08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

う、生まれてました。

2015.09.25 16:52|その他雑記系
ひっさしぶりすぎる更新なってしまいましたが、、、
皆々様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか…って誰もいない!!
すでに忘れ去られたブログとなりつつありますが、私自身は忘れてませんよ、このブログ、一応。
今後も暇を見つけては往生際悪く更新していくつもりですので、そのおつもりで。
え?誰に対する挑発?

皆々様のブログは常日頃から拝読だけはさせていただいております。
しかし、コメントするまではいきませんで、申し訳ありません…
読み逃げ御免。

早速ですが。
発覚時から私を悩ませ苦しめてきた第二子問題。
無事、出産しました。7月末でした。
予定日から4日遅れて、え、まさかまた誘発とかになるんじゃねえだろうな…と戦々恐々としましたが、
無事、夜中に陣痛が始まり、昼には産み落としやした。
第一子のお産フルコース一歩手前状態に比べると、だいぶと楽なお産でした。

紆余曲折経ておんぎゃあと股の間から出てきた息子、まもなく生後二ヶ月。
はやいですねえ、いやあ、はやい。
私を悩ませてきたなんて、どこのどいつがほざいたのってくらい、可愛いです。
ああ、大丈夫。
むしろ、娘のときよりも慣れというか、経験値が多少豊かである分、
私の方にも心に余裕があるのか、初めて赤子の泣き顔が可愛く思えるようになっており、
泣いていてもしばらく心穏やかに眺めていられるまでにはなっていました。
娘のときは、ただただ泣かれるのが怖かった。
そこから考えると、随分と進歩したように思います。
息子にも、生後すぐは、夜中の授乳も1時間おきくらいに起こされていたのですが、
最近はよく眠るようになり、夜中の授乳1回になりつつあります。
娘のときはもっと苦労したような気がするけれど、これもやはり、慣れからくる心の余裕なのでしょうか。
いやしかし、息子の性格によるところが大きい気もします。
娘に比べると、良い意味で鈍感、穏やかな気質を持って、息子は生まれてきたように思います。

退院後はひと月ほど、実家の世話になっていました。
毒母とはなんとかうまくやっていけました。
というか、全面的に私に協力体制をとってくれたので、毒とは言えど、やはり単純に有り難く、
私も素直に甘え、素直な私にまた母も協力的になってくれるという、良い循環が生まれてました。
その代わり、母は、娘とは毎日バトルロワイヤルな感じでした。
娘も誰の血を引いたのか、無駄に気が強く頑固なため、母とは凸vs凸で、ぶつかり合ってしまう模様。
端から聞いてれば、なんとも子供っぽい争いというかなんというか・・・
いや、娘はマジの子供なんでしゃーないとしても、母よ。
同じ土俵に立ってどうすんねん。
って、密かにつっこみ入れつつ。私はまあ、もの言わぬ息子と穏やかに過ごしつつ。

娘の方は、私の入院中は、私と初めて離れるってこともあり、結構大変だったんですが・・・
その後も赤ちゃん返りがまあ、リアルにガチっぽい感じだったんですが・・・
「赤ちゃん大っ嫌い」だの「赤ちゃんやっつけてやる」だの言ってましたが・・・
最近は少し落ち着きつつあり、逆にお姉ちゃんらしい態度も垣間見られるようになってきやした。
ああ、娘よ。
すまん。
ある日突然お姉ちゃんになんかしてもうて。
親としては若干、娘の運命というか娘の人生を強引に変化させてしまったようで、
娘に対して申し訳ない気持ちも拭えないのですが・・・
それでも彼女にもいつか弟がいて良かった、とまではいかんでも、
弟のいる人生というものが、当たり前過ぎて疑問すら浮かんでこない、という日々が訪れるでしょう。
たぶん。

はてさて、このステージにやってきて、私が今一番頭を悩ませているのが、
やはりアレなんですわ、奥様方。
やはりやはり、義実家なのですわ。
義実家にはまだ、一度しか息子を連れて行っていないのですわ。
ですがですが、その一度で相当舞い上がってしまったというか、
数年ぶりの赤子の登場が、一気に義理親たちの燻っていた
『赤子触りたい世話焼きたいおもちゃにしたい!』欲求に再び燃料投下してしまった模様でして・・・
連れて行ってからというものの、私や旦那への「預かりたい!預からせて!」攻撃がハンパなく・・・
いやそんなねえ、まだねえ、そんなわざわざ預けてまでねえ・・・
ていうか、私もまだ産んでまもなくですしねえ・・・
預けるよりも先に、まずはこの息子のいる生活、家族四人となった生活に慣れたいし・・・
私も息子との日々を楽しみたいし・・・

義父の可愛がり方にもなんら成長はなく、やっぱやってましたわ、ちゅっちゅちゅっちゅと息子さんに。
お風呂も入れたがるもんだから、さすがに私も娘のときから断り続けるのもそろそろ限界で、
入れてもらったりもしたんですが・・・
息子はお風呂大好きなので、生まれてから一度も風呂で泣いたことがないんですわ・・・
それを良い事に、一度風呂に入れて息子が泣かなかったら
「楽勝や!」とか言っちゃって図に乗っちゃって・・・
まあでもね、不思議なことに、それもまあ息子相手になら私も寛容になれるんですわ。
娘のときは絶対に嫌で、
義父が娘にちゅっちゅとやるのも嫌過ぎてなんなら死ぬわくらい嫌だったんですけど。
風呂だなんてとんでもねえ、キモイおえぇ無理やめて絶対っ…!って思ってたのに、
息子が男だからですかねえ、男どうし、まあ好きにやれば、くらいに思える気もする・・・

それより何より困っているのは、なんだろう、
これは私の感じ方の問題もあるし私の責任でもあるんですが、
娘と息子に、義理親の中で格差みたいなのが出来つつある気がして。
息子は図らずも、旦那の家にとって初めての男孫。
それに義母は結構、いやかなり、喜びを隠しきれてない所がある。
生まれた日もさっそく病室にやってきて、
「○○くんだわー」(○○は旦那方の名字)「嬉しいわ」「よく産んでくれたわ」的なことを言われたり。
私もその日は出産当日特有のハイな状態だったんで、特に気にはなってなかったんだけど、
その後もメールで「初めての○○くん。みんなで喜びをかみしめましょう」とか言われ、、、
もしかしてなんか、期待されてる?と怖くもなり・・・
更に「息子くんなら預かれるわ〜」「今から私たちに慣れさせておきましょう!」
「利用するものは利用する!」「私も姑さんによくみてもらったの!」
「ミルクOKなんだから預かれるわ!」
「あなたも娘ちゃんとどっか息抜きにでも行ってきたらいいじゃないの!」
「みんなで育てましょう!がんばりましょう!」
と、畳み掛けるような内容の妙に張り切ったメールが来て、戦慄・・・。
逆に怖くて預ける気になれない、って状態。
娘のときは親戚一同集まった席で、
「私、娘ちゃん無理だわー。実母さんに預けたらいいじゃない」って言われたんですけどね。
私もそれ、今この場で宣言する?って義母の良識を疑ったんですけどね。
娘があまり懐かないせいか(私の責任もあると思うけど…)、娘とはえらい差だな、オイ。
そこまであからさまに変わらなくてもいいだろう!ってちょっとモヤモヤするのも事実でして。
いや、別にいいけど。全然いいけど。
いや、怖い、怖いけど。

そんなこんなで、子供を巡っては変わらず、義実家にたいしてモヤモヤし続けることになりそうな予感。
予想どおり。

でもまあ、日々は楽しくやってます。なんとか。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。