05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

本当にまじで自分の服が買えない、私。

2014.06.29 23:31|私自身のこと
もうあかん・・・
あかんで・・・
今日は日曜だったってのに、心底ほんと、イライラした。
娘に対しても、旦那に対しても、自分自身に対しても。
せっかくの家族揃っての休日だったってのに。

しかもそのイライラを、私誰にもぶつけることができなかった。
いや、ぶつけんで良かったんやけれども。
ひとり内心で沸々と沸き上がる衝動というか憤りを勝手に持て余していた。

ってのも、今日は私の服を買いに、わざわざ遠くまで買い物に出たのだった。
私、ほんと、いつ以来服買ってないんだろう、っていうくらい自分の服を買っていない。
今年の夏も、もう何年前から着ているかわかんないようなカットソーだったり、
パンツだったりでやり過ごしている。
しかもそれをほとんど2、3パターンくらいでローテしているもんだから、
なんていうかね・・・ピンとしてないのよ、服が、疲れてるっていうか・・・
型くずれ彩芽さん、なん、だわ・・・
ヨレヨレのくったくたですわ、もう・・・

普段だったらまあそれでも、なんだかそのまま流されるのよ。
流されるうちに季節が移り変わって、また今年もロクに服を買わなかったことなど綺麗に忘れられるのよ。
季節の移ろいとともにリセットよ。

だがしかし、そういうわけにはいかなくなった。
来月、人と会うことになった。っていっても別に友人なんだけど。
友人なんだけど・・・
友人だからこそ、所帯染みた、育児の苦労の滲み出た、ヨレヨレくったくたの服やら、
最近増えた白髪が見え隠れする髪とか、なんか、そういうの一切合切全部隠して、会いたい、のだ・・・。
思われたくないんだよね。
ただの見栄っつうか意地っつうか、まあある意味、欲なんだろうけど。
ああ…結婚したら、子供を産んだら、あんな風になるんだ、なんて絶対に。
自分のことよりも何よりも、まず子供のことや家計を優先しなきゃならなくて、
いつも最後の最後に回される自分にまでは、結局手が届かなくて、
伸びっぱなしでまとまらない髪も、疲れきった服も、不健康そうな面持ちも、全部そのままになるんだ…
なんて絶対に思われたくない!!

いや、友人はそんなヤなヤツじゃない。
断じてない。
けれど、私自身が我慢ならないんだわ、ものすごい。

それでこの度、友人と会うときのために服を新調することにした。
旦那は快くオーケーしてくれた。

だけどね。
いや、あなたこれ・・・
普段、自分のことを放置しすぎて、あまりにもその時間が長過ぎて・・・
(たぶんそのせいだけれど)
今更、自分が一体どんな顔をしてどんな服を選べばいいのか、もうぜんっぜんわっかんないのよ!!
結婚やら妊娠やらする前から、自分が好き好んでよく買っていたメーカーとか行ってもね、
もうどうしていいのかわかんないのよ。
どれが似合うのかもわからん。
てか、これ着たらどうなるのよ、この形・・・みたいな。
自分がどういうのが好きなのかすら分からない。初歩の初歩よ、あんたこれ。
だから、手に取ることすら憚られるのよ。
それで、単純にもう、私は年齢やその他諸々の状況の変化により、
ここの服を好まなくなったんだと勝手に納得して、
他の店を回ってみたところで、もうね・・・
何軒回ったかな、今日。
何着見ただろう、今日。
世の中に、あれだけの服がわんさかと溢れ返っていて、
ただの一着も欲しいもの、着たいものを見つけられなかった。
なんならもう、どれも同じ服に見えるわ。
惨めよ。
世の女性たちは颯爽と店から店を渡り歩き、
舌も滑らかに女性店員と渡り合い、
自分のベストオブベストを見つけてお買い上げしていくというのに・・・
なんだか、自分が、自分ひとりだけが世の流れからすっかり取り残されたような気分よ・・・
浦島太郎的な・・・

どうにもできない自分が悔しくてもどかしくて、
意地になって「絶対今日なんか買って帰る!」と思っていても、
だんだんと蓄積して行く精神的・肉体的疲労感に圧され、その意気込みすら萎えて行くよね・・・
で、意地で何か適当に買えるほど、もう私も財布の中身に対して無頓着ではないよね。
主婦だからね、これでも。

そしてね。旦那と娘と来ているわけよ、ね。
私は、自分ひとりでは到底運転して行くことなんぞ出来ないようなところに
旦那に連れて来てもらっているのにも関わらず、
一番の過ちは、今日ここに旦那と娘と来てしまったことだと悟ったね。
なんかこれ、似たようなことを前にも書いたよね。
前のブログか今のブログか、いつだったろう・・・
まったく同じことをして、まったく同じことを悟ったのに、またも同じ過ちを犯す、私。

蒸し暑いしね、人は多いし、おまけに途中で夕立もあるし・・・
それだけでもモチベーションは削がれて行くってのにさ。
けれども旦那は、根気よく私の服選びに付き合ってくれる。
男なのによくやるよ。
女の買い物ほど退屈な時間なんかないはずなのに。
それなのに、なんだかイライラするのよ私。
たぶん、私の、探してるのに見つけられない内心の焦りとか、
娘に対する苛立ちとか、そういうものを共有できない感にイラつくのよ。
随分手前勝手な話だけど。

そして娘よ。
こいつはね、抱くと重いし、ひとりで勝手にずんずんどっか行くし、
とことんまでのマイペースだし、人に迷惑かけるし、叱ってもへっちゃらだし、
所構わず座り込むし、挙げ句寝転ぼうとするし、我が儘は言うし意地は張るし・・・
まあ、予測不能な上に、制御不能よ。
こっちの思い通りになんて絶対ならないんだから。
それで、たったこれだけの距離に倍ほどの時間よ、ってくらい、遅々として我々の足は進まないのよ。
娘を制したり諭したり共に立ち止まったり時には追いかけ戻ったり、
娘が迷惑かけた御仁に片っ端から謝ったり、なんやらかんやらしていてぜんぜん目的地に進まないのよ。
こんなやっかいな生き物連れで、買い物なんかね、端から無謀な話過ぎるわ。そりゃ。

・・・で、私は結局、一着も服を買わなかった。
買えないまま、帰って来てしまった。
また、だ。

娘のことに気を取られてってのもあるけど、
でも本当は自分自身の問題だ。そこが一番大きい。
雑誌なんか久しぶりに読んで、最近の服の動向を探ったところで、なんだかますます分からなくなる。
そして、試着とかするのももともと苦手だ。
婦人服の店員の愛想笑いやセールストーク、キャピキャピ感も苦手だ。
だから服を買うというミッションはいつも失敗に終わる・・・
モウ、イヤダ、マジデ・・・。

ねえ、みんなどんな服着てんのよ、一体・・・
誰か、私をトータルコーディネートしてくれ・・・おすぎ、ピーコよ・・・

いやいや、私、あれこれ悩まずとも一着でコーディネートが完成するワンピースが欲しいねん。
で、ネットでいろいろ見まくって、
TOCCAのこのワンピースが、ものすごいひっさしぶりに真剣に欲しい!と思ったんだけども、

4835593_10015_D_500.jpg

値段を見て、撃沈するのであった・・・


4854326_10180_D_500.jpg


娘にもTOCCAのこれ、すごい可愛いと思うだけれども、やはりお高い・・・
買えん・・・
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

娘と遠征

2014.06.27 18:23|2歳〜2歳半
今週はまあ、比較的天気の良かった日が多かった・・・
梅雨、まだまだ折り返しってところかなあ・・・
長いなあ。
この季節、嫌いってわけでもないけれど、なんかいろいろ不安になる・・・

あ、不安になるのはいつもか。

娘は2歳になったけれど、トイレトレーニングは相変わらずだ。
昨日、ポストにしまじろうが投げ込まれていた。
娘は「しまじろう」と言えない。「ちましろう」になっている。
そんなちましろう、今月号のおもちゃが・・・トイレだった・・・

もう、やめて・・・やめてよ・・・
なんか「やらなきゃいけない感」が迫ってくるやん。胸の奥から迫り上がってくるやん・・・

このおもちゃ、絵本のような形になっているもので、
巻末ページがトイレの便器の形状になってて、
しかもそこにご丁寧に電池も入っていて、スイッチを押すと水が流れる音がしたり、
うんちが落下する音がしたり、おしっこの流れる音がしたり、
不発のときはおならの音だったり・・・
まあいろいろなんだけど、便座のところにしまじろうや他の手持ちのぬいぐるみを座らせて、
スイッチを押して、そやつらに排泄をさせるっていう遊びができる。

娘は一時それにハマった。
ものすごいハマって、片っ端から手持ちのぬいぐるみを座らせて、
おしっこやらうんちやら、時にはおならもさせていた。
じゃあさ、あんたもトイレ行く?って訊いたら、うん♪なんて満面の笑みで答えて、
何を思ったか、そのおもちゃに座り出した。
ってこらあ!
あんたのトイレはあっちや!
私はトイレの方向を指差すけれど、娘そんなこと我関せず。
おもちゃのトイレ、娘が座るにはいささか小さすぎるそれに座り、スイッチを押してじゃーって音をさせ、
「ちっちでたあ!」なんて言ってやがった・・・
クソ・・・
ことごとくいろいろと、娘からトイレを遠ざけやがる・・・
興味は持っても、それはそれ、これはこれ感がすごい、うちの娘。

ま、こんな感じでとにかくゼロからまったく進まないよトイトレ。



さて、最近私と娘、家に閉じこもる日々から脱すべく、いろいろと遠征している。
車で。
家にいるときにわざわざ車乗ってどこかへ、って気にはこれまで一切ならなかった私も、
最近の、日が陰りそうな時間帯の公園の人の多さにはうんざり、辟易。
だって、家の周辺の公園、どれも狭いんだもの。
あれだけ子供とママンどもが狭い空間でひしめき合っていたらもうそれだけで、
いろいろとしんどいじゃないか。
(あ、そういえば、最近近所の公園で久しぶりにTさんに会ったのだった・・・。
 Tさんって誰?もう忘れたよね、みんな・・・いや、どうでもいいんだけど・・・)
ってことで、車に乗って、わざわざちょっと遠い公園に行く。
車でしか行けないような距離の公園。わざわざ。
なんでって感じだけど、そこはすごいだだっ広くて、誰にも気を遣わなくていいのだ!

IMG_9340.jpg

で、なんとなく私的にも落ち着くんだ、この場所・・・
いいなあ、家の近くにこんな公園が欲しかった・・・
次引っ越す時には、こういうことも視野に入れて、探そう・・・

娘はものすっごい走り回って、芝生の上に座ったり、寝っ転がったり、突然ハイハイし出したり、
ありとあらゆる体力をそこで消耗させようとしてくれてた。
助かる。
この後、絶対寝てくれるし…な・・・
石を拾ったり、鳥を追い掛けたり、散歩のでかい犬に突進して行ったり、
ああ、娘にはこういう時間が必要なんだな、と改めて思わせられるようなことばかりしていた。
家に閉じこもっているくらいなら、ちょっと車出して、またここへ連れてこようとすっごい思った。
もう、家の近くの狭い公園にはうんざりだ。うんざりなんだ。
でもここならきっと・・・
娘の心も、私の心も、開放されるはずだ・・・

IMG_9385.jpg

しかしここ、実家からの方が近かったりする、実は。
うーん。やっぱこの辺りに引っ越そうかなあ・・・
web拍手 by FC2

娘、2歳

2014.06.22 23:02|2歳〜2歳半
娘が今日で2歳になった。
自分の誕生日より何より、この日が一番、楽しみだった。
無事に健康に育ってくれて、この日を迎えられた。
親としてこれ以上の喜びはない。

・・・とは言え、誕生日だから怒りたくないとは思っていても、
娘が駄々を捏ねたりなんだりをしたりすると、
やっぱり怒ってしまうのだった、私。
まあ、そこはね、平常運転だよね・・・

昨日の夜中、一生懸命飾り付けをした。
娘の大好きな風船をふんだんに使って。
と言っても、私は風船を膨らますことができない情けないヤツなので、
すべてを旦那が休み休み膨らませてくれたのだった。
娘は今朝目覚めて、家の中が風船だらけになっているのを見て、
今日は日常とは何かが違う日だということを察したようだった。
「ちれえね〜」(キレイね〜)と風船を指差し、
旦那に、「おめっとおやねん」(おめでとうやねん)と自慢していた。
自分の誕生日を分かっているのか・・・

夜、娘は大好物のミートパスタをものすごい勢いで平らげ、
「ねる」と言って、椅子から降りて、居間で寝始めた。
私と旦那は娘が起きるのを待ちながら、誕生日ケーキを準備する。

娘は起きてちょっと機嫌が悪いものの、ケーキを見てまたも何かを察す。
「おめっとお」「おめっとお」と自分自身に祝いの言葉をかけながら、
ケーキのろうそくをなんとか吹き消したのだった。

去年の誕生日とは、いろいろと違っていた。
日常の中でも娘の成長を感じることもあるけれど、
どうしてもイライラに押し流されてそれを素直に感じたりできていない、私。
今日は娘がそれらしく「2歳」になっていることに、改めて感動したのだった・・・
web拍手 by FC2

昨日、今日、明日

2014.06.20 22:22|育児の辛さ吐露し隊。
娘がわざと、お茶やらスープをこぼす。
傾けて、こぼして、零れ続けてるのにやめない。
何度も。
もうこれ絶対わざと。確信犯。
んで、私が「もう!」とか言って、そそくさと拭くものを取りに行って、
あせあせとこぼれたものを拭く姿を見て面白がっている。
ここはお風呂でもプールでもない。
水遊びするならお茶もスープも返しなさい。つって強めに怒っても、
数分後にまたこぼしたりする。

もうな。
まじでおまえ、張り倒すからな。
ってくらい腹が立つ。
だけど、娘にはまあお母さんらしく注意する。
けどめっちゃ腹立つ。


娘の好き嫌いにも腹立つ。
今日、レタスを切っている私のところに来て、
「なにこれ」って言うから「レタス」って答えたら、「レタス」って復唱して、
「たべる」って言ってきた。
え、あんた、レタスとか食べれるタイプと絶対ちゃうやん。
野菜なんかほっとんど食べへんのに!
って思いつつも、娘から食べると言ってくれたことが嬉しくて、端切れを与えた。
すると娘、笑顔でおいしいね、なんて言って、そしてもう一切れ欲しがるから与えて、
そういうことならと私も調子に乗り、娘のためにレタスのサラダをこしらえた。
そして、いざ娘の前にそれを出すと、

「レタス、いらない」

どっかーん!
まじかよおい!
どんなドSだよアンタ…!

で、そのサラダは私の胃袋に収まる。
もう、どうしていいのかわからない。
この気まぐれ具合というか振り回し方に腹立つ。

今夜の夕食は、ネットで美味しそうなレシピが落ちてたからパエリア作った。
でもなんか、娘が食べるにしては味が濃すぎた…
ショックだった。
私、常日頃から娘の食べるものは薄味を…
娘には、繊細で絶妙で、壊れそうなくらい儚い、どっかの京都あたりの、
一見さんお断りの老舗料亭の懐石料理的な味覚を身につけて欲しいがために、
常日頃から繊細なお味を…と思っているのに味が濃すぎた…
もうなんか、どうでもよくなってしまった…
京都の料亭なのにパエリアっておかしいだろ…
いや、そこじゃなくて…
もうなんか、薄味薄味って自分を呪い続けるのに疲れた…
で、もういい、食えよって娘にも与えたのだった。
娘は相も変わらず、起用に野菜だけよけて食べる。
アスパラとか、かなり美味いと思うんだけど食べない。
タコとかあさりは食べる。
エビは勝手に殻ごと食べて、食感が悪かったのでぐえっと吐き出す…
もうヤダ。
だから殻剥いてあげるっていったのに、あんたなんで、私の言うこと聞かないの。


あと、家事をしているときにいろいろ余計な仕事を増やされるのも腹が立つ。
特に夕食の準備してるときはものすご腹立つ。
常日頃、「今忙しいからあっちいっててね」って言ってるってのにさ。
何回も何回も、「なにこれ」って訊かれたり、話しかけられたりするとイラっとする。
「明日プールいこ」って10回くらい言われ続けるのも、終いには腹立ってくる。
娘にはまだ、昨日とか今日とか明日とかいう概念はないけれど、
「明日じゃなくて、あさってね」とか言っても延々「明日プール」って言ってくると、
もういいよ!はいはい明日ね!わかったわもう!ってなってくる…


なんか、いちいち沸点低いな、わたし…


でも、娘が寝た後はほんと、
娘の将来とかその他諸々を案じまくって眠れなくなってくるわたし…
で、今日もっと優しくしてれば良かったと思い悩むわたし…
ほとんど毎日、そう思ってるわたし…
ほんと、どうしようもない。
web拍手 by FC2

娘、ヒロインになる。

2014.06.18 18:57|1歳半〜2歳
先日、娘を連れてプールに行ったときのこと。
(あ、プールは続いています、一応。結構定期的に行っている。)

この日は平日だった。
私もがっつり泳ぎたいがために、母も連れて行く。
で、母に娘を見てもらっている間に私がっつり泳ぐ。
母の水着姿、なかなかに目に毒・・・
ま、それはどうでもいいんだけど。

この日、アクアビクスなるものが、プールの2レーンを占拠して行われていた。
うちの娘、踊るの大好き。
てか、まあお子様は皆さん歌うのとか踊るのとか好きだと思いますけれど、
とにかく、人が踊ってたら自分も踊らずにはいられない、我が娘。
このアクアビクスが始まると、側にある子供用プールからじいっとアクアビクスのコーチを観察する。

私、離れたレーンで泳ぎながら、「ああこれ、娘、やるな…」という予感。
娘、期待を裏切らずというか案の定というか、
子供用プールから這い上がって来て、アクアビクスコーチの横にスタンバる。
いよいよか・・・

と思うや否や、娘、満を持して踊り出す。
母曰く、アクアビクスに参加してた「じじばばたちの視線を一身に集めて」踊り出す。
アクアビクスコーチ・・・苦笑い・・・
じじばばたち、もはやコーチを見ていない。

躍り出る、とはこのことよ。

ってなことがあった。
まあでも、親の私が言うのもなんだけど、一回見ただけでよくもあんなに器用にマネが出来るものだわ。
私なんて、イージードゥダンササイズ難し過ぎてをリタイアしたってのに、あなた。
いや、器用じゃないからいいんだわ。
どこか幼児っぽい動きをするから笑いを誘うんだわ。

すっかりじじばばヒロインとなった娘。
終わった後にじじばばたちに囲まれ、
「すごいわね」「あなたいくつ?」「しっかりしてるわ~」などの賛辞を浴びたのだった。
そして、まるで囲み会見のように、それに鼻高々に応える我が母。
母よ・・・
褒められてるのはあんたではないよ。

プールに連れて来た当初は、ほんと、泣いて泣いてどうしようもなかった娘。
親のこっちが心折れそうになるほど嫌がっていた娘。
それが今では、堂々とプールサイドにオンステージし、
まるで自分がコーチかって勢いで堂々と踊る娘。
たくさんのじじばばたちに見つめられても、物怖じするどころか、
むしろその視線に勢い付けられる娘・・・
娘よ・・・
なんかすごいよ・・・
私には絶対できない・・・
ともかく、プールに慣れてくれて、よかったと思った一日だった。
web拍手 by FC2

ダイアモンド☆ユカイに泣かされるとは思わなかった。

2014.06.13 17:33|その他雑記系
最近「みんなのうた」で流れる『ムクロジの木』。
初めて何気なく聴いたときは、すごいクセのある歌い方だなあ、誰だろこれ。と思いつつ聴いてた。
聴いてるうちに、なんか沁みてきて、無性に泣けてきた・・・
てかまあ、あれ、アニメーションもね、あかんのよ。
でもええ曲やん。私いま、こういうのに猛烈に弱い心境やん。
気がついたら、テレビの前で茫然自失となって、ボロボロ涙流しながら聴いていた・・・
娘もドン引きの号泣よ・・・

で、歌の終わりにテロップで出てきた歌い手の名前に、またも茫然自失よ。

え・・・

え!?
ダイアモンド☆ユカイ!?
え、これ、ダイアモンド☆ユカイなの!?

ダイアモンド☆ユカイ・・・一体何者なんだと思っていたけれど・・・
わたしゃあんたの歌、ハイポネックスの宣伝でしか聴いたことなかったけど・・・

あんた、ええ曲作りますやん〜

そうそう、同じ親と子へのメッセージソング的な歌では、
同じ「みんなのうた」で流れる『きみのほっぺ』とかいう歌もまあええんやけど、
私は断然ユカイなこっち派よ。
そうよ、私の抱くユカイのイメージを壮絶に覆したこっちの曲のがだいぶとインパクトあったわ・・・
あああ・・・
ユカイ・・
ユカイが気になる・・・
気になりすぎて、ダウンロード購入してしまう勢いかも・・・
だれか・・・
とめて・・・



さて、梅雨に入って、季節はこれから夏に向けて猫まっしぐら!だと思いますけれど、
そうなってくるといよいよね・・・
トイレがね・・・

いないいないばぁっ!もね、個人的に取り寄せてるしまじろうもね・・・
トイレトイレトイレってもう・・・
まるでサブリミナル暗示のようにトイレトイレトイレってね・・・
娘の脳内を侵食し始めていますわ・・・

いないいないばぁっ!なんかあなた・・・
トイレの歌流したあとに、幼児がトイレで用を足すシーンなんか流すんだから・・・
あれ、ありなの?
テレビ的に、今時ああいうの、オッケーなの?
まあ別に、オッケーでもNGでも私にとっちゃあどうでもいい話なんだけど。
娘もね、自分の好きな番組で、最近やたらトイレのこと言ってるってのは分かるのよ。
だからあの歌流れると、ものすご気まずそうに見ていたわ。
だって、最近私からのトイレの誘いをことごとく固辞してたんだから、
いろいろと、思い当たるところがあるんでしょうよ。
でも、その幼児のトイレシーンを、食い入るように見ているわけよ。
私はそれを、そおっと背後から見守りつつも、心の中で娘に語りかけるわけよ。
「そうよ、娘。あんたもあの子のように、トイレで用を足さないといけないんだから」って。

今日、トイレに行った私の後を追って来て、トイレの戸を開けて侵入してきて、
「すわる」と言ったわ、ついに彼女ったら・・・。
そうよね、あんなに連日、「ばぁっ!」でもしまじろうでもトイレトイレ言われたら、
そりゃあんたの良心も疼くわよね。
オッケー座んな!
久しぶりに補助便座に座らしてやろうじゃないか!
おお!なんかあんたも久しぶりに俄然やる気ね!

・・・ま、出ないんだけどね。

それでも、親でさえ諦めかけていた、娘のトイレへの意欲を再び呼び覚ますんだから、
うーたんやしまじろうはすごいと思う。
わたしゃ頭あがらないよ。ほんと。
うーたんにも頭あがらない私って、どんだけ親としてのレベル低いのかしら・・・
web拍手 by FC2

溺れる。

2014.06.05 10:13|育児の辛さ吐露し隊。
私は相も変わらずほとんど溺れながらの毎日を過ごしている。
私の周囲だけが、なぜか常に空気薄い感じ。
そんな中で過ごしているもんだから、私、高山病。
頭がもやもや、ぼんやりする。

それで今朝、起きた時に体の左側だけが痺れていた。左側の足と腕。
ちょっとばかり焦った。
ああこれ、私、やっちまったな、やっちまったかもな…と思った。
で、とりあえず呂律の方は大丈夫かと、早口言葉を唱えてみた。
言えた。
大丈夫そうだ。
ただ、体が痺れているだけっぽい。

そうそう、ほんの数日前に別件で私、15年ぶりくらいにMRI撮ったんだわ。
閉所と騒音が何より苦手な私にとっては、ほんと、拷問のような時間だったわ・・・
けれど、そうして恐怖感に耐えて撮ってみたものの、本当にどこにもさっぱり異常がなかったのよ。
それで、結果的にはそれに越した事はないんだけれども、
最近私を度々苛む眼窩の痛み、頭の痛みの理由は結局分からなかったのだった。
けれど、今朝は画像的にはなんら異常のない状態で、
この半身の痺れとは一体どういうことよ、って思ったのよ。
あ、寝相?寝相のせいですか?さいですか。
とにもかくにも、私、春からの体調不良を、形は少しずつ変えながらもずっと引き摺っている。

季節は初夏へと移ろい、・・・初夏ってか、梅雨ですね奥様方。
日本人にとって試練の季節ですわ。
蒸し暑いわ、毎日。
暑いと、窓とか開け放つじゃない。
そうすると、隣の奥さんが理不尽に子供を叱りつけている声が否応無しに聞こえてくるわ。
ああ、どこも同じだわ・・・本当に。
だけどまたそれ、ほんと、理不尽極まりないのよ。
なんか聞こえてきたら、こっちが凹むのよ。

私だって私だって、毎日毎日、娘を理不尽に怒り飛ばしているわ。
もうさ、後から考えたら、あれってそんなに怒らないといけないことだった?とか、
なんであんな態度を取ってしまったんだろう…とか、
後悔というか、自己嫌悪というか・・・
苛まれるわあ。

けれど娘は変わらず、私に笑顔を向けてくれようとする。
そりゃ、怒られた時にはさすがにむすっとしたり、傷ついた顔を見せたりするけれども、
でも次の瞬間にはまた、娘は娘らしさを取り戻す。
天真爛漫であろうとする。
健気よ・・・
健気過ぎて泣けるわ・・・
その娘の持つ弾力性に、私は救われ、そして同時に追い込まれる。

で、実際のところ、私は娘にどう思われているのだろうと思う。
こうも毎日毎日、ぞんざいに扱われ、無下に拒まれ、
時にはあからさまにうっとうしがられ、しかも実の母親に・・・
ほんと、これで傷つかずにはおられんだろう、曲がって行かずにはおられんだろう、と思うのだった。
それでも私は毎日、娘を怒ることをやめられない。
うぜええ!!と思うことをとめられない。
そして最終的には、娘の寝顔に毎日謝る。
なぜ、こんなにも毎日余裕がないのか、苛々して、本当に、八つ当たりに近い状態だ。
それなのに、それでも私を求めていてくれて、甘えて来てくれて、
それに満足に応えられないことばかりなのに、本当にごめんよ、って感じで謝る。最低最悪の状態だ。
娘と私との間にあるものを、もっとなんとかしたいと思っているんだけど、心から・・・
こんなにも可愛い、離したくない、どうか健康に素直に幸福に、
そう切に願っているのだけど、毎日毎日、それとはかけ離れた態度を取ってばかりだ。

娘にいつか、心底軽蔑されるかもしれない。
でもそうなったらそれは自分が招いた結果で、
娘が私を軽蔑することで己の健康を保てるならそれでもいい、と思う。
でも、出来る事なら良好な関係でいたいなあ。
病的じゃないやつ。健全で良好な関係。
簡単なようで、これはすごく難しいと思う。

昨日も今日も、お隣からは怒鳴り声が聞こえてくる。
でもそれは、私には悲鳴にも聞こえる。
世の母親はみんな余裕がない。
みんな、正しくあろうとして、少しずつ踏み外す。
そうして歯車は徐々に狂い始める、壊れていく。

私にはまだ娘の笑顔がある。
それだけが日々のともしびだ。
web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。