10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

死んだらどうなる

2013.12.12 15:04|その他雑記系
ブログ引っ越して、はりきってカテゴリ多数作って、
もうさっそく雑記系ですかい、って感じですけど。
…タイトル、すごいですね。
暗っ。
ま、そういう性格だからしゃーないのよ。
てか長いよ。今日はまたいつもにも増して一段と長いよ。
すみません、誰も読まなくていいです。


死んだらどうなるかって、考えたことありますか。
たぶん人間誰しも一度や二度くらいは、絶対考えたことあると思う。
で、死んだらどうなるん?
それを知っている人は誰もいないわけですよ。
こんな難問、他にありますか。
私もね、ときどき、いや、結構よく考えるんです。
私って、死んだらどうなるんやろう、と。
周りの人間がどう思うかとか、どう振る舞うかとか、そういう話じゃなく。
自分自身という人間は、一体どうなってしまうんだろうと。

こういうことを夜中に考えだしでもしたらもうね、眠れまセブン。
まったく眠れなくなってしまうのに、考えることをやめられない。
死ぬのが、怖すぎる。私。

考えてみれば、いろいろあったよ、これまでもさ。
きっちり覚えていることは案外少なくても、
それぞれの時代、節目で、語ることのできる代表的エピソードがある。
その時その時で、ちょっとずつ姿や形を変えながらも、
自分自身というものはこれまで絶え間なく連なってきたわけです。
そしてこの30年、あっという間だったと感じる。
ていうことは、次の30年もあっという間でしょうね。
すると私60、還暦。
やばい、もうやばいわ。
どんどん怖なってきたわ。
それから女性の平均寿命、だいたい80くらい?としても、
あと残すところ20年しか生きられん!!
ぎゃああああああ!!

ちょ、だ、旦那、旦那、起きてよ!
私、今、めっちゃ怖いこと思いついてしもうた!!
今までの人生をもうワンターン+3分の2ターンで死ぬんやで!
いかん、人生、短すぎる!

は、おまえ、いきなりどうしたん。
え、何時?
今…え、4時…。ちょ、無理やで俺…とりあえず、寝かしてくれ…zzZ

だ、だんなー!
寝てる場合とちゃう!!
人生は短すぎる!!
だああああ!!!!

ん、うん…わかった、とりあえずな、話は明日聞く・・・か・・・ら・・・zzZ

…だあああああ!!!!!!



そうして闇夜にひとり取り残された私はまた、果てしなく悶々と考える。
え、てか、死んだらどうなるん、人間って。
人間に限らず生き物って。
死後の世界ってあるん?
来世ってあるん?
今まで死んでいった人とも、向こうの世界ではまた会えたりするん?

あかん、こんなこと書いてたら、なんかやばい団体に目つけられそうや…
ついこの前も宗教の勧誘来たばっかやし。
いや、モニターで、もう絶対それ系やと思ったから、出んかったけど。
そしたらポストにご丁寧に手紙が入っとったけど。
ごめんなさい、無理!
宗教に何か答えを見い出だそうと思うほどでは、ぜんぜんない!

とにかく、こういうことを考えだすととまらないのであった、私。
しかし私よ、どうしてこんなにも死ぬのが怖いのだろうか。
生きることに対する執着心が強いのか、今の人生が幸せなのか、
それとも、まったく満足してないが故に焦っているのか、
どれなのか。

そういえば、同じようなことで悩んでいた小学生女子がおった。何年か前。
彼女はその当時6年生やった。
カウンセラーだった私が直接その悩みを聞いたわけではなく、
彼女は、彼女が最も信頼を寄せていた養護教諭に、その悩みを話していた。
そして、養護教諭から私に「こないでんねん」と話が伝わったのだった。
私は、その女子と養護教諭の度重なるやりとりをただ、
スーパーヴァイズ的に見ていただけだった。
(実際はそない偉そうなもんでもない)
けれど、大変興味深い女子だと思った。
ほほう、もう、その年でその悩みか…
漠然としすぎるものを果てしなく追いかけていく、けれど決して答えは出ない、
その苦しみの中で、彼女自身がどういう落とし所を見い出したのかは、
結局、私にも養護教諭にも分からず仕舞いだ。
しかし彼女の中では、何かしら決着はついたのだろう。

てかはやっ!
12歳でその悩みって、はやっ!
同じように、もっともっと年配の人や、
まさに天寿を全うしかけているようなおじいちゃん、おばあちゃんからすれば、
30でそのことをうじうじうだうだ悩んでいる私も、
はやっ!!
おまえ、もっと他のことに頭使った方がええで!
って思われるものなんだろうか…
たぶん、そうなんだろうな…
だって、いくら考えたって、仕方がないことなんだから。

でもどうしても答えの知りたい私、先日、旦那に尋ねてみた。
どうしても答えが知りたくて、尋ねる相手が旦那って…。
世間、狭すぎるやろ、私。
まあ、それは置いといて。

旦那は実にあっさりさっぱりとしていた。
彼は、死ぬことも怖くないし、(正しくは天寿を全うして死ぬこと、だけど。)
死後の世界や生まれ変わりすらも否定していた。
生まれ変わり、くらいはあるんちゃうん!と食い下がる私に、
結構、納得のいくような理由をもって、それを否定した。
けれど、なんて言ってたかは忘れた。
え!忘れたの!?
すみません、忘れました…。

え!!
それじゃあさ、死んだらもうさ、私とあんたの関係も終わり!?
もうさ、あの世でも一緒だね…みたいなさ、
そういう甘ったるい戯言のひとつも、聞かせてくれないのか!

知らんよ。
死んだこともないのに、そこまで分かるか…。

…ごもっともです、すみませんでした、食い下がっちまって…。


てな感じで、私は、死について実にあっさりさっぱりしまくっている旦那に対し、
のれんに腕押し感を感じつつ、
更には自分のもやもやはまったく解消されなかったという、
不完全燃焼気分を味わっただけで終わったのだった。

旦那は、
なんでそんなに死ぬのが怖いんや。
死んだらもう、何も感じんのやで。ただずっと眠り続けるだけやで。
とかってもう、尚更怖くなることを私に言っていたけれど、
どうなんですかね、もう。
なんでそこまであっさり片付けられるんかが、逆に分からんわ。

あ、そうそう。
そういえば、昨日たまたま観たテレビで、こんなんやっとったわ。
数々の多方面の著名人に、
『目の前で自殺しそうになってる人がいたら、なんと声をかけるか』
と、こりゃまた正解のない難問をぶつけて、語らせるってやつ。
すごいなこれ、引き受けた著名人も、一晩くらいは寝てないやろなあ。

数々の著名人が自分なりの答えを披露する中で、私が一番腑に落ちたのは、
草間彌生の出した答えだった。

「私には彼ら(死のうとしている人)に助言をする権利などない」

彼女は幼少の頃より罹患しており、おそらくは今も戦っていると思われる、
精神疾患から由来する「死への衝動」に、
芸術という武器をもって抗い続けているらしい。
自分の内からやってくる「衝動」についても滔々と語り続けた後で、
もし自分自身の武器である芸術で、彼らが救われるのなら嬉しいが、
自分自身もまさに戦いの最中であるので、
死のうとする彼らに「助言をする権利などない」と結論付けた。

めっちゃ拍子抜けした。
固唾を飲んで、彼女のあの独特の語り口で語られようとする、
命を繋げる言葉を待っていたのに。
落としどころそこ!!
とかって思ったら、もうめっちゃ笑った。
今年、一、二を争うくらいの面白さだった。
ああ、笑った。
草間先生、そんだけ語っといて、結局でも助言せえへんのかよ!!
まじでかよ!!
ヒィーーーーーーー!!
って感じでめっちゃ笑わせてもらった。
でも、ツボったのと同時に、一番納得もしたのだった。

私がこれだけ死にたくないのは、たぶん、
自分の中にひっそりとある死への本能というか衝動というか、
死へと向かわせるエネルギーに対抗しようとしているからなのかもしれないなあ。
たぶん、人間は大なり小なり、皆、内なる死への衝動と戦い続けている。
草間先生ほどじゃあなくたって。
だから、その衝動と戦い続けている間には、
本当は誰にも助言する権利などないのだろう。
助言してもらいたがっている人はいるのだろうけど。
そういうわけで、この問題にも結局正しい答えというものはないのだ。
って、なんか小難しい話になったけど。

え、これって、育児ブログなの?

とにかく、今日も明日も生き続けるしかないってことですね。
娘もいることだし。(無理矢理、娘絡ませてみる。)
遠い遠い未来、私の骨を拾ってくれるのはおそらく今のところ娘なんだろう、な。
今はこんなにおちびの娘が、そんなことをできるようになるなんて、
まだ想像もできないけれど。

いろいろ考えたけど、今こうして生きていられるって、
素晴らしくないですか。
生きて、それなりに周りに人もいて(ママ友はいないけど)、
素晴らしくないですか。
限りあるから人生ってやつはぁ、素晴らしいんだなあ。byじゅいえ

ふう、まとまらなかった…。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。