10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

トイレを始めませんか。

2014.04.03 02:37|1歳半〜2歳
あったかくなってきたら、前々からやろうと思っていたことがある。
それは、



トイレトレーニング。




娘が1歳半くらいのときに、一度思い立ったことはあるが、
その時には結局何も始めなかった。
というのも、季節はこれから秋冬になろうとするところ。
そういうのって、温かい時期にするもんだよね、大概は。
大人だってちょっと寒いからトイレ行くの億劫だ、なんて時期に、
娘にトイレ行けとは言えないな、失敗に終わりそう…
それで、年が明けて冬が終わって、温かくなってきたら、
今度こそ本気で考え始めようと思ってた、おむつ外し。

最近、結構温かい日が続いていて、でも私、月日を経て、
トイレトレーニングのことは頭の隅の隅の、
それはもう、だいぶと隅っこに追いやっていた。
そんな私に、娘のトイトレのことを思い出させてくれたのは、何より娘自身だったのだ。

先日、外で食事をしていたときのこと。
食事の途中で、娘が突然椅子から降りようとし始めた。
あ、なに、もう飽きたのかしらと制しようとする私に向かって、
娘は椅子から降りようとしながら、「といれ」と言い放ったのだった。
これには、私も旦那も一瞬ぽかーん。
「え、え?なに?トイレ?」
娘は強く頷き、「といれ」
え、いや…いや別にいいけど、てかトイレとか行ったことないじゃんあんた。
家でも、そりゃ私のトイレとかはよく覗いてくれたりはしているけれど、
でも便座とか、座ってみたことないし。
そんな、いきなり私も、外出先で娘にトイレ初挑戦させるなんて、
いくらなんでも、ハードル高すぎるわよ…

まあ、結局その時はトイレに連れて行くこともなく、
その場もなんとなく流れて、娘はまた別のことに関心を示し、
「といれ」のことは忘れたようだったのだが、
私はこの出来事で、強く、ああそろそろ…と思わされたのだった。
おそらく娘は、私や旦那が「ちょっとトイレ」とか言いながら席を離れるのを度々見ていて、
それをちょっと真似してみただけのことなんだと思う。
でもそれは、私に「娘のトイレトレーニング、そろそろ始める」と決意させるのに、
十分すぎるほどの出来事だった。
そうよ、温かくなってきてるし、娘も夏前には2歳だし、タイミング的には十分よ。

ってことで、私は補助便座的なものをネットで吟味しはじめている。
効果的にトイレに誘い込みたいがため、
また娘にもトイレに興味を持ってもらうため、
私は娘の好きなワンワンとうーたんの補助便座を探したが、残念ながらどこも売り切れだった。
なので、ふつうの無地の補助便座を買って、そこにワンワンとうーたんのシールを貼ろうと思い、
今シールを探しているが、なかなか適当なものが見つからない。
まあ、焦っているわけではないから、ゆっくり探そうと思う。


最近、娘の言葉は指数関数的に増えている。
発音出来るようになった音が増えたことが影響してか、
ちょっと以前と比べても、かなり言葉を覚えるスピードが早くなったような気がする。
突然、ぽろっと意外な言葉が出て来たり、
その場で初めて教えた言葉をすぐ言い返したりする。
こうして娘の中では、言葉や知識みたいなものが日々、脳内で着々と結びつきを深め、
それが娘の心や行動の成長を下支えしている。

この前、ワンワンのぬいぐるみに娘が、自分の食べているお菓子を食べさせようとしていて、
何度口に押し込もうとしてもワンワンが動かないので、
ワンワンに半ギレで「あ〜んして」と命令していたことがあった。
それもふだん、娘に「あ〜んして」と言いながら物を食べさせている私の真似だろうし、
なんというか…
私もなんか、親として変なことはできないなあと思う。
こっちはなにげなくやっている行動とかでも、娘はちゃんとそれを見て、記憶して、
そしてふとしたときにそれをやってのけたりするのだから、ちょっと怖い。
だから、変なことはできないわ。
鼻くそほじったり、おならしたり、いやまあおならはいいとしても、
変ないたずらとかできないわ…ね…
え、いや、深い意味はないけどね。

そういうわけで、娘とはまあまあうまくやっていけている最近だ。
おかあさんといっしょの新しい体操、ブンバボーン、だっけ?
あれもどうかなあと思っていたけど、娘は初見でかなり気に入り、
テンション高めで踊り狂ったのだった…
柔軟性の高い娘と、固定観念の塊の私、それでも仲良くやっている…。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。