10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

イヤイヤ期は不必要?

2014.02.12 20:00|その他雑記系
我が娘、ただいま「イヤイヤ期」真っ只中。

同じような時期のお子さんを持つお母様方、毎日お疲れさまです。
まあ、これ、なんつうか、大変っすよね。

何が大変ってね、これ、親である私も大変なんだけれど、
いやいや言ってる娘もまあ、大変なんだろうと思うのよ。
いや、でも何が大変なの?って聞かれると、あれ、何が大変なんだろうとも思ったり・・・

そもそもね、「イヤイヤ期」の定義って何なのよ。みたいなことまで考えるわけですよ。
それがいいのか悪いのか、子供ならみんなあるものなのか、ないものなのか。
けれど、「イヤイヤ期」なんて言葉があるくらいだから、みんな結構あるものなんだろう。
結構一般的な、子供の成長過程なんだろう、みたいな。
私も、娘がまだ寝返りするかしないかのうちから、
「イヤイヤ期」っていうメンドクサイ時期が来るってのは、噂には聞いていた。
「魔の二歳児」とかいうのも。
うわ、なんか面倒そうだな、って思ってたのよ。

けど、実際そうなって、娘が挨拶代わりかよってくらい「いやや」「いやや」言い出しても、
不思議と、それがまた予想していた程しんどいと思っていない自分がいる。
まあ、まだそれは娘はイヤイヤ初心者だからなのかもしれないけれど。
今後もっとどぎついイヤイヤが待っていて、
その時にはさすがに私も疲弊し始めるのかもしれないけれど。

しかし今はまだ、なんとかやっていけている。
あーあ、また「いやいや」言っちゃってるよ。
なにさちょっと「いや」とかって言えるようになったからって、
何でもかんでも「いや」とか言っちゃって。
はいはい、偉そうに言いますけどね、あんたもそれ、
一般的なふっつーの成長過程辿ってるだけですから。
あんたも所詮凡人凡子ですからー。とか思って。
「いや」とか言われても、ふーん、あそ、いやなん。って言いながら結局強硬突破している私。
そして片付けさせたり、おむつ変えたり、まあとにかくその場でやるべきことをやる。

でも、そんな娘も、機嫌のいいときとか、別に「嫌」と思うことでないことになら、
「〜してね」「〜しなさい」って言葉に対し、「はーい」なんつって調子良く返事する。
そしてさっさと片付けたり、手伝ったり、してくれる…。

なんでもかんでも「いやや」の一点張りだった日々の中、
突然やけに素直すぎる「はーい」が出て来たときには、私もちょっと拍子抜けしたというか・・・
しかもやたら、「いやや」に混じって「はーい」も増えてきていたりして・・・
まさか、これまさかもう、いやいや期終わり?
え、たった数ヶ月でいやいやって終わんの?
・・・などと、甘すぎる期待も、一瞬胸の内に燻る。

そういや、ところで、いやいや期って一体いつまでなのよ。
そりゃ「魔の二歳児」とか言うくらいだから、だいたい二歳代くらいまでなのかしら・・・
そうだ、こういう時にはグーグル様に訊いてみよう。
ってことで、調べてみる。
調べてみたところ、私は「イヤイヤ期」について書かれた、衝撃的な内容を見つけてしまった・・・

それはまあ、所謂、ナレッジコミュニティで書かれていた内容。
私と同じく悩める母親が、「イヤイヤ期」について質問し、それに対して回答がついていた。
回答した人は、自身を心理学の専門家、と名乗っていた。

その人曰く、なんと「イヤイヤ期」は子供の成長に必要である過程ではない、とのことであった。
いや、正しくは、その人がそう断言しているわけではなく、
必要な過程であるという、「科学的証明」がない、ということであった。
私は非常に、衝撃、というか、もうなんというか・・・
なんということだ!!と叫びそうになってしまった。

そして更に読み進めて行くと、その回答者である人は、
「報酬」や「強化」、「消去」という学習心理学的な理論を背景に、
「イヤイヤ」はなくせる、
そして、「イヤイヤ」は正しい反応ではない、それを子に教えてあげたらどうか、
私や私の同僚の子供で、イヤイヤがあった子はいない、ということまで書いておられた・・・

衝撃、更に深まる・・・。
「イヤイヤ」がないと、やっぱり、楽だったりするのかしら・・・ゴクリ・・・

しかし私はこれを読んで、大学一回生の時の衝撃を思い出してしまった。
犬やネズミやらを使って、結構過激な実験をして、
刺激によって行動は制御できるんだ、なんていう証明をした外国の研究者たち・・・
外からその存在を確認することができない「心」という存在を無視する研究・・・
心理学なんていうあやふやなもんが、「科学である」という確からしい衣を纏うために、
数字やらデータやらに傾倒していく・・・
そして、個体個体の内的心的要因は徹底的に無視されて行く・・・
数字やデータが持つ魔力、そして危険性・・・
今ではこんな動物実験、到底許されないであろう・・・
でも確かに、「これは科学だ」、と言えたら、
それだけでどれほどの説得性と客観性を持つのだろう・・・なんて。

データという魔力に魅せられ、社会心理畑から入り臨床畑に移行し、
臨床畑に身を置きながら、やっぱり内外に「科学」と主張できることの魅力を捨てきれず、
そこから軸足を脱することができず、
院生のときはバキバキに叩かれて終わった私。
その後、何の因果かカウンセラーになった私・・・
いろいろな記憶が蘇った。
私もカウンセラーとして、悩める母親たちと向き合ったとき、
この簡略化されて扱いやすい魅力的なものに走っていなかったか、
科学的根拠という魔力、自分が見たわけでもないのに先人たちに証明されているから、
ただそれだけの理由で、平気でこういうものをツールとして、親に与えていなかったか・・・
そう考えると、もう、冷や汗寸前・・・
しばらく、動けなくなりそう・・・


・・・なんつーか。
私は、我が子を育てるときに、「科学的根拠」なんてもんは必要ないと思っている。
もうこれは、あくまで、ひとりの親として、言うことだけれども。
娘を育ててる、ていうかそんな偉そうなもんでもなく、
ただ毎日、娘と共に日々を過ごし、娘が自分でできないことは手伝い、
娘に寄り添い付き合っている人間としての感覚だけれど。

娘が「いや」という時、そこに確かに娘の意思を感じるのである。
娘が「いや」と言う事自体に、意味がない、なんてことはないのだと思う。
彼女は確かにそこで、己を主張しているのである。
私の気持ちはこうなの、それはおかあさんのものとは違うの、
そして私、違っていていいと思うの、だって今、私はこうなんだから!
という意思が、そこはかとなくぷんぷんと匂ってくるのである・・・

娘の「いや」にはいろいろな色がある。
本当に拒否したいときの「いや」から、駆け引き的な「いや」まで、実に様々。
だけれど、私はそこに娘の、一個人としての自由な意思を感じ取るから、
そこまで娘の「いや」に思い詰めずに済んでいるのだと思う。
むしろ、コミュニケーションの幅が広がったな、くらいに思うほどである。

「いややいややいややあああ!」なんつって叫ばれるときもあるし、
まあそれはそれで、聞いているのがしんどいと思う時ももちろんあるのだけれど、
それが娘の気持ちなのよ、私には伝わってくるのよ、
「いや」と言える事は、嗚呼、実に素晴らしい事よ!
あんたと私は違っていて当たり前よ!
これをさせたいと思うのも、全部そう!親の都合よ!押し付けよ!
みたいな。ね。
「いや」ということが間違っているとは思わないし、
それがなかったら安心とも言えないのではないのだろうか・・・

けれど、そうは言っても人の世に生まれた娘。
嫌と思いつつもしなければいけないことだらけ。
そこは親として、きちんと分からせたいとは思っていますけど。
だからと言って、娘の「いやいや」をなくせるものならなくしたい、とまでは、
思わないのであった・・・。

いろんなところでいろんな意見がある。
いろんな立場もある。
ましては時代はネット社会、情報や意見が溢れ返っていて、
しかも誰でもそこに簡単にアクセスできる。
それに助けられる人も、助けられない人もいる。
学んだ、あるいはそれを職にしている専門家である人と、そうでない人がいる。
私はもしかしたら両方の立場であると言えるのかもしれないけれど、
親であるときは、ただひたすら、親でしかない。
発達心理学的に、学習心理学的に、・・・みたいなことは頭にはぜんぜんないのであった。
それが正しいか間違っているのかは分からないけれど、
今、自分の気持ちをストレートに伝えてくる娘と、それを受け止めている私の状態は、
なんとなく、悪くない、とも思える。
なので私はこれからも、自分の感覚というか、娘との間にあるものを、
きちんと見つめて大切にしていきたい、と思うのであった。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。