10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

娘はプールが嫌いらしい。

2014.01.29 18:58|1歳半〜2歳
今日、フックブックローの新しいCDが出た模様。
期待していた、「あこがれ風車」、「少年ぱいれーつ」が収録されているようで、
なかなかわかってんじゃねえか、と言いたくなる。
「大きな木を抱きしめて」も入っていた。
これはあかんよね、うっかり夜中とかに再生してもうたらもう、
とめどなく目から汗が吹き出るよね。
溜まりに溜まった日頃の憂さを晴らすがごとくの滝だよね。
顔面の滝だよね。
だから怖くて聴けないんだけれども・・・買う。
と言っても近所の弱小ツタヤには入荷すらしないだろうから、
そこはやっぱりアマゾン様かなあ。


すみません、ここで謝らせて下さい。
あの、頂いたコメントは今日の時点ですべて返信済みとなっております。
ここのところPCの電源を入れることもできない多忙ぶりを極めておりまして・・・
いや、嘘ですすみません。
ただ私が体たらくなだけです。
いやいや違うんです、最近、娘が昼寝というものを一切してくれなくなりまして。
あやつ、ひょっとしてプールで鍛えられて無駄に体力つけやがったな、って感じの日々です。
ただでさえ体力有り余ってるのに。
持て余しておかしな発散方法を取っている娘なのに。
リビングとキッチンを無駄に全力疾走往復している娘なのに。
頭がイカれたのか、と親の私にも思われている娘なのに。
いやあ、昼寝をしないってのは辛いよね。
自分の時間がもてないなーとか言いつつ、私普段、ぜんぜん娘を構ってないけど。
自分のことばっかしているけど。
今日はこれ、娘が菓子を食べながらテレビに骨抜きにされている間に書いてます。
もう記事のストックもないよ・・・とほほだよ・・・
書きたい事はたくさんあるのになあ・・・
そういうわけで、コメントのお返しが遅くなりまして、すみませんでした。


さあて!
誰も別に事後報告を望んでいるわけじゃないと思うけれど、書くよ!
娘とプールに馳せ参じた結果を!

まあね、結論から言うとね、娘はプールが大っ嫌いらしいということだけは分かりましたわ・・・
ていうかね、私も別にまったく念頭になかったわけではないのよ。
むしろ、そういうシュミレーションは完璧だったのよ。
あいつ泣くわよ絶対に、全力で。
そりゃもう他のお母様、お子様、みんなの視線を一身に集めた上でぽかーんされるくらいのレベルよ。
だけどね、一抹の期待もなかったわけでないのよ。
お風呂ではあんなに無邪気に遊ぶ娘だもの。
きっと水は嫌いではないはずよ。
ていうことは、案外プールもいけるんじゃないかしらって。
そういう甘い方の妄想も膨らませていたんだけれどね・・・

でも現実はやはり、厳しい方だわよね。
着替える時から愚図りまくりよ。
準備体操の部屋でもグズグズよ。
プールを見たら泣き始めるわ。
入れようなどしようもんなら!
まるで鉛筆になったかのように体を硬直させて、仰け反ってまあ!
大変よ!

他の父母の皆様方の失笑を買ったわ・・・
失笑って、私初めてよ・・・
屈辱よね結構。

だけれども、ここまで来たんだもの。
私も隠しきれない腹のたるみを無理矢理水着に突っ込んでまで来たんだもの。
今更恥も外聞もないわよ!
開き直っちゃうわよ!

・・・とは、いかなかった。
やっぱりね、何が悲しいって。
そりゃうちら体験入会なんだから当たり前なんだけれど、
私らを包むのは、ほらもう、圧倒的な孤独感なわけよ。
他のお母様方はもうちらほら顔見知りなわけよ。
みんなで子供を抱きながら、円になってただプールの中をぐるぐる回るときにも、
前のお母さん、私をとばして後ろのお母さんと会話するわけよ。
あれ、今私に笑いかけてくれたのかしら、っていう刹那のときめきも木っ端微塵よ・・・
ああ、そうですか、やはりそうですか、そうですよね、んなわけないですよね・・・
みたいに、また勝手に傷ついて感傷に浸るのですよ。私も。
つくづく面倒な性格ですよ。
えーえーそりゃ、会話するよねえ、知った者どうし。
私もね、そりゃ、ぜんぜん知らん初めて会った人とは話しませんわ。残念ながら。

他にも、おもちゃを使って子供を自由に遊ばせる時にも、
もうむしろその時間はお母様方の交流会になっているわけですよ。
世間話にあちこち花が咲いて・・・
萎れる蕾は私ばかりよ・・・
娘も大概泣くし・・・
もううんざり、とまでは行かずとも、疲れるよね・・・
分かってたよ。
こうなることは予想済みだったわけだけれども。
予想した上で、やはり傷つくのが人間ですから。
フラれると分かっていながら告白する・・・みたいな・・・

まあ、だんだんと、娘の方は水に慣れてきてくれたんだけれども。
ああ、旦那が向こうの方のレーンで泳いでいるわ。
けれどやっぱり旦那にも一緒に入ってもらえばよかったわ・・・
夫婦でベビースイミングな人らもおったわ・・・
その人らのあの、結束というか、安定感というか強さというか・・・
そうよねえ、やっぱり持つべきものは旦那よねえ・・・
私ってば、終始なんだか孤独だったわ・・・

ちょっと興味深かったのは、初めての私らに対し、
やたら知った口を聞く若いコーチがいたことだった。
「水が嫌いなわけじゃないんでしょうね。たぶんこの雰囲気にやられてる」とか、
娘を一目見て、そういうこと言ってくるもんだから。
もうあんた誰よ。って感じだったわよ。
親の私以上に知った口きくんじゃないわよ。みたいな。
だけどやたら頼もしいのよ。
知り合いも誰ひとりとしていない中で、泣く娘を腕に抱え、
私が唯一頼れるのはこの人だけだわ、って感じたわ。
その威風堂々感・・・サバサバ感・・・
外見は、あの・・・


沢穂希!!


沢穂希にそっくりよ・・・
ああ、なんか頼もしいじゃない。
あの、女然としていないところが。化粧っ気のまったくないところが。
そうそう、この日もね、プール入るってのに往生際悪く化粧してるおかんが何人かおったわ。
常識ぶった非常識も大概にせえよ。って密かに悪態ついたわ腹ん中で。
プール入る時の最低限かつ必須のマナーだろうよ。
ここのプールにだって、あちこちでむやみやたらに張り紙してるだろうよ。
水質保持のために、化粧、日焼け止め類はしっかりと落として下さい、って。
まさか目に入らなかったとは言わせねえぞ。
あの、水に落ちないとかいう眉墨はまあ百歩譲って許せるとしても、
ファンデにチークにアイラインにシャドウにっておまえ!
フルメイクじゃねえかよ!
バレねえとでも思ってんのかよ!バレバレだっつの!
顔つけなければおっけーとかそういう問題なのかよ!
心構えの問題だろうが!大人としての良識の問題だろうが!
むしろ人前で化粧落とせねえ小心者がプールに来るなっつの!
誰がすでに子持ちのBBAの素顔みたところで今更幻滅驚嘆するんだよ!
わてら、子持ちの時点ですでにお呼びでねえんだよ!!泣!!!!

というより、こういうことを、
この場に来てまで平気の平太でやってのける女の浅ましさ図々しさに、
私はその図々しさを焼く地獄の業火を燃やしまくるのだった、あくまで、胸の内で・・・。

で、私はやたら沢穂希似のコーチの周りをストーカーのように、
ひっそりうろうろしていた・・・
こんな奴らと仲良くなれる気がしねえぜ、まったく。(←言い訳)
その後、大人の無料体験として、小一時間ばかり自分ひとりで泳いで出て来たのだった。

これが、土曜日の出来事。


そして、日曜日。
すっかりプールに味を占めた旦那が、またプールに行きたがるので、
今度は近くの市営のプールに行って来た。
ここは最近出来たばかりと見えて、割と綺麗な設備だった。
スクールも毎日開講していて、会費を払っている人はそれを受けられるのだったが、
あくまでも態は市民プール。
数百円払えば何時間でも居座れるし、娘にいたっては、なんとタダ!
すごい。
この資本主義社会においてタダより安いものはないのです、という森見登美彦の文章が浮かぶ。

そこに入ってみたけれど、やはり娘は泣き叫ぶ。
でも、子供用プールにあるおもちゃを見つけると、一瞬で泣き止み、
さらにしばらくすると、自らの足でプールの底を掴み、
さらにさらにしばらくすると、じょうろなどを使って遊びだし、
ついには大人用の深いプールにも入る事ができた・・・
慣れるスピードについては、前日よりも圧倒的に早くなっていた。

私は大人用のプールで、娘の脇を支えながら、
自分はバックで歩いて娘を泳がせていたのだけれど、
娘はバタ足を何度教えても会得できず、
バタバタしてごらん、と言うと決まって手をパタパタするのであった。
娘はその場で購入したベタな黄色の水泳帽に、
去年の夏ベビザラスで購入した、水色のひらひらした水着を来ていたのだけど、
なんとなくむちむちしい体型の娘が、でかい頭に水泳帽を被って、
どことなしに憮然とした表情で、でも親の要求だからと従って、
もみじのように小さな手を申し訳程度にパタパタさせる姿は・・・

なんというか・・・


ミドリフグ、なのだった。


笑った。
私は久しぶりに腹の底から沸き上がる面白さに我慢しきれず、
ひとり娘を誘導しながらゲラゲラ笑った。
娘は私に笑われて、不思議そうな顔をしていた。
あんた、淡水のフグやで!とつっこまれても、娘には意味不明なのであった。
その後、ひとりでぐんぐん泳いでいた旦那と娘の守を交代し、
旦那も同じく、淡水フグと化した娘に笑いを禁じ得なかったのであった・・・


こうしてみると、やはりスイミングスクール入会はまだ、
時期尚早かな、という気もしないでもない・・・
私らには、市民プールくらいがちょうどいいのではないか。
いつ行っても自由、しかも安く、
娘もこの時間に行かなくてはいけないとか、皆と同じ事をしないといけないとか、
そういった縛りの中でするよりも、今はまだ慣れさせる事のほうが大切なのでは・・・と思う。
それで、娘も本当に楽しめるようになってからスクールに入会しても、遅くないのでは。
何より、私もそのほうが楽、断然。
やはりあの、ママ友ママ友した感じが私には馴染めないのだった・・・。
娘のためには、ママ友友しいところのほうが、良いのかもしれないけれど・・・。

娘に、帰ってから、またプール行く?と聞くと、「いやや」と言われた。
どうやら娘は今のところ、プールが嫌いらしい。
でもまた今週末も連れて行くだろう。
なにより娘のミドリフグ姿、これが私の笑いのツボを押さえて話さない。
またあれを見に行く。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。