FC2ブログ
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

わたしは一体どうしたいのかどこへ向かうのか

2014.04.16 11:51|私自身のこと
ここから先は、見る人が見れば大変不快になる可能性のある内容が含まれておりますのでご留意ください。
読まれる場合、自己責任で!
苦情ムリ!
はい!

娘を連れて電車で出かけた話を書いた。
どこへ行ったのかというと、婦人科に行ったのだった。
どうしても、行かなくては行けない状況に陥ったため。

というのも…
ある晩のこと。
私がこの先、今度いつ持てるか分からないと思っていた時間を持つときが、
私には思っていたよりもえらく早く訪れたのだった。

なんだか、旦那が、急に、その気を催したのだった…
私は急にそういう展開になって、え、ちょっと、待って、え、今日、今なの?
という、なんとも、体と心がバラバラというか、
正しくは心が全然追いついていない感じを拭い切れないままの行為となってしまった。
いやでも、次に旦那がその気を催したときは、私も素直にそれを受け入れようと思っていたし…
それが今らしいし…じゃあまあ・・・いや、待てよ…私ムダ毛処理してないなあ…まさか今日だとはなあ…
んな旦那もよ、それならそうと先に言っといてくれたらなあ…抜かりなく準備しとくのに・・・
なんつて、ふだん思っていることとはまったく真逆の感情を噴出させながら、
そういう自分も大概、自分勝手だなあ、なんて思いながら、とりあえずは流されてみたのだった。

終わってみると、まあ私もなんか、すごい没頭するとかそういうことはなかったのにも関わらず、
やっぱりちょっと安心したというか、嬉しかったというか、
まだ一応、私も腐りかけてはいるものの、まだ女として見られているというか、
女として価値があるのかなあ、という気持ちになれて、ちょっと充足感的なものを感じていた。
けれどそれは、一瞬にして、奈落の底へと沈められることになった。






避妊に、失敗していた・・・






ぎゃああああああああああ!!!!!!と心の中では激流に翻弄されながらうろたえまくるが、
表面的には至って平静を装い、旦那に、「え、これ、大丈夫なの」なんて言ったりして。
見た目完全に黒なのに。
まあまあ、皆さんも一度や二度の経験はありますことでしょう。
え、ない?
いや、そうかね。
何を隠そう私も初めての事態だよ。
けれど、ほら、私らもう夫婦な訳だし、
なんなら旦那のほうはふたりめをふだんから望んでいるような帰来があるものだから、
もうぜんぜん、平気の平太だよね。
まあ、こういうこともあるわってな感じで。
私も、そう、そうよね・・・なんて合わせてはみるものの、
心の中では上述の通り、激流の中で溺死しかけているわ、そのくらい動揺したわ・・・

その晩はとりあえず寝たわ。
翌日に生理周期なんぞ確認して、
私もまた、なんでまた寄りにもよってこんなときにって具合で排卵日直前よね。
直前って言ったかって、まあそれほど直前でもないけれど、でも近いわよね。
となると、私もほんと、おろおろひとりで落ち込み悩むよね。
娘にしたら、かあさん、どうかしたのって感じよね。
けれど、頭の中でいろいろシミュレーションするよね。
出来た場合と、出来ていない場合。
すごい悶々と、考えたよね。
一度は、出来ていたら、これもう産むしかない。
大丈夫、育てられる、巷ではふたりめは楽だって専らの噂だし、
とか、また。
どうでもよいネットの無責任な意見に心揺り動かされて。
いや、産める、産める気がしてきた・・・とまで思ったりして…。
いやいや奥さん、排卵まだですけどね。
そこまで旦那のが待てんのかっていったら、怪しいですけどね。

けれど、けれど。
やっぱりやっぱりどうしても。
もし今また改めて妊娠したら、という状況を、私は歓迎できていなかった・・・
心の底から歓迎できそうにはなかった・・・
娘の様子を台所からこっそりと盗み見て、この子の隣にもうひとりいたらと妄想して、
娘にとってそれは幸せなのだろうか、どうなのだろうか、とも考えたんだけれど・・・
夜、眠った娘と旦那の顔を見比べて、
ただ見つめるだけで愛おしいこの人の子供、
そしてこの子の妹か弟、やはりそれを産めるのは私しか・・・とも考えたんだけれど・・・
それでもそれでもやっぱり、今この状況でふたりめをまた身に宿し、そして産み落とし、
育てる・・・なんて途方もないことに、私は一瞬目の前が暗くなりかけるのだった…

そんな自分が、本当に嫌になりそうで。
心底嫌悪した。
嫌悪感だけではなく、情けなく、
そして、旦那への愛情ですら、自分で自分を疑いかけた。
って、まだ、排卵もしてないのにさ。

考えたら馬鹿馬鹿しいのだけど、悩むことすら無駄なのかもしれないけれど、
でも本当に妊娠することになれば馬鹿馬鹿しいでは済まされないこと。

私は一晩考えに考え抜いた末、行動を起こすことに決めた。

アフターピルという手段。
聞いたことはあっても、遠い存在だったそれ。
なんだか急激に身近なものとなってしまった・・・
私、生涯出会うことのないものだと思っていた・・・
アフターピルは、排卵前なら排卵を遅らせ、
ホルモンバランスを急激に変化させることで強制的に子宮内膜を剥がし、
妊娠着床する可能性を減らす。
私にとっては、これを飲むという行動は、結果を先延ばしにするというか、
突然目の前に突きつけられ現実的になった「ふたりめ」への決断を先送りにする、
そのための手段だった。
何より、出来ているのか出来ていないのか心配しながら、
次の生理まで悶々と待つという時間を帳消しにしてしまいたかった・・・
ごめん、耐えられない、そんなの…。

結婚している男女の間で、同意のもとで行われた行為の結果なのに、
それが丁であれ半であれ、受け入れられない自分とは一体なんなんだろうと思いながら。
けれど、今確かに自分の腕にある娘が、電車を見て熱狂する声に何度も助けられながら。
私は婦人科までの道のりを歩き、そしてその門をくぐった。

医師は淡々と処方をした。
実に淡々としたもので、状況を事細かに説明させられることもなく、
もしそんなことになったら、私は娘と来てるのにどうしよう、と思っていたけれどそんなことはなく、
至って事務的、機械的な作業だった。
最後に同意書にサインし、そうすると、目の前に白い小粒の錠剤が二粒出て来て、
それを医師の目の前で、その場で即効飲まされた。
思っていたよりも、随分とあっけない一連の作業だった。

心配していた副作用もまったくと言っていいほどなく、
ただ少し下腹部に違和感があると言えばあるが、気にするほどではない。
まだ次の生理が始まっていないので、
結局のところ今回、決断を先送りに出来たのかどうかはまだ分からないが、
それでも随分と気が楽になった。
気が楽になったと思ってしまう私は、やはり「ふたりめ」を望んでいないのだろう。
少なくとも、今現在は。
でもそれは私の意思であり、私だけの意思であり、
それが私以外の誰かの人生を少なからず左右してしまう意思であることには他ならない。
誰かって、旦那と娘なんだけど…

この状況、いつまでも決断できずにいる自分のこの状況・・・
というかふだんはもう考えないようにしているのよ。
考えたって答えでないから。
思えば、そんな私に娘が授かったのは、本当にラッキーだった。
だってあのタイミングで娘が腹の中に存在することにならなければ、
私、未だに子供も産まず、悶々とシミュレーションし続けていたと思う・・・
考えても答えのない、答えを導き出す当てもない、永久不滅のラビリンスの中、
彷徨いまくっていたんだろうと思う・・・
娘は、積極的に計画的に出来た子ではない。
当時私らは結婚して、結婚式も済ませ、まあいつ出来ても良いという時期だったのだけれども。
ただ、自然の流れに身を任せたらある日突然やって来た、という感じだった。
だからこそ娘が出来たことは、本当に、考えれば考えるほど奇跡なのに。
てか知ってた?人間の妊娠する確率って。
ほ乳類の中で人間は一番妊娠しずらい動物なんだってよ。
そんなあんた、ヤれば出来るだろ、なんてそんなもんじゃないのよ。
簡単じゃないのよ。
奇跡なのよ。
それでも、今回の事態を甘んじて受け入れられない私って、一体何なんだろうか・・・


今後もし、ふたりめの子供を望むようなことがあったとしても、
今回の自分の行動を悔いたりすることは、たぶん、ないはずだと思う…
なぜなら、今回はまだ排卵前だったから。
これが排卵した後だったりしたら、またちょっと、いろいろ考えてしまったのかもしれない…
ていうか、こういうことは今回で、最初で最後にしたい。
ほんと、気をつけないといけないと思う。ていうか、怖い。

久しぶりにレス解消と思ったら、こんな顛末になってしまいました。
やっぱり私にはセックスは必要ないのかもしれない・・・
ちょっとナーバスだ・・・

それで、批判されることは承知ですけれど、
ていうか、批判とかやめてほしいですけど、
今回のこの一連の行動、旦那には何一つ相談してません。
できなかった・・・
私がふたりめを望んでいないことを、旦那にはなんとなく、言いづらい・・・
すごく彼、たぶん期待しているだろうから・・・
その期待が私にはとても重荷だ・・・
で、こういうズレを抱えている以上、レスになるのも致し方ない気がする。
ってことに最近ようやく気がついた。
お互いがお互いでズレた思いを持っていることは、
何となく触れ合った肌を通して伝わってしまうものなのかもしれない。
そしてそれが違和感として残り、私たちの間に溝として横たわるのかもしれない・・・

だから・・・
私も勇気を出して、自分の抱えている気持ちを打ち明けないといけないいつか。
分かってもらえるもらえないは別として。
妊娠には辛い思い出しかない、しかも産まれた後のあの絶対的な孤独感、閉塞感、
終わりのない闇感・・・あれを思い出すと前に進めそうにないのだ。
今やっと、娘がいて良かったと思えているのに・・・
娘に手を焼きながらも、それでもやっていけるかも、と思い始めてるのに・・・


ごめんなさい。
読んでもほんと、不快な気分にしかならない記事ですね。消すかもしれないです。
これをうっかり読んでしまって傷ついてしまった方がいらっしゃったら本当にごめんなさい。
これが、今、私個人の、正直な気持ちと言うかなんと言うか・・・です。
で、なんで私はこれをわざわざ自分のブログに書こうと思ったのかというと、
たぶん自分の気持ちを整理したかったんだろうけど、ぜんぜん整理にならなかった。
むしろ、自分ってひどい、最悪最低、としか思えなくなって来た・・・
ぐ・・・

でももし、アフターピルを使うかどうか迷っている方がいらして、何らかの参考になれば・・・
ならないだろうけど・・・
ちなみに処方されたのはノルレボという薬です。
自費です・・・
へそくりが減りました・・・
でも、副作用らしき物、ありませんでした・・・
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

No title

はい!読んでしまいました。

不快になどなりませんでしたよ。
旦那さんにも相談できず一人で悩んで、結論を出して行動して、さぞ大変なことだったと思います。

妊娠したらどうなるかっていうことを、真面目に考えて出した結論でじゅいえさんの気が楽になったのであれば今回のことはこれでよかったのですよ、きっと!!

>とり子さん

とり子さん、ありがとうございます・・・
読んでくださった上に、そのご意見ご感想、温かいです・・・
救われます・・・

あれから・・・
結構な時間が経っていますが、未だに出血などを確認することができず、
おい、大丈夫かよ、ってなっております。(すみませんまた生々しい話を・・・)

やっぱりこういうときに、ふたりめをどうしようかとか嫌でも意識させられて、
私の頭の中は最近、7割方は娘の弟妹についてになっております・・・
苦しい問題です。
娘の人生がある程度左右されてしまいそうな感じですし、
ですが、消費税も上がり、残業代も一般会社員までカット、的な話が出つつある昨今、
子供ふたりで我が家は大丈夫かとか、いろいろと、悶々と・・・
産みたくないような、けれど産んでもいいような・・・
いやいや、産みたくない、の感情の前に、「作りたくない」ですね・・・
間違えました。

これは考えても自分ひとりで結論を出せるはずもない問題ですが、
今回は自分の気持ちだけで行動を起こしたわけで、
次にこういうことがもしあれば、私はまた同じ行動をとるのかもしれません。
ですが作るなら作るで、今度はきちんと計画的に!
本当に欲しい!必要!と思った時に計画しようと思います・・・思うのかどうかもわかりませんが・・・
嗚呼・・・
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。