FC2ブログ
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

溺れる。

2014.06.05 10:13|育児の辛さ吐露し隊。
私は相も変わらずほとんど溺れながらの毎日を過ごしている。
私の周囲だけが、なぜか常に空気薄い感じ。
そんな中で過ごしているもんだから、私、高山病。
頭がもやもや、ぼんやりする。

それで今朝、起きた時に体の左側だけが痺れていた。左側の足と腕。
ちょっとばかり焦った。
ああこれ、私、やっちまったな、やっちまったかもな…と思った。
で、とりあえず呂律の方は大丈夫かと、早口言葉を唱えてみた。
言えた。
大丈夫そうだ。
ただ、体が痺れているだけっぽい。

そうそう、ほんの数日前に別件で私、15年ぶりくらいにMRI撮ったんだわ。
閉所と騒音が何より苦手な私にとっては、ほんと、拷問のような時間だったわ・・・
けれど、そうして恐怖感に耐えて撮ってみたものの、本当にどこにもさっぱり異常がなかったのよ。
それで、結果的にはそれに越した事はないんだけれども、
最近私を度々苛む眼窩の痛み、頭の痛みの理由は結局分からなかったのだった。
けれど、今朝は画像的にはなんら異常のない状態で、
この半身の痺れとは一体どういうことよ、って思ったのよ。
あ、寝相?寝相のせいですか?さいですか。
とにもかくにも、私、春からの体調不良を、形は少しずつ変えながらもずっと引き摺っている。

季節は初夏へと移ろい、・・・初夏ってか、梅雨ですね奥様方。
日本人にとって試練の季節ですわ。
蒸し暑いわ、毎日。
暑いと、窓とか開け放つじゃない。
そうすると、隣の奥さんが理不尽に子供を叱りつけている声が否応無しに聞こえてくるわ。
ああ、どこも同じだわ・・・本当に。
だけどまたそれ、ほんと、理不尽極まりないのよ。
なんか聞こえてきたら、こっちが凹むのよ。

私だって私だって、毎日毎日、娘を理不尽に怒り飛ばしているわ。
もうさ、後から考えたら、あれってそんなに怒らないといけないことだった?とか、
なんであんな態度を取ってしまったんだろう…とか、
後悔というか、自己嫌悪というか・・・
苛まれるわあ。

けれど娘は変わらず、私に笑顔を向けてくれようとする。
そりゃ、怒られた時にはさすがにむすっとしたり、傷ついた顔を見せたりするけれども、
でも次の瞬間にはまた、娘は娘らしさを取り戻す。
天真爛漫であろうとする。
健気よ・・・
健気過ぎて泣けるわ・・・
その娘の持つ弾力性に、私は救われ、そして同時に追い込まれる。

で、実際のところ、私は娘にどう思われているのだろうと思う。
こうも毎日毎日、ぞんざいに扱われ、無下に拒まれ、
時にはあからさまにうっとうしがられ、しかも実の母親に・・・
ほんと、これで傷つかずにはおられんだろう、曲がって行かずにはおられんだろう、と思うのだった。
それでも私は毎日、娘を怒ることをやめられない。
うぜええ!!と思うことをとめられない。
そして最終的には、娘の寝顔に毎日謝る。
なぜ、こんなにも毎日余裕がないのか、苛々して、本当に、八つ当たりに近い状態だ。
それなのに、それでも私を求めていてくれて、甘えて来てくれて、
それに満足に応えられないことばかりなのに、本当にごめんよ、って感じで謝る。最低最悪の状態だ。
娘と私との間にあるものを、もっとなんとかしたいと思っているんだけど、心から・・・
こんなにも可愛い、離したくない、どうか健康に素直に幸福に、
そう切に願っているのだけど、毎日毎日、それとはかけ離れた態度を取ってばかりだ。

娘にいつか、心底軽蔑されるかもしれない。
でもそうなったらそれは自分が招いた結果で、
娘が私を軽蔑することで己の健康を保てるならそれでもいい、と思う。
でも、出来る事なら良好な関係でいたいなあ。
病的じゃないやつ。健全で良好な関係。
簡単なようで、これはすごく難しいと思う。

昨日も今日も、お隣からは怒鳴り声が聞こえてくる。
でもそれは、私には悲鳴にも聞こえる。
世の母親はみんな余裕がない。
みんな、正しくあろうとして、少しずつ踏み外す。
そうして歯車は徐々に狂い始める、壊れていく。

私にはまだ娘の笑顔がある。
それだけが日々のともしびだ。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

No title

言わせてください・・・・


禿 げ あ が る ほ ど 同 意 ! !


と・・・・

いやほんとに、
娘が「男」だったら、「息子」だったら、
ここまで思い詰めないのかな・・・とか、
若干お門違いな方向にまで追い込まれますよね…。
女同士だからなのこれ・・・・?とか…。

我が母は軽度ですがいわゆる毒親の素質がややあったので、
それを娘へ継承したくないのです・・・
ただそれだけなのに、
それがとてつもなく大きな不安に変わったりして…。
「うわあこの娘への怒り方、母親みたい・・・」とか、
母の陰がチラつくともう、なんか余計苛々して…。

時々娘に対し、
「私はあんたの言うことを文句言わずなんでも叶えてるのに、
あんたばっかりなんで我が儘が通るの!?ふざけんな!」とか、
そういうすげえバカな子どものまんまの私が顔を出すことあります…。

ほんとに、どれだけ娘に醜態さらしても、
素直に「ごめんなさい」と言えるように、
せめてそれだけでも出来れば良いかな・・・
と、かなりハードル下げまくってます最近…。
それすら出来てないんですが・・・・

しかしこの苛々しやすさ、
季節の変わり目だからなのかなんなのか、
自分でもよく分からなくなってきました・・・・

そしてじゅいえさま・・・
体調不良、大丈夫でしょうか・・・?




すんげえ軽いこと言っていいですか・・・・・



絶対・・・ストレスのせいでもありますよ・・・・・・
育児のストレス、パネエですもの・・・・
ウチら、育児ストレスの感受性がパネエ系じゃないですかあ?
・・・だから・・・・
ストレス発散・・・
・・・

出来れば苦労しないですよね・・・・まじで・・・
ああ・・・ご近所さんだったら・・・・・
吐露し隊員として遠征訓練したいのに・・・・

とりあえずは今日一日、なんとか乗り越えましょうねお互い…!!

>かもめさん

かもめさん、禿げ上がりそうなほどの激しい同意、感謝いたします・・・
こんなこと書いてて、わたしゃなんという母親か…と落ち込みそうでしたので・・・
共感してくださる方がいて救われる思いというかなんというか・・・

確かにね、母と娘だからこその何かこう、特殊な呪縛というかしがらみというか・・・
私も、なんつーかですね、、、実際我が子の育児を担い始めてから、いろいろと、
自分と母親との関係や母の母としての姿勢やらなんやらを
いろいろともやもや考えたり思い出したりするようになりまして・・・
これはこれでまた、自分の中で、母親とはいえども、絶対的ではないんだ、完璧な存在ではなかったんだなんて、
今更ながらに気がつかされる要因にもなっていまして・・・それが苦しかったり、せつなかったり。
今更ながらに、我が母にかけられ続けていた呪いから解き放たれようとしております、わたくし・・・
うちの母親も、何を隠そう軽度〜中程度の毒親です。
ですがそれでも、愛してしまうんです。母親ですから。
そしてその愛と憎しみとの間で葛藤しています、日々。
でも、やはり助けてくれるのも母で、頼ってしまうのも母で・・・
もうどっちなの、私・・・です。

母を批判的に分析するっていうのは呪縛からの解放であり、
母から受けた呪縛から解き放たれるというのは、ある意味自立であり自律なのでしょうけど、
でも結局、どうあがいても自分自身も母を越えられる母親にはなれないのかもしれない、とも思います。
絶望でも諦めでもなく、割り切り、として・・・。

どれだけ母を冷静に分析したところで、
私も同じく、自分の母のように娘に接してしまうこと、多々ありです。
嫌な筈なのに、それで育てられて来たんだから、ある意味仕方のないことなんでしょうね。
それ以外の、母親としての接し方を知らないんだから・・・
これから模索していくしかないのだから・・・
そしてそういう育ち方をしているのだから、満たされていない部分も当然あって、
未消化の部分も自分の中に当然あって、それが我が子との関わりの中で顔を出してくるのはもはや必然で・・・
悪循環ですね・・・
だからこそ、自分なりの母親像を模索したいんですが心の余裕がなくそれもままならず。
でも、世の中に完璧な母親なんて、きっといないんでしょうね。
みんな必死なんですよね。
そして、我が母も然りです。
完璧ではないけれどもがく母を見て、子供がそれを越えたいと思うこと、
それそのものが実は子にとってはある意味成長だったりなんだったり・・・
ああ、なんだかお返しコメントがまとまらない・・・

体調不良、おかげさまで眼窩痛は相変わらずなものの、それでもなんとかやっております。
やっぱ、ストレスっすか、そうっすか・・・
いや、私も、うすうすはね、ちょっと思ってたりしたんですけど・・・
子育てめっちゃストレスやねん!って公言するのは何か憚られまして・・・
何を言うか、ブログでは思いっきり言ってんじゃんアンタって感じですけど。
ほんと、ウチら、育児ストレスの感受性パネエ系女子ですよね。
吐露し隊奈良支部、結成しますか・・・
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。