10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

にごにごにごぶん。

2014.01.18 21:47|1歳半〜2歳
にこにこぷん、じゃなくってよ。

あなた、最近うちの娘ったら、二語文、出始めたんですよ。

少なくとも私の個人的な認識では、二語文とやらはまだだいぶ先だったはずですねん。
確か、院生の時必須だったのでめんどくさいけど取ってた発達心理言語学、とかいう授業で、
そない、ゆうてはったと思いますねん。

最近の子って、発育いいわあ〜
ほんまびっくり。
私なんてあれやで。
言葉遅くて、検診でひっかかってたり、してたくらいやのに。

どのような二語文かと言いますと、
例えばスーパーで、旦那がいちご、私がみかんを吟味していたとしましょう。
すると、私に抱っこされた娘が旦那の方を指差します。
「ぱぱ あっち」

例えば非常に寒くて外に遊びに行き難い日に、
ベランダに娘を出して遊ばせていたとしましょう。
私は寒いのかなんので、家の中で用事を片付けながら娘を観察。
すると、娘は窓際から私に向かって手招きをします。
「まま こっち」

そうは言っても外にまったく連れ出さないってわけにもいかないので、
家の周りをちょっぴり散歩にも出かけます。
すると、娘は大好きな犬に出くわします。
「わんわん いた」

ね!
立派な二語文になってますでしょう!
え、そうでもない?
大したことない・・・?
そ、そうですか・・・。


あ、あと!
助動詞てか助詞、みたいなのもたまに付きだした。

今まではただ「ちゅんちゅん」だったものが、「ちゅんちゅんやね」とか
「おいしい」が「おいしいわあ」とか。

今日めっちゃ笑ったのは、昼食のとき。
今日はたまごとじうどんを作ったのだけど、
キッチンから「ごはんできたよ!食べよ!」と娘に伝えると、
間髪入れず、「あついわ」って返ってきた。
しかもこっちに一瞥もくれんと。
確かに、出来立ては熱いよね・・・
その、どうせまだ熱いから食べられへんわ、的な言い方が、
私的にはすごいツボってしまった。

そして食卓に並べて、娘のは十分冷ましていたんだけれど、
なんせね、あいつ疑り深いもんで。
ぜんぜん自分で食べようとしないから、私が口元まで運んでやったんですわ。
すると、「いやや」と言われ、「なんでいやなん?」と聞くと、また「あついわ」って・・・。
どんだけ熱いものに免疫ないねん!
てかあんた、確認すらしてないやろ!
確認すらせずに、なんやねんそれ!
もう冷めとんねん!
このあたしが!冷ましたから!
「ううん、もう熱くない」と言うと、しぶしぶ口を開けて受け入れる娘。
「ほら熱くないやろ?」「・・・うん」って超不満気に答える娘。
すごい、ふてぶてしい・・・。
反抗期かしら、そうなのかしら・・・。


・・・そうよそうよ。
噂に聞くかの有名なイヤイヤ期がついに始まったようで、
何でもとりあえずまず、「いや」というところから入り出した、娘。
何でもまず、ですよ。ここがミソ。
つまり、大していやとか思ってなくても「いや」と言われます。
「いや」ってか、「いやや」と言う、娘。
ちゅんちゅんやね、といい、いやや、といい、もう関西弁まっしぐら!
仕方ないわ。両親ともに関西弁だもの。
すごいね、娘が関西弁を話すのは、分かりきっていたこととは言え驚きだわ。
何にも染まっていない状態から、
確実に娘の存在や娘の方向性やキャラやらは定義されてきているね。
それを改めて実感するわ。

とにかくあの、「いやや」っての、可愛いですけどね。
めんどくさいですね。
「いや」と拒否する事自体に意味があるってことは、あまりない。
「いや」ということによって、
私とあんたは違うのよ、違う趣味趣向を持っているのよっていう主張をしているに過ぎない。
・・・ように感じる。
まあもちろん、本気でそれ自体が嫌だと思って拒否ってるときも、あるけど。

「お風呂はいろっか」「いやや」
「じゃあ、あんただけ待っとくの?」「いやや!」
「ほなどうするん、一緒に入るんやろ?」「・・・うん」
みたいな。
年中そういう、ちょっとした会話がものすごい遠回りになってきてます。
「お風呂はいろ」「うん」ってストレートに事が運んでたときが、懐かしすぎる。

まあ、しばらくはこの、「いやや」に付き合って行かねば仕方ないのだろう。
いつまで続くのか、この先、この反抗が激しさを増したりするのか、分からないけれど。
少なくとも今は、娘が「いや」と言ったところで、
結局は騙し騙しさせるべきことを遂行する、
それが、私。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

No title

すごーい!二語文になってますよー!
やっぱ、女の子って言葉早いのかしら。
会話が成り立つと楽しいですよね。
うちはまだ発音がハッキリしていないので、
私が通訳してあげないと、
夫は理解出来ないことが多いです。
来年の娘ちゃんは、バリバリの関西弁で
お喋りしてるんでしょうねーヽ(*´∀`)ノ
いやぁ…カワ(・∀・)イイ!!
関西弁の「いやや」堪りませんねぇ(´∀`)

子どもの「っやだ!」…もう私が「」い・や・だっ!」
ですよ~(;´Д`)
何に対しても必ずぶち込んでくる否定語。
そろそろ、「うんっ」って可愛く返事して欲しいっす。

>のあちさん

やはり!
これ二語文ですよね!
世間で名高い二語文ですよね!
そうなんです、これ、娘はどの程度理解して喋ってるのか推し量れませんが、
一応まがいなりにも言葉のキャッチボールが成立すると、
こちらはちょっと、今後の娘の成長とか、娘がもっと大きくなった後のことにまで
想像というか妄想というか夢が膨らんで、親として心強い気持ちになります。

確かに、旦那にはたまに通訳が入りますね。
まだはっきり発音できない言葉とか・・・。
でも私のも理解しようのない、宇宙語というか娘語をしゃべっているときにまで、
「なんていってんの?」と聞いてくるときもあって、なんというか、
うざったいです・・・ハイ。
そんな、なんでもかんでもわかんねえよ、私も。って感じっす。
来年の娘、バリバリの関西弁でしょうか・・・
もう・・・海原やすよともこばりの掛け合いができるかもです。
あ、海原やすよともこ、ご存じない・・・でしょうか・・・

この年齢の「いやだ」は、仕方ないですねー。
誰もが通る道ですもんね。
なんでもかんでもいやだいやだ言われて、もうそれが返事なんだと思うように、
私も、なってきました、最近・・・。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。