FC2ブログ
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

オリンピック、そして母と娘。

2014.02.10 17:43|その他雑記系
オリンピックが始まった。
娘も旦那も寝た後に、独り、薄暗い部屋でテレビをつけて観戦している私。
オリンピックには複雑な匂いがするね。
政治とスポーツは関係ないとか言っちゃって。
関係なくないよね。
金や政治やナショナリズムやらなんやら・・・
いろんな欲望と思惑に塗れて、さ。
けれど、表面的にはそれを選手の汗と涙が覆い隠してキラキラ、よ。
キラキラに騙されそうよ。
なぜ、上村愛子はメダルを取れなかったのかしら。
彼女、よかったじゃない。
その理由を今日のひるおびで分析していたわ。
聞けば聞くほど、クソ食らえ、な内容だったわ。
なんというか、オリンピックでの順位がすでに、
オリンピックの場外である程度決まっているってことよね。
金かしら政治かしらナショナリズムかしら白人至上主義かしら、どれなのかしら。
ああ、そんな黒い渦の中で戦い終えて、それでも上村愛子はキラキラよ。
なんというか、ああいうことになるのなら、
もういっそ順位やらメダルやらは意味がないのではないかしら。
その場で本当に、生まれ持った才能や、日々の積み重ねの成果や、それに裏付けされた実力や、
たまにはほんのちょっとの運も発揮できた人間が評価される、っていうシステムじゃないのなら、
順位やらメダルやらはほんと、
黒い渦の中に身を置いていてオイシイ人らの中だけのお話ってことになるんじゃないの。
だったらいらねえわね。
あんなに彼女輝いている。
誰と比べてとかではなく、自分だけの、自分のための勝負に勝ったって感じ。

私、そのキラキラにうるうるよ。
どんな選手にもひとりひとりドラマがあるのよね。
それは毎回そう思うし、それはメダルの色では計れないものよ。
何千の選手たちの中で、表彰台に乗れる人間は一握りよ。
でも誰に感動するのかは自由よ。
もう自由な気持ちで見るしかないのよ、こういうものは。

フィギュアも、よかったなあ。
はにゅ〜。
気迫と自信が伝わって来たな。
これからもっともっと良くなっていくのだろう、そんな予感がする・・・
どこまで登って行くのか・・・

そして、プル様よ。
もう四年に一度のオリンピックイヤーにしか見られなくなってきてる、プル様よ。
フィギュア界の皇帝っつうか、ラスボスよ。
あの、絶対にコケてなるものかっつう、ジャンプ。
軸が傾いてるってアンタ!ってのでも平気で降りるあのジャンプ・・・
むしろ、跳ぶことそのものよりも、
降りることに最大限注力してんじゃないかって思う、あのジャンプ・・・
今回も健在よ。
プル様は健在よ。
やっぱり、この人が出てこないと、おもろないで。
この人が出るから、オリンピックはオモロイんやで。
今回も、天才的もとい変態的スケーティング楽しみにしてるで。

・・・ああ、私はやっぱり、夏期より冬期五輪が好きなのであった。


そんなこんなで、毎日寝不足か、と思いきや。
最近娘の起きてくる時間がえらく遅くなっている。
やっぱり、冬だから?
そしてそこもあえて起こさない、私。
母親として、どうなの?っていう、私。

けど、なーにが規則正しい生活習慣を身につけさせるべきだよばかやろうが。
そんなこったあ当たり前過ぎて分かり過ぎてんだよこっちもよお。
いいじゃねえか、娘も起きねえときくらい、私だって寝てたって!
毎日毎日何から何まで娘娘娘、でがんばってんだよ!
禿げるか禿げないかの瀬戸際でがんばってんだよ!

・・・みたいな開き直り精神で、私も寝てます。

もうね、いいのこれで。
誰に対しての言い訳よ。
誰に対してのいい母親よ。
そんなもの、ないないない!
始めからどこにも、ないないない!
私はこれよ。最初からこんななのよ。
こんな私が母親やってるってだけで、はなから無理あんのに、
それでも娘は育ってんだから、これでいいのいいのいいの!!
むしろそれ自体が虚勢だっていいのいいのいいの!!
だって誰が代わってくれる?手伝ってくれる?分かってくれる?
私以外誰も私にはなれないんだからこれでいいのいいのいいの!!

ってな感じで、木曜日の健診も行ってこようかな、なんて。
もうね、何もかも、右から左に受け流すスタイルですわ。
どうせ、なんか、いろいろ、あんでしょ?
ダメ出しに見せかけないダメ出しみたいな。

・・・はああ。


娘、かわいいなあ。
かわいいよ、すごく。
なんか、何から何までかわいいね。
そして、絶対他人はここんとこ、気がつかないだろうなってところでも可愛いのよ。
私だけが知っている可愛さよ。

犠牲、なんて言葉は言い訳じみていて使いたくはないんだけれども、
事実、娘がいることでいろいろと犠牲にしてきているんだもの、その私だけが知る可愛さよ。
けれど、娘には、私あんたのためにこんなにも云々みたいなことは、絶対伝わらないように、したい。
だから私も素知らぬ顔して自分の人生生きなきゃなんないわ。
今はいろいろと制約があって難しいとしても。
今の私は、女、妻、人間、母親、そのどれかって言うと、もう間違いなく「母親」だもの。
むしろこれオンリーよ、他の私が入り込む余地なんてないわ。
旦那ですら、まず第一に母親でいることを優先して欲しそうなんだもの。
それが娘のためだとか思ってるから。
けれど、自分も娘であることを思うとね、
ただ「母親」ってだけの母親なんてうっとうしいしめんどくさいだけなのよ。
娘が、母親を、母親としてだけいさせるなんて、そんなこと絶対ありえないわ。
そんな娘がどこにいる!
いたとしたら挙手してほしいわ!

私も、自分の母に対してはまじでいろいろと複雑な感情を抱いているけれど、
やっぱりそんな中で、母親が自分の仕事を持っていて、そして今も尚かつそうであるからこそ、
私と母のバランスはなんとか、病的なものではなく保たれてきたんだと思うわ。
あの人が、ありえないけれど、もしただ「母親」ってだけの女なら、
私今頃、たぶんあの人とはやっていけてないわ。
没交渉、くらいの事態には陥っているわ。
あの人が自己中で傲慢な人でも、私にとってはとても愛おしい人であるのはきっと、
あの人がただ私の「母親」ってだけで終わらなかった女だからよ。
だから私もそうでありたいわ。
娘を雁字搦めに縛り付けて支配して、
そして娘の存在を自分自身の生きる理由、みたいにはしたくないわ。
働く働かないは問題ではないし、
今はやっぱり娘にとってはどうしても「母親」第一の私が必要なんだろうけど。
それでも私にも「母親」でないときの自分の部分が確かに残っているんだもの。
そこを大切に温存させていきたいわ。

はあ、結局、なんだったのかしら、私が書きたかったことって。
そうよ、娘はかわいい、ってことよ。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。