07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

説明会行ってきた。

2016.02.03 22:31|その他雑記系
先週、娘の幼稚園の新入園児説明会に行ってきた。
幸いなのかなんなのか、旦那が休日出勤の代休の日で、家族みんなで行くことになった。
天気は悪かった。
でも基本車禁止なので徒歩で行く。
娘は行きも帰りも、つかれたつかれたとぐちぐち言っていた。
でもまあ、なんとか往復歩いて帰って来れた。
15分から20分くらいの距離だった。

説明会の会場には一番早く着いてしまった。
待っていると続々と他の親子が集まってきていて、集団検診さながらのカオスさになってきた。
いろんな親子がいた。
何回か公園とかマンションの周辺で見かけている親子もいた。
そのお母さんの孤高具合は相変わらずだった。
私、誰とも群れません、馴れ合いませんオーラが相変わらずバンバン出ていた。
まあ、あんな感じでいいのかもしれない。
私、人付き合い苦手だけど、かと言ってあそこまで一匹狼オーラを出すこともできない、
どっちつかずのヘタレなので、結局のところ、
誰か群れれそうな人がいたら、群れたいと思うのだろう…
けど群れるのも怖い…
怖いからやっぱり群れたくない…

でもまあ、子供の方は、観察していると楽しかった。
この中の誰と、娘は仲良くなるのかな。
今まで、特定の遊び友達はいなかった娘に、人生で初めてのおともだちができる。
それってすごいことだ。
そう思いながら他の子を見ていると面白かった。

でもまあ、自分が保育園に行っていた時のことを思い出しても、そこで仲良くしていた友達とは、今は誰とも疎遠だ。
そう考えたら、幼稚園で出会う友達なんてたかがしれているのかもしれない。
なので、気楽に構えよう。
私も含めて。

説明を聞いた後、制服とか娘が幼稚園で使うお道具箱や粘土などの物品を引き取り、帰途に着いた。
いろいろまだ、家で用意しておかないといけないものがある。
あと、作っておかなきゃいけないものも。

気がついたらもう2月で、あと少しで今の生活が終わる。
娘の完全家庭内保育が終わる、終わってしまう…
複雑で、嬉しいような寂しいような…なんとも言えない気持ちだ。
これから、こうして、一歩ずつ娘は私から自立して行き、社会の中に溶け込んでいくのだろう。
私はずっとたぶん、このままだ。
ここでひっそり、家を守る。
誰にも知られず、誰にも見つけられず、誰の目にもとまることのない人生を歩んでいくのだろう。
娘にはこれからより輝かしい未来が、待っているんだろうなと、思う。
羨ましいし、微笑ましいし、でもちょっとばかり寂しいなあ。
娘の邪魔にだけは、ならないようにしよう。
そして娘が疲れたり悲しんだりしている時には、何も出来ないかもしれないけど、
せめて気がついて包んであげられたらいいなと思う。

コメントのお返しが延び延びになっていて、すみません…。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。