10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

なんというかかんというか

2014.03.13 17:36|私自身のこと
病は気からと言いますか。

前回、すんげえ暗い記事書いちゃったよね。
後から読んでみて自分でも恥ずかしくなるくらい落ちまくってて、
なんだかもう、こんなの読まれてどうすんの。どうしたいの。自分。って感じだったけれど、
コメントくれた方がいらっしゃったので、消さずに置いとこうと思います、ハイ・・・。

で、落ちた気持ちをズルズルと引き摺る間もなく、私、体調不良に陥りまして。
毎日、なんでもないフリというか、虚勢だけは立派に張って生きてるけれども、
一瞬の隙でも見せようもんならたちまち付け入ってやろうってな感じで、
病は虎視眈々と私を狙っていたのね・・・
って、あんた統合失調症かよ、みたいなこと書いちゃってすみません。
いやいや、そんな、誰もあんたのことなんて狙ってないっつの。

そしてそして、その病はなんと、娘にまでも伝染してしまいました!
これは!
いかん!!
私にとっては私が罹るより娘に元気なくされる方がまじでダメージでかい!!

娘、生まれて初めて、熱という熱が出た。
1歳8ヶ月にして初めて、予防注射以外の用事で小児科にかかった。

・・・いや、待てよ。
もっと幼い頃に中耳炎になって、耳鼻科に行ったことはあったな・・・
でも、マジでそれ以来。
突然元気がなくなり、活動量が低下し、やたら甘えてくるようになり、
おむつチェンジの時の、触れた足の熱いこと・・・
これはおかしい、絶対何かおかしいと思い至り、
熱を計ってみると、38.6℃・・・
娘、ぐったり・・・
一晩中うつろな目をして私にへんばりついている・・・
可哀想すぎる・・・っ!!
元気だけが取り柄の娘に、どんなウイルスだこのやろう!!
とっちめてやる!!

というわけで、私は私のことなどそっちのけで、
自分もまだ熱と頭痛でフラフラなのにも関わらず、
娘を朝一、車に乗せ、馴染みの小児科に駆け込む。
ああ、やはり・・・
娘をチャイルドシートにきちんと座らせておけるようにしておいて、良かった・・・まじで。

娘、診察している間中、安定のぎゃん泣き。
そんなんもうね、向こうも慣れちゃってるから。
医者は淡々と診察を続ける。
そして遠慮なく、インフルチェックのための細長い綿棒を娘の鼻にすばやく突っ込み、
またも娘に嫌われ、それでも動じる事なく診察を終えた。
インフルは陰性だった。
となると、突発か何かか・・・と医者とともに頭を悩ませつつ、
頓服の座薬だけもらい帰宅。

すると娘、帰宅後一日中寝続け、座薬を使用する間もなく夕方には復活。
元気に飯を食い、またいつものように家中暴れ回る。
おいおい、あんた勝負早すぎだろ、ちょっと熱を計らせろ…と計ってみると、37.7℃・・・
いやいや、大人だったらたぶんまだへたってるよその体温じゃ・・・
なのになんであんたはそんな元気なの。

その日の夜は37℃台をウロウロしていた娘も、翌朝にはもう、完全復活の様相を見せていた。
家の中に設置してる娘用の滑り台、それをやたらとやりたがっている。
熱のある時には見向きもしなかった。
娘、早いね、立ち直りが早すぎる・・・
その生命力を私にも分けてくれ・・・
オラに元気を・・・

私はまだ頭痛というか頭重に悩まされ続け、悩まされながらも、
淡々と家事をこなす。そして一日が終わる。
体調が良かろうが悪かろうが、私の日常には特に大きな変わりはない。
で、やはり、私に出来る事は私にしか出来ないのだと思い知らされたのだった。
この前のあれはね、完全に逃げよ、わかっていたけれど。
私の代わりなんていくらでもいるわ、なんて自分への言い訳よ。
誰がこれほど、娘のために、必死になってくれるかっての。
私だけよ。ほんとに。

でも、ときどきマジで死ぬ程、自分だけの自分のための時間が欲しいと心の底から思う。
それだけの理由で保育園に入れるとか、無理だもんな・・・
一日ずっと娘の要求に応え続けていると、マジで疲れてしまうわ・・・
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

No title

自分と娘さんの体調不良が重なるなんて…
考えただけでもげっそりです。大変だったのですね。お疲れ様です。

「誰がこれほど、娘のために、必死になってくれるかっての。
私だけよ。ほんとに。」
っていうところ、いいですね!だいぶ好きです。
ほんとですね。

だが!!しかし!!一方!!娘のことを思う気持ちはおいといて!!
「ときどきマジで死ぬ程、自分だけの自分のための時間が欲しいと心の底から思う。」
っていうのもすごくよくわかります。
苦しいーー!!

>とり子さん

そうなんです・・・
まさかまさかの展開でした。私と娘の体調不良。
ところが、ここからまた更なる展開が待ち受けていまして・・・
私、再び発熱するという事態に陥りました。
地獄でした・・・

ほんとに、毎日家の中に引きこもってると、
自分の存在意義とか価値とか、そういうものから
ことごとく切り離されて行っているような錯覚に陥りがちですが、
自分の体調がどうであれ、娘のために、とにかく何としても・・・と
思えるのは本当に、親ならではの本能というか、
自分にしかできないことなんだな、と思いました、改めて。
父親はダメです・・・
旦那は、娘が横で何かを切望して泣き叫んでいても起きませんから・・・
私は高熱でフラフラでも、とりあえず娘の欲求を満たそうと動けますから・・・
それだけでも、本当に自分は生きていなくちゃいけないと思います。
それだけじゃ、だめなんでしょうけれど。

いやいや、本当に、私も大概不器用な人間なので、
自分の時間を日々の生活の中からどう捻出するか、
まじで試行錯誤です・・・
娘が寝ていないのに自分の時間を無理に持とうとすると、
当然娘の猛反発を食らいますし・・・
そういう娘にも本気でイライラしたりして・・・
まあ、これも期間限定のお話なんでしょうけど。
そのうち娘のほうが、自分の時間を持ちたがるようになりますね、きっと。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。