06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

トイレその後と電車と公園

2014.04.16 02:51|1歳半〜2歳
ああ。
なんかいろいろあってすっかりここ放置気味だった…
いかんいかん…
まあもともと限られた訪問者しかいないし、
ただでさえ食傷気味のブログですから誰も困らないのですけど。


娘!
もうすぐ1歳10ヶ月の門を潜ろうとしている。
前々回書いた、トイトレ。
トイレトレーニングをトイトレと略すことにも例外なく違和感を持ってる私ではあるが、
トイレトレーニング、と打ち込むのが面倒なので、申し訳ないがトイトレで行く!

あれから、娘の補助便座を購入した。
あ、これネットよりやす〜い。アマゾン価格よりやす〜い。
なんて思って店頭で購入した補助便座は、
なんと、税抜き表示でやっぱりアマゾン様の前には辛くも敗れ去った…
未だ税抜き表示に慣れていない私は、レジ前で面食らったぜ…
ああ、一体いつまで税抜き表示を採用するのよ、スーパーや商業施設、もうまじでしんどい…
近くのドラッグストアなんて、税抜き税込み両方表示してるけど、それはそれでしんどい…
あ、これちょっとやす・・・あ、いや、ほんとの値段はこっちか…みたいなぬか喜びを経験さすなって。
なんかもう、いろいろ、めんどくさい。

購入した補助便座。私には珍しくコンビ製品だった。
てか良さげなのがコンビかリッチェルしかなかった。
リッチェルも嫌いじゃないのだけど、あまりにもシンプルすぎて…
やっぱり王道はこっちだろうと、コンビのを買ったのだった。
そこに、100均で購入しておいた、ワンワンとうーたんのお名前シールを貼った。
なんでお名前シール?って感じだけど、
手頃なワンワンとうーたんのシールがなかったのよ。
しかもそれ、お名前シールだから、名前書いた上から透明シールが被さるやつで、
若干防水効果がありそうだったのよ…
だからほんと、意味分からないけど、
じぶんちオンリーで娘しか使わない補助便座に じ ゅ あ ん って名前書いてるわよ。
意味分かんないわよ。

けれど、このワンワン&うーたんシールがもう、効果絶大よ。
あれほど人のトイレはプライバシーもへったくれもねえ!ってな感じで覗きまくる、
いや、なんならズカズカと侵入してくるくせに、
自分がトイレに座るとなるとすごい拒絶反応を示していた娘が…
そんな娘がよ…
補助便座に貼られたワンワンとうーたんを見て、態度を豹変よ。
「あ!ワンワン!」「あ!うーたん!」とかって律儀に指差し確認して、
座ってみる?の一声で素直にシッダウンよ。
それ以来、「しーする」とかってトイレの方向を指差して、
連れて行ったらるんるんで補助便座には難なく座ってくれる毎日よ。
・・・けど、一回も出ないけど。

まあどうも、彼女の中でトイレ=排泄という図式が成り立っていないのか、
それとも私にじっと観察されて緊張のあまり出せないのか、
もうなんだかよくわかんないけど、とにかく、トイレには延々座るのに、
一回も排泄の声を聞けずよ…
そんで、延々とトイレットペーパーを巻き取ってるわ。
巻き取ったトイレットペーパーで尻拭いて、
便座と股の隙間から便器に投げ捨てる遊びに凝ってるわ。
こりゃ、トイレで排泄なんて、夢のまた夢。
それなのに、トイトレ後おむつ履かせたら一気にじゃー…なんつって。
しかも、人のトイレは相変わらず観察して、「あ!ウ○チでたね〜!」なんつって叫ぶし…
何がもう、どうなってんのやら。
まあいい、気長に行くよ。
ってか、娘のトイレも待てないようじゃもう、終わりよ、私・・・


あとあと、最近、娘を連れて電車に乗ったのだった、私。
いつも大概車で出かけて用事を済ませてしまう、
というより、ほとんど徒歩圏内で済むことしかやってない私。
でも、どうしても必要に迫られて、止むに止まれず、
少し自宅から離れたところへ、娘を連れて出かけることになった。
これはもう、車しかないと思うものの、駐車場の台数が結構限られていた。
ので、電車で二駅、(子連れでない大人の足で)徒歩6分、という、
娘と生電車、体験してみようかしらと思えるような距離、
せっかくの機会だと思い出かけて来た。

というのも、娘は女子であるにも関わらず、非常に乗り物系が好きな子で、
電車、バス、車、そして新聞配達や郵便配達のバイクも好き、なのである。
最近は特に電車にお熱で、「でんしゃ!でんしゃ!」とうるさい…
この日は、娘、人生二回目の電車体験。
前に乗ったときのことは、もう娘の記憶にはないだろう…
それくらい小さいときだった。

娘は初めてみる改札やコンコースに圧倒され、挙動不審になっていた。
唯一、馴染みのある階段の前に差し掛かったときだけは、いつもの様子を取り戻す。
電車がホームに滑り込むと、もう感動で言葉も出ない、電車に釘付け。
打ち震える声で、「で・・・でん・・・しゃあ・・・!」という感じだった。
で、行きも帰りも空いていたのに、私にはドア際に立つことを要求。
初めて、車窓からの景色を堪能したのだった。

帰りは電車を快くまで眺めた。
というか、自宅最寄り駅に停車しない電車を見送っただけだけど。
それでも娘には非常に貴重な体験となったようだ。
電車がドアを閉じると、「しゅっぱあ〜つ!」と可愛らしい声をあげ、
去り行く電車にホームから一生懸命に手を振る。
すると、去って行く電車の車掌さんが手を振ってくれていたり…
ちょっとじんわりしたなあ、これ。
なんだよ、捨てたもんじゃねえな、近○とかって。

娘は電車が去ってしまうと、「でんしゃ、ないねえ…」と非常に悄気返り、
次に自分の乗る電車が来ると、またテンション上がる。
・・・なんだか、1歳9ヶ月にして、鉄子の匂いがぷんぷんだ・・・

駅から自宅まではもう、はしゃいだせいで疲れて、何度も抱っこをせがまれて。
歩かせてもほんと秒速何メートルよ、と突っ込みたくなるほどの亀の歩み。
私も、娘を連れ帰るのに相当骨を折ったけれど、
やっぱり車にしてなくて良かったなと思った。
それくらいの、電車ラブぶりだった。
帰宅後も、仕事から帰った旦那と電車を見た話をしていたら、
「バイバイしたの〜」と横から口を挟んでくる。
それくらい、電車は心に残ったようだった。

最近は「誰もいない公園」に行っても、誰もいない公園でなくなっているばかりか、
謎の集団母子花見大会会場となっていたり、
大きめの男の子のサッカーの場所になっていたり、で、
足を踏み入れることさえ叶わなかったり、叶ってもいろいろ大きい子の動きに気を遣ったりで、
私の中での「誰もいない公園」は完全に敵の手に落ちてしまったのだけれど(敵って誰?)
まあそれならいっそ、娘と電車で出かけるのもありかなあ、と思ったりしました。

・・・あ、とか言いつつ、この公園で出会ったいい感じのお母さんとは、
ちょっと世間話したり子供どうしを交流させたりする、程度のことはしている。
この春になってから、娘と月齢の近い子を連れたいい感じのお母さんに、二回も出会えたんだわ…
なんていうか、ふつうのお母さん。
私の求めていた、群れていない、アクも強くない、ふつうの感じのお母さん。
いい感じに交流できたんだわ・・・
また会えたら・・・いいな・・・
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。