08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

あの日の、母親。

2015.12.11 02:13|育児の辛さ吐露し隊。
あれから、結局私の風邪、というか息子のRSが娘にもうつって、
息子を小児科に連れて行くついでに娘も診察してもらい、
やっぱり喉が赤く腫れているとのことで、娘もシロップ薬もらってきた。
娘は比較的元気だったのに、今日の夜から鼻水がだらだら出始めて、
遊んでいる途中でしんどそうになってきて、
だけど、滅多に構うことのない私が珍しく遊び相手をしたもんだから、
この機会を逸しては・・・!と彼女も必死だったのか、
「しんどいんでしょ!?」と私に訊かれても、「ううん大丈夫だよ!」と否定したり、
「もうこれが終わったら寝よう」「うん・・・でもがんばる!元気モリモリになる!」とか言って、
わけのわからない根性というか、不必要な持久力を発揮し、
でも最後は結局風邪の辛さに負けて寝てしまった。
なんか、すごい、かわいそうだった・・・

息子の方は小康状態を保っている。
昨日診察してもらったときには、まだ呼吸音は良くはないけれど、
RSの経過としては悪くない、と言われた。
だけどまだ、油断はならないそうだ。
なんか、息子はほんと元気だから、機嫌も良くて食欲もふつうだし、
ふだんどおりに遊んだりもするもんだから、
親の私よりも、ぶっちゃけ医者のほうが息子の心配をしている。
このまま、何事もなく回復へと向かって欲しい!ぜひともそうしてくれ!


娘は・・・
なんだろうな、最近、娘はよく私に謝るようになった。
何か失敗したときなどに、別に謝らんでもいい、ていうか私そんな怒ってないのに、
「ママ、ごめんね」と言うようになった。
もう怒られる前に先手打つみたいな感じで。
一日の終わりに、私がその日の中で、何かちょっとでも注意したことを、
娘の方から蒸し返してきて「あのときはごめんね」と謝るようになった。
ああ、なんだろう、もうこれ、末期状態だな・・・
私は私という存在を娘にとって、恐ろしいもの、としてしまっているんだろうな・・・
なんというか、無駄にデカすぎる母親とでも言おうか・・・

私は、私自身で蒔いた種なのにもかかわらず、そのことにショックを受けている。
母親の顔色を伺う子供、母親の機嫌や気分によって、自分の行動や考えを制限される子供、
母親が正しいのだから、母親に否定される事は
すなわち自分自身が完全に間違っているからだと思い込む子供、
こういう子供にだけは、一番してはならないと思っていたのに、
娘はそうなりかけているような気がしてならない・・・
かつての、私のように・・・

謝らないで、怒ってないから、なんて言ってみたところで、
すでにそんな言葉は娘にとってはなんの信用もないんだろう。

母親からの愛情に確信を持てていないために起こす行動だろうな、
と思うような態度も増えてきたような気がする。
赤ちゃん返りで済ませられるような問題ではなくて、
息子が生まれていようが生まれていなかろうが、
彼女はやはり同じ道を辿っていたのではないかと思わされる。
すべては私の責任だ。

娘が怖くて仕方がない。
可愛くて仕方ないのに、同時に怖いのだ。
彼女はいつか気がつくんじゃないだろうか、いや確実に気がつくのだろう。
いつか私という人間の真実を知った娘に、私は化けの皮を剥がされるような気がしてならない。

でも、そうして欲しいという願望もある。
なんだろうな、息子に対してはこんなことは思わないのに。

昔、カウンセラーをやっていたときに私のところにやってきていた母親のことを、
この頃たびたび思い出す。
彼女は三人の子供を育てていて、その中で真ん中の女児について悩んでいた。
その子は小学校3年生だった。
母親は私にこう言った。
「抱っこしてって言われるんですけど、重いから」

このときは、私はこの母親の気持ちを理解できなかった。
抱っこしてやれよ、と思っていた。
カウンセラーとしてはそうではないけれど、私という人間はそう思っていた。

今はなんというか、この母親の気持ちがとてもよく分かる。

自分の子供なのだから、愛おしいのは当たり前で、
でも愛おしいのその先がないと、我が子であっても育てることはできないのだ。
その、愛おしいの先を見い出だして実現させるのは、とても苦しい。
見い出した気になっても、その次の日にはまた容易く見失う。
そういう母親の不安定な気持ちを、子供はどんなに幼くても確実に見抜く。
見抜かれることが怖くて、我が子から目を逸らしたくなる。
けれど、逃げることはできないし、逃げることは本意ではない。

だから私は、いつか娘に正体を、いっそ暴かれることを望む。
こんなんでごめんね。
それで私を失格にするなら、いつでもそうしてくれて構わないから。
けれど、母親でいさせてほしいとは、いつも思っている。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。