01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

立て続けに愚痴。

2015.02.21 10:51|後ろ向き妊娠日記
この記事はブロとものみ閲覧できます
web拍手 by FC2

再び、明日は明日の風が吹く。

2015.02.19 17:23|その他雑記系
娘がマカロンを食べたいと言うので、
二、三年ぶりにマカロンを作ったら、見事に失敗して最悪だった。
なんかもうマカロンじゃない、う◯こみたいなのが出来た。
マジでもうなんなん…私の時間返して欲しい。

娘が服につけた大量のご飯粒を落とし忘れてそのまま洗濯機にかけてしまい、
洗濯物から再びα化されたご飯粒があちこちに散らばって、
それが足やら床にひっつき不快で仕方がない。
クソむかつく。
なんでやねん、なんでこんなことになんねん…

片付けても片付けても、娘が次々におもちゃを引っ張り出して、
気がつけば私、延々と片付けている。
片付けばかりしている。
とこしえのおもちゃワールドに監禁されてる。
娘には、おもちゃは次のおもちゃを出す前に片付けなさい、
使ったらその都度片付けてから次のを出しなさい、と毎日言い聞かせているが、
二歳児相手にそんなセオリーは通用しない。
本能の赴くままに生きているんだもん。
やつらは好きなようにやるだけ。
たまに言うこと聞いてるフリして、結局我が道を迷わず進むだけ。

トイレも完璧に出来ていたはずなのに、
ある日一度失敗してから、立て続けに失敗するようになった。
今でも日に必ず1〜2回はパンツに漏らす。
しかも申告なし。
毎日口酸っぱくして怒ってんのにさ。
そうかと思えば失敗しない日もちらっと出たり…
怒るのがいけないとかそんなんどうでもいい。
私が怒ったほうがいいと思うから怒るだけ。
でもやっぱりそれがいけないのか。
わからなくなる。

母が数年前に買った服(母はフライングでデカいサイズの服を買って来る)を
娘に着せている写真を見せたら、
「この下に着せるのはセーターじゃなくてブラウスがいいのに…」とか言われた。
チッ…
過干渉親が。
別にいいじゃねえか娘も機嫌良く着てるんだからよ。

立ち止まって見失ってることに気がついて、娘を抱っこして、
なんだか全部どうでもいいや、明日は明日の風が吹く、そう思ってやり過ごす。
それが一番大事よあなた。
私、失敗続きでやり方も微妙だし、そもそもやり方自体知らないけども、
やり方を知らないことを責め出したらキリがないじゃないの。
これでいいの。

でももう当分マカロンは作らない。
あいつは買って食べるに限る。
web拍手 by FC2

明日は我が身。

2015.02.18 13:34|育児の辛さ吐露し隊。
また幼い子供が犠牲になった。
3歳と6歳の女の子。
最初このニュースを聞いたとき、母親はシングルかと思った。
ひとりでふたりの子育てに疲れて、疲れ切って、悩みに病んだ末の犯行かと思った。
続報を聞いて、ちゃんと父親もいて同居していることを知った。
どこにでもいる、ふつうの家族だ。
明日は我が身か、と思ってしまう。
いつからか、こういうニュースを見聞きして、他人事とは思えなくなった。
いつでも、どこにでも、取り返しのつかない所へと引き込む闇への入り口がぽっかりと穴を開け、
今日はたまたま、そこに落ちなかっただけ、
明日もきっと、踏みとどまる、
けれど明後日やその先のことは分からない。
いつでも闇への穴は足元に存在していて、自分もいつでもそちら側へ堕ちるのだという気がする。

旦那にその話をしたら、半ばキレ気味に否定された。
男には、所詮分かりようのない話だ。
バカなことを言ってしまった。
分かる訳などないのだ。
きっとこの事件の旦那さんも今頃困惑でいっぱいだろう。
家にひとりぼっちで、家事育児に雁字搦めになって、
自分からそうなったのに、何故か自分からは抜け出せないその感覚。
女が男を理解できないように、男にも女のそれは理解できないのだ。

さて、このお母さんは私なのである。
だけど私はこのお母さんのようになるわけには決していかない。

子供をふたり育てるというのは、やっぱり並大抵なことではないのかもしれない。
ひとり育てるのとはわけが違うのかもしれない。
まだひとりしか育ててないので、どんなもんかまったくわからない。
今でも、やっぱりふたり育てるのは私には無理なのかもしれない、とか思う。
娘が可愛くて、同じように生まれ来る子も可愛いと思えるのか自信がない。
出先で一人っ子のお母さんを見かけると、もうそこへは戻れないという感覚で不安になる。

なんというか、私はもっと強くならないといけない。
強くというのは、今まで思い描いていた強さではなくて、もっと別の強さだ。
しんどいと言う勇気、
助けてと言う勇気、
誰かに頼る勇気、甘える勇気、
頼むから、私をひとりにしないでくれと、
ブログではなく、現実の世界で私を取り巻く人間に向かって言える勇気。
子供を守るためになりふり構わず、たとえ自分が傷つこうとも、外へ向かっていく勇気。
その勇気があるのが、本当の強さだ。
私は未だそれを持ち合わせていない。
だから子供を少しずつ不幸にしているかもしれない。
強くならないといけないなあ。

なんだかなるようにしかならないんだけど、
穴にうっかりはまってしまうことのないように、それだけはもう…

覚悟なんてすぐにはできないよな。
日々を穴に堕ちることなく積み重ねて、気がつけばそれが覚悟になっているのかもしれない。
web拍手 by FC2

戌の日だった。

2015.02.16 03:28|後ろ向き妊娠日記
2月15日は戌の日、つうことで、春日大社に安産祈願に行って来た。
祈祷所の前に厄年看板(今年の前厄、本厄、後厄に当たっている人の生まれ年が書かれてる)があって、
そういや私、本厄だったなと思ったけど、
出産が厄を流してくれるっつう説を信じて厄払いしない。

娘の時はわざわざ、霊験あらたか、あの皇室も御用達の帯解寺まで安産祈願に行ったのだけれど、
車で行くには道幅狭いし、失礼だけど若干辺鄙やし、
祈祷代は高いし、なんかもう春日大社でええや、と思った。
なので今回は春日大社。
祈祷は5000円からしてくれた。安かった。安くはないけどまあ、安かった。
何はともあれ春日大社よ、奥さん。七五三も宮参りも、うちは春日さんですわ。
娘も七五三以来のご祈祷で、あのときはまだポカーンとしてるだけだったけど、
今回は「頭をお下げください」と言われたときには一緒に頭を下げてて、
ホント可愛かった。思わず肩震わせて笑ってしまった。

家族三人だけで行ったから楽しかった。
鹿にも追い回されて、楽しく戯れて、
お気に入りカフェで美味しいワッフルとコーヒー休憩して、
てくてく歩いて、楽しく過ごせた一日だった。
前の時は、孝行息子の旦那が両家に声をかけてしまって、
私マジで嫌だったけど、うちの親と旦那の親、一緒に安産祈願に行ったんだった。
えらい大層な大名行列になって、マジでなんなの…って思った。
私は帯解寺の祈祷代の高さと腹帯の高さに面食らい、
腹帯なんて今時しねえだろ、いらね、買わね。と判断し買わなかったんだけど、
義母に「買わなかったの!?そのために来たのに…」と言われマジでうざかった。
祈祷代はうちの親が出してくれて、本当に申し訳ない気持ちになった。
なので今回、家族だけで行けて本当に気が楽だったのだ…

春日大社ではお札とお守りの入った袋を貰った。


5ヶ月に入った。
安定期と言われる時期になったのだが、つわりはやはり治まらない。
私はもう、なんていうかこういう体質なのだ、胸中はもはや諦めモード…

で、まだ5ヶ月なのに、腹がやたら出ている。
座ったらもうつっかえてさ、苦しいんだわ。
おかしい。
前の時は5ヶ月なんて、まだぜんぜん、ぺたんこだったわよ。たぶん。
調べると、経産婦は出っ張るのも早いんだと。
一回皮が伸びてるから…ってやかましわ!

もうふつうのパジャマがキツくてしゃーないので、
マタニティのを用意せんとあかんのかって感じや。
けど、前の時は同じ頃確か冬場で、
まだ腹も出てなかったので冬用マタニティ、私持ってないのだ。
夏用しかない。
買うのがなんかもう、気が引ける。勿体無い。

便秘もやたら頑固よ。
何気にこれ、つわりと同じくらいキツイ。

私の体は妊娠してからというもの、
私が私の生活を維持するためではなく、
ただひたすら、子供を産み育てるためだけの仕様へと、全力で変化している。
そしてそれは、私の日常とはまったく相容れない仕様なのだ。
しんどいで。

娘は元気やで。
トイレも頑張ってる。
腹の中の子も元気みたいや、毎日ポコポコしとる。
web拍手 by FC2

覚悟めいたもの

2015.02.03 17:30|後ろ向き妊娠日記
日曜日、健診に行ってきた。
一ヶ月ぶりの健診。
すっげー待たされた。
私の行ってる産科、すっげえボロいのに年々人気が出て来てしまって、いっつも混んでる。
娘の時も大概だったのに、今はその時より更に混んでる。

混んでるのに、一貫して予約制じゃない。
そしてひとりの妊婦に15分〜20分くらいかけるから、超待つ。
先生ひとりだ。
どうやって回してんの?いつ食べてんの?いつ寝てんの?って感じ。
まじ、謎の生体の先生。しかもおじいちゃんだし。
だから私、あの先生は実はひとりじゃないんだ、
おんなじ姿形声をした人が何人かいるんだ、と解釈している。
その人たちが交代でやってるんだ、それしか考えられない。そう思ってる。

ボロいのに、なんでこんなに人気なのかって思うけど、
頭でっかちじゃない感がいいんだな、たぶん。
なんつうか、等身大。等身大って言葉嫌いだけど、等身大の産科よ。
変に門構えばっか立派で、入院費もべらぼうに高く、
中の作りもどんだけ産婦から金巻き上げてん…って言うような豪奢な感じで、
そのくせ医者は超無愛想、威圧感満載、みたいなのに心折れる妊婦が集まるんだと思う。
私みたいな…
私、娘の時最初かかってた産科がそうだった…
心折れまくって逃げたんだ、今の産科に…

まあ、今の産科も、先生特別愛想いいってわけじゃない。
フレンドリーに会話できるわけでもなく、聞かれたことには必要最低限答えるみたいな感じ。
でも、同じ愛想良くなくても、見下されてる感じとか威圧感とか、そういうのない。
どっちかというと、「自分、不器用ですから」って感じ。
そっちの方が私、安心なのよ…

一ヶ月ぶりのエコーで、赤子がかなり成長していてビビった。
ちゃんと人の形になってた。
手も足も、人間のそれになっていた。
頭の中では脳が右脳と左脳に分かれてた。
いつも寝てばかりと思っていた赤子が、なんか、座ってるように見えた。
膝を折って座って、左手で耳の後ろを掻いていた。
ポリポリ…っつう感じだった。
その人間くさい姿に思わず笑った。

笑って、あ、自分はこの存在をちゃんと受け入れられてるんだ、と思った。
ちょっと安心した。
怖いとか不安とかいう常にあるその感情とは、また別次元の感情だなと思った。
性別はまだわかんなかった。
…娘がいいなあ。
次にはわかりそうだ。
web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。