06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

娘をからかう、その2。

2014.01.11 17:28|1歳半〜2歳
パクパクさんパク子さん。
パク子さん、私好きやわー。
なんかめっちゃ好きやわー。
あの、我が道を行ってる感。
すっげえわがままでパクパクさんを振り回してる感。
でも本人はわがままだとは微塵も思っていない感。
ただひたすらに、パクパクさんを尻に敷く感!
・・・そしてそれにおどおどしながらもそつなく応えていくパクパクさん!

あれ。
結局パクパクさんの方なのかしら、私が好きなのって・・・。



今日は娘をからかう、その2!!
まだやってんのあんた!
いい加減その鬼畜な所業をおやめなさい!

いやいや。
そういうあなただって、本当は好きなんだろう?え?

娘をからかうのは容易い。
そして娘の反応はすこぶる私の嗜虐心と庇護欲を同時にかき立てる!
は!わたし、ドS・・・。

娘は絵本「ぴよちゃんのおたんじょうび」が好きだ。
結構な頻度で、本棚からそれを出して、読んでくれとせがむ。
あ、「こんぶのぶーさん」も大好き。
こんぶのぶーさんの冒頭のシーン、
こんぶのぶーさんが海からざざーんと這い上がってくるシーンが大好物。
そこだけ何度もエンドレスリピートで読まされる。
「ざざーーーーー!!」とちょっと大袈裟目に読むからだろう。
その言葉自体が持つ響きと、
声の調子から感じられるダイナミックな破壊の匂いが娘の心をくすぐるのだ。

「ぴよちゃんのおたんじょうび」は、何が好きなのかはよく知らん。
けれど、ここは娘にとっては怖いんだな、というシーンは知っている。
ぴよちゃんの元へ、入れ替わり立ち替わりプレゼントを運んでくる様々な動物たち。
その中でくまさんとアライグマらしき動物もやってくるのだが、
彼らは最初、草木の影に隠れていて顔がはっきり見えず、
部分的に見える目と口元(正しくはアライグマのしっぽ)が、
全体としてオペラ座の怪人的な様相を呈している。
はっぱがガサガサガサ・・・
かぜがピューー!
と、不穏な空気を伴って登場する彼ら・・・
娘はこのシーンを超怖がる。
その仮面的面持ちの、何かの絵、が相当怖いらしい。
私は最初その絵を隠しながらセリフを読んで、
「イヒヒ・・・と笑っているお顔は・・・だーれっっっっ!!!!」で一気に、
娘の怖がっているその絵を見せる。
すると娘は戦慄の表情で肩をぶるっと振るわせ後ずさる・・・!
ほんと肩がぶるってなる・・・!(爆笑)

これ!!
そう!!
これなのよ!!
その顔としぐさがあまりにもオモロくて、私、
何度もそこを読んでしまう。
何度も娘に向かって、その絵をばーん!!とやってしまう。
娘、あわわわわわ・・・と恐れ戦く。
またばーん!
何度もばーん!!
やりすぎると娘半泣き。

ちょっと!!
その辺でやめときなさいよ!!

と、私の心の中の天使が叫ぶので、
しゃーないな、今日はこの辺で勘弁しといてやらあ・・・。

その部分がこんなにも怖いはずなのに、
やっぱり娘はこの絵本を本棚から取り出す。
読んで読んでと頼んでくる。
この怖さ、どうやら娘にとっては癖になっているっぽい。


その他のからかい方としては、
娘がう○ちをしたとき、それの処理をしながら、
「北風小僧の寒太郎」の自作替え歌を歌う、などがある。
♪じゅあんの〜♪おっしり〜のあなから〜♪



・・・相当下品ですね。やめときます。



あと、鼻の周りに鼻くそがついていたときとかも格好の餌食だ。
「こら!鼻くそ娘!!」「鼻くそクイーン!」「鼻、クソーン様!!」と罵りながら、
私の持つティッシュから逃れようと走り回る娘を追い回す。



・・・なんか私、低俗ですね。すみませんね。




旦那はそんな私と娘を、生暖かい目で見守っている。
いや、正しくは、私に対しての若干の侮蔑色の入り交じった目。
いい年して、なんやねんコイツ的な。

そして旦那のもとへ逃げこんだ娘は、
あっさりと旦那の指によって鼻くそを除去される。
そして一言。

「この子の鼻くそって、なんでこんなに汚くないんやろう・・・」

あほか。
なんの感動やねんな。

夫婦そろって、それぞれ別の意味でアホですな、私ら。
とにもかくにも、娘をからかうのは楽しすぎる。
これからもからかいはやめられないとまらない。
でもこんな低次元のからかいで心を満たしている私って、、、、
なんだか、、、


・ ・ ・ 孤独 ・ ・ ・


なんだなって思う・・・
ひしひしと思う・・・。




最後に、本の紹介を。



Ehon_89290.jpg

ぴよちゃんのおたんじょうび(おやこであそぶしかけえほん)/いりやまさとし



350_Ehon_89053.jpg

こんぶのぶーさん/岡田よしたか
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。