10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

健診、行って来た。

2014.02.15 20:23|食、健康関連の話
このカテゴリ分けは間違っているかもな・・・
まあいいわ、とりあえず書いてみよう。


健診!
行って来た!
1歳7ヶ月健診!

はあああ・・・
もうまじで疲れたわ。
もうこれ、絶対さ、旦那と一緒じゃなかったら私程度のレベルでは、
到底乗り切る事、不可能やったわ・・・
ただでさえ、人見知り&場所見知りやのにさ・・・
子供の人見知り場所見知りより、自分のそれを相談したいくらいやのに・・・さ・・・
あんな大勢の他所のお母様方に混じって、
あっちへこっちへと娘を制御しながら首尾よく、なんてこと、始めからできるはずもなかったわ。
良かった、ほんと、無理してひとりで連れて行かなくて。

いろんな1歳7ヶ月児の母たちがおったわ。
もうこればかりはほんと、興味深くて思わずさりげなく観察してしまったわ。
なんせほとんど引きこもりの毎日よ。
最近は他所のお母さんという、私にとっては謎多き生態と接触を試みる事、
それ自体がめっきり減っていたんだもの・・・
そんな観察ができたのも、すべて、旦那がついてきてくれたという心の余裕のおかげよ、感謝よ。
中には母親としての貫禄感すごい人もいて、密かに恋しそうになったわ、私。
子供がどんな自由な行動を取ろうともまったく動じる事もなく、指一本で制圧する感じの母親。
いいわね、あれ、あの感じ。
私も目指すところはああいう母親だったのよね・・・
無理だけど・・・
もう嫌という程、キャラじゃないしキャパもないことは自分でも分かっているけれど・・・

反対に、終始泣き続ける我が子に手を焼きながら、
むしろもう栄養士やらなんやらの説明、はよ終わらんかいオーラ出ている母親もいたわ。
そりゃあね、子供だって疲れるし不安だし、もう泣き続けても仕方ない状況よ・・・
説明もね、子の泣き声に掻き消されるわ。
肝心なところは聞こえてこないし、あんまり意味がないわ・・・こうなると・・・。

うちの子?
そりゃもう、ご多分に漏れずと言ったところよ。
泣いたわ、泣くわ、そりゃ。
あの雰囲気だけでもうあかんやろう。
まあ何が難関って、歯科検診と計測と医師の診察よ・・・
むしろそれしかないわけよ。
他のなんて、話聞いたりするだけで、大した事ないない。

娘ってば、健診会場の前で他の母子たちが列を成しているのを見て、
さっそく何か不穏な空気を感じ取るのよ、もう!
あんたね、無駄に空気読めすぎんのよ・・・
部屋が開き、受付が始まるってだけでもう泣き始める。
ふえ〜んとかって情けない声出して、まったく私から離れようとしない。
他のお子さんとかは、「なんだなんだ?ここは!」って感じで興味津々で走り回ったり、
無邪気な施設内探索を実行した結果、他の子とも入り乱れて交流が始まっているのに・・・
またあんた、あれかよ。
・・・場所見知りかよ。

そんな娘にじっと付き合って、やっとその場所に娘が慣れ始めたなってところで、
歯科検診に呼ばれるわけよ。
その時は機嫌も持ち直しているのに、また突き落とされるわけよ・・・
検診の順番待ちで、それまでご機嫌だった他の子がびーびー泣くのを聞いて、
やばい気配を感じ取るわけよ。そして娘も予行練習的に泣くわけよ・・・
本番ではもう、旦那と私と検診の助手的な女が、
三人掛かりで押さえつけなきゃならんほどの大暴れっぷりよ・・・
見事よ娘。期待を裏切らないわ。
検診台の上で、仰向けになってる状態から、あいつ、腰だけひょいと浮かせて、
そのままひっくり返りそうになったからね・・・
そうよね、両面こんがり焼かなきゃね・・・って誰が魚やねん。
けれど、虫歯ないし、歯もきれいと言われたし、それだけで救われる思いよ・・・疲れたけど。

そんなこんなでその日のレクリエーションは、すべてなんとか乗り切った。
途中の心理士だか誰だか、の面談と、最後の結果説明の面談でも、
困っていることはないか的なことを訊かれるんだけど・・・
不思議よね。
いつも毎日、何かに行き詰まっているような気がしているのに、
いざそうして訊かれると、何も浮かばないのよね・・・
「別に・・・」とか言っちゃうのよね。沢尻エリカだよね。
けれど、なんだかね、向こうは引き出したいのよ、なんかあるでしょ的に。
結構ニコニコしながら、しつこく訊いてくるの。
そこまで期待されちゃうとね、こっちも何かしらその期待に応えなきゃ、みたいな気になるよね、
不思議よね、日本人だからかな。
だから私も、どうでもいいこと話しちゃうよね。
ああ、そういえばそう、例えばさっきここに来た時にも感じた、娘の場所見知り。
初めてのことや場所や物に対する、過剰と思えるほどの不安感、緊張感、
あれなんだろう、他の子を見ているともっと伸び伸びとしているのに、
こういうのも何か、私の普段の関わり方のせい、とかだったりするのでしょうか・・・って。
まあそんなしおらしいこと、実は微塵も思っちゃいない私ですけどね。

その人から返って来た答え、もう分かりきっているけれど、それが娘の特性だって。
そんなんね、誰よりも私が一番分かってますわ、みたいな。
けれど、当たり前のことを言うだけじゃないのよ。
ちょっと貴重な意見だなと思ったのはね。
場所見知りをなくそうと思っていろいろなところに連れて行くのは、却って逆効果、なのだそう。
へえー。そうなんだ、知らなかった。
その人曰く、今はむしろ、一つの場所で母子がゆっくりと落ち着ける環境が必要らしい。
連れ回す必要性があって連れ回すのはどんどんすればいいけれど、
あえて場所見知りを治そうといろいろ連れて行くのはあまり意味がない、ということだった。
ふーん、じゃあ家で引きこもってる私もあながち間違ってはないってこと?
いや、それは絶対間違ってるよね、はい。すみません。

いやいや、いろいろとカオスな空間だったよ、今思い返しても。
まあ、あれだけの1歳7ヶ月児が一堂に会すこともそうそうないだろうし、
みんななんだかんだで、あっちでギャーギャーこっちでギャーギャー言ってて、
娘も私も結構、この健診だけでお腹いっぱいになってしまった。
雰囲気に呑まれた・・・
拘束時間も長かったし・・・。
12時くらいに家を出て、終わったのは15時頃・・・
にも関わらず、またそっからプールとか行ってしまう私ら・・・
娘に対して、拷問めいてないかい・・・
連れ回しても場所見知りは治らないと言われたばかりなのに・・・

けれど、そこはすでに何度か訪れているプール。
娘も来るごとに、慣れるスピードが格段に早くなっているのであった。
今日は娘も疲れていただろうに、それでもかなりプールで機嫌良く遊んだ。
そんな娘を見て、頼もしく、嬉しく、思った。
また週末はここへ来よう。
ここは何か、私らにとって楽しく落ち着ける場所になりつつあるのかもしれない。






ここから先、ちょっと私の独断と偏見と愚痴・・・てか悪口?みたいなものですので、
閲覧ご注意ください。





健診。
同じ1歳7ヶ月児を育てているとは言えども、いろんな母親がいるんだな、と感じた。
そしてこういう風に、いろいろな親が集まる場所では、必ずもれなく混じっていますよね。
今回も混じっていた、ちょっと、ディー・キュー・エンヌな親が・・・

もう見た目からして、うわ・・・というところはあったが、
まあまあ、そこはね。
人を見た目で判断するっちゅうような、ジジくさい真似はしねえぜ、なんて、
私もまだ思ってはいたんですけどね。

その何ていうか、Dな親がね、見た目(また見た目の話・・・)加藤ミリヤみたいな風貌で、
ばっちりメイクはしているのにも関わらず、なんというか血色はものすごく悪く、
そしてやはりか、そこ、外せないかというくらい、もれなくカラコンなんですがね、
その人は、人見知りなのか、
それとも自ら世間というものに交わる、ということを潔しとしないのかなんなのか・・・
その辺はよくはわからないのだけど、とにかく、その人は結構、
他の親たちの中にいて浮いた存在である、ということは私も瞬時に察した。
なんだろう、決して見た目からだけではない、違和感というかなんというか・・・。
いや、けれどね、私も自分から気の利いたこととかぜんぜん言えないヤツだし、
積極的な他人への働きかけとか、そういうのぜんぜんもう駄目なタイプだから、
なんとなく、その浮き具合がすごい、わかるような気がして・・・
私はこの人、なんとなく気になっていた。違和感感じつつも。

しかし、私はその人から醸し出される違和感の理由を、ほどなくして知ることになる。

場所見知りから、だんだんとその場の雰囲気に慣れてきた娘、
健診開始までの待ち時間に、私と一緒に絵本を選びに本棚の前へ行く。
そのときに、そのDな親の子も娘との距離を詰めてきた。
私が娘に猫の本を見せていると、娘は「にゃんにゃん!」とか言いながら
ちょっと興奮気味にその本を指差していて、
するとDな親の子も、その本に興味を示して娘の隣から覗き込んで来た。

おおっとこれは・・・
これはなんか、この子にもちょっと気を遣わなければならない場面なのではないか・・・
いや、私もぶっちゃけ、本音を言えば、別に今はここで娘さえ楽しめればいいわけで、
この子には興味とかはないし、この子を私が楽しませる義務はないし、
だけれどこの状況でまるきり無視を決め込んで、娘の相手だけをするのはこれ、
いち社会人として、大人として、いかがなものか・・・

ってことで、「あ、読みたい?読んでみる?」なんてその子に話しかけながら、
なんとなくその子にも、「にゃんにゃん、かわいいね」なんて言ってみる。
するとすぐそばで、その様子をこのDな親も見ていた。
けれどこの人、もうこれ、まるっきり自分の子なのに放置、というか、私任せ、というか・・・
何のアクションも反応もなく、みたいな・・・。
で、私にされるがままになっている。ただ、それだけ。
え、いや困るんですけど・・・。
私もただでさえ、自分の子ですら持て余してるくらいで、
他所の子の相手とか苦手ですし面倒なんですけど・・・
あ、すみませーん!こら!○○!こっちに来なさい!とか・・・
もしくは・・・
ほんとだねえ、にゃんにゃん、かわいいねー(すみません、ありがとうございますう)とか・・・
ん?ない?
何もないの?
え、ど、どうしろと?
このまままとめて読み聞かせでもしてろ、と?
いや、人付き合いがなんぼ苦手とゆうたかってね、自分の子供が他人さんに絡んでいってたら、
これなんか、一声二声、あるでしょ。前々から言ってることやけどもさ。

その親が一向にアクションを起こさないので、
なんだか私と、その親子の間に微妙な感じの空気、流れる。
しかし、そこで娘、歯科検診に呼ばれる!
助かった・・・
私は逃げるように、娘を抱いてその場から逃げ去る・・・

その後もこのDな親、なんだか不機嫌そうというか、不満そうというか、
よくわからないけれど、覇気のない顔色で、ずっと子供を基本放置している。
順番が来て呼ばれたら反応するんだけれど、それ以外、体育座りでぼんやりという体勢。
子供のほうはというと元気に、縦横無尽に走り回り、
けれど親もそれを制御しようともしないもんだから結果・・・
計測をしていた他の親御さんの足下をちょろつき、
そしてその親御さん、我が子を抱いたまま、思いっきり前にこける・・・
ゴンッ!というすごい音、激しく泣き出す裸のままの、計測中の子・・・
危なすぎる・・・
そこまでなって初めて動くDな親・・・

その場が収まってからも、尚も走り回り続ける我が子が、自分に向かって来て触れようとすると、
あからさまに鬱陶しそうな顔を全面に表す、Dな親・・・

私はこの人から、我が子への責任感というか愛情というか、
そういうものの片鱗も感じ取ることができなかった。
そうか、違和感の原因は、これか・・・

と思ったらその後、その人たちを見るのがつらすぎて、
私は視界の中にその親子を入れるのをやめた。

なんだろう・・・ね・・・
あの人は、あの場に来たくもなかったかもしれないし、
何かもう、健診云々以前の、もっと決定的なところでつまずいているのかもしれない・・・
だからと言って私には関係のないことだし、どうにもできない。
ただ、自分の子供くらいはやっぱり、人様に迷惑をかけることだけはせめて、阻止しようよ・・・
そこまでコミット感が持てないのかも、ってのは、見るからに想像できそうなところだけれど。
見た目ディー・キュー・エンヌだし・・・やっぱ、そこ・・・

いや、別になんてことはない。
そういう親子を見た。というお話でした。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。