11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

書きたいことは山ほどあるんだが

2014.12.20 16:55|後ろ向き妊娠日記
時間がない。
というか余裕がない。
すごい間が空いてしまった。

この記事、鍵付けるかどうか迷ったんだけれども、どうだろう。
ちょっと最後まで書いてみないとわからない。

コメントとかいろいろ、長い間放置してしまっていてすみません。
なんとかしないと、とは思っているんだけど、
ほとんど寝てばかりの毎日でPCに向かうこともほとんどなくなり・・・
スマホでお気に入りブログをちょちょっとチェックするくらいの感じ。
画面に酔うんだよね。


今日は旦那が仕事で、ちょっと時間が空いたので、
久しぶりに近況というか、気持ちの動きの報告をしたいと思う。


先週の日曜日、また産婦人科に行ってきた。
一回目行ったときには胎のうしか見えず、その大きさから6週と言われていたけれど、
二回目行ってまた予定日が変わり、
そして胎芽らしきものと、心拍らしきものも、確認できた。
らしきもの、と言っているのは、私の行っている産婦人科は超初期でもなぜか経腹エコーで、
娘の妊娠のときのように、経膣エコーで見られた鮮明な画像として心拍やらは見えなかった。
あれは、今思い出してもだいぶと衝撃的な映像だったけれど、
今回は目を凝らしてやっと、あ、もしかしてあれ?って感じの不鮮明で弱々しい画像で、
あんまり衝撃や感動もなかった。
旦那もふ〜んって感じで、俺あんまよくわからんかった、と言っていた。
私はあれが果たして心拍だったのかどうかはあまり感触として確かな物はないままだけれど、
次までに母子手帳を用意しておいてください、と先生に言われ、
ああ、あれがやはり心拍だったのだな、と思っている。

というわけで、鮮明に心臓が拍動する画像を突きつけられてバーン!
衝撃!生きてる!
あかん気持ち180度転換したで!こりゃ何が何でもがんばって産まな!!
・・・的心境の変化もないまま、今に至るのであった。
でも、旦那のお遣いで役所に出向いた時に、ついでに母子手帳ももらってきた。
母子手帳が娘のときとはデザインが一新されていた。
ネットで一時期話題になってた、某アイドルのデザインだ。

今日で8週3日になる計算で、前の妊娠の時なら今頃もう、廃人と化していたけれど、
今回はそうでもなかったりする。
前の妊娠時には、すでに食べつわりに吐きが加わり、やがて吐きのほうがメインになり、
食べられないものも日に日に増えた。
けれど今回は、完全に純粋な食べつわりのみ、なので圧倒的な空腹感にどう打ち勝つかがメインで、
前のときのように、一口食べてこりゃあかんとなったもののリスト、
逆にいけるもののリスト、みたいなのも作ってない。
ていうか、全部いける。基本いける。
いけすぎてやばい。
食べた後30分くらいで襲ってくる次なる強烈な空腹感、血糖値の低下、
これをどうやりすごすかが、人生のテーマですわ。
この圧倒的な空腹感が夜中寝る前に大抵一番キツイので、なかなか寝付けない。
起きた時にはマックス腹が減っているので、オエオエ感がハンパない。
でも欲望のままに食べていたらこれまた、体重管理が危機に瀕す。
なので、こんにゃくゼリー、酢昆布、炭酸水、飴、とかで急場をしのぐ。
なんかもう、どっちにしろつらい。
吐きは今回まだ一回しかない。でもあれはつわりのせいだったのかどうか分からない。
このままフェードアウトしてくれたらいいんだけどな。

そういうわけで、調子の良い日には自分が妊娠していることすら忘れる。
無理をしたり、冷えたりして、腹が痛んで思い出す。
昨日はなんだかものすごい調子が良かった。
一日中、空腹感とも吐き気とも縁がなかった。寝る前にちょっと気分悪くなったくらいで。
なので、溜まっていた掃除とか洗濯を一気に片付けた。
天井の換気口に溜まっていたホコリとかも除去した。
ものすごく、ずっと、一日中テキパキ動いて疲れなかった。
何かスイッチが入ったみたいだった。

そうは言っても、普段はやっぱり体調悪い。
食べた物がうまく消化できずにいつまでも滞っている感があったり、やたら眠かったり・・・
運悪く、体調不良で掃除や洗濯が滞ってる時に母の来訪があった。
「あんたんちも、大概汚いわね」っていうイヤミが案の定あった。
母は、いくら娘だからって遠慮がなさすぎる。
土足で踏み込みすぎる。一言多いんだよ・・・
私の状態もちょっとは考慮してくれよ、とも言いたくなる。

・・・けれど、母はなんと、私が妊娠してないと思っていた。
まじ、えー!となった。

というのも、初めて病院に行った日、胎のうしか見えず、
私は週数的には胎芽も見えるかなと思っていたけど見えなかったので、
母に「赤ちゃんはまだ見えなかった」と言っていたのだ。
私的には、私が妊娠すると舞い上がってすぐ誰にでも報告する母に、
「まだ言わないでよ」と釘を刺すつもりで言ったのだが、
母はそれを、妊娠したと思っていたけれど妊娠していなかった、なーんだがっかり、と捉えていた。
おい・・・まじかよ・・・
胎のう見えたら妊娠だよあんた、昔すぎて忘れたのか・・・

それで、私が「何言ってんの?妊娠してるよ」って呆れて言うと、
母の<娘懐妊スイッチ>が再びオン!強烈にオン!
その瞬間から、「ちょっとあんた車の運転してて大丈夫なの?」とか、
私が娘に抱っこをせがまれ抱っこすると、
「ちょっと娘ちゃん降りなさい!おばあちゃんが抱っこしてあげるから!」
「ほらはやく歩きなさい!ママしんどいわよ!」
みたいに、急に娘がないがしろにされ始めるのだった・・・
娘ぽかーん。

やっぱり母に報告するのは早過ぎた。
私はもっと、一歩引いたところから穏やかに見守っていて欲しいけれど、
母は自分が妊娠してるみたいに振る舞い出すから厄介だ。
こんな調子だから、「今回は実家じゃなくうちで面倒をみたい」と言ったらやっぱり嫌がられた。
こっちは母の来訪のために別に駐車場も契約しておく、とまで言っているのに、
「私毎日来ないとあかんやん・・・」と言って不満顔。
ひと月分の私の荷物と娘の荷物、そこにプラス赤子の荷物を運び込み、
それをまた自宅に戻して片付ける手間もあるやん・・・
そしてまた夏・・・
あのクソあっつい実家にまた新生児と閉じ込められる・・・
それだけで萎えますやん・・・
なんとか説得できないものかな、と思っている。

まあそんなこんなで、先は長い。
でも、ゆっくりでいいと思っている。
友人にも言われた。
無理に気持ちを整えなくてもいいんだと思う。
思えば、私の中に、最初から、絶望はしたけれども、堕ろすという選択肢はなかったんだった。
堕ろすと選択できない以上は産むしかないという、
非常に消極的なポジションから始まった今回の妊娠だけど、
友人にゆっくりでいいと言われて考えた。
最初から堕胎するという選択肢が存在しなかった以上は、
いつか産んでよかったと思える日が必ず来るのではないか。
結構、無理矢理な考えかもしれないけれど。

もちろん、最初数年、下手したら子供が小学校に上がるくらいまで大変で、
やっぱ産まなきゃ良かった、子供ひとりで良かったと後悔するかもしれない。
それより先でも、何かのきっかけで後悔するかもしれない。
けれど子供二人で大変だ、と思った時に、その矛先が果たして下の子だけに向かうんだろうか。
娘は良くて、次の子がだめだ、と思うんだろうか。
そこはもう、等しく大変、でもどっちも大事、になるんじゃないだろうか・・・

数年、十数年時間が経って、ふたりとも大人になったときには、
やっぱり子供がふたりいるという状況に、幸せなり、頼もしさなり、感じられるんじゃないだろうか。

ていうかもう、産むしかないしな・・・
産むしかないんなら、くよくよ考えるのは、やめようと思う。
いや、これからも弱気には絶対なるけれど。
折に触れて弱気にはなる。笑

娘またトイレを頑張り出している。
前、二日連続で大の方をトイレできばり出すことに成功してから、
「うんちしたい」と言ってはトイレに連れ出され、トイレ内で遊んで退出、
また「うんちしたい」と言ってトイレに行くけど遊んで終わる、
あいついつやるんだ、と思ってたら隠れてこっそりおむつに排便、みたいなことが何日も続いて、
私も思わず怒ってしまったりして、それが逆効果だったのか、
毎日排便のあった娘が三日に一回の便秘体質になってしまい、私激しく後悔、だったんだけど、
昨日久しぶりにトイレで排便することに成功し、それで褒められまくって自信をつけ、
今日もうんちを教えてくれて、トイレですんなり排便できた。
娘は娘で成長している。
大丈夫。
私が再び赤子を産み落とす時には、もう娘は今日の娘じゃない。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

病院に行ってきた。

2014.12.02 17:05|後ろ向き妊娠日記
この記事はブロとものみ閲覧できます
web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。