10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

暗いのか明るいのか分からない日記2

2014.03.29 18:13|私自身のこと
そう、娘が可愛すぎるってのは本当で、
可愛すぎるがために自分の中の愛情は娘にばかりウェイトを取られ、
旦那・・・
旦那のことはもう、愛情というより、良く言えば友情、って感じになってきている、
・・・ように感じるな、最近。

もともと、私は旦那にかなりお熱だった頃から、私にとって旦那は恋人であると同時に、
兄のような存在でもあり、また親友のような存在でもあった。
恋人という部分がその当時は一番勝っていたんだけれど、
今はな、親友が一番近い。
共通する、娘という趣味を持つ親友。
だけれども、友達だから、別に旦那には旦那のやるべきことや好みがあって、
私には私のやるべきことが好みがあって、ふだんはそれぞれ別の場所で、
それらを淡々とこなすって感じ。
まあ、住んでいる家は一緒なので、帰って来たら旦那と話はするし、
私のする話はと言えば、旦那からはきっと退屈なものだろうけれど、
今日見たテレビの話や、娘との話、
娘のやったこと、娘の喋ったこと、娘の面白かったところ、娘、娘、娘…
そして、私は旦那の食事を作るという役割も担ってるから、食事も用意している。
その他の家事は、私にも娘にも生きるために必要なことだから、
そしてそれをこなすのが私の役目だから、ただ単に、粛々とこなしているだけ。

旦那とは友達だから、当然、肉体の交わりも、ない。
(そうそう、私ら、気を抜くともう、すぐレスになるからね!)
気を抜くとってところが、もうなんか、ダメなのかもしれない・・・
旦那は旦那でくたくたに疲れているし、んで、年も食ってるから、
そりゃ昔と比べたら性欲も減退しているのだろうと思う。
だから、帰ってきてわざわざそっからまたやろう、なんて気は起こらないのだと思う。
無理もない。
私はその辺りの欲ってのは、強さ的にはあまり昔と変わってないような気もするけれど、
最近なんとか遂行できた営みは、まあ、9割方私の方から誘っていたし、
で、なんで私も誘うの?って考えたら、別にそれは性欲とかではなく、
なんとなくそうしておかないと、私らの関係は、昔とどんどん変わって行ってしまうのでは、
という恐怖心からだった、ように、思う…
って別にこんな話!聞きたくないですよね!すみません!
もうええて…って方はどうぞ急速に、戻るをクリック!



・・・でさ。
そんなふたりの間に起こる営み、なんか無理があるのよ。
お互い愛情があるとかそういうわけでもなく、
感情の高ぶりやエクスタシー的なものがあるわけでもなく、
深い交わりや結びつきで充足感を得ようってことでもなく…

結果、必要ないのでは?と。
少なくとも、もう、私と旦那の間では。という結論に、私的に落ち着きつつある。
まあこれ、例えば、ふたりめをどうしようかとなって、
作るべきだという結論に落ち着いたらどうなるんだろうと思うけど、
けれどね、私的にはね、子を設けるためだけに、
それだけを目的にセックスするってのは、なんか、やーなのよね。
打算的なセックスのように思うのよ。
って、本来生物の性交の目的は子孫を残すためなんですけど。
けれど、我々、人類ですからね。
人によって、セックスに何を求めているかによっても違うと思いますんですのよ。

ただまあ、ひとりめ、である娘は幸いにも、
私らがまだ、男女としてお互いに愛し合い求め合っている時期に、結果として生まれたわけだから。
これはもう、これほど幸せなことは、なかったよね…
そう思うと、もう旦那とそういうレベルの交わりをすることはないのか、
と思うとめちゃくちゃ切ないよね。
目からナイアガラの滝、なレベルだよね…。

でも、だからこそね!
そんな娘だからこそ、慈しんで、大事に大事に育てていかなくてはと思うのですよ。

そしてこのような現状と、娘に対するそういう思いもあって、
私は今のところ、やはりふたりめを求む!とは思っていないのだった、全然。
まあ、このままあれだ。
旦那もオスとしての本能をどこかに置いて来たまま時は流れ、
そのうちに私も老化し、卵子も老化し…
行き着く結果、子は娘ひとりでした、となっても、たぶん後悔はしないだろう。
お互いが、それを、どこかで、望んで選んだ結果、ということになるのだし。
娘は兄弟が欲しかった、とか思うときもあるかもしれないけど、
私が思うにそれもたぶん一時のこと。
だって私、一人っ子だけど、兄弟がいたらどんなだっただろうと思ったことはあっても、
だからといってどうしても欲しかったとまでは思わないし、
別にぜんぜん、一人っ子で納得してるし。
娘もたぶん、そうなると勝手に思ってる。


…何を長々語ってるんでしょう、私。(照)

いや、つまり、私と旦那の関係は、
なんだか非常にこざっぱりとしたものに落ち着いてしまった、ということなのです。
それを悲しんだり、寂しく思う気持ちも、実は残ってはいる。
これを未練、というのだろうか。一体何の?って感じだけれど。
生物学的にはね、これが普通なのよきっと。
私と旦那がつがいである意味ってのはもう、娘の誕生によって果たされたんだから。
他の動物ならきっと今頃、お互い違うパートナー見つけて奔走中よ。
解散!ってな感じよ。
だけど。
だけどね。
我ら人類ですから。
これを寂しいと思う気持ちはどうしても置いて行けないのだよ。
悲しいよ、不都合だよ、人類は。
けれど、娘が大事と思う気持ちが日ごと強まるごとに、
私は、自分の女女した部分が気持ち悪くも感じるようになってしまった…ので、
到底、セックス、という行為には気持ち的に程遠いのであった…

ちゃんちゃん。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。