10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

暗いのか明るいのか分からない日記1

2014.03.29 03:00|我が家の日常、非日常。
気持ちがまた落ち始めている。
いたたまれなくなって深夜にも関わらず、こっそり布団を抜け出し、
PCを立ち上げてブログログイン。

Yahooニュースを見た。
町田樹が羽生結弦に、「来年は容赦なくつぶしにかかる」的なことを言ったらしい見出しが踊っていて、
ワクワク、ゾワゾワした。
ああ、わたし、やっぱりネットがなくちゃ生きて行けない。
ネットで幅広く、そして細かく、
テレビ見てるだけじゃ見つけられないニュースとか読んだりするの好きだし。

そういや羽生結弦や町田樹は乙女ゲーにされてたりした画像がネットに出回ってて、
あれ、結構笑ったなあ。

ほんと、

わろた・・・



いや・・・
なんだか、むなしい。


明日は旦那が突然出勤になってしまって、
私はまた、予約していた歯医者をキャンセルしなくてはならなくなった。
親に突然預ける事も無理な話だし、
義母には「私、じゅあんちゃん預かるのはちょっと無理だわ~」的なことを正月に言われている。
しかも半笑いで。
義母の事は結構好きなこの私も、この一言には不覚にも傷ついたし、そして根に持っている。
・・・根に持つなよ、暗いな、私。
けれど、だから義実家にはどれだけ困っても絶対預けないと心に誓ってる。
そしてそして、「無理だわ~」と端から思っている人に預ける気にもなれない、娘が可哀想だから。
ごめんね娘、子供なかあちゃんで。
まあその話は置いておこう。

いつ治るんだ?私の歯。
もう2月から通い始めてんのに、遅々として進まねえよ。
あーあ、こんなとき独身子なしだったら、いつでも好きな時にぱぱっと行って、
さっさと悪いとこ治してってすんのにな~はあ~…
とかって、もう今更どうしようもないことをまた、私、思ったりする。

子供の存在は、かけがえないんだけれど。
ていうか、娘は、もう、ほんと一段と可愛い。
また強烈に、娘に対する愛が増している気がする。
ただ、ぼおーっとしてる娘にすら、私、見とれてるときあるわ。
親ばかも大概やわ。

けれど、懺悔させて欲しい。
今日は、こんなに可愛いと思ってる娘をまた、久々に怒鳴ってしまったわ。
頭ごなしに怒鳴りつけたわ。
・・・私も、大概やわ。
こんな怒り方するような親には絶対にならへんと、心に決めとったのはいつのことやら。
それで、怒鳴られた娘は思いっきり萎縮してしまって、
うーたんのぬいぐるみを抱きしめたまま、しばらく呆然と立ちすくんでいたわ・・・
私はその娘の後ろ姿を見て、もうほんと、マジで号泣しそうになってしまった。
しばらく佇んで、やっとこさ私のことを見た娘は、私のことを睨んでいたわ・・・
私、怒鳴ったこと以上に、そのことがめったくそにショックやったわ・・・
娘に睨まれたのなんて初めてで、
いや、それより何より、娘に人を睨むということをさせている、
あの愛らしさの塊のような娘にそんな顔をさせてしまってる自分が、信じられなかったわ・・・
だって、ネットスーパーの配達員さんの中でも、
愛想の良い子やとちょっとした噂になるくらいの娘やで。
愛嬌と笑顔と、純粋さと素直さだけが売りの娘やのに。
私は、娘のその顔を見て、もう私の子育ては毎日毎日を積み重ねる間にどこかでちょっとずつ狂い始めて、
そして、結局のところこのまま取り返しのつかないところに行き着くんやわ、くらいに思い詰めたわ。
心臓が一気に冷えた。
もう何もかもが嫌になりそうになった。
どうすればいいのか。
こういうとき、よく育児の専門家やら誰やらは、怒った後のフォローが大事だとか、
抱きしめてやれ、怒った行為を憎んでいるだけのことであって、
あんた自身を否定したわけじゃない、つまりあんたのことは好きで大事やとか、
そういうことを伝えて抱きしめてやれとか、なんとか言ってたりするが・・・
しかし、娘はふてくされ、私のことを睨んでいるではないか・・・
「ごめん、大きな声出して。でもかあさんはあんたのことが何より大事でそれだけは分かってくれ」とか、
そんなん、もうこうなった今からでは、都合良すぎやしませんか。

ってな感じで、私がひとりで悶々としている間に、娘はいつの間にか持ち直していた。
さっさとうーたんはどこかへやり、私のほうを見て今度はニタニタ笑いながら、ご機嫌取りに走っている。
そして自分のお菓子もいそいそと分けてくれた・・・
私は呆然としながら、ただ黙って、娘にそれを口に放り込まれるままになっていた・・・
ああ…
こんな親の顔色を伺って親のご機嫌取りなんかする子になってしまうのかもしれない・・・
とか思ったら、もう、本当に自分が浅はかでダメダメすぎて、そして情けなくなった。
娘を抱きしめて、とりあえず「ごめん…」としか言えなかった。
でもあんたのことは好きやねん、それだけは・・・なんて虫のいいことは言えなかった。

朝からずっとずっと、度々の娘のわがままというか自己主張というか、
そういうものに付き合って、それでもさせられないことはさせられないで納得させなくてはならなくて、
でも娘の我の通し方ってのはまた、親の防壁の斜め上を行くくらい頑固で、
けれど、私も出来るだけ怒ったり怒鳴ったり感情的になって事を無理矢理片付けたくはないから、
必死に、言い聞かせたり、気分を他へ持って行かせたり、宥めたり、
時には一発芸的なことまでして、
おまえいつから女芸人になったの?的なことで娘を落ち着かせたりして、
それで日に何度もやり過ごしてくるのに、
最後の最後で、自分の気持ちを抑えきれずに怒鳴ってしまう事もある。
本当に、最悪だ・・・。
ただ単に、苛々した感情を娘にぶつけているだけ。
でも、私もこうやって必死に怒る以外の方法を選んで持ちこたえながら毎日をやり過ごすことに、
その積み重ねに、きっと猛烈に疲れているんだわ…

そして怒鳴ってしまった事は、旦那には言えなかった。
私はどうも、ふだんも結構、旦那の前で猛烈な醜態を晒すこともあるくせに、
旦那の見ていない時に起こった出来事については、旦那には言えないのであった。
いい母親ぶってしまう、どうしても。
そして、旦那もただひたすら、いい母親であることを私に求めている、と思う・・・
心のどこかでは、私それにものすごい反発心を抱いているのに。
うっせえよ、そんないつもいつも仏様みたいにニコニコよしよしなんてやってらんねえんだよ!
育児はそんな甘いもんじゃねえんだよ!
おまえの母親はそうだったかなんだかしんねえが、
私はそういうタイプの人間じゃねえんだ!
同じことを私に求めるんじゃねえよくっそうぜええええ!!
・・・って、ほんとは思ってる。
うわ、ひど、最低。

いやいや期が出始めた頃は、娘からの、娘自身の意思表示というか、
主義主張趣向アピールみたいなものが可愛いとすら思えていた。
それがいつの間にやらこのザマですよ、ほんと…。
幼い、青い、平凡で未熟でどうしようもない親ですわ。
てかあんた、むしろ自分がそれ以外の何かとか、思ってたりしたの?

まあでも、こんなどうしようもない親の元に、何の因果か生まれて来て、
生まれて来て・・・とか、また無責任な言い方だなと思いますけど、
紛れもなく、自分たちの行為の結果で娘は生まれたんだけれど、
けれどほんと、可哀想だけど、娘のことは可愛すぎるから手放したりとかそういうことはできない。
だからごめん。
娘、こんなお母さんなんだけれども、私もいつか、いつかきっと大人になってみせるから。
だから、諦めたり嫌ったり蔑んだりせず、何度か、何度かはこの私にチャンスをくれよ。

ってことで、懺悔をしつつ、娘の寝顔をさっきまでじっと眺めてきた。
親になるって、本当に難しい。

つづく。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。