06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

ヒットしました。

2014.03.26 11:29|1歳半〜2歳
今日昼過ぎに、マンションのコンシェルに、大分の親戚に送る荷物をお願いしにいった。
宅急便の集荷、確か15時だったよな、それに乗せてもらわな!
娘と手を繋いで、片手には段ボール箱持って、
いざコンシェルのあるマンション別棟の入り口前に行くと、
うわ・・・
嫌な予感・・・
ママチャリが・・・
後ろに子供用の座席がついてるママチャリが・・・
並列して四台も・・・
うげ・・・
威圧感ぱねえ。

そう、私はもうだいぶと何度も書いているように、
この複数のママチャリが横付けされている場所にはとても近寄りたくない、と感じる傾向にある。
なんというか、集団が嫌い、特に集団のおかあはまがたが大嫌い、な私、なので、
今日のこのコンシェルは非常に危険だ、さっさと用事を済ませて退散しよう、それに越した事はない。
と、思って、とりあえず娘とその棟へ入る。

目に飛び込んで来たのは、コンシェル横のソファが置かれたスペースの一角を陣取って、
めっちゃくちゃ勝手に盛り上がっている四人のおかあはま方・・・
私、コンシェルのお姉さんに宅急便を送りたい旨を告げる・・・
が、お姉さんとやり取りしようにも、そのおかあはま方のたびたび沸き起こる、
歓喜の雄叫びというか、いやいや、正しくはなんかよく分かんない、
とりあえずは笑い声なんだけど、とにかくうるさい・・・
ので、あまりよく、お姉さんの声が聞こえない・・・
もうやだ、とりあえず、今日の便にまだ間に合うということと、
割れ物が入っているということだけ確認できたらもう十分だろう。
とか思いながら、送り状を書く。
娘、なんとなくおかあはま方に圧倒されていて、
いつもは愛想を振りまきまくるところを、
私の足下でじっと突っ立っている。
そうそう、それでいいのよ、じっとしてなさい・・・なんて思いながら、
お姉さんが荷物のサイズを計ってくれている間、
さりげにそのおかあはま方をチラ見してみる、私。

なんとまあ、我が物顔とはこのことよ。
ソファに座り込んで、てめえんちかよ!って突っ込みたくなるようなリラックス体勢よ。
もう何ていうか、足はソファの上に乗っかっちゃってて、
さすがに靴は脱いでる風だったけど、
テーブルの上は所狭しとジュースのペットボトルやお菓子が広げられてて、
何の話かしんねえが、とにかく花咲きまくりよ・・・
一体いつから、こうしてるのかしら・・・
ごめん、まじ無理・・・
私、こういう集団の中に自ら気安く入って行けないからって別に嫉妬しているわけじゃないの、よ。
てか別に入りたくないから。
けれど、ここって、いつからそういうスペースになったのかしら。
そりゃ、ご近所さんと短い時間、ちょっと憩うくらいのことはいいと思うし、
自由に使えばいいと思うわ。
けれど、あんたら、その何時間居座る気やねんスタイルでそこを使用するのは、いかがなものかしら・・・
コンシェルのおねえさんも、一応、お仕事してんのよ。
あんたら、学生相談室に居座る学生か!それとも食堂にたむろしてる系か!
いや、深夜のコンビニ前系統か!

みたいな・・・

みたいな・・・

とにかく、その人らの散らかしっぷりと盛り上がりっぷりに辟易しながら、
私はおねえさんとのやり取りを終えたのだった・・・

そういや、前もこういう集まり、見た事あったわ。
その時は入り口の外からちらっと見ただけだったので、同じ集団かどうかは知らねえけれども。
なんだろう、てめえらん中の誰かの家で憩うみたいなことはないのか。
まあね、そんなしょっちゅうママ友らに家の中まで押し掛けられても、面倒なのはわかるけれども。
んじゃ、とりあえずコンシェルの横のソファしゅ〜ご〜!みたいになってんだと思うけど、大方。

私は別に、その人らと関わったわけでもないのに、とても疲れた気分になって外に出たのだった。
よし、気を取り直して公園に行こうぜ、娘よ!
と、彼女の手を引くも、なんだか娘もエネルギーを吸収されたのかなんなのか、
いつもなら嬉々として公園に向かうところ、帰ると言い出した・・・
え、まじで。遊ばないのあんた。と思いながら、連れ帰る。
そう、あんたもああいうの無理なタイプ?
いや、あんたはあっち側のタイプ、
私とはどちらかというと正反対の性格だと思っていたけれど・・・どうなのかしら。

まあそんな彼女だけど、最近は一段と何でもよく食べるようになってきた。
春だからか。
結構、食べムラの激しさに手を焼いてきたんだけれども、
そして娘、どうも肉系はあまり好きではないようだったんだけれども、
(たぶんいつまでも噛んでないといけないものが好きでない)
今日は、鶏肉のトマトソース煮込み、これがヒットだった。
前に出したときは、ほんと、一口も食べてくれなかった。肉系が嫌いだから。
なのに、今日は娘が席について、娘の分を食卓に出した途端に、
「わー!」という歓声があがった。
そしてテーブルに身を乗り出して、「おいしそ〜♡」と言ったのだった・・・
まじかよ、こりゃいけるぞ、モチベーションがいつもと違う!
ナイフで一口サイズに切ってやると、たちまちフォークでぐさぐさ突き刺して食べ始めた。
そして、私の顔を覗き込みながら、超満面の笑みで「おいしぃ〜♡♡♡」と言ってくれた・・・
ひ、久しぶりに頂きました、娘の最上級の「おいしい」を・・・
いやあ、なんていうか、子供の「おいしい」はホント幸せよ、あなた・・・
「そう?よかったねえ〜よかったねえ〜」って私もテンション上がったわよ。
好きなだけ食べて、立派な大人になるんだよ・・・。

しかし娘、なんというか、ひとつのことにかかると他は目に入らない傾向にあるので、
三角食べ、とかできない・・・
肉なら肉、延々肉だ・・・
なので私は、娘が鶏肉を咥え込むその隙間隙間で、
ごはんやら野菜やらスープを素早く娘の口に放り込む。
けれど娘、それを受け入れるときと受け入れないときがある。
思いっきり迷惑そうな顔をしながら、私に食べさせられる鶏肉以外の物を咀嚼するのだった・・・・
なんというか、難しい。
けれど、好んで食べる物が、増えてきた。
これはほんと、とても進歩だと思う。
私も食べてくれる方が作り甲斐もあるし。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。