FC2ブログ
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

どっかのババアに虐待呼ばわりされた話。

2014.11.23 09:45|育児の辛さ吐露し隊。
昨日、すごく理不尽てか、傷つくことがあった。

昨日は家族で奈良公園へ出かけた。
天気も良く、暖かく、のんびりとした空気で、
やっぱり地元はいいなあと思いながら過ごしていた。

私たちは夕方頃まで紅葉を見たりしながら過ごした。
娘は池のあるところの側で鹿を追いかけたりしながら遊んでいた。
そこにいるほとんどの人が、そんな娘のことを微笑ましげに見てくれていた。
なんだか、自由な空間のような気がして、心地よかった。

旦那がそろそろ帰ろうと言い出した。
娘はまだ遊び足りず、帰りたくなさそうで、何度も何度も立ち止まったり、
歩くことや抱っこを拒否したり、自分だけ反対方向へずんずん歩いて行ったりして、
私はその度に一緒に立ち止まったり、娘を呼んだり、追いかけたり、
また娘がこっちに自分からやってくるまで根気よく待っていたりした。

旦那はよくあることだが、自分だけ先へ行ってしまった。
私はそれでも旦那のように放っておくことができず、娘を待った。
娘は階段状になっているところをひとりで登ったり降りたり、往復しながら遊んでいた。
私はときどき、「はやく」「行くよ」と声をかけながら、少し離れたところからそれを見守っていた。
娘が自分から私のところへ来るのを待っていた。

すると、向こう側から歩いてきた見知らぬババアふたり(あえてこう呼ばせてもらう)が、
娘のほうを見ながら、立ち止まってなにやらふたりで話し始めた。
私ははじめ、あまりそれを気にしておらず、変わらず「はやくおいでー」と娘を呼んだ。
するとババアらの視線は私のほうに向いた。
なぜか知らないが、ふたりで私を思いっきり睨んでいるのである。
え?なに?と思っていると、ババアらが聞こえよがしに言ってきた。

「ちょっとあの子危なくない?」
「なんで放ってるの?」
「えーちょっとちょっとちょっと!」(娘がひとりで階段を降りているのを見て)
「信じらんない」
「ほらああぶないよねえ」
「ネグレクトみたいなやつじゃない」

私は耳を疑った。
最初は私のことを言っているとは思わなかった。
それくらい、こっちが信じられない言葉の数々だった。
けれど見渡してみても他に親子はいない。
ババアらは娘を眺めて、時々私を汚いものでも見るかのように睨みつけてくる。
わたしはショックで、めちゃくちゃ傷ついて、でも腹が立って、
そのク○ババアふたりを精一杯睨み返した。

私は娘を見守っていただけ。
自分からこっちにやってくるのを待っていただけ。
それのどこがいけないんだろう。
その何が、この無関係なババアらの勝手な怒りをここまで誘うというのだ。
わからなかった。
最低だ。
楽しかった日が一気に最低の日となった。

確かに娘が遊んでいた階段を降り、少し行った先には池がある。
柵も何もない。
けれど私には今まで娘と過ごしてきた日々の積み重ねで分かっている。
娘はひとりでそっちへ行ったり、ましてや池の中に入って行くような馬鹿なマネはしない。
まだ二歳と五ヶ月だけど、そのあたりの分別はある。何も分からない赤子とは違うのだ。

ていうか、他人が何もせずただ自分勝手に非難するくらいなら、
本当にそれが危ないと思うのなら、助ければいいじゃないかと思う。
手を出す気がない程度の気持ちの者が、なぜ堂々と口は挟めるのだろうか。
本当に、放っておいてほしい。
あんたらに、私ら親子は迷惑をかけた覚えはない。ゴーアウェイゲッタウト!シャラップ!

ババアらが騒ぐので、道行く人がみんな、立ち止まって娘と私を見始めた。
堪え難い屈辱だった。
ババアらが私を勝手に虐待親認定し、娘は放置子認定され、煽って囃してって感じだったので、
そこを通りかかった人たちにはみんな、私と娘はそういう親子だと映ったかもしれない。
ひどい母親と、可哀想な娘。
耐えられない、けど、耐えた。
私は親としての自分を貫いた。
そのうちに、他の人たちは我関せずという感じで、それぞれどこかへ去って行った。
ババアらは向こうへ行ったり、また戻ってきたり、
また通りかかったりしながら相変わらずわやわやと何か非難めいたことを口にし、私を蔑む。
私は何か言い返したくなったが、堪え、心の中でそのク○ババアらを蔑んだ。

こういう状況に、一度もなったことがないんでしょう。あんたらは。
天地神明に誓って、ただの一度だってないんでしょうね。
すばらしい親ですね、よかったね。
子供を一度でも叱る必要性もなかったんですか。信じられない、でもよかったですね。
でもそれ、私の子育てとはなんら一切、無関係ですから。
私にはむしろ逆に思える、あんたら、子育てたことないでしょう。
一度でもあれば、私らを見てそんな振る舞いはできないはずだと私には思える。

娘は無邪気で、自分が遊びたい間は、ずっとまだそのまま遊んでいる。
私がそこでどんな思いをしたのか、娘は知らない。
そのうちに気が済み、私のところへやってきた。
「気が済んだ?」と訊いたらうんと頷き、「帰ろう」と行ったらにこにことついて来た。

旦那はずうっと先のところでひとりで座って待っていた。
「なんでいつもそうやって自分だけ先に行くの!?」と私はたまらずキレた。
旦那はえ?なんで?って感じだった。

悔しかった。
悲しかった。
でも私は間違っていない、それだけはそう思う。

子供、育て難い世の中だと思いながらも、
今までこんな露骨に批判してくる人に出会ったことはなくて、ちょっと驚きました。
いやむしろ、今まで出会った人たちみんな娘にも私にも、優しかった。改めてそう思った。
そういう人たちの温かさが、今更身に沁みた。

ちなみにそのババアらが居なくなった後、娘が遊んでいる側を通りかかった別のおばあさんは、
そんな娘に笑いかけ、娘と手を振り合っていた。
やっぱり私には、なぜあの○ッソババアらにこれが虐待と映ったのかどうしてもわからないのだった。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。