09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

間口の狭い、その奥の世界。

2016.02.24 23:24|その他雑記系
娘幼稚園入園まで2ヶ月きったなあとか思ってると、
もう2月が終わりそうでやべえ。
何がやべえって準備がよ。
いろいろ持たせないといけないものが揃ってない。

なのに、自分の着るスーツは買ってるというね…
別に楽しみにしてるとかそういうんじゃなく、
ふらっと店に行ったら、店員さんのセールストークにまんまと急かされてしもうて…
もう3月にもなったら店頭からはけてるで、とか。
ええやつとサイズ小さいのから売れてくで、とか。
いろいろ言われてビビってもうたんや。
それで、行ったその日によく考えもせんとご購入や。
結構な出費や。
もう自分の着る服とかに金かけるのは随分長いことご無沙汰やったもんで、
こんなん、ええんかいな、と思うわ。

さて、先週、その娘に持たすあれこれのために京都まで行ってきた。
寒かった!さすが京都。寒さのレベルがひと味違う。
四条通りの手芸用品店に入って、退屈する娘に鞭打ちいろいろ買った。
この手芸用品店すごかった。
間口は京都の店らしく狭いんだけど、中に入れば入るほどもう夢が詰まっとる詰まっとる!
可愛い生地いっぱい。可愛いねん、とにかく可愛い。
生地がいっぱい積み上げられてて、
その中から好みのやつ発掘しようと思ったら結構時間がかかりそう、だけど可愛い。
ここにいたら、作れもせんあれこれ作りたくなって大変や…
でもまた行きたい。

ミシンは実家で長い間眠っていたものを発掘してきたら動いた。
ので、使う。
ミシンは中学高校以来で、糸のかけ方とか忘れててビビる。
これで縫えんのかって話よ…
けれど、私は手縫いはもっと苦手なのだ…
クッソ不器用。
わかってるのに針を自分の指にブッ刺す。何度も。
で、玉留めが苦手。は?玉留めとか基礎の基礎やで。
でもなんていうか、きっちりとまらん!いつも生地から浮いてとまって、糸が緩む。

こんな私に作れるのか…ま、がんばる…まだ時間あるし…

弁当箱や水筒は、年明け近くのダ○エーで2016ハッピーバッグ的なやつになってた、
アナ雪のセットを買っておいた。
弁当箱と水筒とコップで1000円だった。やっす。
でもたぶん、弁当箱がちょいデカイと思われる…
もう一回り小さいやつが欲しい。

あと諸々のは説明会のときに買って帰ってきて、あとは名前付けだ。
制服に襟付けとけとか、クッションカバー作れとか、体操服にゼッケン付けよ、とか…
諸々めんどい作業が山積みだ。
to do リストでも作らないとやべえ、何か絶対に忘れる。


そして相変わらず、母との関係に悩む日々である。
母はやはり毎日手伝いに来ていて、助かるんだが、
時々、助かる以上にどうにもモヤモヤしてしんどくなる。
こんな母とよくもまあ、毎日生活していて、私は無事だったなと思う。
実家を出て、旦那と暮らし始めて、私はやっとまともになった気すらする。
自由に呼吸をして、細胞の隅々まで酸素が行き渡った気がする。

母の価値観、人生や人に対する決めつけ、構え、経験したことへの意味付け、
それらすべてが悲観的で他罰的で、捻れていて苦しい。
全部が結局は「私を愛せよ!」という悲痛な叫びに他ならず、
私には母の依存を引き受けきれない。
母は価値観を共有できるのが私だけみたいに思っているけど、冗談じゃないって気分だ。
私には母は病気にしか思えない。

母は相変わらずコントロール欲求がすさまじく、
自分では母娘、お互い独立しているような気でいるからタチが悪い。
私が娘のものを作ろうとしようものなら、また余計な口出しが腹たつ。
その色とその色は合わないんじゃないとか、なんとか…もうね…
あなたの感性、マジどうでもいい。

けど、そんな母も、私には4時までかかってこういうグッズを一式作って、
6時には起きて仕事に出かけたりしたそうだ。それは初めて聞いたし、
それには素直に感謝する。笑

なんとかいうか母娘って不思議ですね。
私もなんだかんだ言いつつ、母に依存しているのかもしれない、今も。
でも、もう割り切って母のことは、言い方は悪いけど利用することにした!
実際、日中ひとりで子育てするのは大変だし孤独だし。
モヤモヤは、いらんおまけみたいなもんと思うことにした。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。