10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

全力母親

2014.05.18 01:56|育児の辛さ吐露し隊。
金曜日。
もう割り切って、というかヤケクソで、娘を放置して昼寝することにした!
娘!おまえ!テレビでも観てろ!わしゃ!寝る!
みたいな・・・
うわ、ひっどー。ですけど。
で、娘は案の定、横になる私を執拗に責め立てる。
「ママー!」「ママー!」っつって。
「ママーにんにょ(りんご)ほすぃ」とか、
「ママー、パン!」なんつって、
なんとか私を起こし動かそうと様々な欲求をぶつけてくるのだけど、
私それらの欲求を一切合切断固拒否!
「さっきごはん食べたでしょ!」っつって。
認知症舅vs嫁ばりの会話で。
うわ、ひっどー。はい、ネグレクトー。

娘と私との間で、そんなバトルが何度か繰り広げられる。
私は娘からのすべての欲求を閉め出して目を閉じる。
娘はそれでも食い下がる。
「ママー!お~き~て~!」
「いや!」
「お~き~て~よ~!」
「いや!」
・・・もう、どっちがいやいや期だか分かんない。

何度目かに、「ママー!」と叫ばれたときだった。
「もうママ、しんどい!」と私がぴしゃりと吐き捨てると、
それまで駄々を捏ねまくりだった娘の醸し出す空気が一変する。
突然固まり、ぼそりと「ママ・・・しんどい・・・」と呟く娘。
私は、その娘の醸し出す常とは違う空気にちょっと戦く。
お、おう・・・ど、どうした娘よ・・・急になんだ・・・
すると!
「ママ、さむい?」と私に尋ねながら、
娘は開けっ放しだった掃き出し窓を閉めてくれたのだった・・・

あああああ!
どっちが大人だか分かんない!!

結婚して実家を出るときに、強く誓ったものだった。
当たり前だと思ってきた親の愛情。
当たり前にそこにあって当たり前に享受、
というかもう搾取と言えるくらいのレベルで私は親にぶら下がり親を利用し、
親に甘えてきた。
けれど、これから必ず、必ず自分の家族となる人に、
私がこれまで与えられてきた愛情を返して行く、与えて行くと。

確かに、ある部分ではそれも出来ていたかもしれない。
現に、「さむい?」と聞きながら窓を閉めたり毛布をかけたり、
そんなことは日常、私が娘に対してしてきたことだ。
娘は私のその行動を覚えていて、今回、それを私に対して同じようにしてくれた。
それもある意味、私の与えた愛情(と言えるくらい大袈裟なもんでもないけど)を、
私に返してくれた行動と言える。

けれど、このすさまじい敗北感はなんだ!
てかもうまじで、私なんかより娘のほうがよほど大人で、よほど切り替え早くて、
もうほんと、自分が恥ずかしくなるわ!

いやでも、今回のことで、娘が優しい子に育つためには、
私の優しさが何より必要なんだってことを思い知った。

子供が「見て!」と言うのも、そもそも話しかけてくること自体も、
子供の承認欲求以外の何物でもないじゃない。
それをめんどくせえ、うぜえと思ってしまっている時点で母親としてどうなのよって、
自分を責める気持ちもあったんだわ・・・
人に自分の存在を認められ、共感してもらえ、っていうのは人間という動物としての、
ものすごい原初的な欲求なんだなってのを、娘を見ていてものすごく感じるのよ。
そこを、私は否定していたわけだから。そこ否定すんのかよ!って感じよ。

だけど、それもまた、ありもしない理想の母親像というか、究極の母親というか、
そんなものなれもしないし、なりたいわけでもないのに、
どこかでそこに近づこうとしない自分に
否定的な気持ちを持っていたのかもしれない、私・・・。
いつもいつも、しんどくなかったりしたらそれこそ嘘だ。躁病だ。

結局何が辛いのかってやっぱり、私は母親だけではいられないっていう事実。
ていうか、たぶん世の女の大多数がそうなんだろうと思う。
母親でない部分の自分もいて、ただの女ってだけの自分もいて、
っていうかこういうこと書いていることがちょっともうキモいんだけど、でも書くけれど、
娘と一緒にいると、24時間365日、母親でいることを求められ続けるわけで、
私はそれが今、猛烈に相当にしんどくなっているのだ。

例えば、何か考え事に耽っていたとしよう。
だけれど、「みてみて期」の娘は、そんな私を決して許しはしない。
(あ、「みてみて期」って勝手に言ってるのは私です。
 そういう時期があるのかどうかも本当は知らない。)

そして娘は、自分から興味関心を外して違うことを考えたりやったりしてる私に
容赦なく「みて!」と言ってくる。
で、私は思考を中断しなければならない、
でもそれは考えて結論を出さないといけないことだったりして、また考え始めるんだけど、
そこですかさずまた娘の「みて!」が入る。
ってことの繰り返しで、日々、私もう、耐えられなくなってくる・・・
プライベートな空間が一切ないだけでなく、頭の中のプライベートまで侵される。
これは結構くる。
娘に四六時中母親でいさせられ、脳内の自由まで奪われて、
私は廃人同然よ・・・ってのはだいぶと嘘よ。
夜、眠った後も、ここからは自由、なんて思ったところでそうは問屋が卸しませんで。
「ままあ・・・」つって起こされるし。自由な時間がことごとくない。
今だけの期間限定なのは百も承知だけど。

そう!私に必要なのはプライベートな時間!ってどこの芸能人だあんたは!
いや、やっぱり自分の精神衛生を守るため、
ひとりになる時間を可及的速やかに設けようと思う!
なんつっても、なんだかんだでそうしなかったりするんだよなあ、私って。
現に今日も家族で出かけたし。
まあ、それはそれで、楽しいんだけど。

それでも娘はやっぱり、頼もしい存在になりえるし、
ていうかもうなっているのかもしれない。
娘がいなかったらもう私なんて今頃とっくに死んでるわ。
生きていてもほんと、使いようがなくて死んでるわ。
で、娘もあと10年もすれば、
いつも全力100%ピュアな母親なんて疎ましいだけと思うようになるわ。
そうなれば、私も晴れて自分の名刺から『四六時中母』っつう肩書きは消せるわ。
ってのはある種のメタファーよ。
私名刺なんて持ってないわ。
そうなりゃ・・・私の方が寂しく感じるのかもしれない・・・信じられないけど。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

母である前に人であるわけで

おつかれさまです・・・!!
子供あの飽くなきガッツには本当に恐れ入ります
私も先日寝たふりをして娘に髪をむしられました
意地でも寝たふりを続行してやりましさ

子供を可愛い愛しいと思う気持ちと煩わしいと思う感情って
驚きかな同時に成立しちゃうんですよね…親になって初めて知りました

プライベートめっちゃ大事ですよ
確かに私たちは母親になった以上
子供に責任を持って生きていかなきゃいけないけれど
子供は親に責任を持ってはくれないんですから
親は親で自分で自分を大事にしていかないと
子供に対する責任のモチベーションを意地していけないですよ

何かいい方法が見つかるといいですね!
応援してます

>まるたにさん

まるたにさんコメントありがとうございます。

> 子供は親に責任を持ってはくれないんですから
> 親は親で自分で自分を大事にしていかないと
> 子供に対する責任のモチベーションを意地していけない

これ・・・
まじ名言ですね・・・
ちょっと今まるたにさんに惚れそうになりました・・・
キモイですね、すみません。

そうですよね。
子供ってなんなんですかね、体力の塊ですよね。
スタミナだけでできてますよね。
あ、根性もか。
愛おしいことには絶対自信があるんですが、時々本気でむかーときたり、
いらーときたり、込み上げる物があります。
ひとりになりたい、遠くに行きたいと思うことも多々あります。
もうまじで、私をそっとしておいてほしいんですが、
なんせね、スタミナと根性で愛されてますから・・・
なかなかそっとはしておいてくれませんよね。

プライベートなんて、娘が生まれてこのかた約2年、
まったくと言っていいほどなかったような気がします。
どこかで息抜きして、
不器用ながらも自分なりにまた娘と向き合える気力を養っていかないとですね。
応援ありがとうございます。
がんばります!がんばりましょう!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。