FC2ブログ
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

if もしも

2014.01.16 22:15|旦那のこと
娘のやつ、ついにやりよったで。
禁断の、、、
クレヨン、、、


そ、ソファに・・・。



あれほど、あんた、紙以外には描きなや、って言い聞かせてきたのによ。
思いっきりド派手にやらかしてくれたわ。
しかもカバー二つ分に渡って。
豪快。
あんた豪快よ。
しかも茶色のクレヨンって・・・
色のチョイスは地味ね。

私は泣く泣くカバーを外してごしごし手洗い。
まあいいわ、綺麗に落ちたから、いいとするわ。
クレヨン、本人はすごい好きなのよ。
私も嬉しそうに画用紙にぐりぐりしまくる娘、見ていて楽しいのよ。
でも、こういうことは、そりゃあるわよね。
壁とか床に描かれたら、もう、アイタタタタ・・・よね。





ところで!
旦那の転活についに、結論が。

ああ。
今年は結局、結論出ずよ。
決めきれなかったわ、最後まで。
転職するのなら、今日がターニングポイントだったわ。
転職するのなら、今日の健康診断に行く事が前提だったわ。

旦那・・・




行かなかったわ・・・・





昨日、夜中3時まで話し合ったのに。
どういう結論に至っても、私あんたについていくで。
私とあんたは運命共同体、一蓮托生や。
どないなっても、路頭に迷うことになったとしても、
私、あんたから離れへんで。
そのくらいの覚悟で、だって、結婚したんやもの・・・
と、まるで宮川花子師匠的心境で語ったで、私。

でも、旦那はやはり今の会社に残ること(少なくとも来年度は)を決めた。
朝、出勤する瞬間まで迷っていたけど、やはりいつものように、出勤していった。
そして午前中に、先方に断りの電話を入れたようだ。

結局、金よ。あんた。
やっぱり金の前に、夢は破れるのよ。

いや、そういう話でもないな。
確実性、将来性、みたいなものを、
結局のところ、転職先には最後まで見い出だせなかった。
年収は200万ほどダウン。その状況で数年。
けれど契約自体は一年ごと。
その間、雇い止めにあっとしても文句は言えない。
専任に昇格すれば給与は上がるし、もちろん終身雇用だ。
けれど、忙しさのレベルで言うと、ほとんど変わらんみたい。
むしろ、一応今は土日は基本的に休みってだけ、マシかも・・・みたいな状況ですわ。
それでもそれは旦那にとっては、長年温め続けてきた夢だ。
やりがいという意味では、今よりずっとあるのかもしれない。
けれど、夢は日常に化けた途端、色褪せるものなのでは・・・

あなただったら、転職する?
メリットを感じますか、この転職に。
しかもあなたには扶養すべき、妻と子供がいる。

あーあ。
いや、私も働かないかんですわ。
今回は本当に、それを真剣に何度も思ったわ。
私も働いて、雀の涙ほどの賃金でも、もらえていて、
少しでも家計の支えになっていたのであれば、
また結論は違ったものになっていたかもしれませんわ。

夢を追う以上は、ある程度の痛手も負うものですわ。
失う物も、そりゃありますわ。
それを失う事ができず、旦那は転職しませんでした、とさ。
「じゅいえとじゅあんがいなくて、ひとりやったら、確実に挑戦してるやろう」
とも言われましたわ。
けれど、それは仮定の話であって、私と娘がすでにいる旦那は、
自分最優先で動く事はもう、できないのであった・・・

ああなんだか、わたしってば。
自分だけがいつも自分を後回しにしているように、思っていたわ。
恥ずかしい。
旦那もそれは、まったくおんなじなのよね。
私たちもう、自由気侭な独り身とは違うんだもの。
お互いにお互いの存在を背負い合っているんだもん、ね・・・。
大人になるって、つらいですわね・・・奥さん・・・

ま、そうは言っても。
来年度、再度、チャレンジしないというわけではない。
もしかしたらまた、違うところ狙っていくかも。
そしてまた、同じ結論に至るのかもしれないけれど・・・。
今回、お話を頂いたところはとりあえず、なしにしようってことです、ハイ。

昔、タモリが出てた「世にも奇妙な物語」チックな番組で、
「if もしも」ってのがあったなあ。
あれ、結構子供ながらに楽しんで観てたなあ。
人生には、もしも、ってやつはないのよね。
でも、もしその「もしも」が許されて、旦那がふたりいて、
それぞれが違う選択肢を選んで歩いて行っていたら、
その先どんな未来が待ち受けているのでしょうね。
そういうシミュレートだけでも、できたらなあ・・・

と、全然現実的でないことも、想像したりするのでした。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

No title

旦那さん…
旦那さんなりの思いやりというか…
なんか壮大な背中の広さを感じました・・・。

我が家も似た感じの状況なのです実は…。
親の七光りで今の会社にねじ込んでもらえた旦那、
しかしあまりにもな職場環境に何度も転職を考えているうものの・・・
そう上手くは行かないですよね。
結局は給料・・・
勤続年数で給料が上がるもんだからなかなか・・・
しかも旦那、いくら仕事が出来るかしらんけど今年で37っす…
37のうすらハゲをどこが中途入社させてくれるとですか・・・
嗚呼・・・

私も、自分が正職でまだ働いていたなら・・・とか、
タモリのあの番組のように妄想したりします…。(ナツイですね!)
仕事辞める時は強気だったけど、今更ながら・・・
産休育休取れる図太さが欲しかった…あの時に…!!!
でも・・・私には両立できる自信も無く・・・・

旦那さん、またチャンスが巡ってきますよきっと!!
うちのうすらハゲとは違いますよ旦那さんなら!
信じれば夢は叶う!と、キットカットのコマーシャルみたいなことを
無責任に吐き捨てて、それではドロン!

No title

結論を出すことが出来て、よかったですね!
転職をするのも、いまのところに残るのも、相当な決断が要ったと思います。
良かったですねってのも乱暴な物言いですが、明確な答えが出ないままの状態って、精神的につらいものがあるんじゃないかと思ったので…。
部外者の私ですが、ほっとしました。

じゅいえさんの、宮川花子ばりの語りは効いていると思います!
私の旦那も「家族いなかったら仕事辞めてる」みたいなことはしょっちゅう言ってますよ。
そんなこと言われても…と思ったこともありますが、私たちのためにつらくても仕事に行ってくれているんだね、ありがとう、と言うようにしています。
大人になるって、つらいですね、本当に…

なんかもう…世の中の旦那さん、仕事がんばって!!!
って念を送りたい感じです。
グローバルに念を送りたいです。
じゅいえさんの旦那さんにも念を送っておきます。

もうひとりのじぶんシュミレーション

あのときこうしてたら今は、今こうしたら未来は、、、なんて、考えてしまいますよね。。

言い方がおかしいかもしれませんが、ひとまず、じゅいえさん、お疲れ様でした。
旦那さまがいっぱい考えられて、決断して、本当に大変だったんだろうな、とはもちろん思うんですが、じゅいえさんも一緒に考えて、見守って、、大変でしたよね。

うちも旦那がかなりの激務なんです。
国内ですが、出張もよくあるんです。
休日出勤は日常茶飯事、残業はデフォルト、みたいな。
そんな状況で、妻としては、転職してほしいって願っちゃうんですよね。

体を壊したら何にもならないよ。
たまには早く帰ってきて、娘の愛らしい姿を一緒に見たいよ。
家でずっとふたりでいるの、心細いよ。
毎日そんなに遅くまで働いて、サービス残業ばっかじゃ時給換算したらアルバイト以下じゃないの。

なんて。

でも、旦那は言う。

まだ病気になった訳じゃないし。
転職したら給料下がるし。
もしかしたらもっと忙しい仕事になるかもしれないし。
それどころか仕事が見つからないかもしれないし。


なんでしょうね。
転職って、いろんな足かせがあって、踏み出すのは大変で難しくて怖いですね。
そこにじゅいえさんの旦那さまの場合、夢もあるから、本当に苦しかったでしょう。
この決断が、じゅいえさんファミリーの素敵な未来につながってることを祈ります。

なんだか伊坂幸太郎の某作品を思い出すタイトルになってしまいました。。(たぶんそう思うのは私だけ)

>かもめさん

かもめさん…
そうですね、きっとこれは旦那なりの優しさ、思いやりです…
悲しいかな、男は背負う物が多過ぎますね。
女だって負けじといろいろと背負ってますが、
いろいろと、背負っているものの質が違いますよね・・・

転職しようたって、結局はやはり、金の問題が一番ネックなんですよ、ね・・・
それでも飛び来んで行く人は行くのだろうし、
飛び込んで行けば行ったなりの未来が待っているのでしょうけど、
私も、旦那も、結構保守的というか、考え方堅いタイプかもしれません。
そうなんですよ!
日本の社会ってば!
能力や実力よりも、年功序列ですからね!
勤続年数と給料の比例、これ、いいのか悪いのか・・・
アメリカとかだったら、転職するのに給料あがらない!?haaaaaaan!!?
で、終わりでしょうね・・・
日本社会においては、大抵、転職すると給料は下がっちまいますね・・・
かもめさんの旦那さまも、
どうかより良い職場環境に恵まれますことを願うばかりです・・・
うちの旦那も・・・

そうですよね、やっぱり女も働いていないと
いろいろと不安な時代になりつつあるのかもです。
けれど女が働いても、ワーキングプア的なものに陥りやすいような・・・
働けば働くほど損というか・・・
保育料ほどにしかならないとか・・・
中途半端に扶養外れて結局税金地獄とか・・・

もう、なんとかならないでしょうかね、この世の中。
なんとかしてよ!と無責任に誰かに願わざるを得ない無情な社会です・・・

>とり子さん

いや、ほんとに、よかったです・・・
とりあえずはこれで・・・
毎日毎日、他のことをしていても常にどこかもやもやしていたというか、
どうなるんだろう、どうするんだろう、どうすればいい?と不安でいっぱいで、
不安定な日々でした・・・
だから、今回はこういう形にはなりましたが、とりあえずは方向性が決まったので、
旦那も私もまた、腰を落ち着けて、しっかり地に足をつけて、
今年度も、やっていこうと思っています。
なんか、いろいろ、ご心配をおかけしたというか・・・
ありがとうございました・・・。

そうですよね!
世の男ども、立派ですよ!
なんだかんだ言ったって、やっぱり女にはなかなか出来ない事をやってますよ!
疲れて帰って来て風呂にも入らずソファで伸びてたって、
もうそりゃ仕方ない!と思えますね・・・
まあ、腹は立つんですけど、それでも・・・
でもありがとうしかないです。感謝感激ですよ!
朝とか見送る時、玄関の戸から出て行く旦那の吐息が白く凍るのを見て、
ほんと、毎日毎日、ご苦労さんだ・・・と涙が出そうになります。
なんだかんだ、娘と毎日家でぬくぬく過ごしていられるのも、
旦那が矢面に立ってくれているから。
旦那に守られて、当たり前にやっていけているのだと実感します。
改めて・・・。
男はつらいですね。
そして偉大です。
私も世の男どもにもれなくマンセーしたいです。
がんばれ、男!!!

うちの旦那に念、ありがとうございます。
しっかり受け取っておりました。
そしてまた、週明けからもがんばります。

>りーりーさん

まさに、我が家ここ数週間ばかり、岐路に立っていました・・・
人生の分岐点。
Yの字の道の途中・・・

そうですね・・・
やはり、私も正直疲れました。
いっそどこも通らなかったらこれほど悩まずに済んだのに、とか、
結構乱暴な事も思ったりしました・・・
が、、、
やはり、それでも、旦那は自分の夢に向かっていこうとしても、
それを認めてくれるところが少なからずある、ということもわかって、
ある意味、自信にも繋がったと思います。
そして、来年度また挑戦するかどうかはわからないですが、
やはり、自分たちのタイミングやペースで転職を考えるべきというか、
何も今回に限った話ではないんだから、
ゆっくりやっていこう、という気持ちにもなれました。

誰より激しく悩んだのは旦那自身だったと思います。
私も、同じように悩んだのは確かでしたが、
やはり最終的な決断は旦那が下すものでしたし、
私はそれに従ってついていくだけだと思っていたので、
そういう意味では、もう結構早い段階から、腹はくくっていたのかもしれません・・・

私もブログでこうして、いろんな方と交流をさせていただくようになり、
本当に、忙しいのはうちのだけじゃないんだ、ってこと、実感しております・・・
日本人は皆、働き過ぎです!!
休日出勤にサービス残業が暗黙の了解事項になってるって、
どうなんですか、これ・・・
誰のために、何のために、そこまで身を削らなきゃならんのか・・・
私もほんと、何が心配って旦那の体の事が一番心配です・・・

でも、若いうちはやはり、これが普通というか、普通であってはいけないんでしょうけど、
この世の中の現状では当たり前なんでしょうね。
みんなそれを切り抜けて、なんとか定年まで勤め上げるんでしょうね・・・

転職、今回初めて真剣に考えて実際に動いてみて、
いかに難しいことなのかということが分かりました。
もし、採用してくれるところが見つかったとしても、
本当の戦いは、その先に待っているんだ・・・って感じです。

私も、この決断が我が家にとって、有意義なものになるよう祈るばかりです・・・
ありがとうございます。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。