10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

洗濯物厄日

2014.02.04 01:33|その他雑記系
だああああ。
今日はいろいろと疲れたわ、ほんと。
ものすごひっさしぶりに、グラグラきたわ。

ブログとかで、何かや人やらの批判めいたことを書く時には、
注意しなければならないと常々思う。
自分の正当性をただ主張するだけで終われば、それは批判にもならないし、
それに対する反対意見とかも当然あるわけだし。
反対意見が溢れてもまた、面倒なわけだし・・・


ってことで、ここからはただの個人的な愚痴と受け取って頂ければ。
長文になりそうな予感です。
もう毎度毎度のことだよね。
知ってるよね。
でもたまに確認したくなるのはこれ、なんでかね。

いいよ、って方だけどうぞ。



洗濯機が、壊れた、わけだよ。
突然に。
昨日から、ちょっと予兆めいたことはあった。
けれどその時は、あれ、まあこんなこともあるのかなってくらいで気にも止めてなかった。
今日決定的にだめになった。
いざ溜まった洗濯物を撃破!と思っても洗濯できない。
不便。

で、、、こういう大物家電が壊れたときはどうすればいいのか。
私、初めてのことでちょっと狼狽。
相手が相手だけに、迅速な修理を欲するところ。
前回の掃除機とは、打撃度が違いすぎる・・・

やっぱメーカーでしょ。ってことでメーカーに電話するも、日中はさすがに繋がらない。
混み合っておりますのでお待ちください状態のまま、超焦らされる放置プレイ。
放置プレイの延々ループ。
は!でももしや!購入店で長期保証に加入していたかも…
てことは、量販店に電話したほうがいいのかも…と思い至り、
とりあえず繋がらない電話を切り、購入した量販店のHPへ行ってみる。
するとすると、故障の際は店舗へご連絡ください、ってなことが書いてある。
そのページから購入店の電話番号を調べ、電話をかける。

応対してくれた店員さんには、結構、すんなり状況を理解してもらえた。
「その状況なら当然、その先の行程にも進まないし、洗濯もできないんですね」
とか言ってもらえて。
そうそう、ありがと、その通りよ。
分かってもらえて嬉しいわ。
どうにかしてください、ほんと、困ってるんですわ私。

でもその場ですぐ、誰か派遣みたいなことにはやっぱならず、
修理の大本のところ、修理センターみたいなのがあるのか、
そこに連絡するので、待ってくれと言われる。
はいはい、待ちます待ちますとも。

しばらく他の家事などをしていると、修理センターの人間から電話がかかってくる。
我が家の洗濯機の状態を再び訊かれ、かくかくしかじかでって説明をしたんだけれども、
この時から始まってたわ、たぶん。
いや、もうむしろ量販店に電話したときからか?
今回の私的に結構グラグラきてしまった出来事の、序章・・・。

このとき、この修理センターの人に、
「あ、そういえば今回こうなる前にした洗濯でも・・・」みたいな話をしたのが間違いだった。
それが良くなかったわ、と思う。

だが、運が良いのか悪いのかは分からないが、
とりあえず修理には翌日の夕方にやって来てくれるということになった。
日時は確約されたんだし、とりあえず一安心だった。
いやあほんと、ありがたいね。
どこの誰だか知らないけれど、
わざわざ一民家の洗濯機が壊れたってだけでやって来てくれるなんて、
ありがたいやら申し訳ないやら・・・
いやいや、ナイスなシステムだよ、ほんと。
…と、この時はそう思って、かなりそれを心待ちにしていた。

ところがどっこい。
夜になって、夕飯の作業に追われている時に、再び家の電話が鳴ったのだった。
出てみると、翌日来てくれる予定になっているサービスマンの人だった。
「明日お伺いします修理センターの者、ですけれど」
この時点で、私、ちょっと違和感。
名前は言ってくんないんだね、的な。まあいい、些細すぎることだ。
で、とりあえず「お世話になります」と言ってみた、
聞いてるんだか聞いてないんだか分からんけれど。

でもなんだろう、こんな時間に…
あ、そういえば、センターの人が「修理に伺う前には担当者からご連絡致します」とか言ってたな…。
え、じゃあまさか、わざわざ前日にこの人、掛けて来てくれたんだろうか…。
あらあら御丁寧に…
くらいなもんだった、私もはじめは。

けれど、どうやらそうではないらしかった。
彼(そのサービスマン)はやたらめったら語り出した。
ぐだぐだぐだぐだ、語り出した…
まさかあなた、こうしてません?
いや洗濯機の仕組み的にはこうでね、
だからあなたのその方法ではね、できなくて当然なんですよ、
こうだったんだろうけど、そもそもそれが無理な話でね、
だからね…云云かんぬん…

え、何。
何なのこの人。
そんな、今時、説明書にも明記されてるし、ド素人でも知ってるようなことを、
まるで幼子に言い聞かせるかのようにつらつらつらつら喋り続けんのを、
私、このままあと何分聞かされんの?しかもこの時間帯に。とか思いながら、
私もただ「はい、はい…」と相槌を打ち続ける。
その間にも私の心の炎は、静かに燻り始める…
だんだんと声のトーンが下がって行くのを、自分でも感じる…
あかん、これ。
久しぶりに来るわ…
まずこのタイミングで、この電話、何なん…?

で、とうとう最後にそいつ。
「ですので今回の事象は故障ではないかと思います」
とかってあっさりさっぱり結論付けやがった…勝手に。
え、何言っちゃってんの、この人。
突然電話掛けて来て、ひとりでぐだぐだヅラヅラ喋り続けて、
故障だっつって連絡している私に対して、
故障でない、と結論付けやがった…

何それ。
私これ、今日洗濯機壊れたと認識した時点でこれ、何時間経ってんの?
またこの期に及んで、こいつに一から説明せなあかんの?
ここまで引っ張る?
この話ここまで引っ張る価値ある?
もうカタついたやん?
明日何時から何時の間に来るっちゅうところで落ちたやん?
むしろ話はそれからやん?
それやのに、ここから、また、始めから?

その瞬間、
私の心の炎、燃え盛った。

そもそも、そいつがぐだぐだ語りたいだけ語って、故障でないと結論づけた話は、
私が修理センターの人間に「あ、そういえば」的に語った内容だった。
むしろ、それ、本筋ではぜんぜんなかった。
つまり彼が故障でないと結論付ける理由自体がもう、なんていうか…。
お門違い、つうか的外れ…。
どこでどうなって私がそれを主訴として訴えてるっつう話になってんのかは不明だが、
サービスマンな彼が言うには、「データ」だそうだ。
これは、二番目に電話した修理センターの人間がアレなのか…。
それともこの人がアレなのか…。
これはただ、お節介なのか、それとも来たくないだけなのか…。
いや、最初に電話した店員はあっさりすんなり理解していたぞ?
なぜそれが伝わっていない。
これはあれか?
伝言ゲーム的な事象か?

私は当然訊くわけだ。
どこでどうなってんの。と。
そもそもあなたには今回の話、どう伝わってんの?と。

彼は言った。
どう伝わってんのも何も、今、出力したデータではそうなっていますので。と。

あかん。
これ、あかんわ。
私、この人あかん…。

データとな…。この私に対して、データとな…。
学生時代、数々のデータを手玉に取ったこの私に向かって!
データとな!?(大袈裟…。)
いやでも、どうせそれあんた。
あんたの言うデータちゅうのはあれですやろ。
世にも危険な言語的データのことですやろ。

違いましたでしょうか、とか抜かしやがるその人に、
私はまた言葉で、我が家の洗濯機の現状を説明しないといけなくなったわけだ。
もう思わず、「めんどくせ…」ってため息まじりの独り言が出ちまったわい。
聞こえてんのか聞こえてないのか知らないけどさ。
いや、この時間帯が忙しいのはまた、完全にこっちの話ですけどね?
あなたには関係のない話ですけどね?

またイライラしながらかくかくしかじか話して結果、
そういうわけなら伺います、となったんだけれども。
もう私、この時点で完全に無理になっていた。
この人、無理。
いや、この人自身がどういう人なのかは、知らない。
どういう志を持って生きて、どういう誇りを持って仕事して、
どういう毎日を送っていて、実際どんな綺麗な仕事をするのかも、知らない…。
だから私ごときがこの、名前も知らない、
ていうか名前も名乗らなかったこの人自身を否定はできないし、しない。
でも、どんなに綺麗な仕事をしようとも、
「データではそうなっている。
 そう言われても、今戻って来て明日の仕事内容を確認したらこうなっていたので」
…なーんて客相手に平気で言っちゃう人に、うちの洗濯機を修理されたくない。
というか、まず家に上げたくない。無理無理。

データって…。
いやいや知らんがな。
ちゃんとこっちの言い分が伝わってないのは、あんたんとこの体系の問題やろ。
こっちに転嫁してくるか?予想外や!
そもそもあんたの言ってるデータには、肝心な事は何一つ乗っちゃいなかったわけだけどね。
私の名前と住所と連絡先くらいじゃない?むしろ。
データとか言うわりには、まったくシステマティックじゃない、っつうね…。
そもそもこれ、立派な逆ギレなわけだし、ね…。

もうこれ以上、この人と関わり合って話しても、
あまりいい結果は生まれないだろうことは容易に予想がつく。
たとえ明日来てくれても、たぶん、もう絶対、噛み合わない…。
こっちに何か疑問や不安があったとしても、「データでは」とか言われそう。
データとかいう言葉を使って暗に、
俺は知らない俺は関係ない俺のせいじゃない・・・ってことを客に言うわけだからね…。
この電話の時点でね…。
別に客だからって、私、偉いわけじゃまったくないけれどね…。
でも、客なわけだからね…。
そういうわけなら行きますって、どういうわけなのよ…。
だから言ってんじゃないの最初から、困ってるんだって…。
何だろう、洗濯機壊れても、壊れたって証明がないと来てくれないのかね…。
あ、そっか、あれだね…。
明日はまた寒くなるって話だもんね…。
大阪でも雪が舞うかも、とかって話だもんね…。
来たくないわよね、そりゃ…。
いや、まず逆ギレした客んとこに、どのツラ下げて来るつもりなの…?

私はどうしてもこの人の言葉、態度、口調が腑に落ちず、
修理来てくれるのは良いけど、別の人にしてくれと言うと、
彼はまた更にむくれるのであった。
何か失礼なことを言いました?とかってしれっと言っちゃって。
いやいや、そもそもこの電話自体が失礼だろ、アンタ…。
ここまでのやり取りで結構、私に対して不穏な感情を抱いていただろうことは、
彼の口調や言い方からも想像に難くないわけだけど、
私に担当の人を変えてくれと言われ更に煽られちゃったのか、言われちゃったよ…。

「それは構いませんけど、明日来れるのか、同じ時間帯に来れるのかは、
 別の人間がどれだけ仕事を抱えているかにもよりますからわかりませんけどね」

はい構いません。
言い切ったよ、私も。
ごめんね、話聞いてなかったのかしら。
私はただ、あなたに来て欲しくないだけなの。
その他の事では、ご心配ご無用。
まあ、言うところのit's none of your businessっちゅうやつですよ。
そこから先はこちらのことですので…。
てか、ここでまたその捨て台詞?
凄い…。教育の賜物ですわ、奥さん…。開いた口が塞がらないぽかーん。

で、私に負けず劣らずぶーたれた彼は、
はいはいじゃあ会社の人間にそう言っときますよ!ってな感じで電話を切ったのだった。
私もそれ以上それを聞いていられず、適当にはいはいっつって、電話を切った。

なんだったのだ…。
こんな不毛なやり取りで、時間を使った私って…。
え、大人げない?
どっちが?

で、その後修理センターの人間から、杓子定規の謝罪電話が掛かってくるのだった。
もうそれすらね、面倒なわけよ。
すみませんすみません申し訳ありませんこちらの不手際で…
言われたところで、定型文でしょ?
知ってるしそういうの。
で、そんな身も知らない相手から形ばかり謝られたところで、
そういうことをされている自分自身が余計馬鹿馬鹿しくなるだけだった。
どうでもよいけど、うちのこの洗濯機、一体誰が救ってくれんの。って感じよ。
けれど、私だって人間なわけだし、
腹立たしいことはこの上なかったし、言いたい事は山ほどあったわけよ。
あんたんとこの人間、コミット感うっすう〜、とかって。
悪態のひとつやふたつ、つきたいわよそりゃ。
あんたらだってどうせそうでしょ。
「今日まじでヒスなア○おって〜マジでいてまおか思たわ〜」
「え〜俺が代わりにごめんなさいごめんなさいゆうといたら何もゆうてこんかったってえ」
「別に謝っときさえすればええねんて〜」
「そんなヒスな○マのことに頭使う方が時間勿体ないわ〜飲みいや〜」とかって。
酒の肴にボロカスゆうか、呪詛するか、そんなもんでしょうが。
私もこうやってブログで愚痴ってるわけだし。
けどさ、相手が形ばかりとは言え下手に出てるからって、
鬼の首取ったみたいにぐだぐだねちねち言うのも、趣味じゃない。ひたすらめんどい。

修理センターの人間は、当然じゃないですかとばかりに、
当初申し合わせた同じ時間帯に別の人間を寄越すと言って来た。
最初は、明日来てもらえることが確実ということで、気持ちも揺らいだが…
…やはり、無理だった…
感情の行き違いがあった人間側の者を、たとえそれが別の人間だろうと、
家に上げるとか、やっぱ無理…。

っつうことで、断った。

気持ちを改めて、電話をしたメーカーの修理窓口。
さすが、の一言だった。
抜かりのない対応。
製品への、愛よね…。
時間も時間だったために、その場でいつ何時という確約はできなかったが、
それならそうと誠実にそう伝えてくれること自体が、むしろ、ありがたい。
明日、改めて連絡をくれるそうだ。
最初からやはり、メーカーに話をしとけばよかった。
そしたらこんな回りくどい道草、食わなくてよかったのに…。

量販店の修理センターでは、明日の何時に来てくれるということが、
もうはっきり分かっている状態にはなるのだけれど、
たとえ数日不便な思いをすることになったとしても、
こういう誠実で丁寧で、気持ちの良い対応をしてくれるところを、やはり信じたいし、
信じられる。
てなわけで、洗濯機はしばらく動かない・・・
私はさっそく、今日洗う予定だった中性洗剤要の洗濯物を手洗いした。


今回のことで、私がなんでここまで十数年ぶりにグラグラ来たのか、
考えてみたけれどやっぱり、サービスマンな彼の、
こっちの立場事情状況を完全無視な結論付け、
あれだったわけだ。
私にしてみたら、それはほとんど、
突然家に上がり込まれて見ず知らずの野郎に自慰行為を見せつけられた、みたいな感じだ。
乱暴な言い方で申し訳ないけれど、そんなとこ。
自己完結で自己満足で、自分勝手。
一応、人相手な商売なわけだから…いやむしろ、
商売なんていう意識自体が古臭くて黴生えてんのかもしれないけど。

でも、別にだからと言って寂れろとか潰れてしまえとかは一切思わない。
そう思っているからここで愚痴っているというわけではないし、
そもそも私にそんな力はないし、もしあったとしても断じて使ってはならない。
けれど自分の精神衛生上よろしくないので、
私が私の都合で、二度とそこは使わない、ただそれだけのこと。



そんなこんなで、修理関連の連絡に手こずり、
すっかりいつものリズムが狂ってしまって、
久しぶりに23時以降に寝かしつけられることになってしまった娘・・・
とほほ・・・
ほんとごめん・・・
お風呂に入ったら、旦那の寝かしつけでは満足できなかった娘が、
私を求めて、洗濯カゴからすべての洗濯物を引き出しそれで脱衣所を埋め尽くし、
その中から私の脱ぎたてホヤホヤ部屋着を選び、それを抱きしめて脱衣所で寝ていた・・・

うわーお・・・この散らかされた洗濯物・・・
今日はまさに洗濯物厄日。
けれど娘の仕打ちにはまったく腹が立たない。
むしろ可愛すぎて余り有る。



いつものことながら、長文駄文、失礼致しました・・・
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。