06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

スペックおばさんと髭の男爵。

2014.07.28 01:57|その他雑記系
いつも行くプールで出会う人の話。

泳ぐことが私にとってどれだけ良い影響をもたらすかは、前々回に書いたとおり。
そして私は今日も行って来た、プール。
自分の限界に挑戦する。
結構早く、限界が来る。
けれどその限界が、前に来たときよりも遅くにやってきたりすると、
私、嬉しい。
ひそかに心の中でガッツポーズをしてメラメラと新たな闘志を燃やす、
暑苦しい、夏なのに、そんな女になっている。

いつも同じところに行っていると、いろんな人に出会う。
なんとなく、顔見知り的になったりして、挨拶程度するような人も出来たりする。
大概、おじいちゃん、おばあちゃんみたいな世代の人らだけど。
良い人もいる。
あっさりしている人もいる。
私になんか、ぜんぜん構わない人もいる。
それはそれで、なんだか清々しい。

私の中で勝手に、「髭の男爵」と渾名されているおじいさんがいる。
白髪のおしゃれ髭がトレードマーク。
年齢不詳。
けれど、見た感じたぶん70代80代くらいの人だ。
なのに、バリバリ泳げる。
そして、プールサイドでストレッチをする後ろ姿、その背中がええラインなんや・・・
うっすら、ムキムキや・・・
すごい。
あれ!男爵どこ!どこいった!?と思っていると、
25m、ひたすら潜水で進んだりしている。
平泳ぎやクロールで、ノンストップで泳ぎ続ける。
私、遠泳とかできないから、時々密かにこの髭の男爵の5mほど後を付いて行って、
ペースメイクしてもらったりする。
そうすると、不思議となぜか泳げるんや。
だけどずっと後はついていけない。私は男爵より遥か前に限界を迎え、休憩する。
そうすると、男爵。
「ふ・・・小娘め、まだまだじゃな。ワシは先に行くぞ」とゴーグル越しに語る瞳が、
どこか優しい・・・気がする・・・
会話はないけれど、なぜか一緒に泳げている、まるでイルカのようなおじいさんだ。

けれど、時々めんどくせえタイプの人間とも出会う。
大概、女だ。これは致し方ない。
60代70代の女。
プールに来てんのに、泳ぎに来てんのに、あんた何しにきましたんやがな。って感じのばばあ。
ひたすら社交に余念がない。
こういうタイプのばばあと一緒のレーンとかになってしまうと、ややこしいんや・・・
まあ同じレーンになったら、譲り譲られ、その辺の駆け引きもあったりするんや・・・
だから、軽く挨拶程度はするんや・・・
すると、そっからひたすら社交が始まるんや・・・
私、泳ぎたいのに、ひたすら足止めされるんや・・・
それだけならまだ良いとしても、一番厄介なタイプ、それが「スペックおばさん」なんや。
こいつらは人のスペック確認と自分のそれとの比較、
はたまた、頼んでも居ないのに有り難迷惑甚だしい己のスペック、
正しくは己の息子が所有するスペックを語りつけるのに忙しい。
こういうのに出会うと、「ああ・・・スペックおばさんか・・・」と一気にテンション萎え萎えや・・・。
しまった、厄介なのに見つかった・・・
これで数分、時間をドブに捨てた、ここ、プールだけど・・・
とかって思いながらそいつらを受け流すのに気を遣わねばならぬ。

初対面なのに人のスペック確認に余念のないおばはん、今日出会ったのはそのタイプ。
年齢から家族構成、住んでいるだいたいの場所や、
果ては住居は持ち家か否かまで聞き出そうとしやがる。
子供を抱えながら今後は働くのかとか、保育園にはいつ頃から預けるつもりかとか・・・
え、なにこれ。なんかの勧誘?もしくはマーケ?あるいはねずみ講か宗教???
なんのこたあない。
「はあ・・・だめねえやっぱりうちの娘は。」
・・・は?
お宅の娘と私と、なんの関係が?
なんの比較?

先々週出会ったのは、初対面なのに、挨拶からの突然の急ハンドル操作で、
己の息子のスペック自慢をし出す、そんなおばはんだった。
これもまた、すこぶる強烈だった。
にこやかな笑顔で、人見知りで人が怖い私を油断させておいてからの〜、
「うちの息子、みんな大学院を出てね。今は部長してるのよ、大会社の。」
もはや、何の展開かわからない。
急すぎる展開についていけない。
仮面の下に、とんだ素顔、である。
付け加えるように言った「大会社の」ってところがミソらしい。
大会社って・・・なんて抽象的な!
私も、一応あの、院卒だったりしますが・・・
いや、ほんと役に立ってなさ過ぎて自分でも忘れてますが・・・
それくらい、どうでもよい、ちっぽけなことですが・・・
でも役に立ってはないけれど出てみたからこそ、
院出たってのが大卒に毛が生えた程度であるってことがよく分かる。
だからこそ、自慢の次元が低過ぎて、なんかしらける・・・
泳ぎたい・・・はやくして・・・
その人はその後も、私が聞いているか聞いていないかにはあまり頓着せず、
自分の娘も大会社の重役と結婚した、みたいなことも、なんか言ってた・・・
そのスペックが、興味深い新製品かなんかのやつで、
私や私の家族の日々の生活に役立つというなら買うけれど・・・

こういう人たちと出会ってしまったときは、トイレに行くフリなどして、
さりげなく他のレーンに移るなどしたほうがよい。
そう、私、この泳ぎもせずにただひたすら喋り続ける人が苦手だ。
みんな、自分と向き合って、自分の中の限界を少しずつ押し上げようと、
ただそれだけに集中しているのに。
私も、この時間はそれだけのために使いたいのに・・・
身も心も軽くなりたいのに・・・
いろんなことから開放されたいのに。
私と水とはそういう関係であるべきなのに。
なぜ、あれほどばばあってのはスペックを気にするのだろう。
スペックの中でしか生きられないやつらだ。
どこに住んで、何をして、旦那はどうで、息子はどうで、娘はどう・・・
みたいな狭い世界の中だけで溺れたくはないよこっちは。
溺れるのはあんただけにしておいてくれ。
そんな話をむやみやたらに垂れ流さないでくれ。

まじでやめろよ、水が汚れちまうじゃねえか。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

置いてけぼり感を食らうテレビ。

2014.07.25 02:19|その他雑記系
見てると置いてけぼり感を食らう番組ってありませんか。
理由は、最初っから真剣に見てなくて展開についていけないとか、
そもそもターゲットとする年齢層が自分とは大きくかけ離れていてついていけないとか、
シンパシーもク○もない・・・とかまあいろいろ、あると思うんですが。

私の中では今も昔も、自分が子供だった頃からも、
なんだろう、『天才てれびくん』が本当に、苦手だった。
苦手っていうかもう、なにがなんだかわかんない。
真剣に見る気もしないし、なんか終始、がやがやしてる感じ。
内輪だけで頑張っている感じがしてしまう・・・
コンセプトがよくわからん・・・。
で、今更分かろうと努力しないので、ずっと置いてけぼりのまんまだ、私。

で、最近これが『Let's天才てれびくん』というのにリニューアル(?)されて、
それでもやっぱりついていけないというか、入り込めない感が満載なのだ。
「どちゃもん」ってのがわかんない・・・
で、なんだかそこまでEテレを垂れ流しておく意味もわかんなくなって、
すばやく他局のローカルニュースとかにチャンネルを変えたりするんだけど、
幾度かそれをし忘れて娘が目にしているうちに、
彼女はいつの間にかエンディングのダンスを甚く気に入ってしまった。
あの、踊るジョンテには確かに、大人もしばし時を忘れて見入ってはしまうけれど・・・
そして、変えるに変えられなくなり、我が家では「Let's天才てれびくん」が垂れ流されている。

あと、置いてけぼり感を食らう代表が、もう言わずもがなあれだよ、あれ・・・
『テラスハウス』ね・・・
あれはね、初回から見ていることはもちろんないんだけど、
途中で目にしてしまったとか関係なく、でも途中で目にしてしまったことが、
ますます自分の中の疑問怒り苛立ちを噴出させたわ・・・
急に女が感情的になって男どもに「もういい!」とかって拗ねて宣ったり、
急に女が男どもを相手に酒片手に泣き出したり・・・無理だわ無理無理。
海外ドラマ的展開を演じさせようとしているのかなんなのか・・・
いや、もうなんなのかわからないよ・・・おばちゃんには・・・
あんたらの目的地がわからないよ。
到着点がわかんないんだよ・・・


あとあと、ドコモの宣伝とかにもそういう匂いを度々感じるのだ・・・
最近のもよくわからん。
一昔前の、ワンダイレクションの自分語りも・・・それ、ケータイと関係あんの・・・みたいな・・・
石田純一の娘ともうひとりが、ひたすらUFOを歌い踊ってるのも・・・
何が言いたいのかわからん・・・
いや、石田純一の娘は好きだけど・・・
あの無意味なネイティブ感・・・
ネイティヴ感の無駄遣い・・・
好きだ・・・


最後、石田純一の娘が好きだって話になってしまった・・・
web拍手 by FC2

水になりたい。

2014.07.18 19:15|その他雑記系
娘とプールに行き始めて気がつけば半年・・・。
娘を旦那と交代で見ながら、
私も泳いだりなんだりしているうちに、、、


気がつけば、、、








5キロ痩せていた。








産後太りをほったらかしにして、我が人生史上最重記録を更新し、
自分にも自信をなくし、絶望し、手持ちの服は全部入らない、
入ったとしても何これ、どこのばばあだよ、っつうスタイル・・・
もうなんだよやってらんねえもういいよしらねえよ
わたしはおんなじゃねえひとでもねえもういきてるかちもねえ
…なんつってヤケになりまくっていた日々から転じておいおい、私復活?みたいな。

これは嬉しい誤算だ。
泳ぐのは昔から好きだったし、私も母親とベビースイミング的なことをやっていたりしたので、
幼少の頃より、泳げないとか、溺れるとか、そういった恐怖を味わったことのなかった私。
水の中に入ると、わくわく、どきどきする。
子供みたいに心が逸る。
運動音痴な私が唯一出来るのが、泳ぐこと。あ、でもバタフライは出来ません。

泳いでいるときは本当に、いろんなことを忘れる。
ただ、水の中で漂って、向こうに辿り着く、それだけのことを考えている。
無心だ。
水は私を拒まない。
私はいい年して、オリンピックでも目指す気?ってくらいに死ぬ気で泳ぐ。
自分と戦う。
水と一体になる。
むしろ水になる。
本当に気持ちが良い。

そして、気がつけば痩せていた。
私の中から無駄なものがどんどんどこかへ流れて行っていた。
無駄なもの、汚れたもの、淀んだもの、それが水の中に溶けてどこかへ消え去って行く。
私の心と体は軽くなる。
泳ぐってそういう感じだ。

私はまた水と向き合う。
これがなければもう、娘を育てて行けそうにないのかもしれない。

・・・って、別にただ日々のストレス解消に水泳が役立っていて、
そしたらたまたま痩せていてラッキーでした。ってだけの話っす。
妊娠前の体重+1kgくらいのところまで戻った!!!!!!!
夏だ!!
夏よ来い!!
っつっても露出とか絶対しないけど。夏の予定とかもぜんぜんないけど。
予定?
今日も明日も育児です。
web拍手 by FC2

母親、やめたい。

2014.07.09 14:14|育児の辛さ吐露し隊。
ごめん、またイライラしてるって話。


今日は朝からイライラしている。
娘に「ママ」「ママ」「〜して」「〜したい」と言われ続けてイライラ。
そして、心の中で「娘のいない世界に行きたい」と呟いてしまった。
誰にも聞かれることのない呟き。
けれども、心の中で呟いてしまったがために、
また私は「自分はひどい母親」という罪悪感に雁字搦めにされる。
結局、母たるもの、いつ何時も自分を犠牲にしなければならない。
娘にいなくなってほしいとは思わないけれど、
娘のいない世界に行きたい、とか一瞬でも思った私は極悪非道、最低最悪、虐待予備軍の親、
ってことで世間的には片付けられるのだろうな、どうせ。
いつも聖人であることを要求されるのだろう、どうせ。
だから、誰にも助けて欲しいなんて思わない。
私のしんどさは、私にしか分からない。
こんな割に合わない、ただひたすらの奉仕活動、他にありますか。

しかしな。いつまでもイライラばかりしていられないと思って、娘と食事をとる。
娘は食事中に牛乳を派手に零す。
また私はそれに猛烈にイライラ。
牛乳かよ!
せめて茶にしといてくれよ!
牛乳拭いても後から臭うんだよ!
って、またイライラ。
ていうか!!
いつもコップは両手で取れっつってんだろうが!!
と、またイライラ。
思いっきりため息が出る。
まだ娘は幼い。
だから仕方がないとは分かっていても、やっぱり腹が立つのだった。
零した牛乳の後始末で、なんだか一気に食欲がなくなり、食事は中断。
もういいやって、流しに食器を放り込む。
そしてベタつく床を拭きまくる。
娘はその横で「ママーだっこ」とか言ってくる。
いや、姉さん・・・
まじで空気読んでくれ。
今、この状況でだっこっておかしいだろ。
てか誰がすんねん。誰が何事もなかったかのように笑顔でよしよしと抱っこなんかできんねん・・・

床を丁寧に拭き取っていると、数日前にこれまた娘が派手にぶちまけた茶のシミが、
壁紙に無数に出来ていることに気がつく。
拭き取ったはずなのに・・・と、またイライラ。
で、私はまた、壁紙を執拗に拭き取る。
もう、病気かしら、わたし。
神経質なのかしら。
だからいろいろと、うまくいかないのかしら。
それでこうなってるのかしら。

娘に、「ママ」「ママ」って、延々と返事するまで呼ばれ続ける。
でも、娘の方を見る心の余裕がない。
自分を追いつめてるのは自分自身なだけで、娘は何も悪くないのに。
しんどくてしんどくて、私は書斎に引っ込む。
娘が私を探しているけれど、ドアを開けて母親の顔をする元気がない。
娘は仕方なく、リビングに帰って行く・・・そういう気配がする・・・
本当に今、可哀想なことをしている。

私には母親になる資格とか度量とか、そういうものは一切なかった。
産んで育ててみて、初めて気がついた。
だけど私の母親である資格ってのは、他ならぬ娘が与えてくれるものなんだろう。
それを拒否して部屋に閉じこもってブログ書いてる私・・・
なんで私みたいなのが母親なんてやってんだろうな・・・
だけど、今更母親やめたいって思っても、やめられるわけがない。
やめられるわけがないから、なんとかやるしかない。

あと一分だけ。
一分したらここを出て、娘を抱きしめに行こう。
それで、娘の頭の匂いを思いっきり嗅ぐ。
娘の頭の匂い、なんか落ち着くんや・・・
web拍手 by FC2

V○RYにツッこむ。

2014.07.06 17:27|その他雑記系
最近、ますます、自分が一体どんな雑誌を読んだらいいのかわかんなくなっている私。
娘には、着せたい服がいっぱいあんのに、
自分が着たい服がぜんっぜんわかんない私。

なんか、前回の記事とおんなじようなこと言ってますが・・・

で、せめて髪の毛だけでもなんとかしておこうと、先日行った美容院でのこと。

長年、私の髪の毛をなんとかしてくれている、美容師さん。
学生のころからのおつきあいの、その美容師さん。
「どんな雑誌が自分にあってんのかわからん」と言う私に、
なんと、VE○Yを勧めてきた。
井川遥が表紙を飾る、あのV○RYよ。

いや、確かに井川遥は可愛いと思うし、綺麗だと思うし、
そりゃあんな風な、
「肩の力の入っていない、等身大、とみせかけてその実すっげー近寄り難い、
 でもあくまでもナチュラル系ゆるふわ大人女子。」
ってのは、世の女性たちの憧れなのかもしれないけど。
それ、私に勧めるか?と思いながらも、とりあえず読む。
そりゃ、美容師さんも適当に「これでも読んどけよ」って勧めたわけじゃない。
フィガロやエルから、果ては婦人画報まで目を通し、
常に様々な客層に合った雑誌をセレクトしてはさりげなく手渡す、それも仕事の内の美容師。
なので、私も素直に従い、読んでみる。
まあ、その時は、それなりに楽しんだ、流し読みだったけど。

で、先日書店で、私は何を思ったか、○ERY最新号を購入していた。
娘連れだったので立ち読みも出来ず、中身を一切確認せずでの購入だった。
今思えば、結構無謀だった。

そして今日、娘が昼寝をしている間にじっくりと目を通してみる・・・
通してみる・・・・
けどあんた・・・



これ、突っ込みどころ満載じゃないか!!



最初の方の、小島慶子のコラムはなかなかに納得できた。
私、小島慶子ってなんとなく好きじゃなかったけど、
でもこれは納得できたし、小島慶子をなんとなく好きじゃないのは見直そうとも思った。

けれどけれど・・・
読み進めるうちに、これ、私の普段の生活っつうか、
家事・育児に追われて自分を見失いながらも日々なんとか生きながらえている私。
そういう等身大の私からはどんどんかけ離れていく・・・
なんていうか、メルヘン、おとぎ話の世界。
いや、雑誌って、所詮そんなもんやん。
到底庶民が買えそうもないようなバカ高い時計やら宝石やらバッグを堂々と載せて、
うわーええなー。こんなんいつか欲しいわー。みたいな妄想を煽って、
夢や理想をお腹いっぱい食わせるためのツールやん。
一種の現実逃避のためのツールやん。
それは、な、わかってんねんで、私も。

けれど、それが母親となってしまった今、
育児っていう、日常から絶対的に切り離すことのできない現実がまとわりつく立場となっては、違う。
どうしても、諸々に冷静になって見てしまう。
夢や希望のかけらもない、現実的な感覚で読んでしまう・・・

まず、なんだよ。
『子連れのご褒美ハワイ』って。
いや、ごめん間違った。
これ、表紙にもデカデカ書いてあったのに、私そこ完全にスルーで購入した。
そこは謝る。
だがな、『子連れのご褒美ハワイ』プラス『夫婦の仲良しハワイ』を大特集して44ページも割くな!
そこを当然のことながら華麗にスルーした私には、もう読むところがほとんどねえじゃねえか!
いやまじでここ、一文字も読んでない。
今のわてら一家には現実味が微塵もなさ過ぎて・・・
読んで突っ込む元気もない。

で、仕方ないからそれ以外を読む。
読むんだけれど、私またもや気がつく。
この雑誌に度々登場するタキマキ、とかいうカリスマ主婦モデルが、
合わないのだった・・・わたし・・・
なんか違う・・・
このモデルさんが、なんか私には正直まったく魅力的に思えない・・・(当方比)
っていう時点でもう絶望的じゃねえか!
ほぼタキマキじゃねえか!

で、このタキマキなる人が日焼け肌メイクをしている、
演出なんだけど、わかってんだけど、肌のバサバサした質感がまた、私の不安を煽る・・・
子連れでブロンズ肌メイクって・・・
30過ぎて日焼けって・・・その後、どうなるんだ、一体・・・


さらにさらに。

このタキマキなる人が旦那役のモデル相手に

ゴージャスなダイアの指輪がきらりと輝く指で

無精髭についたケーキのクリームを

「もー、クリーム♡」なんつって拭うシーン…!



悶絶!



発狂!



ぎゃーーーーーーーー!!!



やらねえやらねえ!!
絶対やらねえ!!
「もー、クリーム(はあと♪)」って!!

ないないないないないないないない……(死)


もう、ここまでで夢や理想でなく鳥肌と絶望と違和感でお腹いっぱいになった私、
よしゃあええのに、更にその先の『0歳児旅行』でまたも憤慨・・・
もう憤死の寸前よ・・・
ちょっとその辺の近場に一泊、的な話じゃないよあんた・・・

「飛行機代もホテル代も0歳児ならタダ!」
「眠ってる時間が長いから楽!」
「行くなら今がチャンス!」

ってなめとんかあゴルアアアアア…!!!











だあああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!












ぎえええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!











・・・はあはあ・・・


ごめんなさい、お水一杯頂けるかしら・・・


いや、もうさ。
まじでさ・・・
7ヶ月の子供とハワイに2週間行った人の話とかさあ・・・
もうさ・・・
機内で寝てくれるか心配だったけど、寝てくれたラッキー☆
いざというときには、医者に処方してもらった眠くなる成分の入った鼻水の薬持ってたから安心♡
ってまじかおい・・・
ぐずったら盛るつもりだったってえのか・・・おい・・・
しかも現地で環境が変わり夜泣き復活、離乳食拒否って・・・
ま じ か よ お い。

4ヶ月の子連れでオーストラリアに行った人もさ、これさ・・・
行きの飛行機で子供ぐずる、の横に思いっきり他の乗客がしらけてる場面のイラストまで載せて・・・
実際そういう空気だったってこと?
いや、さかもと未明じゃないけれどさ・・・そうなるよねえ・・・・ねえ・・・
どうなのさもう・・・
現地で大人のゴルフ中にシッターを利用したら、長女が英単語を覚えてたラッキー☆
ってもうね・・・ほんと・・・

そこまでして、0歳児連れて海外行きたいか、あんたら・・・
行きたいか・・・
行きたいんだよな・・・ごめん・・・当たり前のこときいたね・・・わたし・・・
いや、それ、わたしには当たり前ではないんだわ・・・
当たり前でない、むしろどっちかというと非常識じゃね?って思うんだわ。
ってことは、私とこの雑誌との間には埋まらない溝があるってことだわ。
ってことで、もう買わねえわ・・・

いや、ええねんええねん。
0歳児連れて海外もな、ええねんええねん。
それがええと思う人には、ええねんええねん。
行きゃあええねん。
そういう人が、この雑誌を読むべきやねん。
そういう感覚と、時間と、ついでに言うなら財力の持ち主が、この雑誌を買うべきやねん!
私にはその感覚も時間も財力もチャレンジ精神もないってのに、パケ買いしたせいやねん、
私が一番悪いねん・・・そやねん・・・

でも、なんで美容師さん、これ勧めたん私に。
っていう疑問が今となっては冷静に残る。

なんだろう、夢と理想でお腹いっぱいになるんでもなくて、
あまりに現実味のないことに白けるんでも当然なくて、
本当に、今の私にあった、共感できる、等身大の雑誌って、ないのかしらね。
そもそも、等身大ってなによ・・・あんた・・・
等身大を売りにしているものは大抵胡散臭いわよ。
等身大って言っておきさえすれば一気に敷居が下がるような気にさせられるからって!
等身大等身大って・・・もう等身大詐欺よ。

はああ…
また、雑誌探し、ふりだしに戻ったわ。
てかもう、雑誌読まなきゃいいんじゃね?
web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。