03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

旦那と話し合った。

2014.04.02 02:33|私自身のこと
相変わらず体調が微妙だ。
咳が止まらない。
そしてなんだか熱っぽいというか、時々ぼおっと顔が火照る。しんどい。
けれど熱はないんだな。
敢えて病院には行っていないが、敢えて行くべきなんだろうな、本当は。
とか言いながら、今日は天気も良かったので、ちょっと気分転換に遊びに行くことにした。

今日は旦那が振替休日だった。
土曜日、出勤してきたのだ。その代休。

で、娘を連れて動物園に行って来た。
ついでに花見もしてきた。
桜、この前開花したばかりだったと思うのに、
うっかりしてるうちに、いつの間にかすごい咲いてた。
木によるけど、ほとんど満開に近いのではないかと思うほど。
こりゃ週末まで花見待ってたらちょっと、遅いかもなと。
私は無駄なことに、なぜか浮き足立って、ひとり焦っている。

動物園は娘にとって何回目になるんだろう。
2回目か、3回目。
前連れて行ったときよりも更に、娘の中での動物への関心というか視認性が上がっていた。
それで、私は初めて知ったのだが、娘は数ある動物の中で多分、最も犬が身近で、
そして最も象が好きなようである。

象、どこで覚えたんだかしらないけれど、
いつの間にか彼女の中での象への憧憬というものは、
かなり見過ごせないほど大きい物へと膨れ上がっていたようだ。

思えば、赤子の時に使用してたベビーメリー、
動物(ディズニー)のぬいぐるみがついているものだけれど、
そのぬいぐるみの中でも一番ダンボが好きだった。あれも象だ、確か。

娘が象の何に、それほど心惹かれるのかはわからない。
でも、「ぞうさん見に行こう」という言葉ひとつで、
どれだけ寄り道していても、何に目を奪われていてもすぐに気持ちをさくっと切り替え、
小走りでついてくるのだった。見ていて気持ちが良いほどに。
象を見た後の、「きりんさん見に行こう」ではまったくダメだった。
まさに、「きりんさんが好きです、でも象さんのほうが〜」を地でいく娘だ。

象のコーナーの前に辿り着くと、娘のテンションは跳ね上がる。
そして象がのそのそどっしどしとこちらへ近づいてくると、
娘の心臓が早鐘を打つのが抱っこする私の腕にも伝わってくる。
どれだけ、あんた、象に・・・

そして娘は象に向かって、「おいえ、おいえ(おいでおいでの意)」と手招きをするのだった。
象はそれに、たまに応えてくれた。
四十何歳の高齢の象で、ものすごく優しい目をしていた。
娘は骨抜きにされていた。

そろそろ次行こうと声をかけても娘は嫌がり、柵の前を離れようとせず、
無理矢理連れて行こうとしようものなら泣き出す始末。
結局、彼女が納得するまで象を見て、やっと次に向かわせてもらえた。

帰りには象のぬいぐるみを買って帰った。
娘はものすごく喜んで、「ぞうしゃん♡ぞうしゃん♡」と言っていた。
象の何がそんなにいいのか、いつか熱く語ってくれ、娘よ・・・

今日は娘のすごい、いい写真が撮れた。
ここ最近撮った写真の中でも一番良かった。
できればここに載せたいくらいだけど、娘の顔を晒してしまうことになるし、
娘の顔にぼかしを入れたりすると、写真の良さがなくなってしまうので、
諦めることにした。
でも、ほんと、自分で言うのもなんだが、いい写真。
これは現像に出しておくとしよう。



帰りの車の中で、娘が寝たので、旦那と諸々の事について話し合った。
話し合いというか、ただの話。
まあ、なんだ。
ここ最近の私らの関係というか、生活というか、そういうことを。
私の思いというか、旦那の思いを聞きたかった。
で、私は結構、突っ込んだことを旦那に訊いた。
旦那も、訊かれたら嫌なんじゃないかというようなことを、訊いた。
まあそれは、要するに性生活のことというか、
旦那の性欲の状態のことについてなんだけれども。
私は、やはり、旦那は以前ほど、性欲が強くないのだということを知った。
私とそういうことにならないけれども、
だからといってどこかや何かや他の誰かで代替的に満たすということもなく、
ただ本当に、そのことそのものに対する興味や関心を、失ってるという感じだった。

となると、私の方はこれもう、完全に取り残された感じになるのだが、
なんかもう・・・
そのことで旦那を責めるというか、変に期待をかけるのは、やめようと思う・・・
やめたい。
うん、私もやっと、そういう境地に辿り着きつつある。
というか、面倒くさい。まじで。最近、セックスとやらが。
なんなんセックスって。
そんなことやって、なんか意味あんの?

・・・すみません、こんな話ばっかで。

今日も、そういう話をした流れというかなんというか、で、
じゃあ今晩あたり、時間あればね…みたいなことも話したんだけど、
え、それ言ってることと逆じゃね?って感じですね、ハイ…すみません…
いや、けれど、まあね、お互い社交辞令的にそういう話もするんですよ。
けれど、風呂から上がったら案の定もう旦那、熟睡してるし。
てか私ももう、別にそう言いつつないだろ、ってことは十分分かってたので、
特にもう失望とかない。
てか、そういうことする時間あるならネットしたい。
ニュース読みたい、ブログ書きたい、好きな事について調べたい。
綺麗な物や可愛い物の写真見て、ほくほくしたい、みたいな欲求のほうが勝るのだった。

もうこれ、あきまへんで。
わてら、完全に、終わってますで。男女としては。
てかね、すれ違うのよ。
私らさ、旦那はガチガチの朝型で、私は夜行性人間だものね。
旦那に合わせるとしてもさ、朝っぱらからそんなことする趣味もなけりゃあ、
私に合わせるのはもう、端から旦那にとっては苦痛なのよ。
っていう、時間的すれ違いも、あったりして・・・。
あと、旦那の背負っているもの、それがもうね、
私の想像のやはり軽く斜め上をいっとるわけですよ。
まあ私も自分の想像力の限界を知るというか、
ただ単に世間を知らないだけの話なのかもだけど。
あいつは、いろいろなところで気を遣いながらも、
けれども自分のプライドも同じように守らなければならず、
そのために、時に器用に時に不器用に立ち居振る舞いながらも、
日々のタスクをこなしてるわけですが、
それはもう、家族を食わせるとかそういう次元とはまた別の戦いで、
にも関わらず、やはり家族を食わせなきゃいかんという責任も背負っていて、
…逃げられない。
まあそういう戦いに、全力を振るって帰って来てね、
やはり、その後にね…みたいなね…。

だけれども、今日改めて思ったのだった。
桜の咲く街の中を、私の前を、娘を肩車して歩く旦那の後ろ姿を見て、
私は恵まれている、幸せなんだと思った。
別に、根拠とか理由があるわけではない。
この幸せが、もしかすると明日にでも脆くも崩れ去る事態に陥る、てなこともあるかもしれない。
けれど、それには現実味がないのであった。
私にはよほど、その事の方が現実味がないのだ。
私が浮かれて桜の写真を撮っていても、
旦那は私がついて来ていないことに気がついていない、
はたまたそれに構わないだけなのかもしれない。
けれども、旦那が娘を肩車しているおかげで、
私はどんな離れたところからでも、どんな人混みの中からでも、
旦那と娘を見つけ出せる。
そのことの、なんと、幸せなことか。

私には共に人生を歩む人がいる。同じ場所へ帰る家族が居る。
私と旦那は、共に、娘にとっての親であり、その契約はもう神の領域下だ。
共に、同じ子の親であるということは、
結婚とか、好きとか愛し合ってるとか、
そういう次元を越えたもっと上の契約だ。
娘は私にも愛され、旦那にも愛されている。
きっとそのことを幼くも理解してるだろう。
ただそれだけで、もういいのだ。
・・・子はかすがいってか。

なので、いつか、また旦那と自然にそういう時間がもし持てるならば幸運なのかなと。
あるかないか、あったとしてもそれはいつなのか皆目検討もつきませんが。
もしあるなら、私も痩せとかないかんなあ。
産後の体型崩れ、どげんかせんといかん。
で、何より、自分の女な部分を呼び覚まさなきゃいけないと思うけれど、
まあそれにはあまり期待できない。
現状、なんやかんやで満足だから。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

No title

お久しぶりです。
レスってる話題に飛びついてしまうこの頃です(´Д⊂

違和感がありつつも、レスの状態で支障がなければ問題ないのではないでしょうか。
どちらかに不満があれば、それは問題!(我が家)

私もふと思います…セ○クスってなんでするんだろう??皆、なんで頻繁にするんだろう??でも、肌が触れ合うってなんか幸せ☆みたいな。安心するみたいな。
夫に求めていることって、挿入ではなくて(下品でごめんなさい)安心感、愛されているっていう充実感、温もりなどなど。
セッ○スがすべてではないけれど、欠けているこの状況に違和感があり、満たされたくもあり、でも相手はそんなこと微塵にも感じていない。求めていない。どうすりゃいいのか。

社交辞令、多々あります!「今晩、やっとく?」みたいなの。やらんくせによ。
あと、我が家はレスなのにお触りがあります。じゅいえさんとこはどうですか??
これが、ホント不快でして!それも、局部だったりするのです。もちろん、着衣の上からですけど。レスのくせして気安く触るんじゃねぇよ!と。生殺しですよね。旦那の気持ちがわかりません。「スキンシップ…」とか言うけど、スキンに触れていないから!

じゅいえさんもいい感じに仙人に近づいてきましたか??
私は修業中です。面倒くさい!と思えるようになりたいです。
未だに、レス日数をカウントしてしまったり。ドラマでそういうシーンを目撃すると落ち込んだり…まだどこかで愛されたい、求められたい、抱かれたいなんて思っているようです。ダメダメですね。
相手に期待しない。求めない。煩悩を振り払おう!などなど就業が足りんです。
夫のことを男として見ないように、欲情しないように気をしっかりと持ち日々、過ごしています。そのせいか、夫に対して嫌悪感が出てきてイラつくのです。
女性ホルモン不足の更年期障害かと思うくらいにです。夫に対して優しくなれないのです。心が満たされないって不安定になりますよね。

夫に無駄に近づかないようにしてみたり。自分の時間を満喫するようにしています。
それが一番ですよね??
むしろ、そっちのほうが幸せ☆って思えるように私もなりたいです。

淡白な夫だけど、如何わしいDVDをレンタルしていることが今年に入って判明しまして、少しホッとしているところです。仙人も男だったんだと…ヽ(´▽`)/
ただ、それを見ている様子もなかったのです。ちゃんと見れたのかな??って心配になったり。ただ見るだけってあるのでしょうか??夫と同棲を始めてから一度もその類を目撃、後で気づくなどしたことがありません。
うだうだとまとめられず毎度すみません(´Д`;)ヾ 

不正な投稿だと怒られちゃいましたので、訂正しました、すみません。

>のあちさん

ぐっ!お久しぶりでございますのあちさん。
コメントありがとうございます。

FC2のヤロウ…
なぜかコメントにはやたら厳しいんでございますのよ。
たぶん、私の設定とかにも問題ありなんですが、
結構、設定の中にたぶん網に引っかかる禁句ワードがありまして…
ピンクな言葉や、○すなどの物騒ワードも…
なので、すみません、お手数おかけしていまいまして…

うん、確かにセッ○スに求めることは、私も子づくりでなく、
旦那との精神的な繋がりですね、キモいこと言ってすみませんね。
あ、もしこれ何か、偶然に読んでしまった無関係な人もすみません。
そうなんですよね、これだけが愛情表現ではないと分かっているものの、
これほどの究極の愛情表現は他にないというか。
変わりがないから、レスになると人は苦しむんでしょうね。
何か代替の手段でもありゃいいのですが…ね…。
愛されているという充実感を得たいがために、私もセ○クスを求めるのですが、
なんというか、男性も女性が思っている以上にいろいろ繊細というか、
うちの人はそうなんですけど、結構メンタル弱いんですよね。
だから、性的なモチベーションやエネルギー自体、
結構日々の活動の中で後回しになりがちで、
今はうちの旦那はまさにそういう感じだと思います。

で、私も、ないことの不満というか、あるにはあっても、
旦那から求めて来てくれないという不満を幾度となく旦那にぶつけたんですが、
ぶつけていく中で、やっと最近、本当に旦那は私を嫌いになったわけではなく、
私の何かに失望したわけでもなく、
愛情そのものは(恋人同士のときとは多少形や質は異なっていたとしても)
変わらずある、ということが分かってきたんです。
そして、世の男性の一般的な基準からすると信じられないことかもしれませんが、
そういう類いのDVDや雑誌やその他の媒体、これにも旦那は一切興味ありませんで…。
興味がないことはないのかもしれませんが、一切所持しておりません。
借りるとかもありません…
え、それって病気じゃない?って思われるかもしれませんけれど、
私が見ていて思うに、旦那って意外と、そういうことに潔癖な人なんですよね。
妊娠中にも絶対性的な交流を私としようとはしませんでしたし。子供に悪いからって…。
だから、欲のレベルで言うと、実は私の方が旦那より強いのかもしれないし、
実は私の方が、なんというか、自由奔放なのかもしれません…。

で、旦那自身は性的エネルギーが枯渇気味なので、
もちろん、性的な意味でのおさわりもありません。
そりゃ、出勤する前の軽いちゅーや、ソファに並んで座ってたら肩を抱いてくる、
くらいのことはありますけど…
それもなんというか、家族として、パートナーとしてのコミュニケーションの一環みたいなもんで、
外国の人が親しい人に出会ったら挨拶でハグやらキスしますよね、ああいう感じですね。はい。

で、私も、旦那の今の心の状態などなどを理解していくうちに、
結構仙人レベルな無欲に近づきつつあるんですよね…
もうまさに気分は瀬戸内寂聴…。いや、寂聴さんが実際どうだかは知りませんが。
それで、夜の時間の使い方も、やっぱり娘が寝た後なんだから日中できないことをしよう!となり、
そっちに興味関心が強く惹き付けられ、今では旦那の隣で眠るよりも、
ひとり夜な夜なネットの世界を彷徨ったり、読書したり、音楽聴いたり、
そんな毎日です。
私も、こういう時間の使い方のほうが幸せだ、とまでは割り切れていないのですが、
でも、なんだかんだ、充実しています。早く寝た方が健康やお肌のためにはいいんですが。

こんなこと言ってても、もし旦那が何やらその気を催すようなことがあれば、
私の方はただそれを受け入れようとは思っています。
でも、いつも自分から誘うのは、女としても悔しいですし、
何よりそんなしたいのかアンタ…って自分で自分がアホみたいですから、
もうそういうことはやめようというかなんと言うか…

でもでも!!
のあちさん、愛されたい、求められたい、抱かれたいって、思っていてもいいと思いますよ。
思って足掻いたらいいんだと思います。
だってそれが素直な気持ちなんですから!
私も今でももちろん旦那に対してそういう感情はありますし、
クールを装っていますが、内心足掻いています。
旦那を、男性として好きですし、大切にも思っています。
だからこそ、旦那の方から求めてくれば受け入れたいと思っています。
大切なのは、お互い思ってる気持ちを確認し合うことじゃないでしょうか。
偉そうに、小娘が上から目線的な物言いになってしまい申し訳ありません。

でも、私も何度も旦那を追求し(笑)、
旦那が変わらず私を思っていてくれる気持ちがわかったからこそ、
旦那の性的な欲動のレベルを知ったからこそ!笑
今のこの状態でも、気持ちは穏やかでいられるんです。
そして旦那を信じて待っていられるんです。
旦那の思っていること次第では、別に大人しく待ってなくったっていいんです!
こっちからガンガン誘ったって、もしくは突き放して、
ありもしない他の男の影をちらつかせるとかいう不毛な駆け引きだって、
自由に振る舞っていいと思うんです!
相手は旦那だからこそです。普通は聞き難いようなこともツッコんでズバズバ聞いちゃいましょう!
突っ込んでくれないならこっちから突っ込んじゃいましょう!って卑猥よアンタ!!

長々お返し、すみませんでした。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。