02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

男児信仰の母、女児信仰の私。

2015.03.10 04:22|母と私。
(長文です)

妊娠6ヶ月に入ったよ。イエー。
絶賛後期つわり中だよ。てへ。
もうなんていうか、二回目だけども、
産むまで延々気持ち悪い日々が続行する、これはもう体質なのよ。そうなんだ。
「体がやっと妊娠を受け入れた」?
とんでもない。えらく楽観的だなあの頃の私。
受け入れられるわけねえんだよ。
母体だってな、テンパってんだ、いっぱいいっぱいなんだよ。
自分の生命も最低限維持しつつ、更にもうひとり別の人間を作り出してんだから、
そりゃ体の不調、不快感、きれいさっぱりなかったことになんかできねえよな。
できねえっての、ざっけんなよ!
ファ○ク!妊娠!
二度としねえ妊娠!

・・・ってな感じで、相変わらず心乱れっぱなしの日々です。
腹の中の子が男児だっつうことは、受け入れようとしている。
がんばってる。
ふとしたときに、「女の子がよかったな」とか思ってしまう自分もいますが、
いや、私が男児を産むことには何か意味があるはず、と自分に言い聞かせております。
こうすれば、ね、なんか救われるような気がしない?
意味なんてほとんどないことに、無理矢理意味を求めたりこじつけたりすると、
ほら、なんか本当に、自分がやろうとしていることってすげえとか思えない?
意味があるんだから、頑張ろう。ってな具合にね。


毒親話、続きます。

続きを読む >>

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

乗っ取られそう。

2015.03.02 17:49|母と私。
昨日、一ヶ月ぶりの健診で、性別が判明した。










第二子、、、













、だった・・・・










ぶっちゃけさ、ショックだったよ・・・
ぶっちゃけ結構自分でもショックなくらいショックだった・・・
娘に妹が出来たらいいなと思っていたけど・・・
男だった・・・
ついてた、ついてたよ・・・思いっきり例のブツが!
息子かよ!
私に男児なんか育てられるのか・・・
男児ってどんなんなんだ・・・
どうすればいいんだ・・・

ってことで、昨日は健診から帰って一日撃沈気味だった。
どうしても納得いかないっていうか、なんていうか・・・
いや、わかってんだけど・・・
そうよ、皆さんの言いたい事なんて一から十までわかってるよ!
わかってるから言わないで!
受け入れるのにまたもや時間が必要なんだな、って感じだ。
撃沈気味なのに、その後実家で娘の雛祭りをして、更に疲れた。


ここからは我が麗しの毒母についての内容になりますので、読みたい人だけどうぞ。

続きを読む >>

web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。