10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

親にはいつなれるのか。

2015.01.14 03:13|育児の辛さ吐露し隊。
今日は娘を真剣に怒って、もちろん、叱るべき場面だったので叱ったのだが、
叱るというより、感情的に怒るという感じになってしまった。

最近、日中イライラして声を荒げたりすることはめっきりなくなった。
それだけ娘の方も成長しているのだと思う。

だけど娘は怒っても口答えばかりするようになり、
素直に言うことは聞かなくなった。
「〜やろ!わかった!?」と言うと、「わかってない」という感じだ。
いつもいつもだ。
素直に聞き入れられたり、ごめんなさい、なんて言われたことはない。
怒ってる意味があるのかもわからなくなってくる。
でも、娘は本当はわかっている、とは思う。
重々分かっていて、その上で「わかってない」と言っているのだと思う。
なんせあいつ二歳よ。
反抗期だから。

でも、今日はさすがに私も腹が立って、
いつもとはかなり違う口調で、かなりキツく怒った。
旦那もその場には居た。
最初は旦那が冷静に怒ろうとしていたけれど、
私がそれを引き取る形でかなりキツく怒った。
娘は私に逃げられないように両腕を掴まれ、「こっちを見なさい!」と言われ、
いつもと違う・・・と思ったのか即ワーンと泣き出した。
「泣いてないでちゃんと話を聞きなさい!」
「泣いても無駄、許さないよ!」と私も更に怒鳴った。
旦那は黙って見ていた。
私に怒鳴られ、旦那に助けを求めるも、旦那も味方はしてくれず、娘は泣いて取り乱した。
私は心を鬼にして、娘を慰めようともしなかった。

それで、娘はその時布のトレパンを履いていたんだけど、
しくしくと向こうの部屋に歩いて行く姿がなんだか妙で、
おしっこを漏らしているということに気がついた。
私が怒る前に漏らしていたのか、怒られたショックで漏らしたのか、
泣いているときに漏らしたのか、いずれかは分からない。
けれど、娘を怒る事態になる前に、私はそろそろトイレだろうと思い、ずっと娘をトイレに誘っていた。
娘は断固拒否して誘いに応じることはなかったけれど、
前の排尿からだいぶ時間が経っていたので、相当我慢はしていただろう。

私は怒るのをやめて、とりあえず娘にパンツを履き替えるように促す。
娘は靴下まで濡らしていた。
風呂で尻や足を洗ってやる。
出てきてから今度は冷静めに、娘に話した。
なんで怒ったかわかってる?と聞いてもわかんないと返ってくる。
なんだか不安になった。
私は分かっていると思っていたけれど、本当に本当に分かっていなかったら?
ただ怒鳴られただけだと、思っていたら?

娘は「怖かった」と言ってまた激しく泣き出した。
彼女はなんだか、自分がトイレを失敗したことを怒られたと思っているようだった。
それで私は娘を抱きしめながら、背中をさすって落ち着かせながら、
私が怒ったのはなぜか、なぜそれをしてはいけなかったのか、
娘はどうするべきだったのか、
私はトイレを失敗したことを怒ったわけではない、断じてない、
それだけは絶対にわかってくれ、などと滔々と言い聞かせた。
娘はずっと泣いていたけど、
最後には「わかった」とか「わかってるよ」とか言って落ち着いた。
その後はいつも通り機嫌良く遊んで寝た。

娘の寝顔は本当に本当にあどけなくて純粋で可愛らしくて、
いつも私の罪悪感を掻き立てる。
怒ったことを「怖かった」と言われたことが何気にショックだった。
いや、怖いと思われるほど怒らないと、伝わらないのかもしれない。
けれど娘に恐怖心を与えてしまったことは、後悔しか残らなかった。
何より!
娘はその前後の出来事から、失敗してお漏らししたことを強く叱られたと思っていたっぽいこと、
それが何よりショックだった・・・
いや、それは違うんだ、それだけは信じてくれ・・・
このことが原因でトイレトレーニングに今後悪い影響が出たりしないだろうか・・・
ああ・・・

怒るのひとつとってみても、私はこんなにも不器用で、
難しい、どうすればいいのか、
やっぱり感情の方が優先になってしまっていなかったか、いつも悩む。
私はうまく叱れていないのだろう。
それどころか娘にうまく接することすらできていない。
いつも結局自分優先だ。
そして、私は結局のところ分かっていない。
娘にどう接すればいいのか分かっていない。
他所の子育てがどうとか、他所の子はどんなだとか、
そんなことはどうでもいいし関係ない。
私は私の子にどう接するのが正しいのか、全然わからないのだ。

娘の無垢すぎる寝顔を見つめていると、
なんでこの子、私のところになんて生まれてきてしまったのか、と考える。
きっと、親が私じゃなければ、もっと幸せだったろう、
もっときっと良い育ち方をしているんだろう、と、なんか可哀想に思えてくる。
怒るのも遊ぶのも愛するのもヘタクソな私だ。
きっと不満だらけだろう。
心に渦巻くものがあるだろう。
それでも親は私でしかない。
可哀想だ。

もともと、『子供が親を選んで生まれてくる』ってなことは信じてない。
その理論には矛盾が多すぎる。
だから娘が私のところに生まれたのは単なる偶然、っつうか、
私と旦那がふたりの遺伝子を掛け合わせたら娘になっただけ。
でもだからこそ、娘は私らの元にしか生まれ得ないし、
親を選べないし、ちゃんとしてあげなきゃいけないのに。
私なんかのところに生まれてしまったからこそ、私がしっかりしないといけないのになあ。

親も人間だ、とか、親も最初から親じゃない、子供と一緒に育って行くもんだ、とか、
そういうのに甘えてしまっている。
私も人間だから感情的になって当たり前、
でもいつか私も一人前の親になれる、
だから今は未熟で当然。
そういうのを言い訳というか免罪符にして、自分にも子供にも甘えているだけ。
じゃあ一体、いつ私は親になるのか、なれるのか。

なんだかでも、最近いよいよ、自分だけで娘を育てるのはいろいろと限界があるな、
と感じ始めるようになりました。
娘にも私が与えられる経験以上のものが必要だし、私以外の人間が必要だし、
家以外の環境、他の大人、他の友達、そういう社会の中で育っていかなあかんなと・・・ね・・・
それ以前に大きくなればなるほど、親が出来ることは限られてくるし、
これからは学校にも行くようになって、
その時その時に娘を取り巻く社会が娘を育てる部分が増えて行く、とは思うけれど、
その第一歩を踏み出すときが近いというか、踏み出さないといけないなと思う。
幼稚園・・・保育園は私が働いてないからまあ無理だと思うけど、
真剣に考えないとなあ。
こないだちょっといいなと思った幼稚園はプレの募集が終わっていたんだわ・・・
あと一年ちょっとで本格的に始まるしなあ。
この近辺の幼稚園情報探らないとなあ。とかまあ、いろいろと。

今日は3回布パンに履き替えて、3回とも失敗してた。
焦っているわけじゃないけど、道のりは遠く感じる。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。