10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

花見花見花見…

2014.04.07 02:11|我が家の日常、非日常。
ただ、花見をして終わった週末だった…

土曜は旦那、仕事だった。
で、私はかねてから予約していた歯医者に行くことを決行するため、実家の母を呼んだ。
母は夕方から仕事であったのにも関わらず、快くやってきてくれた。
そして娘の面倒を見てくれた。
はあ、やっぱり、なんだかんだでこういう時に私が頼れるのは母しかいないのであった。
それが悔しいようでもあり、嬉しいようでもあり…

土曜は母と娘とで、近場の公園まで行き、花見をした。
桜がそこそこ咲いている、ほらあの、前のブログから書いている、
私的通称「誰もいない公園」だ。
だけれど、桜も咲いて温かいこの季節、さすがに誰もいない公園は誰もいない公園ではなくなっていた。
だけれど、そこで実は以前、ちょっとした良い出会いがあったのだ。
まあそれは、また機会があれば書くとして。

娘は桜を愛でるというよりも、公園の中の遊具で遊んだり、
わけのわからない石ころだのを拾うのに精一杯だった。
でも、私は必死に娘を追い掛けて、桜と娘の写真を撮ることに尽力した。
娘は帰る間際になってやっと、私のその意図を叶えてくれた。
桜の木の前でいやいや拙いピースをして、カメラに目線を送る娘は、
なんというか、まるで思春期の少女のようだった…
ピースの角度も、なんか最近の若い子がするようなアレ…
横向けてんだよね。
あれの方が可愛いと思ってんのか、イケてると思ってんのか、
はたまた素直に指をこっち側に向けられない何か尖った心情の現れなのか…
おばさんにはよくわかんないけど、
とにかく娘のこの時のピースの向きがそうだった。
にこりともしてなかった。
私は、将来の娘に、ファインダーを通して出会ってしまったような気がして、
桜の下、身震いした…
複雑な喜びだった…
たぶん、親ってのはいつもこうなんだね。
いつの時代も、いつの娘でも、どんな娘でも可愛いし、許せるんだね…
そういう心境を何か先読みしたような気になったよね…

そして日曜は、旦那と娘とで、大阪に花見に行った。
小さい頃は住まいが近所だったため、よく、私も親に連れられて行った城公園。
大人になって、というか、物心ついてからここに花見に来たのは初めてで、
途中まで自分がどこ歩いてんのかもよく分からないまま旦那と娘と歩いたけれど、
ある場所に来た時、脳の奥底に埋もれていた記憶がスパークしたよね。
それは自分の中で眠ってた記憶なのか、
はたまた実家にある古い写真で見て知っているだけの景色なのか定かではないけれど。
ああ、ここ、知ってるな。
幼い日々の出来事過ぎて、知っているはずはなくとも、私はここを確かに歩いたことがある。
植え込みの柵だとか、その色や質感だとか、その場所の雰囲気というか空気感だとか、
天守閣入り口のデカい石の堀だとかなんだとか、そのひとつひとつに、
子供の頃の私の確かな痕跡があったよね。
眩暈がした。
自分の物かどうかも分からない、でも確かに自分の物の記憶。
そして写真の中の幼い私。
それが現実だと指し示すものばかりがそこかしこにあって。
娘が歩いている途中でふとしゃがみ込んで、小枝を拾って…なんていう動作も、
うん十年前は私のもの、そのものだった。
私は一気にノスタルジーの世界の中で溺れ始めた。
なんということか。
私にも、両親に当たり前のように愛され、
そして両親と共に桜を愛でるなんて時代があったのだ。
そういうふたりの間で、私は育って来たんだった…
今やその片鱗を探すことの方が難しいような、恥ずかしいような気すらするけれど。
そんな私が今や夫と、自分の子供の手を引き歩いている。
時の流れの、なんと残酷で美しいことか…

なんて、どうでもいいっすね。

ま、とにかく、今日は子供の頃に庭のようにしていた城公園に花見に行ったんです。
私の彷徨ったノスタルジーな世界のことは良いとしても、
城公園に初めて花見しに行って、なんとまあ、その風情のないことよ…
満開の、まさに今咲き誇る桜の下にはもれなくブルーシートよ…
そして昼間っから赤ら顔のいい大人たちよ…
分けも分からず騒ぎ立てる若者たちよ…
頭の中は、やれ出会いだ異性だ性交だと、不純なことばかりで渦巻きまくっている若人たちよ…
そんな道はすでに通り過ぎてきた筈なのに、未だ尚、
煙草や肉を焼く煙の渦の中に、平気で乳飲み子を晒すドキュン母たちよ…
何を居場所勘違いしてんだか、ですわ。
私また、赤の他人のこういうちっぽけなどうでも良いことに、勝手に反感持つわ…

そんでもって花見と託つけて、誰独りとして桜を愛でてなどいないじゃないか。
失望するね、私はこういう場所に。

そんな中では当然桜の美しさに恋い焦がれる気にもなれず、
私はただひたすら、今のこの人波を搔い潜り抜けることだけを念頭に早足に歩く。
ふと、旦那に抱かれた娘を見ると、私と同じ感性なのか、それが良いか悪いかは別として、
それともただ単に、このどこか非日常で異質な空気をバラまいてる大人たちの大群が恐ろしいだけなのか、
娘もどこか、この花見の大群を見下すように、とことん冷たい目で見つめてた。
その目はそう、まさにSなときのリプたんよ。私の好きな目よ。
それを見て、私は益々そこを早足で抜け出すことに努めた。
私はただゆっくり、桜を娘と旦那と、眺めたいだけ。でもそれはここでではない。

結局、これが花も見納めよと、本当はそんなことどうでも良いくせに、
とにかく息巻く人々が占拠する城公園の中に、ゆっくり花を愛でる場所など残されていなかった。
最後まで、桜などゆっくりと見る間もなく帰路の途についた。
とかなんとか言いながら、結構、写真だけはしっかり撮っていた、私・・・。
しかも寒かった!今日!
娘も冬物のコートを着せていたのにも関わらず、
「さむい!さむい!」と言いながら、己の腕を何度も擦っていた。

あ、帰りにまたNHK大阪放送局のキャラショップ寄ったんだ。
娘がミーニャが好きだからと思って。
娘、店の中のミーニャやムテ吉のでかいぬいぐるみにハグしに行っていた。
店の中には、往年のNHKキャラの懐かしVTRを見られるコーナーもあり、
私は「にこにこぷん」など観てしまって、またもノスタルジーの渦に溺れたのだった…
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。