FC2ブログ
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

母の絵心

2014.01.30 22:53|その他雑記系
私の母、とにかく孫大好き系キャラ。
週1回は必ず我が家にやってきて、娘と遊んだり、娘を甘やかしたり、娘に振り回されたりしてる。
多い時は週2回くらい来る。
赤ちゃんのときはもっとだったな。

でも、まあ、母が娘の相手をしてくれていると、私はその間家事し放題だし、
娘は娘で「ばあちゃん!」つって喜んでるので、よろしいのではないかと思う。

そんな母と、娘。
最近ハマっているのはお絵描きだ。
昨年末に私が娘に買い与えたクレヨン、娘はもうめちゃくちゃそれに凝っており、
四つ切の画用紙に思いのままに書きなぐる。
時にはみ出る。
時にソファや床にまで飛び火する・・・
遊びに来た母も巻き込む形でクレヨンしまくっている。
ふたりが同じ画用紙に、それぞれ思い思いの絵を描いていて、
私はそれを家事をしながらたまにちらりと眺める。
娘のは、まだ絵にはなっていないけど。

先日、裏も表もみっちり描かれた画用紙をどこかで保管しようと思い至り、
画用紙の整理をしていたときのこと。
私は、発見してしまった・・・。
母の描いた絵を。
そういえば、生まれてこのかた30年、私は実の母の描いた絵というのを、
まともに見たことがなかった。
なので、このとき、私は生まれて初めてくらいの勢いで、母の絵心を確認したのである。




母の絵心・・・




そこで、本日はその母の数ある作品の中より、
珠玉の傑作をここで数点ご紹介したいと思う。
母と娘は同時に同じ画用紙に絵を描いているため、
母の絵と娘の書きなぐり線が混在しているということにご留意頂きたい。





それではまず、一作目。












IMG_8039_201401291911450fa.jpg

母画伯、渾身のくま・・・いや、ペンギンか?

顔は熊であるのにも関わらず、口はペンギンという、この味わい深い一作・・・
胴体はどことなくペンギンらしいシルエットとなっており、
もはやくまかペンギンかは見る者の決定力に委ねられる。
私はこの得体の知れない動物に、ペンくま、と名付けた。
















二作目。

IMG_8047.jpg

母画伯の犬。

なぜか顔面が、やたら顎が末広がりの二重構造となっている。
現実の構造に囚われない、自由な作風の絵である。
ちなみに母は、かつて自宅にて5頭の犬を同時飼育していた無類の愛犬家でもある。




















三作目。
こちらは母画伯初の写生画となっている。

IMG_8042_20140129191154bf5.jpg

うーたん。

おっとこれは、なかなかの出来!と思いきや、
実物はおよそ2等身であるはずのうーたんが、なぜか3等身となっている。
顔面から突き出るふたつのマラカス状の耳は、ゆるふわ感を完全に喪失し、
電波的なダイナミズムを感じさせる。
既存の概念を打ち破る、オリジナリティ溢れる一作。











それでは、本日最後の作品をご紹介しよう。
こちらは、画伯が最愛の孫を描いた作品である。














じゃーん。

IMG_8048_20140129191203a78.jpg

母画伯、人物画に手を出しちゃいました。

画伯にとり、目に入れても痛くない孫が今作のテーマであるが、
ぱっつんされすぎた感のある直線的前髪、(しかもやたら短い・・・)
目つきから漂うおよそ1歳児とは思えないけだるさ、
そして左に大きくズレた顔の輪郭などが特徴的な今作は、
あえて孫の愛らしさ、また画伯の持つ孫への愛情を打ち消した前衛的作風と仕上がっている。






ああ、母よ。
あなたまったく、絵心というものがなかったんだね・・・
私は初めてそのことに気がついたのだった。
貴重な発見だった。

母自身はまさか、娘である私が自分の絵をブログで晒しているとは思いもしないだろう。
今後も私は母に黙って、これはあかん的作品をここに載せていきたいと思う。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。