09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

娘の本音

2014.10.30 04:13|その他雑記系
娘はすぐに、いつでもどこでもうわーっと泣ける。
涙もあっという間に出てきて、それはとめどなく頬を濡らす。
私はどこかそれを客観的に見ていて、
子供ってなんでこんなにすぐ泣けんだろ。
なんでこんな容易く涙まで流せるんだろ。って思ったりする。
そういえば、自分が最近涙を流したのはいつだったか。
数年単位で、涙なんて流してない気がする。
大人になると、本音を隠す方がずっとずっと得意になってしまって、
本音を隠した方がスムーズだったり楽だったりするから、
娘のように、誰彼構わず所構わず、感情を表に露出させるなんてこと、
いざとなると、なかなか出来なくなる。
涙なんて押し隠す。
するとそのうち、本当に泣けなくなってくる。
笑っていつも、元気で幸せで明るいフリをしてしまう。
Facebookに友達が何十人いて、何かのきっかけでそれはひとり、またひとりと増えて行くけれど、
その中で本音を話せる人なんて、一体何人いるんだろう。
相手によって受け取り方が何パターンも出来てしまうから、本音を話すことは怖くなってしまう。

ここ最近、夜は大抵旦那が娘をお風呂に入れる。
私はその間に、旦那の使った食器を片付けたり、残った家事を済ませて、
旦那と娘が先に床に就き、その間に自分もお風呂に入る。
娘は、「お風呂に行ってくるから先に寝といてね」と言うと、大抵聞き分けが良い。
そして、お風呂から上がると、本当に寝ている。
私はそれがすごく楽だ。

ところがこの日は娘がどうしても、私をお風呂に入らせてくれなかった。
私がお風呂に行こうとすると、布団から「ままあ・・・」と今にも泣きそうな心細い声が聞こえてくる。
戻って「お風呂に入るだけだよ」「どこにも行かないよ」「すぐに戻ってくるから」と言っても、
娘は首を縦には振ってくれない。
それで、じゃあ娘を寝かしつけてからと思って横に寝ても、
娘はぺちゃくちゃおしゃべりばかりして、ぜんぜん寝る気配がない。
それでも根気よく娘に付き合っていると、娘が「ママ、おふろはいってきていいよ」と言ってくれた。
いいの?と何度も確認し、娘はその度に「うん」と頷き、
私は「じゃあ行ってくるね」と立ち上がる。
脱衣所で服を脱ぎかけると、また「ままあ・・・」という泣きそうな声がする。
戻ってみると、娘は指を咥えながら、目を潤ませていた。
「なんで?いいよって言ってくれたやん」
「お風呂入ってきていい?」
「ちょっとだけやから」
その言葉のどれにも、娘は黙って首を横に振り続ける。
こういうことは初めてだった。

私は娘の隣に腰を下ろし、娘の手を握って、
「なんで?」と訊いた。
「ママがここにいないと、さみしいの?」と聞くと、「さみしい」と答える。
「なんでさみしい?」とか「かなしいの?」と何度も訊いていると、
なんだか、こんなに娘が何か不安がっているのは、明らかに私の日頃の態度のせいだと思えてきた。
そう思うと、本当に悲しくて、自分が許せなくて、娘の前なのに泣けてきた。
娘の前で泣くのは、ずるいと思う。親として、とてもずるい。
けれど、我慢できなくなりそうだった。
すると、娘が突然顔をくしゃくしゃに歪ませて、「さみしい」「さみしい」と言って泣き出した。
ついには起き上がって、私の前に立ち、
そして私をまっすぐに見て涙をぼろぼろ流しながら、こう言ったのだった。

「ママいっぱいおこるから、さみしい」と。

その時、衝撃というかショックというか打ちのめされたというか、すごい驚いて死にそうになった。
もうとにかく私の中でずっと渦巻いていて、でもきっちり上から蓋をされて、
その上からも漬物石を乗せるくらいのレベルで頑丈に抑え込んでいた感情が、一気に噴き出した。
それで、娘を抱きしめて、私も娘といっしょにわんわん、おいおい、泣いた。
ものすごく涙も出て、嗚咽も溢れて、ちょっとほんと、不気味な感じだった。
「ごめんねえ」「ごめんねえ」と言って、「さみしかったねえ」「我慢してたんやねえ」と言って、
泣きじゃくる娘をぎゅうっと抱きしめて、私も泣きじゃくった。何年ぶりかの涙だった。
あまりに騒々しい私たちに、旦那も一瞬何事かと目を覚ました。
そしてその光景に完全に引いてた。
「え・・・なに・・・何が起こったの・・・」って呆然としていた。
そりゃそうだ。
母娘が抱き合って、涙と鼻水を垂れ流しながらわんわん咽び泣いていたら、誰だってビビるわ。

娘も、一度言ってしまうと自分の言葉に引き出されるかのように、
何度も「さみしかった」「かなしかった」と言っていた。
一気に堪えていた感情を噴出させているかのようだった。
本当に長いこと、私たちは泣き止めなかった。
私もずっと「ごめんね」「ごめんね」と、同じことばかり言いながら泣いてた。
ここ最近は、毎日怒っていた。
娘の相手もろくにしていなかった。
いや、最近に始まった話ではなく、私は娘が生まれてからこれまでずっと、そうだった。
ずっと怒っていた。ずっと娘を疎ましく思っていた。
ずっと本当は、子育てなんか自分には出来ない、やりたくないと本音では思っていたのだ。

私はその夜初めて気がついた。
今まで怒っても、何も応える様子のなかった娘も、やっぱり本当は応えていたのだということに。
「そうなん?」と飄々と言いながら、ぜんぜん傷ついていない様子で私の怒りをかわしていた娘も、
本当は傷ついていたのだということに。
傷ついた気持ちを押し殺して、なんでもないフリをして、明るく振る舞っていたのだ。
そして何より、私はそんな娘に気がついていながら、気がつかないフリをしてた。
いつも毎日苛々して声を荒立ててしまう自分自身を呪ってしまわないように、
そんな娘に気がつかないフリをして、娘は応えていない、傷ついてなんかいないと思い込んで、
現状から目を反らしまくっていた。娘から逃げていた。そして自分ばかりを守ってきた。
「うるさいよ」とか「あっちに行っといてよ」とか、ひどいこともたくさん言ってきた。
「あんたにはできないよ」とか「なんでできないの」とか「もうしらないよ」とか、
そういう人格を否定するようなことも平気で言ってきた。
まだ説明したってどうせ全部はわかんないと、娘と向き合うことから逃げて、
いつもこっちの都合に娘を無理矢理当てはめようとしていた。
親として、最低最悪だ。
これはもう、立派な虐待の域だ。そう思われても仕方がない。

娘はそれでも私しかいないから、私の前では明るく笑顔でいた。
朝起きた瞬間から、娘はそうやって、毎日毎日娘なりにがんぱってきたのだ。
それでも連日、私からは怒られ、いつもいそいそと何かを忙しくやっていたり、
自分の世界に入り込んだりする私の気を引こうとしては失敗し、
とうとう、我慢も限界を迎えたのだ。
娘の情緒は不安定になって、物分かりよく私を風呂に送って、
すでに眠りの世界に落ちてしまった旦那の横で、
ひとりさみしく眠りにつくなんてこと、出来なくなってしまった。
それがあの夜だった。

本当に本当に、申し訳なくて、情けなくて、悲しくて、娘が可哀想で、
私はただひたすら娘に謝った。
それでも娘は健気だった。
「さみしかった?」と訊けば「さみしかった」と答えるけれど、
「ママが悪かった?」「ママのせい?」と訊けば、
「ママわるくないよ」「ママのせいじゃない」と言ってくれた。
またその言葉に泣けた。
私、旦那にだけじゃなく、娘にも相当甘えていた。
怒っても傷つかないフリをする、毎朝元気に起きてくる、そんな娘の強さにすっかり甘えきっていた。
自分の抱えきれないことまで、娘に押し付けようとしていた。
娘は私が思っていたより、ずっと大人だった。それにすら、気がつけていなかった。
本当に、反省しかない。

さて、明日からどう、娘と向き合おう。
そう考えると、それでもたぶん私はこの気持ちをすぐに忘れてしまうんだろうと思って、怖い。
そしてまた同じことを繰り返してしまうんだろうし、そう簡単に自分は変われないんだとも思う。
でも、変わらないといけない。真剣に。
何が本当に大切で、何がそうでないのか、
その辺の折り合いをもっと器用につけられるようにならないといけないのだ。
一日は24時間と決まっていて、その限られた時間の中で、私にはやるべきことがあるんだけれど、
でもその中でどれが一番大切なのかは、誰に言われなくても明白だ。
後のことは、正直、後回しでもほんと、いいんだよ、実際・・・。

一瞬まじで、娘はもう、私が育てない方がいいんじゃないか、
方法とか筋道とか理屈とかは知らないけれど、まじで、
出来るんだったら里子に出すとか施設に預けるとか、そんなことをしてでも、
私じゃない人に育ててもらったほうが娘には幸せなんじゃないかとも考えてしまった。
けれどその考えも一瞬で消えた。
無理過ぎた。
私が耐えられなさすぎる、娘を手放すとか。
ほんと、娘には申し訳ないけれど。
ろくに構ってもやれないくせに手放したくないとかどんだけ、って感じやけど。

娘の本音を初めて知った。
知ることが出来てよかった。
まだ、娘がそれを私にぶつけようと思ってくれて、よかった。
娘、本当にごめん。言ってくれてありがとう。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

七五三

2014.10.26 03:13|2歳〜2歳半
先日、娘の三歳七五三、無事滞りなく済ますことができました。
お天気にも恵まれ、良いお祝いの日になりました。

娘さん、私がはりきって、はりきりすぎて、去年から用意していた着物を着て、
髪の毛もちゃんと美容室で結ってもらい、「普段とは違うカワイイ私スイッチ☆」がオンになり、
写真撮影も宮参りも同日っつう、二歳児には少々ハードと思われるスケジュールも難なくこなしてくれた。
春日大社で外国人観光客の団体にありえないほど囲まれ、
どこの囲み取材だよ!って感じに囲まれ、
各国語の賞賛のシャワーを浴び、更にいい気になり、
帰宅しても着物を脱いでくれない、着替えさせようとすると家中すばしっこく逃げ回る、
というオチ付きでなんとか無事に終わりました。
よかったね。

では、写真を。

IMG_0503.jpg
娘さんこんな感じ。

DSC00525.jpg
私も着物。母に借りました。

IMG_0430.jpg
娘さん、髪を伸ばしていたので、なんとか日本髪もどきを結えました。

髪飾りはまた、これ、私こだわってん。
まあ、きいておくれよ、暇な人は。

DSC09900.jpg

DSC09902.jpg

京都のおはりばこってところで買ったつまみかんざしよ。
つまみ細工、あれほど可愛いものはこの世にないと思うわ・・・
しかもこのおはりばこさんのつまみは秀逸よ。
色使いも質感もこれ、ほんま、上品やねん・・・
値段は、結構高いなあと思ったけれど、
どうしてもこれを、と思って去年から小銭貯めてましたんや、奥さん・・・
これをつけた娘がまた、格別でしたんや・・・

途中、鹿に千歳飴を取られそうになるハプニングもあった。
さすが春日大社。
web拍手 by FC2

娘に幸あれ。

2014.10.14 17:39|2歳〜2歳半
最近、ひっさしぶりに朝ドラにハマってまして。
朝ドラにハマるとかいつ以来かわからん。
マッサン、観てます?
とは言っても、いつも毎日同じ時間にテレビの前に座るってことはなかなか難しいので、
マッサン録画してます。毎週録画ならぬ、毎日録画。
こうやって熱心に私が観ているものだから、なぜかもれなく娘もハマっていて、
それで毎日、娘と一緒にマッサンを観ている。
娘はエリーさん役の女優が出てくると「ああっ!エリー!エリーだよ!」と言って、
いちいち私に教えてくれる。
う、うん・・・知ってる・・・観てるからね、あたしも。
娘はエリーさんを甚く気に入っている。
エリーさんが出てくると「エリーかわいいね♡」って言ってる。
やっぱ、こんな幼子にとっても、
向かう所敵なしの白人的容貌ってのは
やっぱり向かう所敵なしなんだなあと妙に感心したりもする。

あと、少し前に娘用のエプロンを100均で買ったならば、
それが娘の中の何かに火をつけたらしく、娘には家事スイッチが入ってしまった。
それまでもそういう傾向は確かに感じ取れてはいたんだけれど、
それがエプロンを買い与えるという私の行為により完全に後押しされた形となり、
娘は堂々と、私に成り代わるほどの勢い(本人比)をもって立ち振る舞いだした。

夕食を作っていればエプロンの装着を私に強要。
洗面所から娘用のステップを華麗に取って戻り、私の横に居並ぶ。
そして手伝っているような手伝っていないような微妙な振る舞いとともに、
鮮やかにつまみ食い、もとい試食を繰り返す。
時には卵を溶いたり、粉を振るったり・・・
それらしいこともしたりする。

片付け時には「みーたんもあらう!」と言って
シンクの中からギリギリ手に届く何かを掴み出す。
まだすすぐくらいのことしかできないけれど、
たまに洗剤の泡を手で食器に撫で付けたりしている。

洗濯物を畳んでいれば、「みーたんもたたむ!」。
タオルを渡すと、数分後には当初の目的を完全に忘れ、
丸めたタオルをかざして「みて!ボール!ボール!」とか言ってる。
「ボール!ボール!あ!ちがっ・・・」と自分の過ち、というか偉大な脱線に気がつく。
そして「しかく!しかく!」と言いながら、
私のするように畳もうとするがうまくいかない。
そして仕舞いには苛立ってタオルを床に投げつける。

アイロン掛け時には、むやみやたらに接近すると私に注意を受けるため、
アイロンカバーの蓋だけを素早く奪い去り、なんだか遠巻きにこっちを見ながら、
せっせとラグにアイロン(蓋)掛けをしている。

掃除もせっせとやってる。
これまた100均で買った小さいほうきとちりとりのセットがすごく活用されている。
これを彼女は「おそーじせっと」と呼んでいるが、微妙にアクセントの位置がおかしい。
こうやって、いろいろな場所の掃除に、彼女もまた自信満々で参戦してくる。
正直、私一人でやったほうが速いので、
あまりにも時間的な余裕がない時にはそういう娘に参ってしまうこともある。
けれど、無下にこういう芽を摘んでしまうのはいかがなものか、とも思う。
これを上手に生かして伸ばしてあげれば、ゆくゆく楽になるのは私・・・
なんていう打算的な考えも浮かび、娘には基本、自由にさせている。

いつの間にか、トレーニング箸じゃない普通の箸で、
物を掴んで口に入れるくらいのことができるようになっている。
できないとまた、猛烈にイライラして箸を食卓に投げつけているが、それもまたご愛嬌。

電話もとにかく好きだ。
電話が鳴ったら、私が気がつかなくても「でんわだよ!」って教えてくれる。
これは大変便利。
でも、相手が誰であろうと替わりたがる。替わらないと不機嫌になったりするので厄介だ。
私の母が相手だと、ほぼ100%替わってもらえるのでご機嫌。
しかし電話口で、私が今何をしているとか、パパは休みだとか、
いろいろと微に入り細に入り伝えようとするので、
それはそれでうちの事情が筒抜けになってしまい、相手によっては厄介だ。

新しく身につけられるものを買うと、それを身につけて、
「じゃーん!」と言って私らの前に現れる。
その「じゃーん!」っていう若干時代錯誤感の否めない効果音は、
一体どこで誰から吸収したのか・・・謎ではある。
でもオモロイ。無性にかわいい。「じゃーん!」バンザイ。
「みてみて!かわいいでしょー」とも言ってくる。笑える。
可愛い以外の感想は許さないくらいの押しつけっぷり。
今だけ許される無邪気さ、素直さ、強引さ、そして自分大好きさよ。

こういう娘との日々は騒々しく忙しく、でもやっぱり面白かったりする。
彼女はいろいろと、それが自分に出来るか出来ないかは別として、
とにかく、臆せずトライしてみる。
それはまだ挫折という挫折を知らない幼児性万能感の賜物なのかもしれないけれど、
その結果私に褒められ喜び、時には叱られヘコみ、
また次もその次もトライすることをやめない姿勢には胸を打たれるものがある。
それこそが、彼女の長所だ。
このまま、恐れを知らぬままとはさすがに言わないけれど、
臆病にだけはなってほしくないと思う。
臆病者が無駄にするのは人生なのだから。娘に幸あれ。
web拍手 by FC2

ハナミズキが嫌い。

2014.10.09 22:35|その他雑記系
今年もまた、村上春樹がノーベル文学賞を取れなかったとニュースでやっていた。
今年もまたって書いたけど、なんか毎年のように言ってるよね、そうだよね。
村上春樹がノーベル文学賞を取れないことに落胆する、村上春樹の縁やらゆかりやらある土地や人、
村上春樹の熱狂的なファンみたいな人の姿がテレビに映し出される。
あれ、これ去年も見たな。デジャヴ?

でも、それっていちいちニュースでやることなの?
って去年も思ったな私。
ノーベル文学賞、取れなかったってニュースでやること?
ていうかノーベル文学賞ってそんなに欲しいのみんな。
別に取れなくたってどうでもよくない?
みんな人それぞれ、好きな作家っていろいろいるんだし。
みんなそれぞれ、自分の好きな作家の本が読めればそれでいいじゃない。そうじゃない。
その人が賞とったとかとってないとか、いちいち読んでる人間って気にしてるもん?

かく言う私は、村上春樹アレルギーだった。
村上春樹、読めた試しがない。
なんかもう、無理、苦手。
しゃらくさくて、しんどい。
いけ好かない。
んで、みんなやり過ぎ。
ヤるシーンがなんかもう、絶望的にうざい。
だから私、別に村上春樹がノーベル文学賞取れなかったと言われたところで、
なんの感慨も絶望もないのだった。
むしろそれをニュースにすることにうざさを感じるのだった。


娘が近所でハナミズキの実を一心不乱に集めてきた。
どんぐりとかまつぼっくりとか、どうでもよいものがこのくらいの年の子にとっては宝物だ。
ハナミズキの真っ赤な実も、食べられないと分かっていても収集する。
そして後生大事に握りしめて持って帰ってきた。
今、家の中でごろごろしている。
そう言えば私、歌の「ハナミズキ」も苦手なんだなあ。
あれがテレビで垂れ流されていたときにはホント、お腹いっぱいだった。
「君と好きな人が百年続きますように」ってところが特に嫌い。
なんかこういう回りくどいような、可愛らしさとピュアさの押しつけのような、
そういう表現がどうにもしっくりこない、むず痒いのだった。
・・・捻くれてますね、私。

娘が大事にハナミズキの実を握りしめているのを見て、そういうことを思い出していた。

秋だなあ。
娘のトイトレは相変わらず進まない。
こやつひょっとするとこのままオムツを貫き通す決心ではなかろうか、くらい進まない。
ていうか、事後報告が多い。
「あ、ママ、今おしっこでた」みたいな。
おーい!
出る前に言えよ!って私もテンプレ通りのつっこみを欠かさない。
なんだかめんどくさくなってきた。
ま、そのうち出来るようになるでしょ。
web拍手 by FC2

またも洋服難民。

2014.10.08 16:57|その他雑記系
プロフィールを地味に変えました。
といっても娘の似顔絵をちょっといじっただけ。
より今の娘の感じに似た、と、思う・・・。

季節が着実に秋に移ろい始め、またも私は洋服難民と化す。
季節の変わり目って大嫌いだ。
今までなんとか寄せ集めの在り合わせで私の日常に登板していた服のレギュラーたち、
そのローテーション、全部また一旦リセットだ。
それがもう、毎回毎回超めんどくせえと感じる。
私、一体去年の今頃何着てたんや。

去年の今頃着ていたであろうと考えられる服を引っ張り出すも、
クリーニング出していたりいなかったり・・・
出していた服でさえなんだかヨレヨレだ。
シルエットがもう、ダメ・・・
私を捨てて新たな出会いを見つけなさい、ってもう、服の方が言ってる。
服の声が聞こえてくる。
え、まさか、あんた今年も私を着る気?いい加減にしなさいよ。って。
ああ、こりゃもういよいよ断捨離しなくてはならんかもしれん。

そして私はまた、この秋冬に着られるであろう服を追い求める。
そして自分が真っ先に、とりあえず今一着買い足すのだとしたら、やはりワンピースなのである。
ワンピース。
一着でコーディネート完成、しかも特に何もしなくてもきちんと見られる。無敵。
ていうか、裏を返せば、もう「コーデ♡」とやらをいちいち考えてる気持ちと時間の余裕がない。
すぽっと頭から被って、袖を通せばハイ完成、速攻出かけられる、みたいなものを求めている。
ここ最近ずっと。
初夏から私、何の進歩もない。

で、取り急ぎ感満載でとりあえず手に入れたのは、これです、ハイ・・・。

380000.jpg

この微妙な色合いと、モデルさんがやってるカラータイツとの組み合わせがツボで、
しかも今なら定価から更に1000円OFFで買えるとのことで、熟考もそこそこに手に入れたのだった、
ネットで。

今日届いて、さっそく袖を通すと、やはりモデルさんのようにはいかないのであった・・・
ええ、そりゃあもうね・・・仕方ないわ、宿命よ・・・期待もしてないし、初めから・・・
それにしてもサイズも丈もピッタリだったし、よしもうこれよ!これでいいよ!
この秋は私これを着倒すわ!ってなことで、とりあえず洋服難民脱出。
でもワンピースは子育てには向かないのであった・・・
ああ、なんかあとはユニクロとかで探すかな・・・
ジーパンもそろそろ買い替えたいんだわ。
私の今のジーパン、もうかれこれ10年くらいは履いてるわ・・・
いい加減ヨレヨレや・・・
スキニーだったはずが、スキニーでなくなっている・・・かなしい・・・

いや!奥さん!
私、痩せましたんや!
ついに妊娠前の体重に戻りましたんや!
ヘタ打つと、結婚式のときより痩せましたんや!
そうしたら、持ってるすべてのボトムスがブカブカですわ!
全体的にゆるみというかたるみというか・・・
だからズボン履くと、今ものすごいなんか、垢抜けないつうか、だらしないんですわ・・・
こりゃあもう、ボトムス買い替えの時期なんですわ、今そのときが訪れているんですわ。


娘の話。
相変わらず破天荒で、彼女の通ったあとには
「え、泥棒でも入ったの?」ってくらいに荒れ模様の部屋模様・・・
相変わらず不注意で、わがままで、頑固で・・・
もう愚痴り出すとキリがない。

しかしまあ、毎日元気。
ごはんもよく食べるようになってきた。
あと、心配していた音程が、だんだん取れるようになってきた。
歌うとめっちゃ音痴だったんです。
でも最近、音とれてるな、って思うことが増えてきた。
得意な歌はアナ雪とどんぐりころころ。
アナ雪は歌詞、完璧に入ってる。
まじで聴きまくっていたので、この夏。

あ、私ケータイ変えた。
このタイミングで!?ってタイミングでiPhone5sになった。
4Sが最近フリーズしまくってえらいことになっていたので。
今は快適だ。ってほどケータイ使ってないけど。
5s、本体代金ゼロ円だった。
web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。