10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

なんてこたあない日記。

2014.02.25 18:56|その他雑記系
娘が、最近甘えてよく抱きついたりしがみついてくるようになった。
眠いときや相手して欲しいときや、何か感情が高ぶったときなど。
それだけではなく、ただ私に対する彼女なりの「好き」という気持ちを表現する際にも、
この抱きつきしがみつきは多用されている。

されている私、これ、まんざらでもない。
ていうか、嬉しい。可愛い。なんならかぶりつきたい。
娘の、ぎゅー、が私の癒し。
そういえばほんと、遥か遠い古より旦那にはぎゅーされてないもんな。
あ、そか。
もうする価値もないからか。
あたし、ババアだもんな。

それで、それで。
娘がこうして私にむやみやたらに抱きついて来たりするとき、
娘が、私の腕枕や、手を握りしめる事や、その他の身体的接触で安心感を得て、
すとんと眠りにつくとき、
ああ、私って、おかあさんなんだなあ、と実感する。
ふだん、自分が「おかあさん」になったということを
未だにあまり顕著に感じることのできていない私。
母性本能薄いのかしら、な私。
十年前や、下手するともっと前から、考え方や性格やらなにやら、あまり変わってない気がする自分。
おかあさん、という立場になったなんて、なんだか信じられないのだけれど、
こういう風に娘が私しかダメ的な態度を取ったり、
私をものすごい信頼しきって身を預けたりしているとき、
私って、「おかあさん」なんだ、と思う。
いやはや、「おかあさん」か…。
まいったな…。

そんな、おかあさんになった私を未だに超絶子供扱いする母。
母にとっては、私はいつまでも何もできない、何も考えられない、幼子みたいなもんなんだろうな…。
そんな私が「おかあさん」していることなんて、
母にとっては頼りなくて危なっかしくてたまらないのだろう。
別に私のことを信じていないわけではない。
けれど、同時にどっかでは私に娘が育てきれるわけない、と思っているのだろう…。
という気がする。
でも娘はそんな母を、どこかで利用していて、なめていて、
そして何か、超越している。
私は今から、大きくなってお嬢さんになった娘と母のやり取り、
みたいなものを楽しみにしていたりする。
どちらも我が強く自己主張の激しい性格だ。
けれど、母はたぶん言い負かされるのだろう。
私の言うことは何を言っても素直に聞き入れることはない母だが、
孫とは対等に渡り合おうとするのかもしれない。たぶん、負けるだろうけど。


娘、この前ふと三語文?と言うのかな、が出た。
初めての三語文は、
「パパ、まんま、して」
だった。

なんかこれだけ聞くと、まるで普段私が料理してねえみたいじゃねえか、
そんな人聞きの悪い、って感じだけれど。
旦那しか食べないりんご、これが欲しいときの表現なんだと、私は思った。
旦那はりんごを食べ、娘にも分け与えている。
私はりんごを食べる事はあまりない。
それで、りんごを食べたいときには旦那に要求するのだ。

最近、「ほしい」とか「したい」を結構多用している娘。
でもたまに「ほしい」と「したい」が逆になっているときがある…。むむむ…。
まんましたい。とか。
まあ、意味は通じるんだけどね、姉さん。
そろそろまんまでなくて、ごはんと言って欲しい。
あと、私のことも、ママではなく、おかあさんと…。
もうこれは、叶わぬ夢なのか…。
ああでも、高校生くらいになって美しく成長した娘が、
リプニツカヤみたいな冷たい目をして
「ママそれおしゃれじゃないよ」とか言ってくれるようになったら、嬉しいな・・・
そこは「おかあさん」じゃなくて「ママ」だ。
そう、リプたんみたいな子になってほしい、気もする。
リプたんと言えばよ。
浅田真央よ。
彼女の、記者会見。
森発言に対する切り返しは秀逸だったわね。
あの子、ふだん、ほわほわ〜んとしているように見えて、
インタビューとかでの受け答えはほんと、すごいものがあるわよね。
思わずうまい!と唸ってしまうことも多いわよ。
しっかりしてるわね〜


今週末から、我ら一家+母、再び九州へ帰省する。
いとこの結婚式だ。
おおう…。
またあの道のりを車で、とか思うと正直今からキツいものがある。
しかも今度は結婚式。
それ用の準備も持ち帰らねば。
ああでも、最終日は温泉宿に一泊する。
楽しみだ。
たらふく食って、湯につかって、癒されるとするか。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。