10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

親に関係なく進化する娘

2014.02.05 18:14|1歳半〜2歳
先ほど、我が家の付近で雪が散らついた。
一瞬、結構たくさん降って来たので、あ、こりゃもしや積もるのかも・・・
とかって乙女心を燃え滾らせかけたけれど、あっさり収束・・・
そ、そうよね、そんなもんよね。
てか、乙女心ってなに。

娘はEテレのえいごであそぼに夢中になっていて、
なにげなーく「あ、雪降ってるよ〜」って声かけると(ほとんど独り言のつもり)、
「ええええ〜っ!?」つってすっ飛んで来た。
その驚き方たるや、こっちのほうがびっくりするほど。
まさに、驚愕って感じの声の大きさ。
さらにそのええええ〜っ!?には、明らかに、
雪へのときめき、そして期待に満ち満ちた色が込められていた。
このあたりではめったに雪なんぞ降らないもんだから、
私にしてみれば、娘がまず、雪というものを知っているとも思わなかったし、
だからわざわざえいごであそぼを放棄してまですっ飛んでくるとは思わなかったし、
雪を知っていたとしても、それが娘にとってそれほど心躍るものだとも思わなかったし、
というか、娘のその反応はたまたまなんだろうけれど・・・
と思いきや、娘は窓に貼り付いて、ふらふら舞い落ちる雪を指差して更に、
「きーれえーね〜〜〜」なんて言ったもんだから、こっちは更に驚嘆・・・

あんた、あんたって…
一体いつの間にそこまで人間らしさを身につけていたの?

あ、そうそう、数日前にもこんなことがあった。
もう寒くて辛抱たまらんっていう日は、完全家に引きこもり生活をしているのですが、
娘はそんなときでも遊びに行きたい模様。
でも、さすがに今日は外に連れ出したところで娘も寒さにやられ、
いつかのように公園でフリーズするだろう・・・って日には、
申し訳程度に家のベランダで遊ばせるのだが、娘はベランダ用靴を履かせると、
決まって私をベランダに引きずりこもうと、「ままー」って言いながら、手招きをする。
私は寒いの大嫌い、超苦手なので、「いい、まま、中にいるわ」って言うんだけれども、
娘も絶対諦めない。
行くまでおいでおいでをし続ける。
「えーもう無理やってえ!あんたひとりで遊びい。ここで見といたるから!」
「まま〜!!(おいでおいで)」
「さむいや〜ん!無理無理無理!」
「まっまあーーーー!!!!(ご近所迷惑レベルの音量)」
こういうやり取りが延々続いて、ついに私の方が先に折れてしまう、いつも・・・。
で、「もう〜しゃーないな、ほんま、ちょっとだけやからな!」って言うと、
娘ってば、この前・・・
顔の前でお願いって感じで手を合わせて、
いかにもって感じの媚び媚び笑顔を作りながら、
私に向かって、こきん、と小首を傾げやがった・・・!

…あんた!あんたって!!
何その…!
小悪魔媚びフェイス&しぐさ…!
どこで覚えたんや!
ぜえええええったい私からとちゃうで!
私そんなんできるキャラじゃないもん!
そんなんできるキャラなら今頃こんな不自由してないわ!
誰や!!
どこの女からの仕込みや!!
言え!!


・・・ほんと。
娘には驚かされる事が多い。
会話になるわけないと思う場面で、会話が成立することがあったり、
まさかそんな仕草は知らねえだろうってのを、ひょうひょうとやってのける。

私、あの、ぜんぜんね、普段、娘放置プレイですから。
ほんと、ネグレクトスレスレの放置っぷりよ。
すっごい、自分でもほんと、まあ娘のことは今更仕方がないとはいえ、
もうふたりめとかは絶対生んじゃいけないわ、子供が可哀想・・・
今は娘もこうあっても、絶対いつか私のせいで心を病むかグレるかするわ、
いつか私のせいで、自分に決定的に何かが足りてないことに気がつくわ、
くらいに思える程、娘にぜんぜん構ってませんから。
うるさいとか、もう後にしてよ、とか、そんなん言うてばかりですから。
ほんま、近年まれに見る最低な母親ですから…

けれど、こうして娘はいつの間にやらどこかで(たぶんほとんどテレビだろう)、
言葉や情緒を習得して、人間らしく化けて行っている。
ほんと、思うわ。
親はなくとも、子は育つ・・・
私がいなくても娘は育っていくんだろうなと思う。
当たり前ですけど。
いつもぜんぜん構ってやれてない自分を呪えるわ。ほんま・・・



さてさて。
前回、洗濯機のことで大人げなくむかつきまくっていた私ですけどね。
でも、それでもやっぱり自分は悪くないと思っている私ですけどね。

今日ね、メーカーさんから修理の人がやってきてね、
一応、故障の原因が分かりました。
その原因自体はものすごく単純なことだったのだけど、
この場で直す部品がないということで。
とりあえずは応急処置的なことだけしてもらって、後日・・・ということになりました。

けれど、とりあえずな処置のおかげで、洗濯はなんとか出来ております。
スタートボタン押しても一向に洗濯が始まらないっつう状況からは抜け出しました・・・
それで今日、数日ぶりに溜まりに溜まった洗濯物をがつがつ倒していっています。
洗濯機が動くって素晴らしいよね、ほんと・・・。
思えば、家の中の家電で壊れていいものなんてほんと、ほとんどないよね。
テレビくらいよね。
でも、娘が私のせいで超テレビっこなので、テレビも壊れちゃ困るんだけどね。
パソコン壊れても困る、冷蔵庫壊れても困る、炊飯器壊れても困るよね・・・
そういうものがなかった時代のこと、
自分がタイムスリップした気分で妄想してしまうわ・・・
割烹着着た自分が、かまどの前ですすにまみれながら、ふーふー飯を炊いたり、
たらいの中で洗濯板にごしごし洗濯物を擦り付けたり、
庭にでっかい氷室を作ったり・・・
ありえん・・・
できなさすぎる・・・
できてた時代の人らって、どうなってたん・・・

三種の神器が一般家庭をじわじわ浸食し始めた頃の衝撃はすごかっただろうな・・・
新・三種の神器なんてそれほど、やで。
三種の神器に比べたら不必要なものばっかやん。

ああ、どうでもいいけど。
今日は旦那が早く帰宅する日なので、そろそろ飯作り始めるぜ。
今晩は、ラザニアよ!
お宅の晩ご飯はなんですか、ね。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。