10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

相も変わらず体調不良の只中です

2014.03.20 17:05|我が家の日常、非日常。
前回の日記とちょっと内容被りますが・・・。

私、実に十数年ぶりにインフルエンザになりまして。
高熱で冥土の淵を彷徨い、ああもうホントだめ、死ねる…
とか思ってるうちに、なんと娘まで高熱を出し、
あああかん、死んでる場合じゃない…と、
自分のことそっちのけで娘を車に押し込み、近くの小児科に駆け込み、
するとすると娘はインフル陰性で、しかも一日で解熱。
超ご機嫌元気で『鬼のパンツ』を踊り倒し、
なんかもう、なんだったの、その冷やかし程度の発熱は…
とか思ってるうちに、私のインフルも収束…ってのが先週の出来事。

と、思いきや、ですよ奥さん。
一昨々日の夕方、私、再びなんとも言えない悪寒と関節痛というか筋肉痛に苛まれ、
この感じ、インフルの前のこの感じ…まさか…あわわ…ガクブル…と戦々恐々としていると、
夜中に微熱が。
何度か熱を測っても、その時は37度5分までしか上がらず、
まあね、そうそう何度も高熱なんて出ないわ、出てたまるもんですか、
なんて高を括っていた私がバカでしたよ…
油断しまくって普段どおりに過ごした一昨日。
夕方より再々度のオカン・カンセツ・キンニクツウ(+頭痛)

そして夜中に向けて急速に熱が上がり、39度台にまで…

再び冥土の淵を彷徨いまくる、アタシ…

横でガンガン熟睡するダンナ…

私の体調不良を察し、愚図りまくりで何度も中途覚醒して騒ぐムスメ…


いやん…


地獄…。


昨日、午前半休を取った旦那に車に押し込まれ、かかりつけ医を訪問し、
再び念のためインフルの検査がなされ、今度は陰性の烙印を捺され、
またも薬をたんまり頂き、帰宅しました…

なんだろう、この一連の騒動。
私が思うに、つまりこういうことだったのだと思う。

私、インフル罹患

その間に娘、別の風邪に罹患

娘、私にうつして復活祭

インフル明けで体力のない私に娘の風邪の波状攻撃 ←今ココ!

なんなの、このウイルスのキャッチボールは…
こんなキャッチボールはイヤダ…

娘が熱を出してしんどそうな姿を見るのは、親としてすごく辛いけど、
私と娘が同時に病に伏していた時は、大変だけど、楽な面もあったのよ。
一緒に一日のほとんどを寝て過ごせたから…
けれど、娘はピンピンで私だけがダウンなこの状況が一番キツイよね…
私がどうなってようが、娘はメシを食うわけで、ウ○チはするわけで、
娘の生活の最低限は這ってでも保障しないとならないわけで…

しんどいっす…

てな感じの最近です。
幸い、昨晩と今日は発熱してない。
もうたぶん、熱が出ることはないと思う、ないと信じたい。
とはいえ、咳と鼻水と痰とでもう、ぶざまぶざまよ、私。
思いっきり、風邪声だし…。
だから、家の中でも常にマスク生活が続いています。
ま、これ、私の予想通り、娘からもらった風邪だとして、もう娘にうつることはないとしても、
まだひとり、未感染の人間がおりますからな。
まあ、甲斐甲斐しく、私の世話を焼いてくれましたわ、旦那。
感謝してますわ。
してますけれど。
不用意に私と接触しないようにしてる感が、否めない。
私としては、そこが不満。
不満かつ寂しい…。
あんた、付き合ってたときはさ、もっとこうさ、風邪引いてても私との接触、
結構こっちが鬱陶しくなるくらいさ、あったじゃないか。
とか、もうね、ついつい不満が口をついて出て来ちゃったんだけども。
寝食の世話を焼いてくれるだけありがたいと思え、って感じなんだろうけども。
そりゃ、「愛し方が変わった」とも言われたことがあるくらいですから、
風邪を引いた私なんか、もう、お呼びでないんかもしれないけれど…。

なんてなんて、ひとりブルーになる私に、
「バカものめ。あの頃は責任がなかったからじゃ。」という旦那のお叱りが入りましたわ。
その一言で、理解するには十分過ぎましたわ。
また私、自分が恥ずかしくなりましたわ。
勝手に卑屈になって、旦那の愛情を疑って、疑うばかりか不満まで漏らして、
一人勝手に暴走ですよ。
私の一番嫌いなタイプの女に、私、なっておりましたわよ。

そうですね、ただ無責任にベタベタすることだけが愛情だったあの頃とは、
もう何もかも違いますね。
今の旦那の愛情とは、私と娘の人生を、生活を、未来を、安全を、
そのすべてを背負って保障することですよね…。
無責任にベタベタした結果、私に風邪をうつされ、
旦那までダウン、会社行けない、なんて事態には陥れませんもの。
たかだか一日二日会社休んだくらいで、一家の生活が保障できなくなるなんてことねえよ、
ってなことは問題ではなくて。
まあ、それくらいの心持ちで、あやつは外で戦っているということですよ。
私ったら、それにも気がつかず、ただ旦那を無意識に責めるばかり…
ほんと、情けなす、ですよ。

あの、今回の体調不良で、私、分かったことがふたつほどありました。
ひとつは、私の存在意義や存在価値、
消えかけていたように思えたそれらはきちんと今も変わらずに存在しているということ。
つまり娘にも旦那にも、私は必要な人間であるから私は変わらず生き続けるべきだということ。
もうひとつは、旦那も、私にとって変わらず必要な人間であるということ。
自分のアイデンティティが揺らぎかけているからって、旦那まで疑うな、ってことです。はい。
すみませんでした。(誰に謝ってんの)

これからも、私がここにこうしてある以上、
自分自身を疑いどうにも居心地の悪い気持ちになることは、たびたびあるだろう。
その度に、不安でどうしようもなく、誰かに確認したくなるときもあるだろう。
誰かってまあそれ、大概旦那なんですけど・・・。
迷惑な話だと思いますけど。
でもこれ、私の根本的な部分というか、生い立ちとか生まれ持った性格とか、
そういうところからの話になってくると思うので、下手にいじれない。
でも、そういう自分でいながらも、私は進歩や成長をしていかないとならんわけで、
少なくとも、私のそういう変な部分が、
娘に悪い影響を及ぼさないようには気をつけていかないとならんわけで、
そこは非常に、母娘、難しい問題だとは思いますが、
難しく考えるのは、やめよう!と思います。
とにかく、今を精一杯生きよう・・・出来ることをしよう・・・もう、それだけ。
そうそう、シンプルにね。
シンプルに生きりゃいいだけの話なんだよ。ほんと。
私は旦那に対し、確かに何か、他にないほどの圧倒的なものを感じて、結婚し、
その結果我々の間に娘が生まれ、なんだか知らんが、
私らはその娘を死ぬ気で守って行かないといけない状況になった。
その状況を、シンプルに乗り越えて行こうっつう、ただそれだけ。
いいじゃないか、私と旦那、共に共通して守るべきものがあって。
幸せじゃないか。おうおう。

ああ、なんか乱暴ですけど。

あ、そうそう。
この前結婚した、従兄弟のその後。
今日、突然やってきた母に聞いた。
どうやら、一家でうまくやっているそう。

従兄弟の嫁の連れ子(この言い方、他にないのかとも思うが…)が、
なんだか結構出来た子、らしく、叔父夫婦ともうまいことやっていっているらしいし、
従兄弟とはまだ、なんだか微妙な距離感があるらしいけど、
一応、まあ父親としてスタートは切れているらしいし、
そうそう、何より叔父がこの状況を楽しめているらしい。
連れ子たちとのコミュニケーションが面白い、と話しているらしい。
それを聞いて、叔父の姉であるうちの母も、ちょっと納得。
ようやく。

はああ…よかった…
いやいや、親戚の中でいつまでも反対している人がいるっていう状況は、
やっぱりよくないと思うのよ。
そうそう、母を納得させるにはもう、
叔父一家が皆で仲良く新しい家族の絆を確固たるものにしていくしかないのよ。
話はシンプルなのよ。
これで、お世継ぎが生まれりゃもう、言うことなしよ。
誰が反対など出来ようか。

ってなわけで、私は体調不良のためなかなか進まない、
従兄弟の結婚式アルバム作りを、ちょっとずつちょっとずつ、がんばっている…
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。