の顔に戻らざるを得ない。
こういうところで吐き出して。
吐き出された方は気分悪いっすね、すみません。







web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。