10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

夢からの警鐘

2014.03.30 18:15|私自身のこと
うわー!
すっげえ、最悪な夢を見た。
後味わるう・・・


旦那と私、なんか、旦那の実家の部屋でふたりでくつろいでいた。
雑誌を広げたり、お菓子を広げたり、テレビを観たり。
もうそりゃ気を遣うことも遣われることもない、気楽な関係。

で、どうやらその日は正月らしかった。
下の階では義母たちが正月の宴の準備をしていた。
私、嫁なのにこんなところでぼんやりくつろいでいて良いのか、なんて考えはまったく浮かばなかった。
なぜなら、どうやらこの夢の中で、私は嫁ではなく、旦那の妻でもないらしかった。
じゃあなんだろう、私と旦那の関係って。
ああ、そうか。



…親友だ。



もっとつっこんで言うと、どうやら私のポジションは恋人、から転じての親友のようだった。
俗世間で言うところの、元カノ。

で、旦那には、れっきとした、嫁がいた。
なんとも大変失礼な話だが(って誰に?)、旦那が結婚した女は、ぶっさいくな女だった。
いや、私も大概人のことは言えやしないと分かっているものの、
旦那がこの世界で生涯の伴侶としたのは、私よりブスな女。
なんだかあか抜けない、田舎臭い、化粧っ気もない、ただのブス。
こんな女の、一体どこが良くて結婚したのだろう、としか思えないような、
なんの女性的魅力もないような女だった。
旦那がなぜその女と結婚することになったのかと言うと、どうやら紹介、あるいは見合い、
親族に押し切られて、というような、流されての結婚という感じだった。
この世界ではどうやら、旦那は超意志薄弱な男、らしかった。
それで、私は心の中でものすごい、そのことに対して不満みたいなものを抱いていた。
だけれども、今まで10年以上の歳月を、旦那と私は恋人として過ごして来ていて、
昨日や今日、旦那の嫁になったこんなクソだっさい女なんかより、
私のほうが断然、旦那のこと、分かってるわ…とかいう妙な優越感も抱いていた。

その集まりには、嫁の母親も出席していた。
嫁の母親は、私と旦那が旦那の部屋でぐーたらくつろいでいるということに、
ものすごい反感を抱いていた。
だけれども、私はそんなのどこ吹く風で旦那の部屋に居座っていた。
いいじゃん、だってあたしら、親友なんだもん。
旦那も私と居た方が、ほら、楽しそうじゃない。
旦那は嫁や嫁の母に、えらく気を遣っているようだった。
けれども、私と居るときは、いつもの旦那だった。

義母は、じゅいえちゃんは息子の親友だから、と特別それに対して異議を唱えたりする風でもなかった。
そうして私は、旦那や旦那の家族と世間話をしたりしてその場で過ごしてた。

宴の準備が出来あがり、いざ開宴というところで、
よくは覚えていないが、なぜだか誰かからの意思で、私は帰りなさい、的な雰囲気になった。
「これは家族の集まりだから」みたいな感じだった。
旦那も、「悪いけど・・・」みたいな感じになった。
え、え、え。
なんでよ。
どうして私、帰らないと行けないの。
ほら、旦那、引き止めてよ。
親友なんだから、それくらいしてくれたって…と期待したけれど、
誰も引き止めてはくれなかった。
私は、その場で食卓を囲む人たちに対して、暇の挨拶として、
最後に「今年もどうぞよろしくお願いします」と告げた。
すると、旦那の夢の中の嫁に、なんだか皮肉めいたことを言われ、
続いて、嫁の母親に、「どうぞよいお年を」と言われた。
え?いや、今新年だろう。なにがよいお年じゃ。と思って、もう一度、
「今年もどうぞよろしく」と告げると、またそいつに「どうぞよいお年を」と言われた。
そこで、ああこれは、手の込んだ皮肉なんだとやっと気がついた。
明けたばかりの年初に、「どうぞよいお年を」と言うってことは、
暮れまでもう顔を出すな、ってそういうことだなと思った。
私は諦めて、その場を後にしたが、やはり旦那は何も言ってくれなかったし、
追いかけてもくれなかった。

帰り道、真冬のはずなのに外は温かく、私もなぜか薄手のコートを来ていた。
旦那がいつか、「そのコートかわいいね」と言ってくれたトレンチコートだった。
ぶらぶらと駅までの道を歩きながら、何度も旦那が追いかけて来てくれることを期待したが、
やはり、追いかけて来てはくれなかった。

駅のホームで、私は絶望のどん底にいた…
そもそもなんで、私たちは別れる事になったんだろう。
夢では、その辺りのいきさつは描いてくれていなかった。
恋人としては、結構、うまく行っていたと思っていたのにな…
なぜ旦那は、他の女と結婚するという道を選んでしまったんだろう…

あ、
そうか・・・
私たち、親友なんだもんな。
なぜだか分からないが、そうなることを望んだのは、私だったんではなかったか…
そう思うともう、取り返しのつかないことをしてしまったような気がして、
涙も出ず、ただ絶望した。
頭の中に、旦那の嫁とその母の、とてもぶさいくなくせに、
勝ち誇ったような意地の悪い笑みが浮かんできた。
あんな奴らに私、誰よりも好きだったはずの旦那を、取られたんだなあ…と思って、
私は最後、ホームから線路に身を投げた


・・・というところで、「にゅーにゅーほすぃ!」という娘の声に叩き起こされた…のだった…
いつものことだけどあんた、起きて第一声が「にゅーにゅーほすぃ!」ってどうなの。
目を開けたら娘の顔が超ドアップで目の前にあった。
紛れもなく、現実の世界で、私と旦那との間に生まれた娘。
その娘は、うなされ系な私の顔を至近距離で見下ろして観察していたようだった。
旦那は、変わらず隣で寝息を立てていた。
旦那は、私の、夫だった…。

心底、心底ほっとした。
あああああ
なんという夢だ…
なんという夢を見てしまったのだろう。

昨日は、強がって、あんなことを書いてしまったのだけれど、
やはり私にとって旦那は旦那で、親友ではない。
いや、もちろん、親友的部分があるのは確かだ。
何か事が有れば、いつも真っ先に相談するのは旦那で、
困った事もいつも共有できる相手は旦那だ。
旦那に賛成されたら嬉しいし、諌められたら凹む。
だから私の精神的支柱は旦那だ、間違いなく。
そうか、強がって親友よ!なって言っちまったから、
本当はそれだけで止めておけない私の潜在意識が、夢となって現れてウンヌンカンヌン・・・

なんということでしょうか。
私はやっぱり、旦那を愛しているんだわ。気持ち悪いけど。
やっぱりそして、旦那に、女として望まれ愛されたいと、望んでるんだわまだ。
往生際悪く!
だって最後線路に身投げてるし!怖いよ!あんた!

ってなことを、この夢を見て思い知らされた。
ど、ど、どうしてくれるのよ!!夢!!
無理だ、無理じゃないか、女として見られたいとか、もう私、そんな力量とかないのに!
やっぱり不都合だ人間。
いや、不都合だ、私!!

ああああああああああああああ!!!!!!!

と、頭を抱えてガクガクしていると、
また娘に「にゅー、にゅーぅ!!!!」と催促されるのだった…
ハ、ハイ…
ただいま…


それにしても、だいぶとリアルな夢だったなあ。
ってな私は、本日、旦那と男女交際をスタートさせて、丁度11年でした。はい。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

No title

最近の一連の記事、スゲースゲーわかります!
旦那に対して、そうそう、そうなんだよって、まるきり同じ感覚です。
こんなふうな夢も見ます。
旦那が誰かと結婚してるVer.と私が誰かと結婚してるVer.があって、
どちらも夢の中で、まじかよ…まじかよ…と、とても後悔しています。
なんなんでしょうね~もう…
私は旦那を旦那以外の位置づけをすると、父親、もしくは上司、しかもそりが合わなくていちいち反発したくなる…といった厄介なものになりますが。

私と旦那も、2003年4月(日にちは忘れましたが)に出会って交際スタートしたから…もうすぐ11年です。
近いですね!!


No title

いつもコメント頂きありがとうございます。

そうですか!
わかっていただけますか!
う、嬉しいです…
まじですか!
とり子さんも、そのような夢を…
しかもとり子さんの方がどなたか別の方とバージョンまで…
そ、そ、それは…
私そのバージョンの夢、ちょっと見てみたいかもです。
旦那がどう出るのか見てみたいです、あ、でも、きっと略奪は期待できないですね…
というかこういうタイプの夢ってほんと、なんなんでしょうか!
目覚めたときの動機感が半端ないです。
心臓に悪いです。

おお!
とり子さん、私たちったら現旦那との交際開始時期が非常に近いですね。
なにやら、この時期になるといろいろと感慨深くありませんか。
私はこの時期が嬉しいような悲しいような、
なんとも遠い日の夢の中を彷徨い歩くような奇妙な感覚に陥ります。
せつないです、桜の美しさが…
その桜の木の下を歩く若いカップルが…まぶしい、眩し過ぎます…
思わず、「そこのお若いお二方、桜の木の下には死体がね…」なんて
ちょっかいをかけに行きたくなってしまいます。
あ、ただの嫌がらせですね。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。