FC2ブログ
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

行って来た、九州。

2014.03.05 17:53|その他雑記系
あああああ。
つかれた。
週末から帰省していた、母の実家=私の叔父の家。
今回は本当に、いろいろとあった旅だった・・・

昨日の夜遅く、帰ってきました。
疲れた。旦那も私も、母も。
そして何より娘。
娘の疲れ方は端からは確認しづらいが、想像を絶するものだろう・・・
なにせ・・・
行きも帰りも、あなた、道中休憩は挟んだものの、それを含めて7時間の車での旅よ。
その間中ずっと、あの子文句のひとつもなく、チャイルドシートに座っていたわ。
なんて、、、
なんて物分かりの良い子なんだろう!!!
途中乗ったフェリーも、ほんと、そりゃうろちょろとはしたものの、賢いもんだったわ・・・
夏に帰省したときとは、まったくの別人っぷりだった・・・
あわわ・・・
でも、その疲れは相当なものだろう。
家に帰ってからは、旅先での連日連夜の妙な興奮状態も治まり、
食欲も回復し、そして中途覚醒も、夜泣きも、すべてなくなった・・・
やはり家って、彼女にとっても一番落ち着ける場所なんだろうな、改めてそう思うのだった・・・

今回の帰省は、夏よりも長く、4泊5日だった。
うち1泊は親戚(母の叔母)の暮らす温泉町に宿泊して、たんまり温泉を浴びてきた。
けれど、親戚には会えなかった・・・
昨年末に長年連れ添った夫を亡くし、娘は長らく離婚調停中で、
母の叔母の精神状態は惨憺たるものとなっていた。
鬱状態、とも言えるだろう・・・
誰にも会いたくない、誰とも話したくない、と言って人を遠ざける母の叔母。
母だけはなんとか顔を見に行くことが叶ったが、私たち夫婦は無理だった。
帰り際、港から電話したとき、声だけは聞くことができた。
気丈に振る舞っていたようだったが、
「また会えるから」
「また戻ってくるから」
そう言う私の言葉に、ついに最後には涙混じりの声となっていた。
泣けるのだから、まだ大丈夫だ、きっといつか元気になる。
私はそう信じている。
いつか、娘の顔を見て欲しい。きっと見られる。また会える。


他の日は、叔父の家に泊まっていた。
今回の帰省の最大の目的は、従兄弟の結婚式だった。
ここまで来るのに、これまで本当に親戚一同巻き込んでの大騒動があった。
ここでしか言えそうにもないけれど、
従兄弟の相手は、8歳年上の女性、おまけに二十歳を筆頭とする三人娘の母親でもある。
前夫とは早くに離婚し、今回、従兄弟とは再婚となる。

自慢するわけではないのだが、母の実家は代々続く地元の有力者の家系で、
大昔から、家族の構成員は家を守るためにならどんなことでも、
それこそ命を削って、血の涙を流して紆余曲折・・・というようなややこしい家なので、
次期跡継ぎに当たる従兄弟の今回の縁組み、
両親、親戚一同、猛反対だった。
母にも叔父にも脈々と、その「家を存続させるためにすべてを賭ける」DNAが受け継がれているのだ。
家の価値、歴史、諸々が揺らぐような事態を、黙って鵜呑みにするわけはない。
そりゃまあね、母としても、これまでの家の歴史を考えると、複雑なものがあっただろう。
母は、今回の結婚に最後まで反対した。
叔父夫婦が承諾しても、頑として譲らなかった。
そしてその気持ちは、結婚式が終わった今も変わらない。ようだ。

私は・・・
良かったのではないか、と思っている。
複雑な事情があるのだが、それを込みで今は、良かったと思っている。
私とて、母の気持ちが分からないわけでもないが、こればかりは本人たちの気持ちが最優先だ・・・
結婚は好きでもない人間どうしではできない。
好きになった相手が、たまたまそういう状況だったとしたら・・・
それでも本当に好きであればあるほどに、離れ難くなるはずだ。
そして、残念なことだが、今はもう、「家が一番大事」という時代は終わったのだろう・・・
何より、結婚式のときに見た、従兄弟の男泣き。
あの涙が私の心配や不安を吹き飛ばしたような気がする。
あの子は、いつの間にか、いろいろな背負えそうにもないものも背負う覚悟を持てる、
そんな男に成長していたのだろう・・・
そのこと自体が、何よりも価値のあることだ。
家の価値よりも遥かに尊いことだ。
従兄弟をそのように育てた叔父、叔母を、私は誇りに思う。

しかしまあ、結婚式が終わってからの母の荒れっぷりは凄かった・・・
いやいや、これまでももちろんそうだったし、
結婚式の最中になんてもう、あんた・・・
自らの価値を自ら貶めるような言動の数々よ・・・
娘として、見てはおられんかったわ・・・。
別に、手当たり次第に自棄酒をかっくらって、
目に入るもの入るものに片っ端から当たり散らしていたわけではない。
どちらかというと、密かに怒りを燃え滾らせ、隙あらば不満を零したり批判をするという感じ。
それだけでも十分ややこしいのだが、
虎視眈々と、新たに迎える嫁の失脚を狙っている感がすごい。
すごいDNAだ・・・と思う。

まあ、今回も私はそういう、母の中の恐ろしい執念というか、
大人になりきれていない部分であるとか、
未消化の愛情への渇望、みたいなものを、いろいろと感じたのであった・・・

こんなどうしようもない母を、夫婦ふたりでなんとかやり過ごしつつ、の5日間だった。
けれど、今回、叔父が一度だけはっきりと、その母をたしなめた。
旦那はもちろん母には面と向かって口答えすることなどないし、
私に至っては、幼少の頃より母にすっかりコントロール、掌握されきってきているので、
母に物を申す事などできやしない。
たぶん、私が母に思っていることをすべてぶちまけてしまえば、
母も私も二度と立ち直れないだろうし、
下手をすると没交渉、という事態にまで陥りそうだ。
そういう危ういバランスの上で、母と私はなんとか今の関係を保っているのだ。

そんな中、弟である叔父だけは、きちんと母をたしなめていた。
母は泣きそうな顔を堪えて、黙って叔父の言うことを聞いていた。
それで、考え方や価値観や固定観念やなんやらが一気に崩壊し、再構築されるわけはないし、
どこまで素直に叔父の言葉を、母が受け入れられたのかは分からないが、
とにかく、言ってくれる人がいる、ということは、最後の最後まで有り難いことなのだ。
その砦を失えば、人は本当に孤独だ。
最後、立つ前の朝、叔父が私と旦那に、「姉をよろしく」と言った。
重い言葉だった。
私たちを失えば、母は本当に孤独に陥ってしまう。
誰とも容易には親密な関係を築くことのできない母、
また築けたとしてもそれを維持することのできない母だ。
叔父も心配しているのだろう。


ま、とにかく。
結婚式は良かった。
私は本当に、初めて人目を憚らず、結婚式で号泣したのだった。
いやいやいや…全部、出席させてもらった結婚式では感動しているのだけど、
それをどうも、素直に涙という形で表現できない私だ。
最後の最後まで泣くことを踏みとどまってしまう・・・
でも、今回は泣いてしまった。のだった。

ああ、これからの従兄弟の人生に幸あれ。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開さま

コメント、ありがとうございます。
とても良い、感動的な結婚式に出席することができ、
嬉しく思うとともに、ほっとしています。
母だけは未だにぷんぷんしておりますが、
これからのふたりが末永く仲良く、
新しい家族の形を築き上げていくことが、
母を納得させる一番の近道かと思います。
従兄弟に熱いエールをありがとうございます・・・

あなた様のブログ、本当にいつも楽しみに拝見させていただいています!
私なんぞはほんと、何もお力になれなくてもどかしい限りですが、
「読んで応援!」です・・・なんじゃそりゃ・・・
どのような内容でも、大丈夫です!
だってブログなのですから!
これからも更新、楽しみにしております。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。