10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

レジェンドその2。

2014.02.21 19:52|その他雑記系
最近、五輪ネタばっかですみません。今日は女子フィギュアの個人的感想です。
一応、ここ、育児ブログなんですけどね。
フィギュアファンなもので。


羽生結弦が金メダルを取りレジェンドとなり、
浅田真央はメダルを取らずしてレジェンドとなった。


なんだかね。
真央ちゃんはSPが終わった後、魂抜けてたけど、
私は真央ちゃんのフリーが終わって、魂抜けたわ。
もちろんもう、演技の途中から号泣が始まって、終わって更に号泣して、
なんだかもうね、完全に持ってかれたんだけど、彼女に。

SPが終わった後には、彼女をこれまでずっと応援し続けて来た私としても、
正直、腹が立ったんですわ。
なんてことだ、浅田真央!
いくら五輪とは言え、何に呑まれきっている!気持ちはどこへ置いてきたんだ!って感じで。
それでまた、森元総理の言葉にも、さらにさらに腹が立ったんですわ。
真央!このまま言わせておいていいのか!
あの元総理だかなんだかしんねえが、老害寸前のじいさんに!
フィギュアのなんたるかもしらねえじいさんに!!
・・・はぁっはぁっ・・・
いやいや、森さんは真意と違うとか言ってるらしいし、
恣意的に切り取られて報道されたみたいな感じになっとるらしいけど、
・ ・ ・ し ら ん が な 。
今更団体でなきゃ良かったみたいなこと言ったってしゃーねえだろうよ。

ま、とにかくだな。
16位というのはもう、あまりにも絶望的な結果だったんだわ・・・
もう見た事もないくらい、絶望的だったんだわ・・・
だからもう、私だって実際のところ腹が立ったし、
フリーの日はリアルタイムに視聴することなく寝ちまおうか、なんていう乱暴な考えも浮かんだ。
けれど、結局ね、やっぱり観ちゃうんだよね。
もういい、今日またぜんぜん持ち直せてなくたって、
ボロボロの真央でいたって、
ジャンプもほとんど失敗したって、
それでも浅田真央というスケーターが好きで、ここまで応援してきたんだから。
私も、どうなったって腹括って見届ける!なんて。
ほんと、あんた誰やねん。
あんたの覚悟なんてどうでもええねん、って突っ込まれそうな勢いですけど、
テレビの前で正座して。観ましたわ。夜中。


結果・・・

ほんとね、もうね・・・
観て良かったよ、やっぱり。
あれは観るべきだった、日本人として絶対に。
リアルタイムで観てなくてもいい。
観てない人は今からでも見るべき、絶対。
23歳の、ひとりの、18年間フィギュアに人生を捧げて来た日本人の女性の、
スポーツとは何たるかを体現した姿がそこにあるから。

メダルはない。
誰もが彼女にメダルを期待したことだろう。
しかも前回の事があるから、余計に。
一番いい色のメダルを期待していたと思う。
私だってそうだ。
ひとりのファンとして、どうしても浅田真央にオリンピックの金メダルを取ってもらいたかった。
それでこそ、彼女は報われると、思っていた。

けれど、そうじゃなかった。
私は浅はかだった。
SPで失敗したのは金メダルを意識し過ぎたためだと思っていた。
でもそれもそうじゃない、たぶん。
フリー演技後のあの涙、笑顔、そのすべてが物語っている。
彼女はバンクーバーで銀メダルだったことが悔しかったのではない。
自分の出来るはずの完璧な演技が出来なかったこと、それが悔しかったのだ。
そして、オリンピックで味わった悔しさを同じオリンピックで晴らすための最後の勝負。
それに見事に打ち勝った。
彼女もまた、自分だけの、自分のための勝負に打ち勝ったのだった。

メダルなんて、彼女には必要なかった。
見ている私たちにも必要じゃなかった。
絶望のどん底からたった一日で持ち直し、
彼女は自分の目指していた高みの何たるかを、見事にその身で体現してみせたのだ。
これに感動せずして、何に感動するよ。
これこそまさに、スポーツ精神よ。
順位や判定や点数やメダルの色なんかでは到底、表す事のできないものよ。
彼女の、今回の演技はまさにレジェンド。
この先、語り継がれる伝説のスケーターになったと思う。
それだけで、私も満足だ。
だからもう、回転不足?何様?とか、
エイトトリプル、そしてトリプルアクセル、唯一真央にしかできないのに、あの得点?とか、
もうそういうことは置いておこうと思う。
彼女は、レジェンドだ。


ソト子ちゃん、あれほどリプたんリプたん騒がれていた中で、
ものすごい根性の滑りだったわね。
SPで、リンクに出て来たときのあの気合いというか気迫・・・
あの時もし日本語の同時通訳があったとすれば、
「ぅおっしゃああああああ!やったるでええええ!!!!」って聞こえて来たんだろうと思うわ。
あの気迫のままに、どどどどどー!と他の選手をなぎ倒し、金メダルをもぎ取っていったわ・・・
地元の声援もすごかったね・・・
地の利は確かにあったのかもね・・・
いやしかし、すごかったわ、あの勢いは。
ド根性ソト子だわ。

同じロシアの選手と言えば、リプたんよ。
リプたん・・・
わたし、あんたって子、好きだったのに・・・
あの冷たい目・・・
まとわりつく韓国メディアを一瞥する目・・・
「いい練習ができました。メディアが邪魔でしたけど」なんて、
ニッコリ笑って宣うあのドSさ、小悪魔加減・・・
15歳ですよ。
「キムヨナ?見たことないわ」
あわわわわ・・・
超超超ビッグマウス!
バッグにプーチンの威光を感じるわ・・・
おそロシア・・・
でもでも、、、
結果は残念だったね・・・
あなたもまた、団体戦がマイナスに働いてしまった選手のひとりかな・・・
次に期待。
いや、そのキャラだったらいけるよ。うん。

キムヨナよ・・・。
キムヨナ、疑惑の女王なんて言われてるけど、うん。
やっぱり見た目、うまいんだな。
ジャンプの確実性というかキレというか・・・
SPのジャンプなんて全部回りきっとたしなあ・・・
すごいよな・・・すごいヨナ・・・
まあ確かに、体が堅いとか、顔芸だとか、疑惑の判定だとか、なんだとか言われてるけど、
私もね、彼女はやっぱり体堅いな、そして漕ぐな…とは思うけれど・・・
フィギュアスケートってそもそもなんなのよ、って話になってくると思うけれども・・・
それでもね、あの根性よ。
座りきった根性よ。
あれだけでもメダルもんだわ、それは言えるわ。
今回は銀だったけど、彼女もいろいろな重圧を背負って、これまで大変だったはずよ。
だから、おめでとうと言ってあげたいと、思います・・・

最後はみんなバンバン200点越えしてきていて、
後に滑った選手が首位に入れ替わり立ち替わり登っていって、
会場のボルテージもあがりまくり・・・ってその雰囲気の中に、
日本人選手が絡んでいなかったっていうのは、正直すごい残念で虚しくて、
自分ひとりだけテレビの前で、置いてけぼりを食らったような気持ちになったけど、
・・・良い試合だったよね・・・
そもそもオリンピックに出られるってだけで、みんなレベルの高い選手ばかりなんだし、
その中に日本人が3人、男女合わせて6人もいるってことはすごい。
世界のトップ10の中には5人もいるんだから・・・
これは本当に誇りですわ、みなさん・・・。

ということで、いろいろあったけど満足できたオリンピックフィギュアでした。
真央ちゃん、今後のことをさっそく聞かれて、
五輪ですべて出し切りたいという目標を持ってやってきたから、
正直これからのことは今はまだ考えられないというような主旨の発言をしていたけれど、
そりゃそうだ。
みんな4年かけて、自分のすべてをここにぶつけるんだから、
今はもう終わった、という気持ちでしかないだろう・・・
しかし、エキシビではまた晴れやかな笑顔を見たい、真央ちゃんよ!
大丈夫、もう録画予約済だから!


娘。
娘も結構オリンピック、テレビで流れていると見ている。
彼女はどうも、飛んだり滑ったり、みたいなことが好きらしい。
スノーボードがアクロバティックに飛び上がると、「うお〜!」という歓声をあげ、
スキーが滑り降りて行くと、「しゅ〜〜〜っ!」と叫んで喜んでいる。
そして、彼女のために、我が家では最近滑り台が設置された。
旦那の上司がだいぶと前に送ってくれたものだった。
ジャングルジムと滑り台が合体した子供用遊具。
滑り台、かなりお気に入り。
「しゅーしたい」と言って、私や旦那に滑り台の上に抱え上げてもらっている。
まだ自分では上まで登れない。
逆走登りはしているけれど。
今日も公園で滑り台を見つけて、「しゅーしたい」を連発していた。
時々それが、「ちゅーしたい」と聞こえて、非常に痴女な響きに思えることがある・・・複雑。
とにかく、元気です。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。