10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

一番どうにかならなきゃならんのは、自分。

2013.12.16 22:47|私自身のこと
金曜日の夜の話をしようじゃないか。
ところで、13日の金曜日が不吉だと言い出したのは誰だ?

一週間がやっと終わる金曜日。
ほっと一息金曜日。
育児真っ只中の主婦にとって、今日が何曜日だろうと関係ねえ。
明日からも戦争は続くだけ、なんすけど、実際。
でもどこか開放感を感じずにはいられない。
なぜなら週末は旦那が休みという事情が、(量産終わったのでここのところはきっちり休み)
私を「ひとりで娘と向き合わなくて済む」という気持ちにさせてくれるからだ。
まだ休日ではないけれど、休日の前夜というだけで、金曜日の夜は浮き足立つ。
金曜日の夜から私は心強くなってくる。
旦那を頼れる。
そう思うから。
そして今夜くらい、素直に甘えてみたい、なんて可愛いことを思ったりもする。
別に体のつながりってわけじゃない。
ただ、お互いにゆっくり話でもしながら、それぞれの一週間を労い合いたい、
とかって思ったりするのだ。

先週の金曜日、私は娘とふたり風呂に入りながら、旦那の帰宅を待っていた。
旦那は忘年会、第一弾だった。
でもあまり遅くならないと思っていた。
ところが結構遅かった。でも私、大丈夫、まだ余裕だった。
まあ、飲みだししゃーないわな。なんてたって今日は金曜日だしるんるん♪みたいな。
このときはまだ、私も旦那の帰宅を楽しみに待っていられた。
でも。

帰ってきた旦那は、着ていたスーツを脱ぐと、いの一番にソファに雪崩れ込んだ。らしかった。
一週間分の疲れが蓄積していたところに、酒だ。
しかもふだんは滅多に飲まない酒。
疲労が泥沼化することは目に見えている。
風呂から、あんたも入れと何度も声をかけたが来なかった。のはそういうわけでだ。
…これは、いつものパターンの予感…。

風呂からあがってみると、旦那は半分寝ていた。
一日働いた汗の匂いと、飲み屋の油っぽい匂いとが入り混じった体臭を放っていた。
この時点で、私の、最近一段と短くなった導火線に火がつき、じわりじわりと焦げて行く。
「呼んだの聞いてた?なにやってんの?」と冷たい声で尋ねると、
「聞いてたけど、ちょっと休憩」と。
この場合、休憩がちょっとでは済まないことは経験上よく分かっている。
大抵朝まで、彼はここで眠ることになる。
先週の金曜日も、彼は風呂に入らないまま、ソファで夜を明かしたのだった。
その時は酒、入っていなかったのにも関わらず。
うん。もうね、一回くらいそれで風邪引いて懲りたらいいよ。
これまで私は何度もこのことで、旦那に意見を述べてきた。
まず、体調が悪いんでなければ、風呂に入らず眠ることを、私は性格上許せない。
しかし何度言ったって、このザマよ。
「金曜日は、お風呂に入らず眠る日だもんね」なんて皮肉が、つい口をつく。
私はいつからこんなやな女になったんだ。
でも旦那、「そんなことないよ」とか、どの口が、的返答をする。
腹が立つ。
もういいよ。
放置プレイ、しちゃうもんね。
風邪でも引きさらせ!!

で、とにかく私は自分の眠る準備をする。
この日、母と出かけて帰りが遅くなったこともあり、娘はまだ寝ていなかった。
娘を早く寝かしつけなくては、という焦りというか罪悪感みたいなものが、
余計に旦那に対する苛立ちを大きくしていた。
私はバスタオル一枚巻きつけただけという、ほぼ全裸の状態のまま、
とにかく娘にパジャマを着せる。娘、手遊びしてて、なかなか着せられず苦戦。
私、冷えて行く。
♪洗い髪が、芯まで冷えて…
頭の中に神田川が侘しく響き出す。
自分も服をきて、娘の歯を磨いて、髪を乾かして、
自分の最低限のメンテナンス、化粧水をつける、歯を磨く、
これらを超特急で済ませ、娘と床へ。
旦那はただソファに寝そべっている。
寒い、すっかり湯冷めだ。娘は大丈夫だったのだろうか…
ごめん、要領の悪いおかあちゃんで、とか思っていたら、ふいに目頭がじんと熱くなる。
なんだなんだなんだよ。
もういいじゃあねえか、娘は寝たんだし、明日も元気に起きてくるよ、
とか思ってみても、涙が止まらない。
どうしたどうしたどうした自分!!
導火線は爆発を招くことなく、私の湿っぽい涙で火が消えた…。

…私、旦那に一体何を期待しているんだろう。
手伝ってくれること?
気を利かせてくれること?
何も言わなくても伝わること?
そのどれでもなくて、そのどれでもある。
いや、いいんだ。
疲れてるよね、あんたも。
でもさ、許されるのか、それで全部が。
外で働いて帰ってきて疲れていればオッケーなのか。
この議論は、いつまでもどこまでも平行線だよ。
たぶん、お互いに、お互いの立場に立とうとしていないよね。私ら。
でも、立ちようがないんだよね、お互い必死すぎて。
だからこうなるにはもう、避けようがないんだよ。
こうなることは、もういっそ、普遍的な夫婦の道なんだよ。
こんなになるなんて、結婚したときは思いもしなかった。
♪若かったあの頃、何も怖くなかった…
あの頃はただただ、好きだったよね、私もあんたを。
イライラするなんて年に一回あるかないか、なもんだったよね。
それが今じゃ毎日だもんね。
変わったよね…

このままでは私、娘を産んだがために、被害者になってしまう。
そうは思いたくない。
絶対に思いたくなんてないんだ。
だから毎日必死なのに。
誰のために?
自分のため?娘のため?
わからない。完全に混乱している。

はあ、一回、一回落ち着こう自分。
私が旦那に求めているのは、自分のことをまずきっちり片付ける、
それが一番だ。
いい大人なんだからさ、言われなくたって自分でできるでしょ。
こっちは娘を人並みにすることで精一杯。
基本、娘のことは私が全部担うんだから、世話焼かせないでよ、あんた私に。

…ああ、いや違う。
ここじゃない、本当のポイントはここじゃない。

何にこんなに焦っている?
何が自分を本当に苦しめている?
気持ちの余裕か。余裕のなさか?
時間か、それとも…

そうだ。
そうだよ。
こんな取るに足りないことでいちいちイライラするのは私、
結局さ、自分にさ、絶対的な自信が、もう全然、ないから、なんだ、わ…。
しまった、これはうっかり気がつくには少々荷が重すぎた。
しかも夜中に!
これ、また眠れないコース、けってーい。

でも、気がついてしまったよ。
今の自分を取り巻く現状、すべてにどこか自信がないんだわ。
ずっとずっとずっと、娘を産んだ瞬間から私、
このままでいいのか、このままではいけない、と、
あらゆることに対して思い続けている。
でも娘を抱えながらそれを思い続けるのはあまりにも酷なので、
これでいいんだよ!と無理矢理蓋をしてきたんだった…。

私は娘という存在をこの世に産み落として得たもののことよりも、
それによって失ったものの方ばかりに、心を砕いている。
でもそれではあまりにも、娘に対して申し訳なさすぎて、
ずっとその気持ちをどこかに追いやっていたのだった。
しかし追いやって見えないフリをし続けることには限界があった。
その抑制と突き上げの狭間で葛藤して、耐えられず零れた不満が表出し、
その不満の対象を違うものにすり替えていただけだったんだわ!
これは!
神田川を口ずさんで感傷に浸っている場合じゃない…!

私は、自信を取り戻さなくてはならない。
そのために、変わらなければいけない、自分が一番。

で、あんたのその、失った失ったってうるさいものって、一体何なの。
どうせくだらないものなんでしょ?









・・・・・・・・・・・・・。












・・・。











・・・・すみません、その通りです。




いやね、例えばさ、女である自分とか、若さとか、ハリとか、体型とか、
自分の時間とか、金とか、仕事とか、世間との繋がりとか、生きがいとか、恋とか…
あ、まだあるよ、おしゃれとか、社交性とか、アイデンティティとか…えーっと…それからぁ…

は!くっだらねええええええええええ!!
そんなことかよ!!
おまえ!!
娘に謝れ!
土下座して謝れ!
ついでに靴を舐めろ!!







すっ…




すみませんでしたああああああ…。





なんだろうね。
ほんと、一回死ねばいいと思う、自分。
阿呆の極み。
ただの女々しくて自分可愛いだけの痛い女、ここに極まれり。
夜中に涙までしてさ。
何か、ホンマに泣かなあかんことって、あったわけ?
娘の方が泣きたいわ!ってんだよ。おい、自分!しっかりせえや!
なんだかね、年々、女々しくなっていく。私。
女々しくて、女々しくて、女々しくて、ツライのは私なんだよ!金爆よ!

いや、でもさあ…
実際その失ったもののひとつひとつが、これまでの自分を作り上げてたんだあ。
(まだ言うか!)
いや、この際だから言わせておくれよ。
それらを失ってしまった今、もう私は昔の私ではない、別人なんだよ。
優先順位も入れ替わり、毎日追われる物事も変わり、
時間をかけてできるものなんて、気がつけばひとつもない。
下手をすりゃ、娘のことにすら時間かけてやれない。
そしてひたすら、毎日が過ぎ去って行く、息つく暇もなく。
これでいいのだろうかとだけ、思い続けて去る日々。
毎日毎日…
苦しいんだよう。
なんかこう、苦しいんだよおお…

そして旦那。
ただ付き合っていただけのときは本当に幸せだった。
私以上に幸せな女なんていない、くらいに自惚れられるくらい、幸せだった。
本当に思い合っていると思っていた。
すれ違うことなんてこの先ない、と思っていた。
でも、今はどうだい。
どうもこうもこのザマよ。(しつこい)
たぶん。私のこの焦りを、旦那はわかっていないだろう。
もう私は、あんたに惚れ、惚れられた私とは、いろいろな意味で別人なんだよ。
そして私の自信は削がれていく。
愛されているのか、猜疑心が膨らんで行く。
こんなにも変わってしまった私を、変わらずに愛せるわけがないと。
そして、気がつけばいろいろなものに追われ、
旦那の大きさが、自分の中で変わっていく。
とめられない、このままでは。

てかさあいつだって、たぶんそれほど私に世話を焼かれたいと思っていないだろう。
なのに口を出さずにいられない私。
思い通りに動かない旦那。
募る苛立ち。
ほら、変わるのは、変わるべきは、結局自分でしかない。

変わらないと。いやいや、もう十分変わっているんだけれど。
更に変わらないと…。
前の自分に戻るんじゃない。
これからの自分のより良い形を探るんだ。
どこから手をつければいいのか分からないけど。
そして果てしないような気もするけど。
少しでも、取り戻したい。自信がまだあったときの自分を。
どこか、母としての自分と、そうでない自分との折り合うところを見つけないと。
ただでさえ不器用な自分に、そんな器用なことできるかは分からないけれど。

これから先、私がどう出ても、
それは少なからず娘の人生に影響を及ぼすことになるのだろう。
娘は女である私に理解を示せるのだろうか。
それとも、もっと強烈な「女」になるのだろうか…
女臭、ぷんぷんしてくるような…女。
ぐっ…、、、想像できん…!
どちらにせよ、娘を不幸にすることだけは絶対にないように!
ここ、絶対っすよ!!
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

めちゃくちゃ分かりますっ!!

じゅいえさん、こんにちは。
娘のお昼寝の隙にまたまたお邪魔してます。

私もずっと考えてました。
娘を得たのと引き換えに失ったもの。

そうなんです。くだらないものなんです。
娘のほうが、比べようもなくかけがえのないものだって分かってる。
でも、そのくだらないものが自分にとってはくだらないものとして片づけられない。
ほんとじゅいえさんの言うとおり、「これまでの自分を作り上げてた」ものなんだから。

・・・葛藤ですよね。

私も昔の自分にじゃなくて新しいカタチに変わらないと、と思うものの、
新しいカタチを探すのが途方のない旅になりそうです。。

>りーりーさん

こんにちは!
あの、娘さんのお昼寝中とは、これまたなんと貴重な休憩のお時間に…
ありがとうございます!
ちなみに今、うちの娘は爆睡しております。
え、この時間!?ですよ。
晩ご飯どうすんだよ…。冷めるよ…。

そうですか、りーりーさんも。
考えておられましたか…。
そうですよね。考えてしまいますよね。
あまりにも、昔の自分と今の自分は違いすぎて。
しかも!
たかだか子供ひとり生まれたくらいでこんなにもいろいろ変わるだなんて、
私産む前にはまったく想像すらしていなかったもんだから!
ほんと、自分に自分がついていけないです。
おっしゃる通り、娘のほうがよっぽど大事で、
こんなものを得たんだからこれ以上何も望んだらいけないくらいですよね…。
けれど!
まだまだ若い!自分!
しかも若さは永遠ではない!
まだまだ女なんだ!私も!
ってなわけで、諦めきれないんです、まだ「女」な自分を…。

さて、どうしたものでしょう。
とりあえず、髪ですかね。
散髪にでも行ってみますかね。
どうにかこうにか、取っ掛かりを見つけたいです。はい…。

No title

じゅいえさん・・・
たぶんあなたが、出来る人だったからこんなにも苦しいんですよ…
社会人としても、女性としても、
出来る人だったから…余計に辛いんですよ・・・・。
頭の良い人だから・・・悲しく感じるんですよ・・・・・・・。

私も最近気づいたことですが、
「母である私」はこうあるべきである。
「女である私」はこうあるべきである。
という呪縛が解けるためには、母でも女でもある「自分」を取り戻すしか、
方法は無いんですよね・・・。

なんか思春期みたいですが、
月日が経つにつれ、「自分」は良い方向にも悪い方向にも変わってしまします…
その「自分」によっては旦那を受け入れることが出来るだろうし、
もしかしたら「旦那はすっかり変わった」と
悲観することしか出来なくなってしまうだろうし・・・
その日の体調によっても、変わってきますしね・・・。
辛いです、本当に辛いですよね・・・・・。

「母」であるじゅいえさんを、必ず娘さんは支えてくれるはずです。
なので母であるじゅいえさん、これ以上苦しまないで下さい・・・
旦那さんにキレたっていいじゃないですか!!
そこまでじゅいえさんが犠牲にならなくたって…いいと思います私!!
2人の子なんだからっ!!

我慢しなければいけなくなったこと、かなり増えました…。
自分をないがしろにすることだって…。
しかもそれを誰も見てもいないし評価もされないし…。
でも・・・・
それでも頑張ってしまうこの母心…。
私もまだまだつまずいてばかりですが・・・
なんとか自分を、昔のようにはいかないかもしれませんが
取り戻していきましょうね・・・!!
愛を取りもどせ!ですよ!(北斗の拳より)

なにが言いたいのか分からないコメントを長々と失礼しました・・・!!

汚いコアラ・・・!ファブリーズで余計臭くなったのかしら・・・!!!

>かもめさん・・・

そんな、ぜんぜん、出来るヤツなんかじゃなかったですよ!
今まで、むしろ、惰性で生きてきたのかも。
何かを目指してもいつも一番なりたいものにはなれなくて、
転んで踏み外した先にたまたまあった道を、選んで来ただけなんです・・・

> 「母である私」はこうあるべきである。
> 「女である私」はこうあるべきである。
> という呪縛が解けるためには、母でも女でもある「自分」を取り戻すしか、
> 方法は無い

うそ、まじですか…!
それ取り戻さない限り、私のこの苦悩、このままですか…
やっぱそうですか…
そうですよね…
「私という人間はこう!」「私という母はこう!」
「私は女かつ母!」
「え?だめ?知らない!だってこうやねんから!」
くらいにまで自分というものがあれば、確かに、
いちいちうじうじは悩んでないでしょうね・・・

いや、ほんと、第二の思春期ですよ・・・
というか中二病・・・
このブログを通りすがりで読んでしまった人はたぶん、
うわ、この女、きっしょ!くらいに思ってますね、はい。
いいです、別に。
自分でもきもいと思うので。
でも、人生は自分との戦いですよ、常に。
己がどう生きていきたいか模索の連続ですよ。
ほっといてもらいたいですよ!ええ!
(誰にキレてるんだろ私)

そうですよね・・・。
娘、娘はきっと誰よりも一番私を理解してくれる存在になるはずです。
呪縛とか束縛とか、そういうんではなく・・・
なんだか私もそんな気がしています。
もっともっと成長したら、きっと、母であり女である私のことを、
客観的にも見てくれるようになるでしょう。
きっついダメだしも食らうようになることでしょう。
ああ、それ、それです。
私は娘からのあっけらかんとしたダメ出しを求めています、今!
それがもしかしたら、私という人間がどうありたいかを支えるのかも!
てことは娘が中高生くらいにならないとあかんとです!
まだまだえらい先です!

ああ、やっぱり他力本願はやめて、
自分で取り戻せるようなんとかします・・・
母でありながら、イイオンナの背中、娘に見せつけてやれるくらい!
とりあえず、痩せます。
産後デブから脱却!
まずこれよ!
(と言いながらシュークリーム食べてるけど、今!)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。