10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

ああ、またか。

2014.11.18 15:29|後ろ向き妊娠日記
ああ、またか。
真っ先に思ったのは、それだった。
私はトイレの中で「ああまたか」と呻いた。
娘は機嫌良く食卓でパンを齧っていた。
私はトイレの中で泣きそうになった。

11月4日の日記で、
『私を考えたくもない現実に引きずり込む、もしくはどん底に突き落とされるような出来事』
と書いたこと。
今からそれについて説明します。

生々しい内容になりそうなので、途中から追記形式にします。


一週間ほど前から、胸のむかつきと下腹部の痛み、数日前からはそこに胸の張りも加わり、
勘のいい人はどういうことか、もうすぐにわかると思うけれど、
私自身心当たりもあり、本当に心配で心配で仕方がなかった。
無視できない胃のむかむか感は日ごと強まる気がして、
いつもの生理前には絶対に感じないような、何とも言えない下腹部の違和感が、
私に現実を受け止めろ、向き合え、逃げられないぞ、と脅迫してくるようで、
毎日、何か楽しいことをしていてもいつも頭の中では、
「いい加減、受け入れろ」と自分を言い聞かせ、宥める日々だった。

今日は生理予定日で、私は観念することにした。
今の安定した生活、見つけた楽しみ、少しずつ自由を感じつつある日々、
それを一旦またすべて放棄し、一から地獄のような日々に身を投じる覚悟、
そんな覚悟、正直まだないけれど、
これもまた運命、私の人生の中で意味付けられた流れなのだと無理矢理納得しようとし、
新しい妊娠検査薬の封を開けた。

見たくないような見たいような、恐ろしいような覚悟を決めたような、
一分の間に、みるみるうちに私の恐怖と不安の入り交じった複雑な感情は二本の赤い線へと結集した。
予感はあった。
ただそれを認めるか認めないか、受け入れられるか受け入れられないか、
そこで私自身、うろうろとしていただけだ。
現実は私の覚悟などまったく関係なく、こうしてもう、とっくに決定付けられていたのだ。

そして私は「ああ、またか」と思った。
またなのかと思うと不安がまたぶわあっと押し寄せてきて、
「ああまたか」と今度は口に出して呟いた。

どうしてこんなことになったのかというと、特に複雑な理由があるわけではない。
排卵日が近づいている日にセックスしただけ。
それだけ。
でもいつもと違うのは、かなり旦那が強引だったということだ。
避妊もしてくれなかったし、避妊してよという私の訴えも無視された。
別に無理矢理とかそういうんじゃない。
私も同意してその行為を始めたんだし、そういう意味では私も同罪だ。
だけど旦那はなんか、私の気持ちはおかまいなくて、そういうノリの日だった。
それで、中に出された。
ごめんなさい、生々しい言い方で。
でも半分は他に言い方を知らないし、半分は腹立ち紛れです。

それで私は終わった後呆然として、でも旦那を責め立てて、
「ちょっと待ってよどういうこと!」
「あかんって言ったやん!」と怒ったけれど、
旦那はいや〜ごめんごめん的なノリで軽かった。
今思い出してもほんとに、めっちゃくちゃに腹が立つ。
私の気持ちとか、人生とか、その筋書きとか、
この先さらに子を設けるか設けないか決める権利とか、
もっというと人権とか、そういうのも全部無視なんだ、話し合いすらないんだね、
と思うと本当に、旦那を袋叩きにしてやりたくもなる。

ここ最近、私が排卵日近くになると、まるでそれを嗅ぎ分けているかのように言い寄ってきていた。
私はまだ正直、ふたりめを設ける気はなかったので、毎回注意していた。
応じるときも断るときもあるけど、応じるときには避妊は徹底してもらってた、
それなのに、たった一度の油断が、こういうことになってしまった。
って、高校生か!って感じよ・・・

まだ、今日は生理予定日だし、線が出たからってこの先は分からない。
化学流産ってこともあり得る。
だから安心か、と言われるとそれは安心だとは言えない。
私も母親だからだ。
このまま妊娠が継続するのなら、生まないという選択肢はありえない。
ありえないのです。
娘の弟か妹を殺すなんてことできないのです。
娘がいる以上、それはできないのです。

ふたりめ、望んでなかったなんていうと可哀想過ぎますね。
だからこの先、妊娠が継続することになると考えて、
もう二度とそれは言わないし、思わないことにします。
私は望んでなかったけど、旦那は「お願いもうひとり産んで」と常日頃から言っていたし、
だから今回のことは旦那も、確信犯なんだと思います。
このままだったら私は、永久にふたりめを作ることを拒否しつづけていたと思います。
それを思えば、こういうことにでもならなかったら、娘に兄弟を作るなんてことはできなかった。

でもやっぱりもう、ただただ不安です。
ふたりなんて育てられないと思います。
経済的にも不安。
でも、日々働きもせずに家事と育児をこなすことしか能のない存在へと化した今では、
「もうひとりぐらい生んで育てろや、それでやっと一人前やで」
と神さん仏さんに言われているのかもしれません。
(別に子供ひとりの人をけなしてるわけではありません)
でも不安。
またつわり、また出産(痛かったなあ、思い出したくもない)、
またわけのわからん赤子の世話か(何気にこれが一番辛い)。
自由ないな。もう微塵もなくなる。
やっと見つけた趣味のプールも一年以上行けなくなる。
また太るな、せっかく痩せたのにな。
温泉も行きたかった、新幹線で旅行にも行きたかった、蟹も食べに行きたかった。
またそれがしばらくできなくなるな。

旦那に陽性だったと言うより先に、気がついたら母に電話していた。
最近嫌悪していた母。
ずっと「子供ひとりのほうが楽よ」と言ってた母。
報告すると
「よかったじゃない。ふたりは大変だけど、やっぱりふたり、いたらいいと思う」と言ってくれて、
ちょっとだけ気が楽になった。
「私もがっつり手伝うから、大丈夫」とも言ってくれて、ほんのちょっと前向きになれた。
奇しくもそんな母が私を産んだのと同じ年齢だなあ・・・
厄除けいかなくていいなあ・・・

ふたり育てている世間のおかあさん、私を励まして下さい。なんとかなると言って下さい。
ああ、お金どうしよう・・・
教育費・・・
消費税これ以上あげないで・・・
もうまじですんません・・・こわいです・・・

来週くらいになったら、病院行ってみようと思う。
願わくばまた女の子がいい。
今度は扱いやすい子がいいな。
つわり、軽かったらいいな・・・
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

初めまして!うちにも三歳の娘がいるので、いつも楽しくブログ拝見してました。

二人目の赤ちゃん、すっごーく可愛いですよ!!大丈夫!
私も覚悟が決まらぬまま二人目を妊娠して数日絶望してましたが、産んでみると本当にびっくりするくらい可愛くて、これなら三人目も欲しいなと思ってしまうくらいです(経済的に無理ですが)。やっぱり一度経験してるというのは大きいと思います!一人目は少し泣くだけでオロオロしてましたが、二人目はむしろ安否確認できていいわ〜くらいの感覚です。上の子もお人形感覚で見守ってくれるし、一人のときより場が持ちます(こちらも自分の時間がないことに慣れてますし)。
筆者様はきっととても賢い女性だと思いますので、見通しのきくことに関する適応力は高いと思います。なので絶対大丈夫ですよ!うちもむしろ大変なのはいつでも初めてな一人目のほうで、イライラした時は、まだ生意気も言わない赤ちゃんを抱きしめて癒されクールダウンしてます。
長文失礼いたしました(>_<)私の妊娠発覚した時の不安な気持ちとあまりに似ていたので、思わずコメントしてしまいました。ほんと、赤ちゃん可愛いから大丈夫ですよ!そして、男の子もとっても可愛いですよ〜(*^^*)今から将来愛しい女性のもとに行ってしまうかと思うとさみしいくらいです^^;

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>みきママさん

はじめまして。
こんな記事にコメント頂き、大変有り難く思います。
いつも読んでくださっていたとのこと、恥ずかしいですが、嬉しいです。

頂いたコメントを昨日から何度も読み返しています。
そして泣きました。
お叱りの声があっても仕方のないような内容なのに、
温かいお言葉をありがとうございます。
二人目、かわいいですか!
それならいいのですが・・・
でもやはり不安が拭えないままで、情けない限りです。
みきママさんも数日絶望されていたとのこと、
私もまだしばらくはずっしり重い気持ちのままかもしれません。
娘もいるし、気持ちを切り替えようとするのですが、戸惑いを隠せず、
つい娘にもキツく当たってしまったり・・・
こんな私でも二児の母なんかに、なれるんでしょうか・・・

男の子も可愛いんですね!
私の周りには男のお子さんが多く、
その破壊力とかやんちゃぶりがあまりに娘と根本的に違っているので、
見ていて大変そうだなあという印象が強かったです。
そして私自身が姉妹に憧れを持っていたということも、大きいかもしれません。

なんにせよ、本当に励ましていただいてありがとうございます。
これからくじけそうなときには何度も頂いたコメントを読むと思います。
気持ちの整理を早くつけたいと思います。

>非公開さん

コメントありがとうございます。
ぜひ、返信をさせてください。

私はきっと、誰かにざわざわして欲しかったんだと思います。
自分に起こったことが、夫婦間のこととはいえ、あまりに理不尽に感じられたんです。
旦那おまえ理不尽や!あまりに理不尽や!
おまえは男やろ!所詮何をどう言ったところで、妊娠中のしんどさ、
産みの死ぬかと思えるような痛み、新生児相手のあの出口のない鬱々とした苦しみ、
全部全部どうせわからんやろ!
わからんくせに!
なんでそれをまた私に強要するねん!
・・・って、思ってるんです私。
また妊娠させられた、と思ってしまうんです。
最低ですが、正直な気持ちです。
でもその気持ちを、誰かにわかってほしかったんです。
「覚えている」と言って下さって、とても救われました。

アフターピル、今回こそなぜ使わなかったんだろうと思います。
また同じところで処方してもらうのが嫌だったんです・・・恥ずかしかったで。
産むにしても妊娠自体をキャンセルするにしても、
私にはあまりにも覚悟が足りなさ過ぎます。要は子供なんだと、反省もしてます・・・
しても、しかたないですが・・・

まだまだ気持ちには整理がつきそうにありません。
なんで子供を産むのはいつも女ばっかなんでしょうね。
それを言うなら、なんで家計を支えるのは俺なんだ、
って旦那に言われるかもしれませんが・・・
産めないなら黙って働け!くらいのことは言ってやりたいですね。
いや、黙って働いてくれてますけど・・・
もう腹が立ってとにかくなんでもいいから旦那をディスりたい気分です。

コメントありがたかったです。
これからも、吐き出させて下さい。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。