10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

幼稚園事情

2015.11.24 03:48|未分類
例のあれがひどい。
産後の抜け毛。
お約束っすよね、もう。
たぶん今がピーク、ピークと思いたい。
髪を洗ったときに、両手の指に絡み付く大量の抜け毛。
排水溝の掃除、ドライヤー後の洗面所の掃除、
ほんとうんざり。
コロコロコロコロやってたら、娘が覚えて、
抜けた髪の毛を目敏く見つけては、コロコロしてくれるようになった。
なんだか・・・情けない。
思えば、妊娠中は抜け毛の一本も見かけた事がなかった。ような気がする。
妊娠中、ほんと、私の髪はまったく抜けていなかったと思う。
それがどうよ。
毎日毎日、病気かってくらい抜けるよ。
またこれ、いつまで続くのかわからんし、鬱陶しい。
病気って言えば、北斗晶が丸坊主にしてた。
なんというか、すごいと思う。
抗がん剤の副作用でそれこそ、私の抜け毛なんか比でないくらい抜けるんだろう。
で、いっそのことって丸坊主。
すごいよ。なんかもう、ほんと、言葉にならない。
丸坊主にするくらいなら、私もう、いっそついでに出家するわ。
それで俗世間から離れて・・・
じめじめした山奥の尼寺で・・・

いやいや、忘れてた、私、母親だった。しかも二児の。
おおっといけね。
何にせよ、北斗晶さんの一日も早いご回復を全力でお祈りしたい。


今日は娘の幼稚園選びについて書きたいと思う。

私らが住んでいる市は、前にも書いたけど、公立幼稚園はすべて2年保育。
なので、公立にするならもう一年待たなければならなかった。
その中で、娘を3年保育に入れようと思ったのは、
私自身が家で娘をこのまま養育し続けることに限界を感じたというのもあるけど、
何より、娘に遊べるような同じ年頃の友達がまったくいない、
ということに危機感を感じたからだった。
まあこれ、他のお母さんと群れたりつるんだりできず、
そういうことに消極的どころか、意図的に避けてきた私のせい。
でもここんところ、娘がおともだち、っつうもんにかなり興味を示し始めていて、
母が近所の公園に娘をよく連れて行ってくれるんだけど、
その時もすごく他の子供と絡みたそうにするんだと。
運よく向こうに相手にされようもんならもうあからさまに喜ぶんだと。
やっぱり、やっぱりね…いや、私もこのままでは絶対にいかんとは思っていたんだわ。
これでもさ。こう見えてもさ。
私のせいで、娘の世界がどんどん狭められて行っているようで。
しかも私と一緒に一日中家にいたところで、ろくすっぽ構われもせず。
たぶん、フラストレーション相当なものよ。
で、普段から放置しまくっているせいで、娘は未だ情緒不安定、
分離不安の塊みたいな感じになってる。
最悪だ。
そこに弟、彼女にとっちゃ弟ってのが何かもまだわかっていない、
ただ、自分を脅かす、親の愛情を半分横取りするわけのわからんクソドチビ、
くらいにしか認識できていないだろう、
そういう存在の突然の出現により、
より自分の精神的基盤が危機に瀕しているように感じているに違いない。

正直、こんな状態のまま、娘を無理矢理3年保育に入れてもどうなんだ、という気もした。
いや、今でもしているし、実際娘もあまり、幼稚園に行きたがらなかったりもする。
探しながら、堂々巡りでほんと、悩んだ。
行きたいと言われれば、こっちも必死で入れるための手筈を整えようとするし、
だけど行きたくないと言うときもあって、実際のところはどうなのか分からない。
娘が行きたがらないのに、別に急いでわざわざ私立、3年に入れなくてもいいのではと思ったり。

見学は3件しかしなかったけれど、最後の1件は、
娘が寝起きの機嫌の悪さをずっと引き摺ったということもあり、
彼女は行かないと断固言い張って、結局私だけが行ってきたのだった。
その後も、面接当日に行かないと言い出したり、
まあほんと、気分次第で行かない、それより買い物や公園に行きたい、とか言い出して大変だった。
幼稚園、というものがどんなところかよくわかっていないだろうし、無理もないだろうけど・・・
彼女が楽しみにしてはりきって行ったのは、最初の一件目だけだったように思う。

それから、幼稚園では母親は一緒に過ごさないという事を知り、
彼女は更に幼稚園入園に難色を示し始めた。
今は再び、「ようちえんいく」と言っているけれど、
入園までの間に「行く」と「行かない」の間を行ったり来たりするのだろう。

面接ではバリバリだった。
どんな質問やテストもおちゃのこさいさい、
朝飯前よ何言ってんの?って感じで彼女はどんどんやってのけた。
ちょっとその姿は偉そうに感じるくらいだった。
たった一つ、幼児らしいと思ったのは、
先生が「今日はここまでどうやって来たの?」と尋ねた事に対し、
超ふてぶてしく「すっごいがんばってきた」と答えたことだった。
これには先生も噴き出して、私も思わず笑った。
いやだいやだと言う彼女を無理矢理引っ張って、
20分以上の距離を歩かせてきたのだ、ほんと「すっごいがんばった」のだろう。
まあ、模範解答は「歩いてきた」なのだろうけど。

その後の制服の採寸でも、こんなもの着ないとぶーぶー言ってたりして、試着させるのに難儀した。
こんなんで、果たして、大丈夫なのかと思うけれど・・・
やっぱりでも、幼稚園に行くということは、
彼女にとって決してマイナスには作用しないと思うのだ。
もうがんばるしかない、私も娘も、共に。
新しい世界への扉を叩くと言えば大袈裟かもしれないけれど、
私は社会に娘を半分託す、託してみる。
その中での彼女の育ちに期待したい。
もう私だけでは娘を成長させることはきっと無理!

公立は三年保育保証でない上に、私の住んでいるところは所謂、教育機関の空白地帯。
小学校も歩いて30分以上の距離、幼稚園なんかほとんどどこも車でないと通わせられない。
その中で、入園することが決まった幼稚園が、唯一、かろうじて歩いて送迎ができそうなところだった。
私立だけど、ガチガチの私立って雰囲気でもなく、なんだかゆるーい感じだった。
ゆるさが、なんだか身の丈にあっていた。
保育料も、私立の割にはまあ、安いほうだ。

2件目に見学させてもらったところはすごくて、
家から徒歩10分のところにある駅まで園バスが送迎してくれるんだけれど、
ただでさえ保育料も高めなのにバス代がかかってくるので、すごく経費がかかる。
制服は可愛かった、けれど靴も指定だった。
当たり前のことなのかもしれないけれど、
運動する時の帽子も毎年買い替えで、細かい経費がかさみそう。
園舎は立て替えたばかりでものすっごいキレイだった。
これには一瞬ぐらっと来た。
でも幼稚園の名前はなんか、
ドラマとかで泥沼のママ友戦争が起こりそうな、セレブリティな匂いのする名前だった。
実際通わせたらすごい、いろいろ大変なのかも・・・
しかしとにかく、園舎がぴっかぴかで綺麗で明るくて、
開放的で日当りもよく、それが魅力的すぎて、
経済的なことが許されるのなら、ここに入れてもいいなと思わされるくらいだった・・・

さて、幼稚園、まだ少し先の事だけれどどうなるかな。
楽しみでもあるけれど、不安もある。
娘はちゃんと通えるのだろうか。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

特にタイトルはない、最近のこと(やり直し)

2015.11.12 19:29|その他雑記系
私ってば、バカ…
昨日の夜中に更新した記事を誤って消してしまった…
その上の下書きの記事を消そうとして、消した…
タブレットで…
やっぱ指先ひとつワンタップで何もかも進むのはよくない、こわい。
さっそくコメントも頂いていたのに、すみません。
でも大丈夫!
通知用メアドに頂いたコメントは残ってますから!
それを読みながら、この記事のコメント欄に返信いたしますので!
幸い記事のコピーも手元にあるので、今から書き直し。めげないぞ。

以下、件の記事。

子供を寝かしつけてからブログしようと思いつつ、自分も寝てしまう毎日。
こんばんは。ちょこっとプロフィール欄更新しました。

今日は娘をわりとマジに叱りつけてしまって、
こういうのも久しぶりだったんだけど、
娘もびーびー泣いて私に謝ったりしてああもう!って感じだったけど、
なんかもうね・・・。
娘に変に気を遣ったり、全部赤ちゃん返りのせいにするのもやめようと思う。
彼女はもう3歳で、これまでに3歳になるまでなりの成長をしてきたんだし、
その能力や知力にはなんの退行もないのだ。
強いて言うなら精神的に退行してるだけ、私に甘えたいだけ、
でも出来るはずのことは出来る。
それをやらないのはただのかまってちゃんアピールでしかない。

…とは言っても。やっぱりそれがもろ<赤ちゃん返り>なわけでして。
彼女は自分より見るからに小さく庇護すべき存在の登場という、激変した環境下に置かれ、
そんな中でも私の愛情には何も変わりのないことを確かめたい。
それは、痛いほどによく伝わってくる。
掬い取ってあげないといけないんだけど、日々、それが十分ではないんだろうなあ…
なんか、愛してるっちゅうねん!わかっとるやろ!っていうのではダメなんだろうね。
それで済ませられるほど、娘は大人ではない。だって3歳だもん。
私もわかってるんやけどなあ…
息子だけを特別構ってるつもりもない、どころか、どっちかってえと放ったらかしてるし…
でも私が意識しない態度の端々に、彼女は自分と弟との扱いの差を感じるのかもしれない。

下が生まれても、やっぱり私が頭を悩ませているのは娘のことのほうだ。

前の記事を更新してから今日までの間に、息子の宮参りとお食い初めが終わった。
赤子の初期二大イベント終了。
娘のほうは、幼稚園に数件見学に行き、この前面接を受けて、入園が決まった。
悩みに悩んだ幼稚園選びだった。今でもこれで良かったのかなと迷いもあったりする。
まあ、その件については次の機会に書くことにしよう。

息子の宮参りの日は、天気はイマイチだったけど、良いお参りができた。
いつもの写真屋でない、去年オープンしたばっかのところに行ったら、
なかなか良い写真が撮れて、安かったし、とても良かった。
また時間があるときにでもここに載せようかな。
誰も興味ないかもだけど。

ただ相変わらず、てか宮参りが本来そういうイベントなのかもしれないけど、
義両親(+うちの母、父は仕事のため不参加)も揃って参加になって、私は気を遣って疲れた。
まあ義両親は義両親で私らに気を遣って疲れたことだろう。
次は娘と息子、同時に七五三をさせる予定だけど、
その時は私らだけで行きたいな…

お食い初めは今回、ネットで見つけた仕出し屋に宅配してもらったので準備がすごい楽だった。
楽でしかも美味くて豪華だった。
娘のときは私が何時間もかけて必死に作ったのに、やっぱ見栄えせんかったわ。
やっぱ世の中金だな。
金さえだせば何でもうまくいく。

息子は3ヶ月過ぎた。
赤子の第一次可愛さのピークがこの3ヶ月だと私は勝手に思っている。
次は6ヶ月頃かな。
プニプニで、手と足は肉関節だらけだ。
で、いつもなんかニコニコしている。
ニコニコというかニヤニヤ。
目が合えばニヤニヤ、話しかければニヤニヤ、
朝起きた瞬間からニヤニヤしてて、ほんと何この生き物、
どうしてくれよう、と思う。
あまり、手がかからないと思うのはやっぱり私の慣れがあるからであって、
一般的な赤子だと思う。
最近は、腹が減った以外の理由でも泣いたりぐずったりするようになった。
だああ!と思うときもあるけれど、基本こちらも図太くなっているので、
泣いててもほったらかしてたり、気がついたら息子も勝手に寝ていたり、
まあそんな感じで、無駄にオロオロしない。
息子は私をすごく目で追う。
近づくとそれだけで喜ぶので、ほんと、可愛らしい。
今更何いうとんねん、って感じだけど、
私はこのブログで書いてきたようなハプニングがなければ、
たぶん二人目を作ったり産んだりすることはなかっただろうから、今はこれで良かったと思っている。
旦那には、思い出すと未だに腹が立つけれど、
いつまでもそのことで根に持ったりするのは良くないし、
また、今更責めるつもりもない。

子供ふたりに挟まれているとしんどいと思う瞬間もあるけど、
でも、少なくとも、娘ひとりと向き合っていたときよりも、
私自身は、精神的に安定しているような気がする。
娘には、寂しい思いをさせているかもしれないけれど・・・な。

さて、寂しい思いをさせていると思いつつ、明日はプールです。
産後ひと月半で、少々無理してるとは知りつつ、水泳復帰した。
週二回通う時間を死ぬ気で確保しているので、産後の体重は順調にもとに戻りつつある。
で、何より、やはり泳いでいる時間、水と一体となっている時間が私には必要なのだった。
このまま水になりたいなあ、気持ちいいなあ、と漂ってガシガシ泳いで、
無心になって頭の中身を一度空っぽにして全部入れ替えた後には、
またしがない主婦に戻って、家庭と向き合う、そんな日々。
web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。