FC2ブログ
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

愛おしいと煩わしいの間で

2014.01.26 22:30|育児の辛さ吐露し隊。
こんなことを書くと、当然批判的な気持ちを抱く人もいるだろう・・・
ってことを書きます。
率直かつ正直な気持ちとして。

でも、もしこんなことをここで憚かることも知らず書き垂れ流している奴がいる!
不届き者め!
こいつのこの醜態を、世間様に広く晒してやるぜてやんでえ!
って感じでもしブログが大炎上なんてことになったら困る・・・
当方、超小心者だから困る・・・

って、その前にこんな弱小矮小日陰ブログが炎上なんぞ、するはずないのであった・・・がく。



子供を育てていると、
自分の中にこれほどの溢れんばかりの温かい愛情が眠っていたのか、と思わされること、
そして自分という人間はこれほど小さく、狡く、甘えたで弱く、
そしてガキっぽくおぞましい人間なのか、と気がつかされること、
その両方がある。

娘がこの世に生を受けて、はや1年と半年。
他人事のように書いたが、何を隠そう、産んだのは他でもないこの私である。
けれど、娘が私の肉体から分離されたその瞬間から、
私と娘は別々の人格を持った、それぞれの個体としての人生を歩み続けている。
私の人生はこれまでと同じように、その先も続いていくものだと思われた。
しかし、そこに娘が出現し、娘も思いのまま己の人生を歩み始めたことによって、
私の人生は大きくは変わらないまでも、
娘のいない状態から思い描いていたものからは、少しずつ確実にゆっくりとズレ始めた。
そのことを思い知るのは、娘を産んでからもっと後になってのことになるのだが、
頭の良い女性なら、産むとうの前に気がついていることだろうと思う。

娘はことごとく、私のこれまでの人生や生活を浸食し始めた。
私はこれまでのように、自分の好きなことを好きな時間にやれなくなった。
好きでもないことですら、自分のペースで遂行する事が不可能になった。
自分の生き方考え方価値観こだわり、そのすべてを、その同じ形のまま持ち続けることは不可能、
というより、不便になった。
そこで、私は価値観の大幅な変更を余儀なくされた。
それはすなわち、自分がただ己のために生きる、という人生から、
当面の間、娘のことを最優先に生きる、という人生への転換を意味していた。
もっと言えば、娘のことを最優先に生きながらも、
いかにして己自身の人生を充実させるか、
その方法を創意工夫していくべき人生への転換であった。
ぜんっぜん工夫できてないけどね。

娘ははっきり言って、私にとっては重荷だ。
それは今もこれからも、変わることはないだろう。
神様から与えられた重大なお荷物だ。
こう書けば、なんとけしからん母親だと思う方もいるだろう。
けれど、頼みますから、ブログを炎上させることはやめてください。
だって私はこのお荷物を、この先も旦那と共になんとか守りきり、
当たり前のひとりの女性として育て上げなければならないのだから・・・
もちろん、その途上途上の種々様々な岐路における選択は、
娘自身が選び決めて行くものだとしても・・・
ああこのとんでもない、重圧、大仕事よ・・・
だからブログの火消しに躍起になる時間はないのである・・・

産んでおいてこの言い草はあまりにもひどすぎることは自覚している。
けれど、娘を産まなければ私の人生や価値観は、
少なくともその時点では何の変更も必要なかった。
このような重荷を背負ってもいなかった。
価値観を変化させるということは、多大なエネルギーを必要とする。
多大なエネルギーが必要であることには、もれなくストレスが伴う。
すなわち、娘の存在は私にとってはストレスであるとも言える。


先日、買い物中、ふと目を離した隙に娘が忽然と姿を消した、という出来事があった。
娘は一歳半にして、確かに一瞬、迷子になった。
迷子といっても、姿が見えなくなっていたのは、時間にしてほんの1〜2分というところだ。
けれどもこのような出来事は、これまでにはないことだった。
今までは親の元から離れていくことを潔しとしなかった娘・・・。
まさか自ら、私らの姿が見えないところまで行くなどとは、予想だにしていなかった。
完全に親の不覚である。
私と旦那は、気がついた瞬間から慌てて娘を捜し始めた。
あいつ、ひとりでどこへ行った・・・!
と、思いながら店内をぐるぐる、旦那は私とは別の場所をぐるぐる・・・。
しかし、私の心には、娘がいなくなったことへの不安や焦りの気持ちの他に、その時確かに、
このまま娘が消えていなくなれば、私はまた元の人生を取り戻すことができるのだろうか、
という、なんとも救いようもなくおぞましすぎる自己中心的な考えも、浮かんだのだった・・・。

なんて!
ひどい!
呪われるべし母親!

けれど、ここまで読んだのだったら貴方ももう、いっそ最後まで読んで欲しいのです。
これから種明かしがあるからね・・・うん。

しかし娘はまもなく旦那の腕に抱かれて現れた。
涙の一切をも流していなかった。
旦那曰く、ひとりでキッズコーナーに潜り込み、
そこを占拠して遊興に耽っていたのだそうだ。
旦那が現れても、娘本人はきょとんとした表情で、
自分が迷子になったという意識のひとかけらもなければ、
両親ともに姿が見えないという悲しみや不安や焦りの気持ちすら、
まだ沸き起こってもいなかったようだ。

かくして、無事に娘は我々の手元に戻ったのである・・・

その後、夕食を同じ商業施設内の定食屋でとることにした。
娘は海老フライを自ら手に持ち、それをたくましく前歯で齧り取ってがつがつと貪り食っていた。
その娘の姿を見て、私は、ものすごい幸福感が自分の胸中を攫って行くのを感じた。
こんなに元気で、この子ったら、がつがつと、自ら海老フライを・・・
と思ったら、うっかり涙が滲み出てきそうなほどの幸福感だった。
こうしてみて私は初めて、もう娘は自分の中で、
何事にも代え難い希有で大切な存在に膨れ上がっていたということに気がついたのだった。

もしあの時いなくなっていたら?
もう二度と娘に会えなかったら?
そんなことは決して自分の身には起こりえない。
起こるはずがない。
けろっとした顔の娘が、どっかその辺から出てくるはずだ。
出てくるに違いない。
そう心の何処かで高を括っていたからこそ、
あのようなおぞましい考えすらも、刹那頭をよぎったのではないだろうか。

思い出せ。
今更どう出たところで、もう私には、娘のいない人生はないのだ。
娘を産んだその瞬間から、その他の選択肢は消え失せ、
私には娘のいるこの道しかない。
だからこれが運命であり、どこでどう足掻いていようと、
きっといつかの時点では私は娘を産んでいたはずだ。
そして、それ以前に、その他の選択肢があったかもしれない私のことなんて、
娘にとっちゃあ、それこそ至極どうでもいいことだ。

そうは言っても、毎日、必ず一回は娘に本気で頭にきている私。
娘を煩わしい、憎たらしい、うるさい黙ってろ小娘が、と思っている私。
けれどまた次の瞬間には、こん畜生、なんてプリティエストだおまえ天使か!!
とも思っている私・・・。
そうして娘の頬や尻や足やらをむやみに捏ねくり回している私・・・。

こうして、たまらなく愛おしいとなんて煩わしい、の間を絶え間なく揺れ動きながらも、
私は娘と毎日を生きているのであった。

もし、この記事を何らかの偶然で目にしてしまい、
不愉快な気分になってしまわれた方はおそらく、
子育てをしたことのない人か、
子育てはしているものの育児に全く何の苦労も感じたことのない人か、
天性の母性本能が溢れ返りまくった、いやいっそもう母性本能しか能のない人であろう。
と、かなり乱暴にカテゴライズしてみる。

すみませんね・・・こんなんで。
しかも最後、さりげなく悪態ついてるよね。ほんと最低、性格悪いよね。
だから読まなきゃ良かったのに、こんなブログ。
え、今ここでそれ言っちゃうの。
最後まで読めっつったのはあんたよ!この詐欺師!
ひどすぎる?
無責任すぎる?
仕方ないじゃないの、だってこれブログよ、あなた。
私の私のためにある、ブログよ。
しかもタダなんだから文句なしで頼んますわ。

そうさ。
でも結局、何時いかなるときも、やはり最終的には愛おしいが勝つのであった。
母親とは何と因果なものか。この愛おしいを前にしては、何事も勝る事は叶わない。
いや、愛おしいの力自体が、それだけで絶大だ。
他のどんな感情をも凌駕する。
このような愛おしさを振りまきまくる娘、なんと罪な奴!
しかも本人まったく自覚ない。
でも、自分が可愛いと思われている、ということぐらいは最近分かっている気がする・・・
さりげなく小首を傾げて微笑むところとか・・・。
あのね、それ私とほぼ同じ顔をしているあんたがやって可愛いと思われるのは、
あんたがただ、まだ幼いからなんだよ。
私がやったらね、ブログ炎上しちゃうよ。(しつこい)

そして今夜も私は娘を腕に抱いて眠る。
こうしていられることの幸せをひっそりと噛み締めながら。
明日は明日でまた、娘に向かって猛獣のように猛り狂うことがあるとしても・・・。
今夜は幸せ。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

No title

何から何まで同意です・゜・(ノД`)・゜・
私なんて、かれこれ7年経ちますが、未だに育児に対して不安定ですよ。
いつになったら、肝っ玉母さんになれる日が来るのかしら。

長男が2歳になったばかりの頃。
初めて熱性痙攣を起こしまして…めっちゃパニクりました。
知識がなかったもので、泡を吹いて、白目を向いた子供を見た時、
死んでしまう!と本気で思いました。
それまでの私は、若干?育児ノイローゼでして…
子育てが楽しいとか思えずに過ごしていました。
そりゃ、時々、可愛いなぁなんて思うことはありましたよ。
そんな日々に起きたことです。
「あ!私、この子のこと愛してるんだな…」って気づいたんです。
生死が迫って(ただの痙攣でしたが…)やっと初めて、
子どもの存在が自分の中で大きくなっていたんです。
だから、じゅいえさんの娘ちゃん迷子騒動のことも
なんかわかる気がする。
ごめんなさい、私、語彙なくて、うまく説明出来ないんですけど。

愛おしいっていう感情がこんなに冷たい自分にもあったんだ!
って子どもを生んで知りました。
私も基本は家事やら自分のことやらであまり遊んであげたり
しないんです。遊び方がわからないっていうか…。

無償の愛ってあるんですね(笑)うわぁキモい!(´Д` )
どんなに憎たらしい言動があっても、私も最終的には
愛おしいです。溢れんばかりです。


>のあちさん

肝っ玉母さん・・・
私もほど遠いです・・・
のあちさん、育児7年選手なのですね・・・
それじゃあもう、私なんか肝っ玉母さんに程遠過ぎて、
そんな風になれる日なんて来ないくらいですわ・・・きっと・・・

熱性痙攣、うち、まだ経験なしです。
噂にきく、嫌という程きく、熱性けいれん・・・
怖い。怖過ぎです。
私も話にはきいていても、実際なったらたぶんパニックです。
救急車とか呼んでしまう勢いです・・・
できればなってほしくないです・・・
のあちさんはのあちさんのご経験をベースに、
私のこの迷子騒動の時の気持ちに共感を寄せて下さったんですね・・・
ありがたや・・・です。

子供と遊ぶのは、たとえ我が子相手であっても結構難しいですよね。
私も、娘が話しかけて来たりしても、あまりうまく答えてあげられないです。
遊ぶのも、子供とずっと遊んでいるとなんか疲れちゃうんですよね・・・
うまいこと相手できないし、なんか面倒くさくなってくるというか・・・
でも、娘、あんたのことは愛してるんだよって、
それだけはわかってくれよ、とか、随分勝手な思いを胸に秘めてます。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。