10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

スペックおばさんと髭の男爵。

2014.07.28 01:57|その他雑記系
いつも行くプールで出会う人の話。

泳ぐことが私にとってどれだけ良い影響をもたらすかは、前々回に書いたとおり。
そして私は今日も行って来た、プール。
自分の限界に挑戦する。
結構早く、限界が来る。
けれどその限界が、前に来たときよりも遅くにやってきたりすると、
私、嬉しい。
ひそかに心の中でガッツポーズをしてメラメラと新たな闘志を燃やす、
暑苦しい、夏なのに、そんな女になっている。

いつも同じところに行っていると、いろんな人に出会う。
なんとなく、顔見知り的になったりして、挨拶程度するような人も出来たりする。
大概、おじいちゃん、おばあちゃんみたいな世代の人らだけど。
良い人もいる。
あっさりしている人もいる。
私になんか、ぜんぜん構わない人もいる。
それはそれで、なんだか清々しい。

私の中で勝手に、「髭の男爵」と渾名されているおじいさんがいる。
白髪のおしゃれ髭がトレードマーク。
年齢不詳。
けれど、見た感じたぶん70代80代くらいの人だ。
なのに、バリバリ泳げる。
そして、プールサイドでストレッチをする後ろ姿、その背中がええラインなんや・・・
うっすら、ムキムキや・・・
すごい。
あれ!男爵どこ!どこいった!?と思っていると、
25m、ひたすら潜水で進んだりしている。
平泳ぎやクロールで、ノンストップで泳ぎ続ける。
私、遠泳とかできないから、時々密かにこの髭の男爵の5mほど後を付いて行って、
ペースメイクしてもらったりする。
そうすると、不思議となぜか泳げるんや。
だけどずっと後はついていけない。私は男爵より遥か前に限界を迎え、休憩する。
そうすると、男爵。
「ふ・・・小娘め、まだまだじゃな。ワシは先に行くぞ」とゴーグル越しに語る瞳が、
どこか優しい・・・気がする・・・
会話はないけれど、なぜか一緒に泳げている、まるでイルカのようなおじいさんだ。

けれど、時々めんどくせえタイプの人間とも出会う。
大概、女だ。これは致し方ない。
60代70代の女。
プールに来てんのに、泳ぎに来てんのに、あんた何しにきましたんやがな。って感じのばばあ。
ひたすら社交に余念がない。
こういうタイプのばばあと一緒のレーンとかになってしまうと、ややこしいんや・・・
まあ同じレーンになったら、譲り譲られ、その辺の駆け引きもあったりするんや・・・
だから、軽く挨拶程度はするんや・・・
すると、そっからひたすら社交が始まるんや・・・
私、泳ぎたいのに、ひたすら足止めされるんや・・・
それだけならまだ良いとしても、一番厄介なタイプ、それが「スペックおばさん」なんや。
こいつらは人のスペック確認と自分のそれとの比較、
はたまた、頼んでも居ないのに有り難迷惑甚だしい己のスペック、
正しくは己の息子が所有するスペックを語りつけるのに忙しい。
こういうのに出会うと、「ああ・・・スペックおばさんか・・・」と一気にテンション萎え萎えや・・・。
しまった、厄介なのに見つかった・・・
これで数分、時間をドブに捨てた、ここ、プールだけど・・・
とかって思いながらそいつらを受け流すのに気を遣わねばならぬ。

初対面なのに人のスペック確認に余念のないおばはん、今日出会ったのはそのタイプ。
年齢から家族構成、住んでいるだいたいの場所や、
果ては住居は持ち家か否かまで聞き出そうとしやがる。
子供を抱えながら今後は働くのかとか、保育園にはいつ頃から預けるつもりかとか・・・
え、なにこれ。なんかの勧誘?もしくはマーケ?あるいはねずみ講か宗教???
なんのこたあない。
「はあ・・・だめねえやっぱりうちの娘は。」
・・・は?
お宅の娘と私と、なんの関係が?
なんの比較?

先々週出会ったのは、初対面なのに、挨拶からの突然の急ハンドル操作で、
己の息子のスペック自慢をし出す、そんなおばはんだった。
これもまた、すこぶる強烈だった。
にこやかな笑顔で、人見知りで人が怖い私を油断させておいてからの〜、
「うちの息子、みんな大学院を出てね。今は部長してるのよ、大会社の。」
もはや、何の展開かわからない。
急すぎる展開についていけない。
仮面の下に、とんだ素顔、である。
付け加えるように言った「大会社の」ってところがミソらしい。
大会社って・・・なんて抽象的な!
私も、一応あの、院卒だったりしますが・・・
いや、ほんと役に立ってなさ過ぎて自分でも忘れてますが・・・
それくらい、どうでもよい、ちっぽけなことですが・・・
でも役に立ってはないけれど出てみたからこそ、
院出たってのが大卒に毛が生えた程度であるってことがよく分かる。
だからこそ、自慢の次元が低過ぎて、なんかしらける・・・
泳ぎたい・・・はやくして・・・
その人はその後も、私が聞いているか聞いていないかにはあまり頓着せず、
自分の娘も大会社の重役と結婚した、みたいなことも、なんか言ってた・・・
そのスペックが、興味深い新製品かなんかのやつで、
私や私の家族の日々の生活に役立つというなら買うけれど・・・

こういう人たちと出会ってしまったときは、トイレに行くフリなどして、
さりげなく他のレーンに移るなどしたほうがよい。
そう、私、この泳ぎもせずにただひたすら喋り続ける人が苦手だ。
みんな、自分と向き合って、自分の中の限界を少しずつ押し上げようと、
ただそれだけに集中しているのに。
私も、この時間はそれだけのために使いたいのに・・・
身も心も軽くなりたいのに・・・
いろんなことから開放されたいのに。
私と水とはそういう関係であるべきなのに。
なぜ、あれほどばばあってのはスペックを気にするのだろう。
スペックの中でしか生きられないやつらだ。
どこに住んで、何をして、旦那はどうで、息子はどうで、娘はどう・・・
みたいな狭い世界の中だけで溺れたくはないよこっちは。
溺れるのはあんただけにしておいてくれ。
そんな話をむやみやたらに垂れ流さないでくれ。

まじでやめろよ、水が汚れちまうじゃねえか。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。